3回目のワクチン接種を茨城県内の市町村はどのように進めようとしているのか。NHKでは県内44すべての市町村の担当者に取材しました。回答のうち、接種の開始時期や市民向けの接種の方法、予約の方法についてまとめてお伝えします。
なお、この回答は12月9日正午時点のものです。(12月10日正午更新)

各市町村の詳細についてはこちらから

・水戸市  ・日立市   ・土浦市   ・古河市  ・石岡市   ・結城市  ・龍ケ崎市  ・下妻市  ・常総市  ・常陸太田市  ・高萩市  ・北茨城市  ・笠間市  ・取手市  ・牛久市  ・つくば市  ・ひたちなか市  ・鹿嶋市  ・潮来市  ・守谷市  ・常陸大宮市  ・那珂市  ・筑西市  ・坂東市  ・稲敷市  ・かすみがうら市  ・桜川市  ・神栖市  ・行方市  ・鉾田市  ・つくばみらい市  ・小美玉市  ・茨城町  ・大洗町  ・城里町  ・東海村  ・大子町  ・美浦村  ・阿見町  ・河内町  ・八千代町  ・五霞町  ・境町  ・利根町


水戸市

医療従事者の接種は始まっているか:はい
高齢者施設の入所者等の接種開始時期は:1月上旬
施設入所者以外の市民の接種開始時期は:2月下旬

市民の接種について
接種の方法「個別接種」は:○(実施)
接種の方法「集団接種」は:○(実施)

予約制か:はい
予約の方法「インターネット」は:○(実施)
予約の方法「電話・コールセンター」は:○(実施)
予約の方法「窓口」は:×(実施しない)
予約の方法「郵送」は:○(実施)
予約方法の補足:電話・ネットが使えない人のために郵送申請を実施。市民センターなどで申請書を入手して郵送し、市が日時や会場を指定する。2月上旬など混雑が予想される時期に電話回線を3倍の90回線に増設する。

【続きを読む】

サッカーJリーグ鹿島アントラーズ創設30周年。
30年のあいだに育まれた「あなた」と「アントラーズ」にまつわるエピソードを募集しました。
数多くお寄せいただき、ありがとうございました。

みなさまから寄せられたとっておきの物語を、声優:関智一さんの素敵なナレーションでお届けします!

 


「三つ子と鹿島ユース」 鹿猫さん

antlers1208_1.jpg

thumbnail_antlers1208_2.jpg

初めて子どもたちと見に行ったのは、鹿島ユースの試合でした。子どもたちが2歳のときです。
三つ子が産まれる前までユースを応援していたので、ゆっくり見られなかったけれど、とてもうれしかったです。

子どもたちのスタジアムデビューは中田浩二さん達の引退試合。
コールに合わせて手を叩く姿を見て、小さい頃から教えてきてよかったと思いました。(笑)

長女は曽ヶ端コーチ、次女は土居選手、三女は川俣選手を応援しています。
好みはバラバラですが、全員ユース出身選手が好きで、3人ともご本人を目の前にすると蚊の鳴くような声になってしまいます。


「9月6日と柳沢さん」 ゆうすけさん

antlers1208_3.jpg

大好きだった柳沢さん。
2015年に引退、アントラーズのコーチで帰ってこられ、その年からずっと、自分の誕生日の9月6日に記念の写真とサインを貰うのが楽しみでした。

去年から新型コロナの影響でクラブハウスには立ち入れないので、二年近くサインをもらえてないです。
早くコロナが終息し会えることを楽しみに待っています。

今はアントラーズユースの監督となった柳沢さん。
応援してます。頑張ってください!


「満員の鹿島スタジアム」 オフサイドラインで生まれた男さん

小学5年生のとき、同じクラブチームの友達がアントラーズのファンでした。
当時のぼくはJリーグのチームをあまり知りませんでしたが、その友達と仲良くなって試合の話を聞くうちに、いつしかアントラーズの試合を見るようになっていました。

その頃からいまも変わらずアントラーズの試合結果は追っていますが、あの満員のカシマスタジアムで声を張り上げて応援できる日を楽しみにしてます!


鹿猫さん、ゆうすけさん、オフサイドラインで生まれた男さん。投稿ありがとうございました。
次回はどんな物語でしょうか…?

 

 

 

RSS