明治6年に創設された常陸太田市の幸久小学校は全校児童58人で、地域の子どもの数が減っていることからほかの2つの小学校と統合されることになり、今年度いっぱいで閉校します。

このため10月23日、閉校前に思い出を作ろうと、児童や保護者、それに卒業生たちおよそ170人が集まり、グラウンドにキャンドルを並べて校章や「ありがとう」などのメッセージを描きました。(放送2021年10月25日)

取材:相野台弘 記者

 

 

RSS