ことしは戦後75年の節目の年ですが、新型コロナウイルスの感染拡大で、戦争体験を語り継ぐ講演会などが中止となりました。
戦争の風化が懸念される中、戦争体験者が語る機会を残していこうという新たな取り組みが進められています。

【戦争経験「語り継ぐ義務」】

20200826_1.jpg

土浦市の金城圀弘さん(81)です。
沖縄県で生まれ育ち、終戦の時は6歳だった金城さん。
空襲や艦砲射撃により大勢の人が亡くなる姿を目の当たりにし、アメリカ軍に捕まった祖母が焼身自殺をするなど、戦争の悲惨さを身をもって経験しました。

【続きを読む】

RSS