茨城の郷土料理「けんちんそば


番組ではこれからの時代に愛される「けんちんそば」を

料理研究家の中川一恵さんと共同開発しました。

3つの“次世代けんちんそば"をぜひお試しください。

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

「あんこうけんちんそば」

201912iba6_kenchin_ankou.jpg

材料 (4~8人分)
けんちん汁(みそ味)・・・2L
あんこう(カット済み)・・・400g
しいたけ・・・6~8コ
木綿豆腐・・・1/2丁
薬味(ねぎ、ゆずなど)
ごま油
みそ、塩

作り方
あんこうは一度肝以外の部分に塩をまぶし熱湯にいれ霜降りする。


フライパンにごま油少々とあん肝を入れて焼く。

油が出てきたら豆腐やきのこを入れてからめる。


①と②をベースのみそけんちん汁に加えて10~15分間ほど煮る。

味が薄くなったらみそを足して調える。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

「豆乳塩こうじけんちんそば」

201912iba6_kenchin_tounyuusiokouji.jpg

材料 (4~8人分)
けんちん汁(しょうゆ味)・・・2L
豆乳・・・1~2L
塩こうじ・・・大さじ1~2
しめじなど・・・お好み

作り方
ベースとなるしょうゆ味のけんちん汁を温め、豆乳、塩こうじで味を調える。

お好みできのこなどの具材を加えて煮る。

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

「常陸牛けんちんそば」

201912iba6_kenchin_hitachigyu.jpg

材料 (4~8人分)
けんちん汁(しょうゆ味)・・・2L
常陸牛こま切れ・・・150g
まいたけ・・・200g
ねぎ・・・1本
ごま油・・・少々
しょうゆ・酒・・・お好み
豆腐など

作り方
常陸牛は一口大に、ねぎは3~4cmの長さに切る。

まいたけはほぐす。


フライパンにごま油を入れて温め、ねぎを焼く。

常陸牛を加えて火が通ったらまいたけ、ベースのけんちん汁少々を加える。

ベースの鍋に戻し、5~6分間煮て味を調える。


(監修:中川一恵)

 

RSS