ページの本文へ

  1. トップページ
  2. アナウンサー
  3. まとめちゃお!1月26日

まとめちゃお!1月26日

執筆者のアイコン画像尼子佑佳(キャスター)
2024年01月29日 (月)

こんにちは!

茨城では雪が降ったところもあり、本格的に冬を感じています。
最近は、持ち運びのヒーターと紅茶が欠かせません。
みなさんの冬の必需品はなんですか?

さぁ!26日のいばっちゃおも盛りだくさんでした(●^o^●)

つながっちゃお~新年に読みたい本~

県内のさまざまな情報をお聞きするこのコーナー。
書店員の益子陽介さんに新年にぴったりな本を紹介していただきました。

20240129a_1.jpg

①「リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険/トーベン・クールマン 作 金原瑞人 訳」

20240129a_2.jpg空飛ぶネズミの奮闘と可愛らしい繊細な絵が見どころ。絵本なので、気軽に読むことができます!

20240129a_3.jpg

物語はフィクションですが…実際の話に繋がる部分もあるんだそうです! 

②「旅する練習/乗代雄介」

20240129a_4.jpg中学入学前のサッカー少女と小説家の叔父が、千葉県我孫子~茨城県の鹿島神宮までの徒歩の旅の中で起こるお話。何気ない日常の中の大切なことを改めて考えるきっかけになります。こちらもフィクションですが、登場する場所は実際にある場所なので、その土地の歴史や背景も見どころだそうです。

どちらも新年に何かを始める人、頑張りたい人に、きっと、勇気や気付きを与えてくれる本です。

桜川市の酒蔵 241年の歴史を繋ぐ挑戦

1782年・天明2年創業の酒蔵。存続のための新たな挑戦をしているということで、尼子がお邪魔しました!

20240129a_5.jpg酒蔵は国の有形文化財に登録されていますが、度重なる地震などで損壊が目立つようになり、補修も難しくなってきています。

そこで、クラウドファンディングを行うとともに、杜氏自らも新商品の開発に挑戦!!

 目を付けたのは「甘酒」。甘酒と乳酸菌を合わせたノンアルコールで植物由来の飲み物を作りました。子どもや健康に気遣う方にも親しんでほしいという思いが込められているそうです。

20240129a_6.jpg杜氏の西岡勇一郎さんが「歴史ある酒蔵だからこそ、見栄を張りたくなるけれど、ときには弱みもしっかり見せていくことも大切なのかなって思い、挑戦した。新商品では、日本酒に馴染みがない人も酒蔵に関わるきっかけになったら嬉しい」と話してくださったのが印象的でした。

 

梅大使に根ほり葉ほり聞いちゃお!

2月10日(土)~3月17日(日)に水戸市の偕楽園で開催される「第128回水戸の梅まつり」で、みなさんのお出迎えや案内をする大切な役目を担う「水戸の梅大使」。ことしは6名の方が選ばれ、スタジオに来てくださいました!

20240129a_7.jpg梅まつりの見どころはもちろん、プチ自慢も聞いちゃいました!

見逃した方!2月7日(水)の午後6:10~「いば6」でも放送予定です。ぜひご覧ください。

梅大使のみなさんのこぼれ話はまた別のブログで( ^)o(^ )

 

\ メッセージの投稿はこちらから! /
ciaolaikyati.jpg

 

 

この記事に関連するタグ

最新の記事

茨城県内の地震リスクは? 専門家「いずれ大地震の宿命」

2011年3月11日の東日本大震災。茨城県内は広い地域で建物の倒壊などの被害が相次ぎました。しかし、県内で今後、起こりうる地震の被害はさらに深刻です。災害リスク評価の専門家は「茨城県は地震の頻度が高く、いずれ大地震が起こってしまう宿命にある地域だと理解しなくてはいけない。特に地震の激しい揺れに対してきちんと備えることが重要だ」と指摘しています。あらためて地震の揺れの恐ろしさを知り、被害を防ぐためにできることを考えてみませんか。 茨城県内の将来の地震リスクは? 東日本大震災で、茨城県内では24人が死亡、1人が行方不明、42人が災害関連死に認定されています。もうあんな経験はしたくない、と誰もが思うところですが、茨城県内で今後予測されている地震のリスクは決して安心できるものではありません。 政府の地震調査委員会が公開している「全国地震動予測地図」では、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率が水戸市で81%に上るなど、県内広い範囲で高くなっています。この予測地図は防災科学技術研究所のウェブサイト「地震ハザードステーション」で拡大するなどして詳しく見ることができます。 また、東北から関東の沖合にある、陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいる「日本海溝」沿いで今後30年以内にマグニチュード7クラスの大地震が発生する確率についても、茨城県沖は80%程度などと推計され、「高い」と評価されています。 そして、茨城県はこれと別に震源域などから次の7つのタイプの地震に分けて、大地震の被害想定をまとめています。

執筆者 田淵慎輔(記者),浦林李紗(記者),丸山彩季(記者)
2024年01月18日 (木)