ページの本文へ

  1. トップページ
  2. アナウンサー
  3. 不射の射 狙わない酒造り

不射の射 狙わない酒造り

執筆者のアイコン画像小松宏司(アナウンサー)
2024年01月25日 (木)

西野侑里キャスターが大洗町の杜氏・石川達也さんを3か月に渡って取材しています。

わたし・小松はそのお手伝いをしていまして…。 

取材がようやく形になり始めてきました。

「不射の射」というのは、石川さんがおっしゃっていたものです。

「狙ったら外れる。自分の欲深さからよい結果を得ようとしても、思い通りになった試しはない。日本酒造りはまさに『名人伝』(原作・中島敦 中国の弓名人の寓話短話)の『不射の射』の精神に通じる。お酒は、その土地の、水・米・微生物が織りなす、授かりもの。だからこそ、とことん素材と向き合い、先人の造りを学び、よい授かりものを得るための蔵を備えるんです」と教えてくれました。

「お酒は自然の授かりもの」、温度調整や酒質設計などはしない造り方です。

酒造りに全身全霊で向き合う石川さん。どんな酒造りなのか。

2月16日(金)午後7時30分からの「茨城スペシャル」でお伝えします。
(NHK+でも見られます)

ナレーションは、歌手で俳優の吉川晃司さんです。
ぜひ、ご覧ください。

20240125k_1.jpg

この記事に関連するタグ

最新の記事

茨城県内の地震リスクは? 専門家「いずれ大地震の宿命」

2011年3月11日の東日本大震災。茨城県内は広い地域で建物の倒壊などの被害が相次ぎました。しかし、県内で今後、起こりうる地震の被害はさらに深刻です。災害リスク評価の専門家は「茨城県は地震の頻度が高く、いずれ大地震が起こってしまう宿命にある地域だと理解しなくてはいけない。特に地震の激しい揺れに対してきちんと備えることが重要だ」と指摘しています。あらためて地震の揺れの恐ろしさを知り、被害を防ぐためにできることを考えてみませんか。 茨城県内の将来の地震リスクは? 東日本大震災で、茨城県内では24人が死亡、1人が行方不明、42人が災害関連死に認定されています。もうあんな経験はしたくない、と誰もが思うところですが、茨城県内で今後予測されている地震のリスクは決して安心できるものではありません。 政府の地震調査委員会が公開している「全国地震動予測地図」では、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率が水戸市で81%に上るなど、県内広い範囲で高くなっています。この予測地図は防災科学技術研究所のウェブサイト「地震ハザードステーション」で拡大するなどして詳しく見ることができます。 また、東北から関東の沖合にある、陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいる「日本海溝」沿いで今後30年以内にマグニチュード7クラスの大地震が発生する確率についても、茨城県沖は80%程度などと推計され、「高い」と評価されています。 そして、茨城県はこれと別に震源域などから次の7つのタイプの地震に分けて、大地震の被害想定をまとめています。

執筆者 田淵慎輔(記者),浦林李紗(記者),丸山彩季(記者)
2024年01月18日 (木)