みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

コメント募集中のテーマ

ディレクターノート(7記事)

大震災と子どもたち(90記事)

#がんの誤解(39記事)

性暴力を考える(220記事)

#学校教育を考える(37記事)

#これからの育児(28記事)

能登半島地震(29記事)

地球のミライ(145記事)

#教えて推しライフ(27記事)

1ミリ革命(43記事)

新着記事

2024年6月21日 247コメント
えお
人としての哲学というか生き様をしっかり見せていただいた気がしました。普段テレビを観ない家族も一緒にみました。最後までしっかり見届けました、ご本人の考えを受け入れられるご家族の方も素晴らしいと思いました。何のために生まれて生きてきたのかと自分を振り返りながら考えさせられています。
2024年6月18日 18コメント
医療機関や薬局が利益を上げる為に安く購入しているから薬価が下がると言っていましたが、購入した薬が100%使い切れるなら、利益を産むことができるが、 使用期限切れや処方変更などで使われない薬が一定数出ている。 廃棄処分せざるを得ない薬代が赤字になってしまうので、できるだけ安く購入したいという事情がある。 国は薬価差がほぼ0円にしたい様だが、それなら破棄分の薬代を国が負担してもらわないと赤字になって経営が成り立たない。 患者さんの為に、薬の備蓄をしようにも破棄分が産まれるのが怖いのでギリギリ使う分だけの購入になる。 供給が不安定になると、一番に被害を受けるのは、薬を貰いたい患者さんと言うことになる。 国は薬価を上げて、一定の薬価差を認めれば、製造業も医療機関も薬局も安定して営業が出来るようになると思う。
2024年6月17日 401コメント
あゆみん
出産を機にフルタイム勤務から時短勤務に切替えました。保育園の送迎の時間などで残業や休日出勤など時間外勤務に制限があるため、職務内容が制限されマミートラックにはまっています。職場で子育てをしていない他の方が新しい事にチャレンジしたり重要な仕事を任せられたりしているのが羨ましいです。キャリアを積むのは子育てが終わってから、フルタイムで働けるようになってから、と自分に言い聞かせていますが、子育てが一段落してフルタイムで働けるようになるまでにはあと10年はかかりそうです。それでは『ブランク』になってしまうと焦りを感じています。また、出産で働き方を変えたのが母の私だけで、夫が今も出産前と同様に働いていることにもモヤモヤしています。保育園に父親が迎えに行った時の保育士さんの『お父さん、偉いですね』の言葉にも腹立たしさを感じます。家事、育児は女性の仕事だと言う固定観念が生活の至所に浸透していて息苦しいです。
2024年6月15日 1コメント
しんげん
官僚(特に若手官僚)の業務内容の激忙さに、頭が下がります。国民の為にも無理せず頑張ってもらいたいと思います。 一方国会議員は勉強が余りにも足らないと思います。答弁でも自身深く理解し自身の言葉で発信してもらいたい。勉強理解しない議員は大臣にすべきではないと思います。
2024年6月14日 1コメント
ヒロ
医師です。長い間大学病院等で研究や臨床を続けてもその対価は非常に低いです。有名な専門機関で熱心に仕事しても金銭的にも対価は非常に低い。その為、アルバイトや定年後の勤務先としてこうした怪しい給料が飛び抜けて良い施設に勤務する先輩を沢山見ています。もっとまともな医療機関の医師にそれに見合った給料などが分配されるとまた違ってくるかと思います。
2024年6月14日 2コメント
M
SNSを通して知り合った方が、重曹クエン酸水を飲めば癌が治るという事を信じ、抗がん剤治療を中止しどんどん悪化し亡くなりました。 SNSでは相変わらず重曹クエン酸水はまるで魔法の水かのような事が書かれてて拡散されてます。 その事を書いてる方はお話会というのを開き、そこに集まった熱心な信者から更に良い情報を得るためにお金を取ってるようです。 重曹クエン酸水というエビデンスもない情報を信じ、治療を止める人がいる事が私は許せないです。 この事についてぜひ調べて欲しいです。 よろしくお願いいたします。
2024年6月14日 1コメント
マッサン
もはや中央集権の限界に来ているのだと思います。 地方でできることは地方に完全に任せるべきだと思います。 アメリカのように州ごとに法律が異なるとまでは言いませんが、地域に密着した行政事務は地域に任せて、中央省庁はスリム化したらいいと思います。 道州制が必要ならば、過去に頓挫したことを踏まえて、また検討したらいいと思います。 ともかく、中央省庁が権限と業務を抱えすぎているのではないでしょうか。

あなたの声が伝わりました

2024年3月7日8コメント
かな
2年後に小1の壁にあたります。会社は東京都公務員ですが部分休業の延長もなく、テレワークやフレックスの利用もできません。 片道2時間ちかくかかる場所への配属もあります。普段は鍵っ子ができたとして夏休みなどは学童は8時から6時30分です。子ども一人での学童への登下校が原則禁止のため、毎日、時間休をとらなくては対応が難しく、現実として退職するか、23区内に引越しをするしか仕事と育児の継続が難しいと感じています。 ほんの数年の事なのに、、、。そして、「いってらっしゃい」も「おかえり」もいえない。「いただきます」も「ごちそうさま」もいえない。朝も夜も一人で食べさせる。 そんな生活を子どもに送らせていいのか悩みます。今、社会は大人のフルタイムにあわせた子どもの居場所づくりをしています。もっと子どもの時間にあわせた、働き方ができる社会になってほしいと切に思います。
2024年2月16日3コメント
戸島
40代半ば過ぎに緑内障と診断され、現在、弱視とな地ましたが、少年時代親しんだ「プラモデル」を再開しました。残った視野と手触りで戦車や船、車、兵隊フィギュア、耕運機を操作する農ガールなどを作っています。もちろん、単に設計図通りではなく、プラ材や金属線などを使い、なるべくリアルに、考証も大切に作っており、妻も「よくここまで細かく!」と驚いています、視野障害の進行は止まっていますが、できるだけ長く楽しんでいきたいと思っています。

2024年4月17日3コメント
さくら
両親が教員で、昔は学童もなく、小1から鍵っ子でした。 そのこと自体は問題に感じませんでしたが、学年が上がるにつれ、家に帰ってからの家事が増えたことが負担でした。 それから、下校途中に知らない男に声をかけられたりするので、幼児期からの包括的性教育(身体の大事な部分や嫌なことは嫌と言ってよいということ)などは必要だと思います。
2024年3月14日2コメント
調理員024
給食費無償化に際しては、 全ての食材の産地偽装は日常茶飯事で行われてます。 都内〇区では、中国産野菜 (特に人参や筍、等)が使用されて ますが区当局(教育委員会)は 問題とはしておりません。 食材等の高騰により無償化の予算が 逼迫して来ているからに他ないからです。 他方、保護者には一切の報告等は しておりません。 報告等をする必要無い。と 議会(特別委員会)で答弁して居るからです。 まぁ、酷いまのです。 区当局の隠し事に議会も加担して居るのですからね。

2023年7月28日1コメント
rescue rainbow
この6年間springの皆さんの弛まぬ努力と活動に 心より敬意を、被害児童の親として現行法に対する忸怩たる思いを正してくださったことに、感謝申し上げます。 過去に類を見ない法改正、当事者が問題だと声を荒らげるのではなく、 「だからこうして欲しいんだ。こうあるべきだ。」と云う目指すべき姿を皆さんが明示をし、”提案”をして来られた事が大きかったと感じています。 だから5年後の改正に向けての検証事項ももう見えてますよね。 また、有識者や政治家の見識や議論より当事者の声こそより具体性と重みを持つ事も証明された。 お偉いさんってホントは別に偉くない 間違っているものは間違っている 実態を伴った提案が事を動かせる と証明しました。 当事者こそが事を一番動かせる。 この事実にもっと皆さん自信を持って欲しい。 私も、NHKの協力を頂いて声を上げる一人です。 また、課題山積。 共に闘いましょう!

これまで取材したテーマ

取材テーマの募集

私たちは皆さんから寄せられた声を番組制作に生かすことで社会課題の解決につなげることを目指しています。「こんなテーマを取材してほしい」など、ご意見やご要望をお寄せください。