NHKスペシャル
NHKオンライン
MENU
駅ホームでの凶行 人混みにまぎれた犯人

「戸外し」「突き破り」
盗みのプロの犯行か

質店夫婦強盗殺人事件

平成14年12月10日発覚

【警察への情報提供はこちら】

警視庁 城東警察署
03-3699-0110(署代表)

質店を経営していた藤井義正さんと妻のえつ子さん。
自宅で何者かに殺害され、家じゅうのタンスやロッカーが激しく荒らされていた。
いったい誰が。盗みの手口に詳しい人物の犯行か・・・。

謎

  1. 地域で愛された夫婦がなぜ?
  2. 特殊な侵入手口 盗みのプロか?
  3. 記録的な大雪の中、消えた犯人はどこへ?

[ 事件概要 ]
(NHK未解決事件ファイルより)

平成14年(2002年)12月10日の朝、東京・江東区北砂の質店を兼ねた住宅の寝室で、経営者の藤井義正さん(当時78)と、妻のえつ子さん(当時74)が殺害されているのが見つかった。地域の会合に出ていた藤井さんが、前日12月9日の午後9時ごろに帰宅して以降、何者かに居間にあった象牙の置物で、頭を数回殴られ、殺害されたとみられている。

奪われたものは特定されていないが、家中のタンスやロッカーが激しく荒らされていた。警視庁は、盗みの目的で侵入した犯人が夫婦と出くわし、殺害したとみて、強盗殺人事件として捜査している。

犯人は、風呂場の窓ガラスが「突き破り」という手口で割ったうえ、本来外れない構造になっている窓枠をそのまま外す「戸外し」という手口で侵入したとみられている。
このため警視庁は、犯人が盗みの手口に詳しい人物とみている。
また、事件の1年ほど前には、現場から200メートルほどの範囲で同じような特殊な侵入手口の窃盗事件が相次いでいて、警視庁が関連についても捜査している。
この事件では、遺族や地域住民が共同で、最高300万円の懸賞金をかけているが、当時は記録的な大雪だったことなどからこれまでに犯人につながるような有力な情報は得られておらず、警視庁は情報の提供を広く呼びかけている。

この事件の情報をNHK未解決事件取材班に送ってください

【警察への情報提供はこちら】

警視庁 城東警察署
03-3699-0110(署代表)

[ 殺人など重大犯罪の未解決事件 ]

    [ “公開捜査中”の事件 ]

      [ “社会的”未解決事件 ]

        [ 行方不明など ]

        行方不明のご家族のみなさま、情報の掲載を希望される方はご連絡ください。

          オウム真理教 地下鉄サリン事件