NHKスペシャル
NHKオンライン
MENU
駅ホームでの凶行 人混みにまぎれた犯人

駅ホームでの凶行
人混みにまぎれた犯人

池袋駅立教大生殺害事件

平成8年4月11日(木)午後11時半頃発生

【警察への情報提供はこちら】

池袋警察署
JR池袋駅山手線ホーム上立教大生殺人事件捜査本部
03-3986ー0110

事件は平日夜、大勢の乗客が行き交うJR山手線のホームで起きた。
立教大生の小林悟さんが何者かに殴られ、病院で息を引き取った。
多くの目撃者がいたにも関わらず、犯人の手がかりは掴めていない。
似顔絵の男の行方は・・・

謎

  1. あの日、駅のホームで何が?
  2. 多くの人が目撃する中、犯人はどのように逃げたのか?
  3. 「右目尻に3つの傷のある男」 その行方は?

[ 事件概要 ]
(NHK未解決事件ファイルより)

平成8年(1996年)4月11日午後11時半ごろ、東京・豊島区のJR池袋駅の山手線ホームで、立教大学に通っていた小林悟さん(当時21歳)が男と口論になり、顔などを殴られて転倒。後頭部を強く打ち、病院で5日後に死亡した。

男は事件後、電車に乗って逃走

警視庁は、目撃者の話に基づいて作成した男の似顔絵を公開した

警視庁によると、男は、年齢が24歳から38歳くらい、身長が1メートル70センチから1メートル80センチの小太り。
公開された似顔絵から、すわったような目つきで、右の目尻に傷が3か所あり、眉毛が目尻にかけて薄く、二重あごで、耳が大きいなどの特徴がある。
事件後、電車に乗って逃走した男は、日暮里駅で目撃されたという情報がある。

警視庁が公開した犯人の似顔絵
警視庁が公開した犯人の似顔絵

この事件の情報をNHK未解決事件取材班に送ってください

【警察への情報提供はこちら】

池袋警察署
JR池袋駅山手線ホーム上立教大生殺人事件捜査本部
03-3986ー0110

[ 殺人など重大犯罪の未解決事件 ]

    [ “公開捜査中”の事件 ]

      [ “社会的”未解決事件 ]

        [ 行方不明など ]

        行方不明のご家族のみなさま、情報の掲載を希望される方はご連絡ください。

          オウム真理教 地下鉄サリン事件