NHKスペシャル
NHKオンライン
MENU

3月22日(日)よる9時00分~10月13分 総合テレビで生放送 司会:草なぎ剛、鎌倉千秋アナウンサー

公式SNSで最新情報を配信中

NHKスペシャル「未解決事件 追跡プロジェクト」無事放送いたしました。放送前から、様々な情報やご意見を寄せて下さった方々、生放送中に、番組につながっていただいた方々、本当にありがとうございました。
「なんとか事件解決につながって欲しい」という多くの方々の切なる願いに、スタッフ一同、強く心を揺り動かされました。
今回、このHPもたくさんの方々に閲覧していただき、情報も寄せて頂きました。
生放送中にHPだけでなく、LINE、Facebookで感想やご意見を頂くのは、初めての試みでしたが、たくさんの方々が放送と同時並行で書き込んで下さいました。放送には一部しかご紹介できませんでしたが、寄せていただいたものは、全部スタッフで目を通して、今後の取材や制作に生かして行きたいと思いますので、引き続き、番組アカウントもご支援よろしくお願いします!
なお、大型シリーズ「未解決事件」はこれからも続く予定です。「追跡プロジェクト」の第二弾についても、「ぜひ続けて欲しい!」との嬉しいメッセージを多数頂いていますので、早速第二弾の実現に向けて動いて行きたいと思います。
また今回、HPへのメールや、放送中に電話やFAXで寄せていただいた事件に関する情報は、取材を深めた上で、ニュースや番組などでも、必要に応じて随時経過報告して行きたいと思っています。そのため、番組HPや、公式SNSについても、引き続き発信を続けて行く予定です。
引き続きお力添えのほど、よろしくお願いします。

未解決事件 追跡プロジェクト
スタッフ一同

事件の情報を送ってください

“ 追跡プロジェクトについて ”

社会に衝撃を与えた事件を徹底検証する、NHKスペシャル「未解決事件」。5年前、殺人など重大犯罪の時効が撤廃され、事件を未解決のままにしておくことが許されない時代になりました。しかし、情報不足など大きな壁が立ちはだかり、成果は思うようにあがっていないのが実情です。
番組には、遺族や被害者から「犯人を捕まえてほしい」「事件の真相を知りたい」という切実な声が寄せられています。そうした声に応えるため、新たに「追跡プロジェクト」を立ち上げました。従来の調査報道に加えて、ホームページやソーシャルネットワーク(LINEやFacebookなど)を通じ、一般からも新たな情報を募集。犯人像や事件の真相に迫ります。
あなたの情報が、事件を動かすカギになるかもしれません。

[ 殺人など重大犯罪の未解決事件 ]

警察庁が指定した、主に殺人などの未解決事件「捜査本部未解決事件」は2014年秋の段階でおよそ380件。その中から、公費から懸賞金が支払われる16の事件と、遺族が積極的に情報提供を呼び掛けている事件をピックアップし、このホームページ上で紹介しています。
「誰がなぜ、かけがえのない家族の命を奪ったのか?」遺族の多くが、悲しみや苦しみを抱え続けています。犯人が野放しになっていることは、社会の安全にとっても脅威です。些細なことでも構いません。あなたの情報をお寄せください。

    この事件の情報をNHK未解決事件取材班に送ってください

    情報を送る

    [ “公開捜査中”の事件 ]

    近年、防犯カメラの技術が飛躍的に向上。動画や画像が決め手となって、事件が解決するケースが増えています。警視庁も2012年から、逃走している犯人の映像をホームページで配信する「公開捜査」を始めています。
    NHKでは、警察が公開したものだけでなく、独自に入手した犯行現場や容疑者に関する動画や画像を、プライバシーの問題などを精査した上で、ホームページやソーシャルネットワーク上で公開。情報を募集していきます。
    “この顔”に見覚えがあれば、ぜひ情報をお寄せください。

      この事件の情報をNHK未解決事件取材班に送ってください

      情報を送る

      [ “社会的”未解決事件 ]

      過去最悪の被害となっている振り込め詐欺などの「特殊詐欺」。蔓延する「危険ドラッグ」。ネットの普及とともに急増する「サイバー犯罪」…。私たちの社会にとって、大きな脅威となっている“新手の”事件も、“社会的未解決事件”と位置づけ、取り上げていきます。こうした犯罪に関わるグループや、アジトは意外に身近なところに存在します。些細なことでも、情報をお寄せください。

        この事件の情報をNHK未解決事件取材班に送ってください

        情報を送る

        [ 行方不明など ]

        警察が届出を受理した行方不明者は昨年度(平成25年度)だけで8万人を超えています。なかでも、事件に巻き込まれた可能性が高いと見られるのが、若年層の行方不明者です。しかも、20歳未満の行方不明者だけで全体の4分の1を占めています。
        「追跡プロジェクト」では、特に未成年の行方不明者に関して、家族や支援団体の求めに応じ情報を募集します。

        行方不明のご家族のみなさま、情報の掲載を希望される方はご連絡ください。

          この事件の情報をNHK未解決事件取材班に送ってください

          情報を送る
          オウム真理教 地下鉄サリン事件