【第15回】2020.2.17 「力なき者たちの力」

言葉を大事に

今回まず驚いたのは、著者ハヴェルが「大統領」で「戯曲家」だったこと。
なんて多彩な人なんでしょう。
ハヴェルが大統領だったころのチェコ・プラハに留学されていた阿部先生によると、ハヴェルはとても言葉を大切にする大統領で、ラジオを通して国民に伝えるときも、日常会話に近いわかりやすい言葉で語りかけていたそうです。
そんな政治家………、いたんですね。
原稿の棒読みか、変にこむずかしい言葉を使うか、芝居がかったパフォーマンスか、はたまたウソばっかりついているか、そんな人ばっかりかと思っていました。
ハヴェルのように、言葉の重みを常に胸にとめ、一言一句吟味して、よりふさわしい表現で伝える。
理想の政治家に思えます。
でも、考えてみたら、これってどんな人にとっても望ましい姿勢なのではないでしょうか。
言葉の力を重視し、常に言葉を選び、うそをつかない。
とても真摯で誠実な生き方で、アナウンサーとしても、子どもを育てる親としても、目指したい姿です。

今月も名著を通じて得られた出会いに感謝。
ありがとうございます。

【第14回】2020.1.20 「貞観政要」

いまイライラを感じている人へ

【第13回】2019.12.16 「カラマーゾフの兄弟」

何度も読み返したい!

【第12回】2019.10.21 「善の研究」

最上の善を目指して

【第11回】2019.9.16 「燃えあがる緑の木」

二つの決意

【第10回】2019.8.19 「戦争論」

人間は、戦争が好きなのか?!

【第9回】2019.7.15 「小松左京スペシャル」

新しい世界!

【第8回】2019.6.17 「アルプスの少女ハイジ」

アニメと違いすぎ!

【第7回】2019.5.20 「平家物語」

抜群におもしろかったです!

【第6回】2019.4.15 マルクス・アウレリウス「自省録」

「自省録」を書くぞ!

【第5回】2019.3.18 「夏目漱石スペシャル」

楽しんでいいんだ!

【第4回】2019.2.18 オルテガ「大衆の反逆」

敵と共に生きる!

【第3回】2019.1.21 マーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」

スカーレットになりたい!

【第2回】2018.12.17 スピノザ「エチカ」

難解→感動の書でした

【第1回】2018.11.19 モンゴメリ「赤毛のアン」

赤毛のアンの収録を終えて