【第5回】2019.3.18 「夏目漱石スペシャル」

楽しんでいいんだ!

今回の名著は、夏目漱石を特集しました。
私にとって漱石は、特別な作家です。
出身地の愛媛県松山市は、小説「坊っちゃん」の舞台。授業で取り上げられたり、図書館や書店には常に特設コーナーがあったりと、身近な偉人でした。
「あのお札になっている漱石が昔この街にいたんだ!」と思うだけで誇らしいですし、松山のことをけなしているにも関わらず、書いてくれただけでうれしいやら親近感がわくやら。
松山市民として、漱石作品は読破するのが当然だと思ってきましたし、もっと理解したい深く味わいたいと思い続けてきました。
しかし、簡単ではありません。読み終えたとはいえ、果たして理解できているのか問われたら自信がない。そもそも読み進めるのがむずかしい作品さえある。
漱石をつかむ。いつ達成できるのかわからない目標だ、とくじけそうでした。
そんな私に、今回の特集!
読んではいるけどわかっちゃいない私に、阿部先生がおすすめの読み方を教えてくださいました。それは、「ツッコみ読み」。
「よくわかんないなー」「めっちゃ変な人―」「ありえない!」「まわりくどいなー」などとツッコミを書き込みながら読むんです。
えー!文豪の作品にツッコむ?!書き込む?!いいのーー??!!いいんですって。
やってみたら、おもしろかった~!
構えないで自由に読んでいいんだ、読書ってエンターテインメントなんだと、ちょっと力を抜いて作品と向き合えるようになりました。
さあ、この方法でまた一から漱石作品を読み返さねば!
新たな発見、新たな味わいを見つけられそうでわくわくします。
阿部先生、ありがとうございました。
今月も、名著との出会いに感謝。本って、すばらしいですね!

【第4回】2019.2.18 オルテガ「大衆の反逆」

敵と共に生きる!

【第3回】2019.1.21 マーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」

スカーレットになりたい!

【第2回】2018.12.17 スピノザ「エチカ」

難解→感動の書でした

【第1回】2018.11.19 モンゴメリ「赤毛のアン」

赤毛のアンの収録を終えて