おもわく。
おもわく。

「知性改善論」「神学政治論」といった哲学史に残る名著を著し、近世哲学の一つの潮流を生み出した17世紀の哲学者、ベネディクトゥス・デ・スピノザ(1632 - 1677)。とりわけ彼の哲学は、現代思想にも巨大な影響を与え続け、人間の行為や感情、知性、ひいては社会のあり方にも深い洞察をもたらすものとして今も多くの人々の注目を集め続けています。そんなスピノザが最晩年、自らの哲学的な営為の集大成として、世に問おうとしたのが「エチカ」です。

現代でこそ哲学史上の名著とされる「エチカ」ですが、出版当初は無神論者による冒涜の書として黙殺されました。その理由は、常識を覆すあまりにも革新的なスピノザの思考法にありました。この世界のすべてのものは神のあらわれであり、神は世界に偏在しており、神と自然は一体であるという「汎神論」。それをベースとして、「自由意志の否定」「人間の本質を力だと考える人間観」「活動能力による善悪の再定義」など、常識とは全く異なる考え方が導かれていきます。

私たちが漠然と前提しているものの見方がことごとく覆されますが、そこには不思議にも私たちが日常の中で見過ごしている物事の本質が浮かび上がってきます。とりわけ「意志」や「自由」に関するスピノザの洞察は、精神医療やケアの現場にも新たな知見を与えてくれることもあるといいます。幾何学の方法を徹底的に適用し一見冷めた非人間的な記述とも思えるスピノザの哲学は、深く読解していくと、「人間の幸福」「人生を正しい方向に導く方法」「真の善の発見」といったテーマが貫かれていることがわかっていきます。

哲学研究者、國分功一郎さんは、新自由主義が世界を席巻する中、人間の行為があらゆる領域でマニュアル化され、思考の自由が奪われつつある現代にこそ「エチカ」を読み直す価値があるといいます。スピノザの哲学には、現代では失われつつある思考の本来のあり方や自由の根源的な意味を考えるための重要なヒントが数多くちりばめられているというのです。

番組では、20年来スピノザを研究し続けている國分功一郎さんを指南役として招き、哲学史上屈指の難解さをもつという哲学書「エチカ」を分り易く解説。スピノザの哲学を現代社会につなげて解釈するとともに、「意志とは何か」「自由とは何か」「人間はどうやって真理を知りうるのか」といった根源的な問題を考えていきます。

ページ先頭へ

第1回 善悪

【放送時間】
2018年12月3日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年12月5日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年12月5日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
國分功一郎(東京工業大学教授)…著書『中動態の世界』(第16回小林秀雄賞)で知られる哲学者。
【朗読】
白井 晃(俳優)
【語り】
加藤有生子

「エチカ」を直訳すると「倫理学」。つまりこの本は「人はどうやって生きればよいか」を問うた本である。それは、要するに「生きていく上で、「善い」「悪い」の区別をどうするかという問題だ。スピノザは音楽を例にして説明する。「音楽は憂鬱の人には善く、悲傷の人には悪しく、聾者には善くも悪しくもない」。すなわち、すべては組み合わせ次第であり、そのもの自体に善悪はないという。その視点から善悪を再定義すると、その人の活動能力を増大させるものが善であり、減少させるものが悪だととらえることができる。第一回は、「エチカ」が生み出された背景やスピノザの人となりを紹介するとともに、スピノザが再定義した善と悪の見方から、私たちの行為の意味を捉えなおしてみる。

ページ先頭へ

第2回 本質

【放送時間】
2018年12月10日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年12月12日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年12月12日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
國分功一郎(東京工業大学教授)…著書『中動態の世界』(第16回小林秀雄賞)で知られる哲学者。
【朗読】
白井 晃(俳優)
【語り】
加藤有生子

古来ものごとの本質は「形」とされてきた。たとえば、馬と牛はその外形や解剖学的な差異で分類される。私たちの知は、本質を固定した「形」とすることで成り立っているのだ。しかし、スピノザは、本質を「力」とみることでこれまでとは違った見方を提示する。たとえば、同種の馬でも、環境や関係や歴史が違えば、野生馬、競走馬、家畜といった風に、自らの力を増大させるために異なった生態を生きることになる。人間もそうした視点でとらえてみると、決められた本質を目指すのではなく、それぞれの特性にあった「力」ののばし方を考えるべきだという発想に変わっていく。第二回は、あらかじめ固定された「形」ではなく、それぞれの環境で独自にのばしうる「力」として本質をとらえることで見えてくる、スピノザ独自の人間観に迫っていく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:國分功一郎
ページ先頭へ

第3回 自由

【放送時間】
2018年12月17日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年12月19日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年12月19日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
國分功一郎(東京工業大学教授)…著書『中動態の世界』(第16回小林秀雄賞)で知られる哲学者。
【朗読】
白井 晃(俳優)
【語り】
加藤有生子

「力=活動能力の増大」がスピノザ倫理学の目標だが、言い換えると「自由」という言葉で表現できる。しかし、この自由は単に制約からの解放ではない。たとえば、魚は水という制約の中でこそ活動能力を発揮できる。水を離れては自由にはなれない。同じように、人間が自由になるとは、何の制約もなくなることではなく、その条件にうまく沿って生きることで活動能力が増大させることなのだ。さらにスピノザは「自由意志」をも否定する。私たちが一つの行為を選ぶとき、実際には非常に複雑な要因がからまっているにもかかわらず、自由意志が唯一無二の原因で選んでいると単純化してとらえてしまっているという。第三回は、固定観念で覆われ、私たちが見逃しがちな「自由」や「意志」の本来の意味を、スピノザの視点から照らし出す。

アニメ職人たちの凄技アニメ職人たちの凄技
安部みちこのみちこ's EYE赤毛のアンの収録を終えて
ページ先頭へ

第4回 真理

【放送時間】
2018年12月24日(月・祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年12月26日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年12月26日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
國分功一郎(東京工業大学教授)…著書『中動態の世界』(第16回小林秀雄賞)で知られる哲学者。
【朗読】
白井 晃(俳優)
【語り】
加藤有生子

スピノザ倫理学の肝「活動能力の増大と減少」。ではその増減をどう判定すればよいのか。近代科学は、「数値」「データ」といった他者と共有できる根拠のみを真理の判定基準としてきた。しかし、これは知識が扱えるものの範囲を非常に狭めてしまったと國分さんはいう。スピノザが提示するのは「体験」としての認識。他者と共有できなくても、体験自体が明々白々と真実性を語るような知のあり方が、科学の一方で、確かにありうるという。第四回は、近代が切り捨ててきた「体験」という知のあり方をスピノザにならって提示し、あらゆるものが数値化、マニュアル化する現代、もう一つの思考のあり方の可能性を考える。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『エチカ』 2018年12月
2018年11月24日発売
ページ先頭へ

こぼれ話。

思考のOSが書き換えらる経験!

スピノザ「エチカ」を解説してくださった國分功一郎さんとの出会いは、國分さんとブレイディみかこさんとのトークショー会場でした。ブレイディみかこさんの新刊「子どもたちの階級闘争」を巡るトークショーということもあって、内容は昨今の社会情勢の話題が中心でしたが、その端々に鋭い哲学的な考察が閃きます。國分さんの手にかかれば、難解な哲学書を、巧みに現代につないで解説いただけるに違いない。そう確信した私は、その場で名刺交換させていただきました。

それにしてもまざかスピノザ「エチカ」が題材になるとは! 最初の打ち合わせのときには、さまざまな哲学者(ドゥルーズとかハイデガーとかホッブズとかアーレントとか)のアイデアを持ち込んだのですが、「やっぱりぼくはスピノザがやりたい」と、強い思いをもたれていて、「やっぱり國分さんにお願いするなら、スピノザしかないか」という覚悟を決めました。実は、学生時代、まったく歯が立たなかった哲学者だったので、スピノザ……というアイデアは当然もっていたのですが、私自身、およびごしになっていました。スピノザ「エチカ」を取り上げることに踏み切ったのは、何よりも國分さんの情熱によるものです。

以来、大学の講義とか、シンポジウムとか、学会発表とか、さまざまな場所で、國分さんの思考の軌跡を追いながらなんとか企画化にこぎつけました(これまで取り組んだ中でも屈指の難産でした)。苦労の甲斐あって、またディレクターや関係者のたいへんな奮闘もあって、非常に素晴らしいスピノザ入門になったのではないかと思います。

國分さんによる「エチカ」解説で、私たちが漠然と前提しているものの見方がことごとく覆されていきました。そこには私たちが日常の中で見過ごしている物事の本質が浮かび上がってきます。近代社会の延長にある私たちの頭の中のOSでは、スピノザが扱っている概念はうまく走ってくれない。そう語る國分さんの解説の通り、最初はとりつくしまもないように感じられた「エチカ」の思考が、私たちの日常の中にぐいぐいとはいってくるような経験でした。私の中では、既存の思考のOSが書き換えられていくような経験といっても過言ではありませんでした。それは大げさに言っているわけでは決してなく、仕事の仕方や物事の見方が明らかに変わってきている

実際に「意志」や「自由」に関するスピノザの洞察は、精神医療やケアの現場にも新たな知見を与えてくれることもあるといいます。実際に、國分さんがスピノザにもヒントを得て研究を深めている「中動態」という概念は、そうした分野に携わる人々の間で、今、大きな注目を集めています。

では、いったいどのように思考のOSが書き換えられたのか? それについては、年末のホームページ更新締め切りが迫っているので、年明けにあらためて書いてみたいと思います。みなさま、よいお年をお迎えください。(続く)

ページ先頭へ
Topへ