おもわく。
おもわく。

人間にとって「知とは何か?」「言語とは何か?」「政治とは何か?」……数多くの根源的な問いを投げかけ、全世界で5500万部を超えるベストセラーを記録した一冊の小説があります。「薔薇の名前」。世界的な記号学者ウンベルト・エーコ(1932- 2016)によって書かれた推理小説です。人間がいかに「言語」によって翻弄される存在なのか、人間の「知」や「理性」がいかに脆弱なものなのかを、克明な人物描写、巧みな古典の引用を通して見事に描き出したこの作品から、現代人にも通じるさまざまな問題を読み解いていきます。
物語の舞台は14世紀初頭。対立する教皇側と皇帝側の間を調停するための密使として北イタリアの修道院に派遣される修道士ウィリアムと見習いアドソ。到着早々、彼らは謎の連続殺人事件に遭遇し修道院長に事件解決を依頼されます。遺体発見の場は「ヨハネの黙示録」に描かれた世界終末の描写と酷似。持ち前の論理的な思考を駆使して推理を続けるウィリアムはやがて修道院内の図書館の奥に納められている一冊の本が事件の鍵を握っていることに気づきます。一体誰が何のために殺人を行っているのか? 一冊の本に秘められた謎とは? 果たしてウィリアムはその謎を解くことができるのか?
世界30カ国以上で翻訳され、映画化も果たすなど、この作品が多くの人々の心をとらえてやまないのはなぜでしょうか? イタリア文学者の和田忠彦さん(東京外語大学名誉教授)は、その理由を「人間が言語や記号といったものを離れては生きられない」という根源的な真実を描いているからだといいます。私たちは、この作品の中に、言語に支配し操られる人間の宿命や逆に言語を武器として自由を求めようとする人間の可能性を、自らに重ね合わせながら読み取ることができるのです。
それだけではありません。この作品は推理小説であるにもかかわらず、最後まで完全に謎が解き明かされることはありません。快刀乱麻ともいうべき主人公の知性は、事件解決のための鋭い切れ味を各所で示しながらも、最後にはこの事件の大半が偶然の産物であることがわかり、彼の推理は大きく裏切られます。この小説は、近代的理性の限界を暴く物語でもあるのです。
番組では、「薔薇の名前」という作品を、人間が決して避けることができない「言語の罠」にスポットを当てて読み解き、人間は自らが作り出した「知」や「政治」、「宗教」といった問題とどう向き合っていけばよいかを考えていきます。

ページ先頭へ

第1回 修道士は名探偵?

【放送時間】
2018年9月3日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年9月5日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年9月5日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
和田忠彦(東京外語大学名誉教授・イタリア文学)
【朗読】
三上博史(俳優)
【語り】
小口貴子

北イタリアの修道院に派遣される修道士ウィリアムと見習いアドソ。到着早々、彼らは謎の連続殺人事件に遭遇し修道院長に事件解決を依頼される。鮮やかな推理をみせるウィリアムとその解説者アドソの設定は、ホームズとワトソンをモデルにしていることは明らかだ。ホームズ的な探偵小説という形を借りて、中世秩序がほころび近代が黎明を迎える中で「知」を武器に言語や記号の解明に挑む人間の姿が鮮やかに描かれていく。第一回は、この作品を「探偵小説」として読み解き、記号を解読する能力を駆使する人間の可能性と限界を見極めていく。

ページ先頭へ

第2回 知の迷宮への旅

【放送時間】
2018年9月10日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年9月12日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年9月12日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
和田忠彦(東京外語大学名誉教授・イタリア文学)
【朗読】
三上博史(俳優)
【語り】
小口貴子

黙示録に描かれた世界終焉の描写をなぞるように連続する殺人事件。ウィリアムは、その知力を駆使して、事件の鍵が失われたとされる一冊の本にあると推理。その本を探し出すべく修道院内の図書館に潜入する。しかし、そこは、さまざまな仕掛けや暗号で守られた迷宮だった。人類の知の宝庫ともいうべき膨大な蔵書の中を巡りながら、ウィリアムは多様な解釈を試み、図書館の謎に挑戦していく。この知の迷宮への旅は、私たち人間と書物の関係を象徴的に示している。第二回は、ウィリアムが挑んだ謎解きの過程を通して、人間にとって「知」とは何か、「解釈」とは何かを探っていく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:和田忠彦
ページ先頭へ

第3回 「異端」はつくられる

【放送時間】
2018年9月17日(月・祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年9月19日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年9月19日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
和田忠彦(東京外語大学名誉教授・イタリア文学)
【朗読】
三上博史(俳優)
【語り】
小口貴子

教皇側から派遣された異端審問官ギーが修道院に乗り込んでくる。彼は異端派たちを強引にも犯人に仕立て上げ火刑に処す。その勢いをかって皇帝側を会議で断罪。教皇側と皇帝側の調停は決裂してしまう。実は、こうした描写は、当時イタリアの政治状況を隠喩的に表現したものだ。反政府勢力に対する苛烈な弾圧、要人誘拐事件を政府側の一方的解釈で捻じ曲げ、結局要人が殺害されてしまう「モーロ事件」等々。イタリアでは、言葉狩りのような言論弾圧が横行し、知識人たちが黙して語らない「鉛の時代」を迎えていた。この小説は、エーコによる告発と読むこともできる。第三回は、この物語を「政治小説」として読み解き、権力と言語の関係や、異端を排除する記号システムの恐ろしさを明らかにしていく。

ページ先頭へ

第4回 謎は解かれるのか

【放送時間】
2018年9月24日(月・祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年9月26日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年9月26日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
和田忠彦(東京外語大学名誉教授・イタリア文学)
【第四回ゲスト】
中沢新一(野生の科学研究所所長・人類学者)
【朗読】
三上博史(俳優)
【語り】
小口貴子

ウィリアムはついに図書館の奥へ入るための暗号を解く。秘密の場所へ辿りついた彼らを待っていたのは、老僧のホルヘ。「笑い」の重要性を説くアリストテレス「詩学」第二部こそ事件の鍵だった。「笑い」はキリスト教を滅ぼす脅威となると考えたホルヘは、この本に毒を塗り読むものを死に至らしめていた。推理はことごとくミスリードだった。それどころか、彼の知への驕りはホルヘの傲慢さと瓜二つ。ウィリアムは自らの「知性」の限界を突きつけられる。第四回は、人類学者の中沢新一さんをゲストに招き、ついに全ての謎が解き明かされない結末などの重要なシーンから、人間の知への驕りへの警告や、言語に翻弄され続ける人間の宿命を読み解いていく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『薔薇の名前』 2018年9月
2018年8月25日発売
ページ先頭へ
Topへ