おもわく。
おもわく。

科学文明の進歩や経済的な繁栄を謳歌する一方で、「いじめ」「うつ病」「ひきこもり」等々のさまざまな心の問題が次々と噴出していた戦後日本。そんな中、人々の悩みに寄りそい、個人の物語に耳を澄まし続けた「こころの医師」がいました。河合隼雄(1928-2007)。日本を代表する臨床心理学者です。河合は、私たちが見過ごしてきた「心の問題」「人間の本質」を、単なる学術的な方法を超えて、瑞々しい言葉で縦横に論じてきました。彼の代表作「ユング心理学入門」「昔話と日本人の心」「神話と日本人の心」「ユング心理学と仏教」を読み解き、「心の本質とは何か?」「日本人の心のありようとは?」「人が再生していくには何が必要か?」といった問題をあらためて見つめなおします。
当初、河合は高校教師のかたわら大学院で心理学の勉強を続けていました。自分が本当に学びたい臨床心理学を学ぶためには海外に行かなければならないと考えて留学した河合は、やがてユング心理学と運命的な出会いをします。「心はなぜ病むのか」「心の根源とは何か」といった根本的な問題に対して、「普遍的無意識」「元型」「個性化」といったこれまでにない概念で新しい手がかりを与えるユング心理学に魅了された河合は、帰国後、その研究成果を駆使して、「心の問題」を抱える日本人たちに心理療法を施していきました。
その後、蓄積していった症例や夢分析などを通して日本ならではの独自の理論を構築していきます。河合がそうやって執筆した著作の数々は、結果的に独創的な「日本人論」「生き方論」ともなっており、専門家の領域を超えて、一般の多くの人たちが「自らの心の問題と向き合うための名著」として読み継がれているのです。
それだけではありません。河合隼雄は、培ってきた臨床経験を生かして「昔話」「童話」「神話」「仏教」などに研究領域を拡大。それらの分野でも画期的な業績を遺しました。それらは、西欧近代の自我意識とは全く異なる、日本人ならではの深層心理や文化の基層を鮮やかに解明してくれます。河合の著作は、価値観がゆらぐ現代にあって、私たちが、日本の文化の「あり方」や「独自性」を見つめなおすための大きなヒントを与えてくれるのです。
番組では河合俊雄さん(京都大学・こころの未来研究センター長)を指南役として招き、河合隼雄が追究し続けた独自の心理学やその応用研究を分り易く解説。彼の代表作に現代の視点から光を当てなおし、そこに込められた【生き方論】や【日本人論】【心を再生する知恵】など、現代の私達にも通じるメッセージを読み解いていきます。

ページ先頭へ

第1回 こころの問題に寄りそう

【放送時間】
2018年7月2日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年7月4日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年7月4日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター長。臨床心理学者。著書に「概念の心理療法―物語から弁証法へ」「ユング―魂の現実性」など。)
【朗読】
要潤(俳優)
【語り】
墨屋那津子

人々の悩みに寄りそい、個人の物語に耳を澄まし続けた「こころの医師」河合隼雄は、私たちが見過ごしがちな「心の問題」「人間の本質」を、単なる学術的な方法を超えて、瑞々しい言葉で縦横に論じてきた。「心の問題」を解決に導くには、相手を客観的に「観察」するのではなく、その問題に主体的に関わり、その人の心に起きている現象をともに生き「経験」する必要があるという河合。それは、自然科学のように「いかに」を説明するのではなく、「なぜ」という問いを共に辿り、その人を揺り動かしている情動がおさめ心のバランスを取り戻していく過程を共に歩んでいく長い道のりだという。第一回は、「ユング心理学入門」の前半を読み解き、「心の問題とどう寄りそえばいいのか?」や「誰もがぶつかるコンプレックスとの向きあい方」などを学んでいく。

ページ先頭へ

第2回 人間の根源とイメージ

【放送時間】
2018年7月9日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年7月11日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年7月11日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター長。臨床心理学者。著書に「概念の心理療法―物語から弁証法へ」「ユング―魂の現実性」など。)
【朗読】
要潤(俳優)
【語り】
墨屋那津子

心はなぜ病むのか? そしてどうやったら再生できるのか? 河合隼雄は、ユングが提唱した心の最も深い層にあるとされる「普遍的無意識」に注目。それは人類に共通する基層ともいうべきものだ。そこには「元型」と呼ばれる基本的な型のようなものがあり、それによって「影」「アニマ」「アニムス」「ペルソナ」「太母」といったイメージが、今の自分の心の状態を映し出すように生まれてくる。そこに表現された不均衡こそが「心の病」をもたらすのだ。主に夢の中に現れるこれらイメージをどのようにうまく統合し自己実現していくか? 第二回は、「ユング心理学入門」後半から、自分たちの内なる「イメージ」への向き合い方を読み解き、「心を再生していくために必要なこと」や「心をより豊かにしていく方法」を学んでいく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:植木雅俊
ページ先頭へ

第3回 昔話と神話の深層

【放送時間】
2018年7月16日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年7月18日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年7月18日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター長。臨床心理学者。著書に「概念の心理療法―物語から弁証法へ」「ユング―魂の現実性」など。)
【朗読】
要潤(俳優)
【語り】
墨屋那津子

「浦島太郎」「うぐいすの里」など日本人に古くから親しまれてきた昔話の中に、西欧近代の自我意識とは異なる日本人独特の意識が現われていることを解明した「昔話と日本人の心」。世界の神話との比較の中で「古事記」「日本書紀」を読み解き、「中空構造」という現代の私たちも逃れない深層構造があることを明らかにした「神話と日本人の心」。昔話や神話といった古くから伝わる物語は、いわば私たち日本人の心の深層を映し出す鏡だ。また、昔話や神話は、私たちが生きていく上での知恵の宝庫でもある。第二回は、昔話や神話からみえてくる、日本人の心の深層構造や生きる知恵を学んでいく。

ページ先頭へ

第4回 「私」とは何か

【放送時間】
2018年7月23日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年7月25日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年7月25日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
2018年7月30日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
2018年8月1日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年8月1日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター長。臨床心理学者。著書に「概念の心理療法―物語から弁証法へ」「ユング―魂の現実性」など。)
【朗読】
要潤(俳優)
【語り】
墨屋那津子

世界トップクラスのユング心理学者を招いて行われるフェイ・レクチャーに日本人として初めて招聘された河合隼雄の講演を記録した「ユング心理学と仏教」。臨床心理学の研究を深めるにあたって、日本人である河合がいかに仏教の力を意識するようになったかを自らの個人的経験を交えて語っている。そこで期せずして見えてきたのは、日本における「私」のあり方。西欧とは異なり、日本での「私」は、自他が浸透し合った流動的な存在なのである。それは、心の治療を行う上でも新しい地平を開く新たな視点だった。第四回は「私とは何か?」という人間にとって最も根源的な問いに仏教と臨床心理学の双方から新たな光を当てるとともに、「人間は他者とどう関わっていけばよいのか」「苦しみや悩みを乗り越えて再生していく力とは何か」を学んでいく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
『河合隼雄スペシャル』 2018年7月
2017年6月25日発売
ページ先頭へ
Topへ