おもわく。
おもわく。

 大岡昇平の代表作「野火」は、太平洋戦争末期、絶望的な状況に置かれた一兵士が直面した戦争の現実と、孤独の中で揺れ動く心理を克明に描きだした作品です。戦後文学の最高傑作とも称される「野火」は、数多くの作家や研究者が今も言及し続け、二度にわたる映画化を果たすなど、現代の私たちにも「戦争とは何か」を問い続けています。世界各地で頻発するテロ、終わりのない地域紛争、緊迫する国際関係……現代という時代にも、「戦争」は暗い影を落とし続けています。作家の島田雅彦さんは、戦後70年以上を経て、実際に戦争を体験した世代が少なくなっている今こそ、この作品を通して、「戦争のリアル」を追体験しなければならないといいます。

 舞台は太平洋戦争末期のフィリピン・レイテ島。日本軍の劣勢が確実になる中、主人公・田村一等兵は肺病のために部隊を追われ、野戦病院からも食糧不足のために入院を拒否されます。米軍の砲撃によって陣地は崩壊し、田村は熱帯ジャングルの中をあてどなくさ迷い続けます。絶望的な状況の中で、かつて棄てた神へ信仰が再び芽生えはじめる田村。しかし、絶対的な孤独、発作的な殺人、人肉食への欲望、そして同胞を狩って生き延びようとする戦友たちという現実は、過酷な運命へと田村を追い込んでいくのです。

 この小説は単に戦場の過酷な状況を描いているだけではありません。絶望的な状況に置かれながらも、その状況を見極めようとする「醒めた目」で冷徹に描かれた状況からは、「エゴイズム」「自由」「殺人」「人肉食」といった実存的なテーマが浮かび上がってきます。また、極限に追い込まれた主人公の体験から、人間にとって「宗教とは何か」「倫理とは何か」「戦争とは何か」といった根源的な問いが照らし出されていきます。島田雅彦さんは、その意味でこの小説は、ダンテ「神曲」における「地獄めぐり」とも比すべき深みをもっているといいます。

 番組では、作家・島田雅彦さんを講師に迎え、「野火」を現代の視点から読み解きます。そして、終戦記念日を迎える8月、あらためて「人間にとって戦争とは何か」という普遍的な問題を深く考えていくきっかけとしたい。

ページ先頭へ

第1回 落伍者の自由

【放送時間】
2017年8月7日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年8月9日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年8月9日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
島田雅彦(作家・法政大学教授)
【朗読】
岩井秀人(朗読・田村一等兵役)

日本軍の劣勢が確実になる中、肺病のために部隊を追われ、野戦病院からも食糧不足のために入院を拒否される田村一等兵。米軍の砲撃によって陣地は崩壊し、田村は熱帯ジャングルの中をあてどなくさ迷い続ける。絶望的な状況の中、田村は「一種陰性の幸福感が身内に溢れる」のを感じ、いつしか「自身の孤独と絶望を見極めようという暗い好奇心」に駆られていく。敵兵にすら孤独への慰撫を求めてしまう異常な心理状態、逃げ惑う同胞にすら滑稽さを感じて哄笑を抑えられない不条理……徹底して「醒めた目」で冷徹なまでに克明に描かれる大岡の筆致から、いかなるイデオロギーをも交えない、純粋で絶対的な戦場の姿が浮かび上がってくる。第1回では、大岡昇平の人となり、「野火」の執筆背景などにも言及しながら、戦場を巡る一人の男の彷徨の意味を読み解いていく。

ページ先頭へ

第2回 兵士たちの戦場経済

【放送時間】
2017年8月14日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年8月16日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年8月16日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
島田雅彦(作家・法政大学教授)
【朗読】
岩井秀人(朗読・田村一等兵役)
【出演】
平原テツ(安田役)、長尾稔彦(永松役)

極限状況に追い込まれた人々は、日常とは全く異なった原理に突き動かされていく。絶対的な孤独の中で結ばれていく擬似家族の絆、「塩」や「煙草」といった稀少物資が人と人を結びつける奇妙な戦場経済、「心の空虚」に忍び込んでくる宗教的な象徴、絶望的の果てに行われる発作的な殺人…等々。必死に「人間性」に踏みとどまろうとしながらも、転がり落ちるように動物化していく人間たちの姿が赤裸々に描かれるのが「野火」という小説なのだ。第2回は、極限状況下で展開される人間の経済行為や衝動的行為の意味を読み解きながら、人間の中の「悪」と「卑小」を見極めていく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:島田雅彦 「反戦小説」にとどまらない『野火』
ページ先頭へ

第3回 人間を最後に支えるもの

【放送時間】
2017年8月21日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年8月23日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年8月23日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
島田雅彦(作家・法政大学教授)
【朗読】
岩井秀人(朗読・田村一等兵役)
【出演】
中島朋人(将校役)

極限的な飢餓状態の中で、田村一等兵は奇妙な光景に出会う。路傍に打ち捨てられた兵士たちの死体がことごとく臀部に肉を失っているのだ。最初は疑問に思った田村だが、その肉を食べたいという自分自身の欲望に気づき、それが同胞による人肉食によるものだと見抜く。その後、死を目前にした将校から、死後に自分の腕を食べてよいという遺言を聞き、心が揺れ動く田村。その肉を切り裂こうとした右手を左手が力強く制止した。やがて、田村は大自然の中に「神」の姿を見る。それは狂気の中の「幻想」だったのか? それとも人間の奥底に眠る「良心」だったのか? そして、彼に最後まで人肉食を思いとどまらせたものとは何だったのか? 第3回は、田村の戦場での最後の行為から、人間にとって「倫理とは何か」「宗教とは何か」といった根源的なテーマを考えていく。

島津有理子のゆりこ's EYE映像職人たちの凄技
ページ先頭へ

第4回 異端者が見た神

【放送時間】
2017年8月28日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年8月30日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年8月30日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
島田雅彦(作家・法政大学教授)
【ゲスト】
塚本晋也(映画監督・俳優)
【朗読】
岩井秀人(朗読・田村一等兵役)

極限の中で同士討ちという凄惨な現場を体験した田村。帰国後、彼は狂人とみなされ、精神病院に収容される。しかし、果たして狂気に陥っているのは田村なのか? これほどまでに過酷だった戦場へ再び人々を送り出そうとしている現実こそ狂気ではないのか? 田村は静かに戦争を告発しているかのようにみえる。大岡昇平の問いかけは、現代の私たちを揺さぶり続ける。二度に渡って映画化もされ、国際的にも大きなインパクトを与え続けてきた「野火」。その影響は今も脈々と伝わっているのだ。第4回は、映画監督の塚本晋也さんをゲストに招き、映画化の経緯や自分自身の解釈も交えて読み解いてもらうことで、「野火」という作品が与えた後世への影響や現代の私たちがこの作品から何を受け取るべきかを考えていく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
野火 2017年8月
2017年7月24日発売
ページ先頭へ

こぼれ話。

ぼろぼろの「野火」にこもった思い

こぼれ話写真。

ちなみに、これは私が愛蔵している「野火」です。もはや何回読み返したわからないほどで、お風呂の中でも読み、旅先でも読みと、いろいろなところに持ち歩き読みまくった結果、こんな姿になってしまいました。今回の講師、島田雅彦さんの研究室に、取材でお邪魔した際も「えらく、ぼろぼろだねえ」と驚かれたのを思い出します。

「野火」はプロデューサーに就任してから、取り上げてみたいと思っていた一冊でした。しかし、取り上げるにはあまりにも重すぎるのでは、と躊躇もしていました。そんな日々の中、かばんの奥の片隅に眠ったままの「野火」を再び読み返すきっかけになったのは、去年8月、哲学者カントの平和論「永遠平和のために」を番組で取り上げたことでした。

カントがあれだけの平和論を書くことができたのは、「オーストリア継承戦争」「七年戦争」「バイエルン継承戦争」など当時のヨーロッパ各地で戦乱が絶えなかったこと。カントは、戦争を肌身で感じていたからこそ、戦争をなんとか防ぐことができないかと切実に考えて、徹底した思索を試みたのです。

一方、私たちはどうでしょう。もちろん今でも世界各地で紛争は絶えませんが、戦後70年以上たって、私たち日本人はすっかり戦争の記憶を薄れさせてしまったのではないでしょうか? どんな立場にたって議論するにしても、戦争自体が一体いかなるものかを、今もう一度見つめなおす必要があるのではないか。そう考えて、「野火」をもう一度、読み直したのです。これまで、それほど印象に残っていなかった次の一節が胸を貫きました。

「この田舎にも毎夕配られて来る新聞紙の報道は、私の最も欲しないこと、つまり戦争をさせようとしているらしい。現代の戦争を操る小数の紳士諸君は、それが利益なのだから別として、再び彼等に欺されたいらしい人達を私は理解出来ない。恐らく彼等は私が比島の山中で遇ったような目に遇うほかあるまい。その時彼らは思い知るであろう。戦争を知らない人間は、半分は子供である。」
「野火」 三十七「狂人日記」の章より

「戦争を知らない人間は、半分は子供である」。本物の戦場を生身で体験した大岡昇平さんだからこそ書けた一節だと思います。そこには、生半可な気持ちや机上の空論で戦争を論じるような態度など消し飛んでしまうような凄みがあります。どんな政治的な立場にたつものであれ、大岡さんが描いたような、「絶対的な戦争の真実」「戦争のリアル」をまず厳しく見つめぬくことから始めなければならない。そして、戦争の記憶をもつ人々が年々少なくなっていく中、文学として残された「野火」には、とてつもない価値があると思います。

このような思いに駆られた私は、ぼろぼろになった「野火」の一文一文を再び噛みしめながら、思い浮かべた講師候補の一人、島田雅彦さんにメールをさせていただきました。メールの日付が2016年9月1日とありますから、ちょうど一年前のことになります。その後、「宮沢賢治スペシャル」の朗読を担当していただいた塚本晋也さんの真摯な読みに感銘を受け、映画化を成し遂げた彼にもぜひゲストに出てもらいたいと思いました。お二人からのメールのお返事はとてもとても熱いもので、番組に取り組む決意を改めて強く固めることができました。その「熱」は、今回のシリーズの第四回に、強く、強く現れていると今、実感しています。

さて、「野火」の主人公・田村は、復員後、狂人とみなされ、精神病院に収容されます。この意味に、番組制作終了後、深く思いをいたしました。果たして狂気に陥っているのは田村なのでしょうか? これほどまでに過酷だった戦場へ再び人々を送り出そうとしている現実こそ狂気の沙汰ではないのか。演出を担当したディレクターがエピローグとしていれてくれた、この最後の朗読を何度も見直すたびに、そんな思いがふつふつとわいてきます。「野火」の問いかけ、大岡さんの問いかけは、今も、止むことはないのです。

ページ先頭へ
Topへ