おもわく。
おもわく。

「永続的かつ普遍的な魅力があり、英文学の最も偉大な作家の1人と認められる」と絶賛され、2017年から英国の新10ポンド札に肖像が印刷されると発表された、作家ジェイン・オースティン(1775 – 1817)。彼女の最高傑作とされる「高慢と偏見」は、人気映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の元ネタになるなど今も世界中の人に愛されている小説です。「虚栄心」「偏見」といった人間が陥りがちな落とし穴がいかに人生を左右してしまうのかを、克明な人物描写、心理描写を通して見事に描き出したこの作品から、現代人にも通じるさまざまな問題を読み解いていきます。
 厳しいイギリスの階層社会の中で、男子がいないベネット家では、娘たちがうまく結婚相手をみつけなければ、財産を受け継ぐことができません。一刻も早く婿を探そうとする母は、娘エリザベスに卑屈で尊大な牧師と結婚させようとしますが、知的で才気にあふれたエリザベスには到底受け容れがたいのです。そんな中、彼女は、二人の魅力的な男性に出会います。そのうちの一人ダーシーは、紳士然としながらも態度が鼻持ちならりません。もう一人のウィッカムに事実と異なる偏見を吹き込まれ、ますます心が離れていくエリザベス。しかし、二人は、偶然ともいえる幾度かの再会の中で、いつしか惹かれあっていきます。ところが、積み重ねられた「偏見」や自らを守る「プライド」から、どうしても素直になれず、誤解と拒絶を繰り返します。物語は、エリザベスとダーシーの恋愛が、障害を乗り越えて成就するかどうかを巡って展開していきます。
ジェイン・オースティンの作品を長年研究してきた、廣野由美子教授(京都大学)は、「高慢と偏見」が巷間いわれているような単なる「恋愛小説」ではなく、人間の本質を見事にとらえた洞察を読み取ることができる作品であるといいます。
今年はジェイン・オースティン没後200年。廣野教授に彼女の最高傑作「高慢と偏見」を新しい視点から読み解いてもらい、「人間は虚栄心や偏見をどうやったら乗り越えられるか」という現代人にも通じる普遍的な問題を考えていきます。

ページ先頭へ

第1回 偏見はこうして生まれた

【放送時間】
2017年7月3日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年7月5日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年7月5日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
廣野由美子(京都大学教授)
…19世紀の英文学研究の第一人者。
【朗読】
ミムラ(女性の登場人物担当)、川口覚(男性の登場人物担当)

人間は誰しも、生まれ育ちや家族関係によって形成される気質から逃れることはできない。オースティンは巧みな設定によって登場人物たちの気質や性格を見事に浮かび上がらせる。自己肯定感に溢れた姉や妹に対して、主人公エリザベスはどこか屈折し、強い「成り上がり意識」をもっている。これには、母からの愛情不足と知性を無駄遣いすることしかできない父への失望が大きく影響している。認知療法理論では、こうして形成される性格の基盤を形成する枠組を「スキーマ」と呼ぶ。そのスキーマと現実のずれから、登場人物たちの行動を分析できると廣野教授は指摘する。第一回は、この認知療法の概念を借りて、主人公たちの置かれた状況を浮き彫りにすることで、オースティンの鋭い「人間観」に迫っていく。

ページ先頭へ

第2回 認識をゆがめるもの

【放送時間】
2017年7月10日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年7月12日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年7月12日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
廣野由美子(京都大学教授)
…19世紀の英文学研究の第一人者。
【朗読】
ミムラ(女性の登場人物担当)、川口覚(男性の登場人物担当)

エリザベスの前には、三人の結婚相手の候補があらわれる。彼らへのエリザベスの対応を詳細にみていくと、人間の認識がいかにしてゆがめられていくかを知ることができる。幸運のみによって成り上がり尊大になった牧師コリンズ、機知によって地位を獲得した狡猾なウィッカム、生まれながらの風格をもつ大富豪ダーシー。それぞれの存在と言動がエリザベスの「スキーマ」を刺激し、彼女の中に偏見が形成されていく。反面教師として人間はどうしたら偏見から自由になれるかも知ることができる。第二回は、さまざまな登場人物との関係から見えてくる、「認識をゆがめるもの」を解剖していく。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師: 廣野由美子
ページ先頭へ

第3回 恋愛のメカニズム

【放送時間】
2017年7月17日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年7月19日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年7月19日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
廣野由美子(京都大学教授)
…19世紀の英文学研究の第一人者。
【朗読】
ミムラ(女性の登場人物担当)、川口覚(男性の登場人物担当)

人間誰もが期せずして陥ってしまう恋愛。「虚栄心」と「偏見」にはばまれながらも、惹かれあっていく主人公エリザベスとダーシーの心の動きを追っていくと、その巧妙なメカニズムが浮かび上がってくる。人間は「好意」や「すりより」によって惹かれるだけではない。そんな「媚」にではなく、ときに、溌剌とした自負心や媚ない批判精神に惹かれていくものだ。一筋縄ではいかない恋心の複雑なゆらめき。オースティンはそのドラマを見事にとらえた。第三回は、エリザベスとダーシーの恋愛の進展を追いながら、誰しもが陥る「恋愛のメカニズム」を解き明かしていく。

島津有理子のゆりこ's EYEアニメ職人たちの凄技
ページ先頭へ

第4回 「虚栄心」と「誇り」のはざまで

【放送時間】
2017年7月24日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2017年7月26日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年7月26日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
2017年7月31日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
2017年8月2日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2017年8月2日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【指南役】
廣野由美子(京都大学教授)
…19世紀の英文学研究の第一人者。
【朗読】
ミムラ(女性の登場人物担当)、川口覚(男性の登場人物担当)

オースティンのねらいは「プライド・アンド・プレジュディス」という原題の意味を念頭に置くとはっきり見えてくる。「プライド」には「高慢」というマイナスの意味と「誇り」というプラスの意味が二重に込められている。「プライド」はあるときは「偏見」を生み出し二人の恋愛をはばんでしまうが、それが「誇り」というプラスの方向に働くとき、人を惹きつける魅力やさまざまな障害をはねのける武器ともなる。オースティンは、主人公二人の行動を通して、この両義性を描き出そうとしたのであり、そこにこそ、人間が「虚栄心」や「偏見」を乗り越えるヒントもあるのだ。さまざまな障害が立ちふさがる中、エリザベスとダーシーの恋の行方やいかに? 第四回は、ラストシーンに至る怒涛の展開を通して、人間が虚栄心や偏見を乗り越えるために必要なものは何かを考えていく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
高慢と偏見 2017年7月
2017年6月24日発売
ページ先頭へ
Topへ