おもわく。

「ブッダ 最期のことば」

およそ2500年前に誕生した仏教。創始者ブッダの死後まもなく、弟子たちによって編纂され、数ある経典の中で、ブッダ本人の死のありさまが最も忠実に記述されていると考えられているのが、古代インドのパーリ語で記された「マハーパリニッバーナ・スッタンタ」(「大般涅槃経」)です。直訳すれば「偉大なるブッダの死」という意味になるこの経典は、東南アジアでは基本経典の一つとして重要視され、国の異なる僧侶同士が会話する時には、今でもパーリ語が使われているほどです。
番組では、古代仏教史や戒律の研究者、花園大学の佐々木閑教授が「大般涅槃経」をわかりやすく解説します。佐々木さんによれば、ブッダの教えは単なる宗教ではありません。悩みを抱えている人が自分自身を見つめ、さまざまな苦しみを克服していくための「自己鍛錬システム」だといいます。とりわけ「大般涅槃経」には、自分が死んでリーダーが不在になった後も、このシステムが長期にわたって維持・管理できるような工夫や知恵が数多く記されています。これは他の宗教にはあまりみられない特徴です。
合理的な知恵によって心の本質を見極め、苦しみからの脱却を目指そうとしていたブッダ。彼が死の直前に私たちに残そうとしたメッセージとは何だったのでしょうか? 仏教を【自己鍛錬システム】ととらえる視点で、ブッダが最期の瞬間まで自らの姿を通して示した【人間のあるべき生き方】、長期に渡って維持・存続する組織の条件を問う【組織論】などを、「大般涅槃経」から読み解いていきます。

ページ先頭へ

第1回 涅槃への旅立ち

【放送時間】
2015年4月1日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2015年4月8日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2015年4月8日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
佐々木閑(花園大学教授)
【朗読】
大杉 漣(ブッダ・パート)
【朗読】
音尾 琢真(アーナンダ・パート)

80歳を迎えたブッダは霊鷲山に滞在していた。身体の衰えがひどく自身の死期が近いことを覚ったブッダは故郷を目指して最後の旅に旅立つことを決意する。その大きな目的の一つは、自分の死後、これまで解き明かしてきた真理や修行方法などをできるだけ多くの人たちに教え伝えることだった。旅立ち前にまず行ったのは意外にも、隣国への侵略計画をすすめる阿闍世王への忠言。そこには真に繁栄する国の条件が示されていた。佐々木閑さんは、その裏に、自分の死後、仏教や教団が永く維持・存続するための教えが込められているという。第1回は「大般涅槃経」の全体像を概観しつつ、ブッダが「自己鍛錬システム」として説いてきた仏教の本質と、それをいかにして長く存続させるかというブッダの知恵を読み解く。

ページ先頭へ

第2回 死んでも教えは残る

【放送時間】
2015年4月8日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2015年4月15日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2015年4月15日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
佐々木閑(花園大学教授)
【朗読】
大杉 漣(ブッダ・パート)
【朗読】
音尾 琢真(アーナンダ・パート)

ブッダは最後の旅において、自分の死後に指標となるような教えを繰り返し説き続けた。その代表例が「自灯明・法灯明の教え」。「私がいなくなっても真理の法は生きている。自らを灯明とし自らを拠り所としなさい。法を灯明とし法を拠り所としなさい」。この言葉は、自分の死後リーダーが不在になったとしても、修行を続けていける方途を示したものだ。いわば「教祖」のようなものを否定した画期的な教えである。またブッダは、遊女アンバパーリーの招待をすすんで受けるなど、貴賎の差を問わない絶対平等の立場で行動を続ける。自らの姿をもって弟子達に真理を教え続けたのだ。第2回は、旅の途上のさまざまなエピソードを通して、ブッダの死後も生き続ける「生き方の指針」を読み解いていく。

ページ先頭へ

第3回 諸行無常を姿で示す

【放送時間】
2015年4月15日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2015年4月22日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2015年4月22日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
佐々木閑(花園大学教授)
【朗読】
大杉 漣(ブッダ・パート)
【朗読】
音尾 琢真(アーナンダ・パート)

ブッダの死因は、鍛冶屋チュンダが供養した食事だったとされる。しかし、ブッダは一切チュンダを責めることはしない。それどころか「涅槃に入る前の最後の施食は、ほかのどんな供養よりもはるかに大きな果報と功徳がある」と説き、チュンダの後悔の念を和らげようという深い慈悲を示す。またその直前には、まるで総決算のように、六つの町でこれまで説いてきた教えのエッセンスを、命を削りながら説き続けた。ブッダ最後の旅は、「諸行無常」という真理をわが身をもって示す旅でもあった。第3回は、最後の旅における説法を通してブッダの思想のエッセンスを紹介するとともに、最後の瞬間まで慈悲に貫かれたブッダの行為から、人間としてのあるべき姿を読み解く。

ページ先頭へ

第4回 弟子たちへの遺言

【放送時間】
2015年4月22日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2015年4月29日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2015年4月29日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
2015年4月29日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
2015年5月6日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
2015年5月6日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
佐々木閑(花園大学教授)
【朗読】
大杉 漣(ブッダ・パート)
【朗読】
音尾 琢真(アーナンダ・パート)

ついにブッダの死に死が訪れようとしていた。沙羅双樹の樹下に横たわったブッダは、弟子たちに向けて遺言ともいうべき言葉を語り始める。また臨終にかけつけたスバッダを、周囲の反対を押し切って弟子とし導いた。弟子たちに対しては「葬儀のあり方」「修行の大切さ」「時代にあわせて柔軟に戒を運用すること」を伝えるなど、最期の最期まで、自分の死後に残された人たちが困らないよう細かい心配りをするブッダ。それは、生涯をかけて積み上げてきたものだけが示せる荘厳な死だった。第4回は、ブッダの死が意味するものやそれを私たちがどう受け止めたらよいのかを考えるとともに、仏教やそれを支えるシステムが、ブッダの死後2500年以上も長きにわたって存続してきた秘密にも迫っていく。

NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
「ブッダ 最期のことば」2015年4月
2015年3月25日発売
ページ先頭へ