第1回 賢治の伝言

【放送時間】
2011年12月7日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2011年12月14日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)
2011年12月14日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
ロジャー・パルバース(作家・東京工業大学世界文明センター長)

この40年間でくりかえし「銀河鉄道の夜」を翻訳してきたパルバースさんは、賢治の愛した美しい高原で物語の世界へ想像をふくらませる。
「銀河鉄道の夜」を賢治が書いた動機は、最愛の妹トシを失った悲しみからだったとパルバースさんはいう。生と死をテーマに描いた「銀河鉄道の夜」の奥深い世界に迫る。

ページ先頭へ

第2回 悲しみから希望へ

【放送時間】
2011年12月14日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2011年12月21日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)
2011年12月21日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
ロジャー・パルバース(作家・東京工業大学世界文明センター長)

大震災を経験した今、私たちはいかにその悲しみを乗り越え、希望を見出していったらいいのだろうか。
悲しみから前を向くためにヒントとなるシーンが「銀河鉄道の夜」にある。
どんな状況にあっても、けっして私たちは無力ではないというメッセージを、死の前まで「銀河鉄道の夜」を書き続けた賢治の生き方に見出す。

名著、げすとこらむ。ゲスト講師:ロジャー・パルバース「世界に生きるすべての人へ」
ページ先頭へ

第3回 みんなつながっている

【放送時間】
2011年12月21日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2011年12月28日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)
2011年12月28日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
ロジャー・パルバース(作家・東京工業大学世界文明センター長)

閉塞感が覆い始めている日本。そうした時にこそ、私たちはこの世界で決してばらばらではなく、すべてがつながっていると考えるのは有効ではないか、とパルバースさんは語る。森羅万象のつながりをみつめつづけた賢治。その思想は「銀河鉄道の夜」にも貫徹している。
「鳥を捕る人」や「さそりの逸話」など「銀河鉄道の夜」の不可思議な世界を読み解きながら、その奥にある「つながり」の思想を探っていく。

もっと銀河鉄道の夜
ページ先頭へ

第4回 ほんとうの幸い

【放送時間】
2011年12月28日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
2012年1月4日(水)午前5:35~6:00/Eテレ(教育)
2012年1月4日(水)午前11:30~11:55/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】
ロジャー・パルバース(作家・東京工業大学世界文明センター長)
【特別ゲスト】
鎌田東二(京都大学こころの未来研究センター教授)

現代の日本に賢治が生きていたら幸いへの道筋を、どう語るだろうか。賢治の世界をみつめ続けてきた鎌田東二さんは言う。「歌え、踊れ、そして笑え」。農民に文化や芸術を教えた賢治は、体の底からあふれてくる感情こそ大切だと考えていた。一方、パルバースさんは、「銀河鉄道の夜」に描かれたどこまでも行けるジョバンニの切符は、すべての人の心の中にあるという。賢治が教えてくれるもっとも大切な精神は「自由」であると。
二人の対談を通して、「ほんとうの幸い」のありかを探る。

ユリナ ノ 目
ハテナ?のメール箱の回答。皆さんからお寄せいただいた“ハテナ?”のメール。番組では、代表的な質問や、多かった疑問を、講師の先生にお聞きしました。
NHKテレビテキスト「100分 de 名著」はこちら
○NHKテレビテキスト「100分 de 名著」
宮沢賢治『銀河鉄道の夜』2011年12月
2011年11月25日発売
定価550円(本体524円)
ページ先頭へ