1月 髙市さん宅での哺育 家族で育てたピース

髙市さんは、ピースが生まれた当日から自宅に連れて帰り、ピースの世話を続けてきました。3時間おきのミルクや排せつ、ピースは夜泣きをすることも多く、つきっきりの哺育が続きました。そんなとき、髙市さんの家族が協力をしてピースの子育てを手伝いました。

閉じる