3月30日放送
3月30日放送

佐川町

原田 剛さん

佐川町は、高知市より西へ車で45分ほどの緑豊かな山々に囲まれた田園風景のある盆地の町です。
仁淀川中流の豊富な水に恵まれ、県下屈指の酒造とその周辺の上町地区の落ち着いた町並みは、かつての城下町の趣を今なお残し、歴史と文化を感じさせてくれます。
また、その奥の牧野公園は桜の名所として、お花見でにぎわうほか、佐川町出身の植物博士・牧野富太郎博士ゆかりの山野草が四季を通して訪問客を楽しませています。
ほかにも、土佐三名園のうちの二つ、青源寺と乗台寺の庭園があり、県指定の文化財にもなっています。
観光施設としては、まず、上町地区の酒蔵の道中ほどにある国登録有形文化財「旧浜口邸」。
こちらは、現在、さかわ観光協会が古民家カフェを運営しながら町の観光拠点として情報を提供しています。
次に、町立博物館「青山文庫」。明治天皇から賜った品や蔵書など元宮内大臣・田中光顕氏の寄贈により設立されました。
坂本龍馬の手紙など、貴重な幕末の志士たちの遺墨もご覧いただけます。
さらに、化石標本や動く恐竜模型などを展示、地球の歴史を知ることが出来る「地質館」があります。
今日は、牧野富太郎ゆかりの牧野公園にて開催される恒例のさくらまつりなどについて、一般社団法人さかわ観光協会 原田剛(はらだ・つよし)さんにお話を伺います。