4月7日放送

黒潮町

坂田 実緒子さん

高知県の南西部に位置する黒潮町は、人口およそ12000、雄大な太平洋に面しています。 海岸沿いには数十万本のクロマツからなる美しい入野松原があり、その美しい光景はおよそ4kmに渡って続きます。
こうした砂浜や松原などの風景一体を地域資源として活用しようと、ありのままの自然や風景を「作品」と捉える「砂浜美術館」もあり、来月(5月)3日からは砂浜にTシャツをアートとして展示する催しが行われます。 また、今月末からはホエールウォッチングも始まり、多くの観光客でにぎわいます。
今回は、NPO法人砂浜美術館 坂田実緒子さんにこの時期の黒潮町の魅力についてうかがいます。