NHK松山放送局 アナウンサー・キャスターページ

学生時代、夢中になっていたことは何ですか?

柔道は夢中になってやりました。幼稚園から小学校2年生くらいまでと大学2年生から。きっかけは、兄がやっていてまねをして始めました。柔道をやっている方には怒られるかもしれませんが、投げられるのが好きなんです。フワっと浮いてドンと落ちる感じがアトラクションみたいで・・・うまい人に投げられると痛くもないんです。もちろん投げるときも爽快です。瞬間で全力を出せるというか・・・。

柔道から学んだことはありますか?

柔道は特に縦のつながりが強くて同世代~70代の幅広い世代の方との交流ができるんです。そこで気後れしないで初めての場所でも飛び込める度胸がついたことは、今の仕事、取材でもいきているかなと思います。 恋愛相談をしたり、逆にみなさんの昔の恋愛で「黒電話だったから自宅にかけて大変だった」という話を聞いて新鮮だなと思ったり、世代が違う人と話せたのはいい経験でした。

スポーツの経験が今の仕事に役立つことはありますか?

成長期にバスケットボールをやっていたこともあってか、身長が小学6年生で163cmありました。身長が高くて得をしたことは、覚えてもらいやすいというのはあるかもしれません。でも人がぶつけないところで頭をぶつけたり、電車だと座っていて立ち上がった時につり革に当たったりします(笑)
取材では、自分がスポーツをやっていたからこそ、私だったらこんな時にどう思っていたかなと考えてお話を聞けることです。経験があるから、この選手はこういうところがすごいんだ!と思えることもあって、それを分かりやすくみなさんにお伝えできたらいいなと思います。

アナZONEトップ
ページトップに戻る