NHK松山放送局 アナウンサー・キャスターページ
<添乗員時代 研修で訪れたタイでの一枚>

いまの仕事を目指したきっかけはありますか?

振り返ると、幼少期からもの静かでおとなしくて人前でしゃべるとか自分の意見を伝えることがすごく苦手で、それを克服したいという思いがずっとありました。ただしゃべるのではなくて人とのコミュニケーションの中でことばを磨いていきたいと思っていましたが、現実的にアナウンサーになることは考えていなくて、旅行会社の添乗員として就職しました。旅行の行程管理が主な仕事ではありますが、大勢のお客さんの前で話をする機会も多く、そこで高いお金を払って旅行に来てくださっているのに、つたない説明しかできなくて悔しい思いをしたんです。土地の魅力などを上手に伝えられたらもっと楽しんでもらえるだろうなあって思いました。
その中でアナウンサー・リポーターを目指していったんですけれども、父が他界したのがそのころで人生一度きりしかないっていう気持ちにもなって一念発起しました。父の誕生日にお墓参りに行っていた朝に徳島局の合格の電話をもらったときは母と喜びました。忘れられないですね。父が応援してくれているような気がしました。

<写真左:初中継で「UFO」 写真中央:滝行 写真右:ラフティングのロケ>

記憶に残っている仕事はありますか?

新人の徳島局時代の初中継は思い出深くて覚えていますね。農作業の合間に納屋で楽器を持って演奏している農家のお母さんバンドの練習場所に訪れる中継だったんですけれど、最初はガチガチに緊張して…。。そこでお母さんたちがピンク・レディーの「UFO」を演奏して、私が突然踊り出すっていう演出だったんです。もうやるしかない!と恥じらいを捨てて腹をくくって無我夢中で踊りました。すると思いきりできて、お母さんたちの演奏も盛り上がり、明らかに会場の熱が上がっていくのを感じたんです。最後は「これからも楽しく地域を元気づけたい!」というお母さんたちの思いや、温かく見守るご家族の思いもしっかりとお話いただき、和やかな雰囲気で無事に終えることができました。その中継をきっかけに、放送で覚悟することの大切さを学びました。そこからは体当たりリポーターとして腹をくくっていろんなことに挑戦し、その魅力や楽しさを真剣に伝えることができたかなと思います。滝に打たれたり、海の上に浮かぶ台に乗って尻相撲をしたりしましたね。“岸の海”っていう名前で(笑)。もちろん今も求められればやります! 実はいろいろやりたいです(笑)。

これからやってみたいことを教えてください

ナレーションをやってみたいです。特に人の気持ちに寄り添ったドキュメンタリーや、動物や自然番組のナレーションに挑戦する機会が得られればうれしいです。また将来的にはインタビューのコーナーや番組ができたらと思います。かつての上司が“インタビューは放送の基礎だ”って教えてくれました。「伝わる放送」のためには、いかに広く深く細かくお話を聞けるかがとても大切で、そのためにも貪欲に学び、幅広い知識を身につけていきたいです。いま目の前にある仕事に真摯(しんし)に向き合っていけばその先の未来に自然とつながっていくと信じています。ことばと心の声に耳を傾けてどんな人とも心を通わせられる。本当に難しいことですが、そんな風になることができたら最高です。少しでも近づけるように、これからも職業も生き方も国籍もさまざまないろんな方との出会いを大切にして、ていねいに話を聞いてそれをしっかりとお伝えしたいです!

アナ・キャスリレーインタビュー

小野文明

小野アナウンサーから
岸本キャスターへの質問

徳島県出身の岸本さん。僕も数回、徳島県に行ったことがありまして、鳴門の渦潮、国際美術館、かずら橋などメジャーなスポットには行きました。徳島出身の岸本さんが知っている穴場的スポットがあれば今度行きたいので教えてください。

岸本南奈

岸本キャスターの回答

いちおしはれんこん畑です!
徳島県は全国有数の生産量を誇るんです。なので、夏になると蓮の葉が茂って花が咲いているれんこん畑が、鳴門市を中心に一面に広がっていてとてもきれいな風景です。国道11号線の沿道となる鳴門市から松茂町あたりをドライブしながらでも楽しむことができますし、ちょっと脇道に入って車を停めて見てみるのもおすすめです。
そのれんこん畑に囲まれた鳴門市大麻町には、ここ数年、コウノトリが飛来して定着しつつあるので、近づける距離には規制がありますが、コウノトリや巣を観察することができます。コウノトリのエサ場にもなるくらい豊かな生き物がいる土壌、それも粘土質の土で育ったれんこんですから、色白でシャキシャキ、ホクホクとした食感でおいしいですよ~!
秋から冬にかけてが旬ですのでぜひ食べてみてください♪


岸本キャスターから中村アナウンサーへの質問

中村信博

岸本キャスターから中村アナウンサーへの質問

実際にお会いしてもそうだったんですけれども、画面を通して拝見したときにすごくフレンドリーだなと感じました。そう思わせるのってなかなか難しいと思うんですが、どうやってフレンドリーさを出しているのでしょうか?(笑)
人に接するときにどういうことを心がけていますか? お友達も多そうですよね(笑)

中村アナウンサーの回答はこちら!

掲載している内容は2020年11月現在のものです。

アナZONEトップ
ページトップに戻る