首藤奈知子の「ずっとしこく」取材日記
首藤奈知子の「ずっとしこく」取材日記

#40 地元トークで話が弾みうれしかったです

ずっとしこく 第40回は、松山市出身の作家 天童荒太さんです。

道後温泉からほんの300メートルほどの場所で

生まれ育った天童さん。

私がよくウロウロしている場所に

かつて天童さんが暮らしていたなんて!

驚きです。

椿の湯や、今は無くなってしまった

おいしいうどん屋さんの話など、

地元トークで話が弾みうれしかったです。

おいしいうどん屋さんの話など、地元トークで話が弾みうれしかったです。

最新作は、ふるさと道後の遍路宿を舞台にした物語。

これまでの天童さんのイメージがガラッと変わる内容ですよ。

優しくて温かい人たちがたくさん登場し、クスッと笑えるのです。

ご本人いわく、これが本当の自分です!とのこと(笑)

インタビュー後、道後の街を案内して下さいました。

生まれ育った場所、今は暗きょになっている川、

(かつてうなぎがいたそうです)

同級生のお店、物語の中で名前を変えて登場する場所などなど。

地元をサービス精神いっぱいにご紹介いただき、楽しい街歩きでした。

これから、遍路などふるさとを舞台にした物語を書きたいと

話してくださいました。

四国がつながっている遍路。

天童さんによってどんな物語が紡がれるのか、

早くも次の作品が待ち遠しいです。

「ずっとしこく」次回は、
10月20日(日)総合テレビ 午前5時55分~です。
※放送予定が変更になりました

放送は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。