首藤奈知子の「ずっとしこく」取材日記
首藤奈知子の「ずっとしこく」取材日記

#35 木造アパートが世界のゲストをおもてなしする場に変身!

内田大輔さん

ずっとしこく第35回は、

高松市でゲストハウスを経営している

内田大輔さんです。

高松市の中心地、

細い路地に面した扉を開けると、

とってもおしゃれな空間が!

空き家になっていたという

築60年の木造アパートは、

世界のゲストをおもてなしする場に

変身を遂げていました。

 「旅で大切なのは、その土地で出会う人。

  言葉が通じなくても、心をオープンにすることを心がけている。」

と内田さん。

どんな人がやって来るのだろうとドキドキしながら、

自分の育った街を楽しんでほしいとおもてなしされています。

時々起こるハプニングがまた刺激的で楽しいのだとか(笑)

ハプニングは旅の記憶に残りますよね。

実は私、ことし初めて民泊を体験。

素敵なご夫婦と犬に出会い、地元で暮らす人ならではの情報を知り、

「違う季節にもまた訪ねたい!会いに行きたい!」と強く思ったのでした。

大好きな地元をたくさんの人に感じてほしい!

内田さんのような方が旅の窓口になってくれることで、

「あそこ面白いよ!」という本音の口コミが広がり、

またリピーターも増えるのではないかと思いました。

特別な観光地でなくても、

異文化を感じられるだけで満たされることがありますよね。

「ずっとしこく」次回は、
7月28日(日)総合テレビ 午前5時55分~です。

※放送日が変更になりました

放送は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。