おはよう四国ブログ

6月16日(土)放送 ウィークエンドナビ2018年06月16日 (土)


「一宇久藪(いちうひさやぶ)あじさい祭り」

日時 ▼ 6月17日(日)午前9時~午後3時
場所 ▼ 徳島県つるぎ町一宇久藪 阿弥陀堂
問合せ▼ 0883-62-3111(つるぎ町役場)
内容 ▼ 使われなくなった畑を町おこしにつなげようと、地元の人たちが20年ほど前からアジサイを植え始めました。山の斜面一面に、およそ7000株が咲いています。
イベントでは人形を使った、徳島県の伝統的な神事「三番叟」が上演されるほか、地元の特産、半田そうめんを流しそうめんで食べながら、あじさいを楽しむことができます。

ohayou_navi_180616_01.jpg
▲ 美しく咲くあじさい

ohayou_navi_180616_02.jpg
▲ 「半田そうめん」を流しそうめんでいただく

「山のなんでも市」

日時 ▼ 6月17日(日)午前9時~午後3時
場所 ▼ 高知県仁淀川町 「山村自然楽校(がっこう) しもなの郷」
問合せ▼ 0889-36-0005(山村自然楽校 しもなの郷)
内容 ▼ このイベントは、山でとれた物や山で作ったものを販売し、自然豊かな地元の良さを多くの人に知ってもらおうと毎年開催されています。
農産物や盆栽、地域の人手作りの木工品などが販売されるほか、田楽やあまごの塩焼き、よもぎもち、手打ちそばなど地元の食材を使ったさまざまな料理も楽しめます。

ohayou_navi_180616_03.jpg
▲ 「なんでも市」の様子

ohayou_navi_180616_04.jpg
▲ さまざまな料理が食べられます      

 

※天候などによっては、変更の可能性がありますので、確認してからお出かけください。

投稿時間:08:00 | 固定リンク


カレンダーの向こうには...2018年06月16日 (土)


「おはよう四国」 寺岡凜です。

 

私は、机に大きなカレンダーを貼っています。

そのカレンダーをめくってみると…

 

あっ!!前の席のディレクターが見えるっ!笑

(いつもは大きなカレンダーで隠れています)

ohayou_180616_01.jpg

愛媛県で放送している「ひめDON!」や「ひめポン!」、

そして「おはよう四国」などなど担当しているディレクターです。

 

放送局の中にも様々な役割がありますが、

“ディレクター”は番組を作るプロ。

魂を削るように、情熱的に番組を作ります。

 

 

私は毎週、ディレクターをはじめ大勢の人とともに

「四国の魅力をより伝えられるような“おはよう四国”になるように!」と

いう意気込みのもと、番組の台本をつくっています!

また来週もみたい、と思ってもらえるよう

ディレクターともども、一緒にがんばっています!

 

是非また来週も見てくださいねっ(*^^*)

 ohayou_180616_02.jpg

 

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:08:00 | 固定リンク


6月16日(土)放送 「"あかがね"のまちを訪ねて ~愛媛 新居浜市~」2018年06月16日 (土)


「四国プラス」は、別子銅山によって発展した愛媛県新居浜市を訪ねます。
町には、「あかがね(=銅)のまち」として栄華を誇ったかつての面影がいたるところに残ります。
初夏のみずみずしい風景が広がる中、今に残る歴史と文化、そこに暮らす人たちの思いに触れます。

■四国プラス
「“あかがね”のまちを訪ねて ~愛媛 新居浜市~」

・鉱山鉄道や“東洋のマチュピチュ”、新居浜観光ガイドに関して
「マイントピア別子」
 電話:0897-43-1801

・いずみやについて
「割烹料理屋『鞍馬』」
 ※いずみやを提供してもらいたい場合は要予約
 住所:新居浜市西原町2-2-10
 電話:0897-34-2435

投稿時間:08:00 | 固定リンク


"あかがね"のまちを歩く2018年06月15日 (金)


おはよう四国・金子峻です。

 

16日のおはよう四国では、私が「“あかがね”のまち」を紹介します!

舞台は、愛媛県の新居浜市(にいはま)です。

 

ohayou_180615_01.jpg

 

まずは観光列車に乗って、「あかがね」の所以(ゆえん)を探りに行きました。

 

「あかがね」とは「銅」のこと。

新居浜は別子銅山の関連産業で発展してきました。

だから、「“あかがね”のまち」なのです。

 

 

ohayou_180615_02.jpg

 

銅山で使われていた建物の一部が、今も残されています。

かつて、採掘されてきた銅鉱石はこの建物に蓄えられ、そして運び出されました。

 

このすぐ近くには従業員の住宅(社宅)も数多く並んでいたそうです。

どんな人たちが、日々の仕事に向き合っていたのか。

家族と暮らす日常生活はどのように営まれていたのか。

残された建物を間近で見ると、さまざまな思いが浮かびました。

 

 

新居浜の発展の歴史は、別子銅山とともにあったといえます。

それを感じさせるものも、さまざまな形で残っているんですよ!

ユニークなのは、こちら。

 

ohayou_180615_03.jpg

 

この食べ物、「いずみや」という名前で呼ばれています。

米の代わりに「おから」で作った寿司のような料理です。

 

ohayou_180615_04.jpg

 

「いずみや」、おいしかったです!

お酒を一杯…なんて思っちゃいましたが、そこは仕事なのでぐっとこらえて。

 

どうして「いずみや」という名前になったのか、なぜ「おから」が使われるのか。

実はその理由にも、別子銅山が深く関係しているんです!

詳しくは、おはよう四国をご覧くださいね!

 

 

別子銅山が閉山してまもなく半世紀。

別子銅山とともに歩んできた新居浜の魅力を、凝縮してお伝えします!

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:11:00 | 固定リンク


アジサイをみつめる2018年06月09日 (土)


おはよう四国 寺岡凜です。

梅雨。アジサイがあちこちに咲いています。

ohayou_180609_01.jpg

咲いている内に色が変化していくアジサイ。

同じ花でも、色が違うと、花言葉が違うんです。

 

あれ…

“そもそも花言葉って何だっけ”と、ふと思いました。

ohayou_180609_02.jpg

一説には、むかし花を贈るとき

「花にふくまれた意味」が相手へのメッセージだったそうで

その「花にふくまれた意味」が、花言葉になったそうです。

色や形、香り、質感などを通してメッセージを伝えていたそうです。

 

そういう意味で、

花には、言葉では伝えきれない

「人のこころ」を伝える力があるのかもしれません。

 

アジサイの花言葉のひとつに「家族団らん」があります。

ぎゅっと集まって咲く花と、仲の良い家族を重ねて

この花言葉が出来たそうです。

 

そう思ってアジサイを見ると、ぎゅっと集まった花々が

いとおしく見えるから不思議です。

 ohayou_180609_03.jpg

6月16日以降の「おはよう四国」では、2週続けて

アジサイのイベントをお伝えする予定です♪

 

みなさんもお休みの日に、ゆっくりアジサイを見にいきませんか(^^)

 

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:08:00 | 固定リンク


6月9日(土)放送 「駅がつなぐ 山里の幸せ~鹿児島県 霧島市~」2018年06月09日 (土)


「西日本の旅」は、鹿児島県霧島市嘉例川地区を訪ねます。
人口300人、この小さな集落で大切に守られてきたのが、築115年の木造駅舎。
駅舎とともに歩み、暮らしてきた人々の思いに触れます。

◆西日本の旅
「駅がつなぐ 山里の幸せ~鹿児島県 霧島市~」

投稿時間:08:00 | 固定リンク


6月9日(土)放送 「今が旬!ホタル観賞」2018年06月09日 (土)


「四国プラス」は、初夏を告げるホタル、その美しい輝きに迫ります。
ホタルに魅せられ50年にわたり保護活動を続けている高知の男性に、種類によっても異なる光り方や飛び方など、ホタル観賞の楽しみ方や魅力を教わります。

■四国プラス
「今が旬!ホタル観賞」

・春野ホタル館について
 住所:高知市春野町芳原1505
 電話番号:090-4098-5962

投稿時間:08:00 | 固定リンク


6月9日(土)放送 ウィークエンドナビ2018年06月09日 (土)


「庵治ストーンフェア」
日時    ▼ 6月9日(土)・10日(日)午前9時~午後5時(10日は午後4時まで)
場所 ▼ 香川県高松市 サンメッセ香川
問合せ▼ 087―869―3347(実行委員会)
内容 ▼    これは、高松市特産の高級石材、「庵治石」をはじめとする石材の魅力や広くPRしようと、開かれるイベントです。

会場には、庵治石を加工して作ったインテリアや小物などを展示、販売するコーナーや、棒状に加工された庵治石で遊ぶ輪投げや、庵治石で作られた小さなプールに水を張ったヨーヨー釣りなど、庵治石を使った遊びのコーナーが設けられます。

また、庵治石の産地、高松市庵治町の採石場を見学するツアーも行われ、
迫力ある採掘現場の様子を間近で見ることができます。

ohayou_navi_180609_01.jpg

採石場の見学ツアー

ohayou_navi_180609_02.jpg

▲子供も楽しめるイベントも

 

「ハンドクラフトマーケット」
日時 ▼ 6月10日(日)午前10時~午後3時
場所 ▼ 愛媛県砥部町 砥部町文化会館
問合せ▼ 089―962―7000(砥部町文化会館)
内容 ▼ 手作りの作品が大集合するこのイベント。ピアスなどのアクセサリーや雑貨、食器など、およそ50のブースが並びます。

手作り体験ができるブースもあり、ビーズのブレスレットや編み物のブローチを作ることができます。

このほか焼菓子や弁当など、手作りの食べ物を購入できるブースも出店しています。

「1日パン屋さん」では、はだか麦のパンやメロンパンなど、焼きたてのパンが楽しめます。

ohayou_navi_180609_03.jpg

▲1階から3階までブースが並ぶ

ohayou_navi_180609_04.jpg

▲見るだけでも楽しい手作りの品々      

投稿時間:08:00 | 固定リンク


夜の光を今一度見つめ直してみませんか2018年06月08日 (金)


ohayou_matsumura.jpg

こんにちは。
高知放送局の松村朋美です。

今回の四国プラスの主役は高知の自然の中で舞う「ホタル」!
四国では5月下旬から6月中旬まで見ることができます。

ohayou_180608_01.jpg

ところでみなさん、ホタルが光ながら舞う意味を知っていますか?

ただただ綺麗だな~と見つめているだけじゃもったいない!
(私もその一人でしたが・・・)
今回、その光の美しさの意味を教えてくれた平尾さん。

ohayou_180608_02.jpg

愛し続けて50年。分かりますか。

ホタルについて語るこの表情。愛情があふれ出ています。

 

たくさん教えてもらった後は

子ども達とホタル鑑賞にいざ出発!

ohayou_180608_03.jpg

目を凝らして探しました!

これまで見てきたホタルの光が違ってみえるはず。
6月9日(土)の四国プラス ぜひ、ご覧ください。

ohayou_180608_04.jpg

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:15:09 | 固定リンク


6月2日(土)放送 ウィークエンドナビ2018年06月02日 (土)


「池田Jazz横丁2018」
日時    ▼   6月2日(土)午後5時~午後10時
場所 ▼ 徳島県三好市池田町のうだつの町並み周辺
問合せ▼ 088―621―2249(事務局)
内容 ▼ このイベントは、三好市池田町のうだつの町並みで、気軽にジャズを楽しんでもらおうと開かれます。
四国で活動するジャズグループの演奏を、日本家屋や酒蔵などで聞くことができます。会場では、祖谷そばや里芋のみそ田楽など徳島県の料理を楽しむことができるほか、地酒の飲み比べなどもあります。

ohayou_180602_navi_01.jpg
▲ 会場のにぎわい

ohayou_180602_navi_02.jpg
▲ おもむきある日本家屋で 演奏を楽しめる

「さぬきマルシェ」
日時 ▼ 6月3日(日)午前10時~午後3時
場所 ▼ 香川県高松市サンポート高松
問合せ▼ 087―813―1001(事務局)
内容 ▼ これは、香川県の特産品を広く知ってもらおうと、毎月テーマを変えながら開催されているイベントです。
今回のテーマは、「香川の地魚」です。会場では、その地魚を使った料理の試食や販売が行われます。また、高松沖でとれたタコやカレイなどの生き物を触れるタッチプールや、いりこの中に交じっている小さな魚やイカなどの生き物を探して楽しむイベントもあります。

ohayou_180602_navi_03.jpg
▲ 香川の魚や県産品が堪能できる

ohayou_180602_navi_04.jpg
▲ 魚や貝に触ることができる

※天候などによっては、変更の可能性がありますので、確認してからお出かけください。

投稿時間:08:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

検索

新着記事


RSS