おはよう四国ブログ

9月15日(土)放送 ウイークエンドナビ2018年09月15日 (土)


「なつかし遊び商店街inお城下」
日時 ▼ 9月16日(日)午前11時~午後5時
場所 ▼ 愛媛県松山市 松山中央商店街
問合せ▼ 089―998―3533(まちづくり松山)
内容 ▼ このイベントは、敬老の日にちなんで、親子三世代で昔の遊びを楽しんでもらおうと毎年行われているものです。
けん玉やベーゴマなどの、体験ができるほか、折り紙教室や砥部焼きの絵付けを体験できるコーナーもあります。
さらに、2mもの巨大だるまおとしも登場。大きいので難しいそうですが、毎年人気だそうです。

ohayou_navi_180915_01.jpg
▲この機会にいろいろな遊びを楽しもう

ohayou_navi_180915_02.jpg
▲ユニークなものも

 

「夜の動物公園 のいちdeナイト」
日時 ▼ 9月16(日)午後9時まで開園 ※入園は午後8時まで
場所 ▼ 高知県香南市 のいち動物公園
問合せ▼ 0887―56―3509(のいち動物公園)
内容 ▼このイベントでは、夜だからこそ見られる動物園を満喫できます。
動物の生態の説明を聞いたり、餌をやる様子を見たりするのはもちろん、動物をテーマにしたイルミネーションやプロジェクションマッピングなど光の演出も楽しめます。

ohayou_navi_180915_03.jpg
▲間近で見られる動物も

ohayou_navi_180915_04.jpg
▲園内の至る所に電飾が

 

※天候などによっては、変更の可能性がありますので、確認してからお出かけください。

投稿時間:08:00 | 固定リンク


9月15日(土)放送 'はんざけ'に恋して ~鳥取県 日南町~2018年09月15日 (土)


「西日本の旅」は、鳥取県日南町が舞台です。
流星群の観測ができる美しい星空や国の天然記念物オオサンショウウオが住む川など、町の魅力を守り次世代に伝える人たちの姿をみつめます。

■「西日本の旅」‘はんざけ’に恋して ~鳥取県 日南町~

投稿時間:08:00 | 固定リンク


いつも飲むもの2018年09月15日 (土)


おはよう四国 寺岡凜です。

きょうは飲み物の話です(*^^*)
私は、いつも会社に冷たい緑茶をもってきています♪

ohayou_180915_01.jpg

(↑ブルーのキレイなグラデーションが気に入っております)

いつもは冷たい緑茶ですが、
「おはよう四国」の時だけは、あたたかい紅茶を飲んでいます。

実は、スタジオはカメラなどの機材が多いため温度が低く設定されています。
それが、寒いので(笑)
「おはよう四国」の時は、マグカップであったかい紅茶を飲んでいるんです(^^)

ohayou_180915_02.jpg

ちなみに…、

私はもともと紅茶があまり好きではなかったのですが
大学生の時に「アールグレイ」という紅茶に出会い
そこからアールグレイが大好きになりました。

そして放送の時に私が飲んでいるアールグレイは
ずっと一緒に仕事をしてきた上司が、転勤の時に贈ってくださったもの。

放送の度に、大切に飲んでいます。

紅茶とともに、これからも明るく楽しく頑張ります!(*^^*)

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:08:00 | 固定リンク


9月15日(土)放送 いまに伝える 伝統の和三盆~徳島~2018年09月15日 (土)


「四国プラス」は、徳島県が誇る特産品「和三盆」についてです。
若者にも身近に感じてほしいと作られたポップな形の干菓子、和菓子の技術の最高峰とされる工芸菓子に和三盆が欠かせないという職人。
伝統の和三盆を今に伝える人たちに出会います。

■「四国プラス」 いまに伝える 伝統の和三盆~徳島~

・和三盆専門店について
《わんさんぼん》
住所:徳島県阿波市吉野町西条字東姥御前271-2
電話:090-4500-7117

・和三盆にこだわった和菓子屋について
《有限会社鳳月坊》
住所:徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜84番地
電話:088-685-6101

投稿時間:08:00 | 固定リンク


不器用な私は、工芸菓子を作り上げられたのでしょうか・・・2018年09月13日 (木)


ohayou_hiroshi.jpg
こんにちは。徳島放送局の廣由梨です。
今週の「四国プラス」のコーナーに出演させていただきます。

今回、私がお伝えする徳島の魅力は・・・「和三盆」です!
徳島で伝統的に生産されている砂糖の一種で、口溶けの良さが特徴です。

まずは、こちら!

ohayou_180913_01.jpg
スニーカーやウエディングドレス、
さらに、鳴門の渦潮や鳴門鯛をイメージしたもの。

これら全て、和三盆なんです!
若い人たちにも和三盆の魅力を知ってもらおうと、
ユニークな形の和三盆作りに取り組んでいる服部滉輝さんを訪ねました。

そして場所を移して鳴門市へ。

和三盆を使った工芸菓子を作っている谷崎勉さんにお話を伺いました。
谷崎さんは、工芸菓子の大会で全国1位を受賞されたことがあります。
和三盆を使うことで、色味が和らいで素敵な作品になるそうです。

私も教えていただきながら作ってみました。
1つ1つの工程が本当に細かく、谷崎さんのこだわりを知ることができました。

ohayou_180913_02.jpg
不器用な私は、工芸菓子を作り上げられたのでしょうか・・・

お2人の和三盆への思いを聞いてきました。
ぜひ、ご覧ください。

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:13:51 | 固定リンク


声だけで伝える難しさ2018年09月08日 (土)


おはよう四国・金子峻です。

先日のブログでもお伝えした「NHKジャーナル」(ラジオ第1)。

放送に臨んだ私はこんな感じでした。

ohayou_180908_01.jpg

ひとりラジオブースに入って、コメントしていきます。

ラジオでのリポートは音声だけのため、表現がとても難しいんです。

というわけで、今回はみかん畑の「音」にも注目しました。

今回は「被災2か月後のみかん農家の苦労」がテーマでした。

リポートでは、猛暑の中、広大なみかん畑を歩いてまわる消毒薬散布に密着。

散布で使うエンジンの音や、噴霧器の「プシャー」という音を録音しました。

これを、編集して、リポートの中で流します。

そのほか、インタビューの声なども事前に編集して…

ohayou_180908_02.jpg

いざ本番。

声や音などを流すボタンは山路アナウンサーに押してもらいました。

今回の制作は、当初から山路アナウンサーと連携をとって進めてきました。

なんとか、形にできました。

9月も下旬になると、いよいよ収穫が始まります。

ことしも、皆さんのテーブルには、必ず愛媛のおいしいみかんが並ぶはずです。

それも、みかん農家の皆さんの奮闘があってこそ。

甘酸っぱいみかんを食べられるのを心待ちにしながら、

農家の皆さんを応援したいと思います。

 

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:08:00 | 固定リンク


9月8日(土)放送 ウイークエンドナビ2018年09月08日 (土)


「ご当地キャラまつりIN須崎」
日時 ▼ 9月8日(土)・9日(日)午前9時~午後3時
場所 ▼ 高知県須崎市 桐間多目的公園
問合せ▼ 0889―42―2311(須崎市役所)
内容 ▼ このイベントには全国から100体以上の着ぐるみのキャラクターが集います。
キャラクターに触ったり写真を一緒に撮ったりして楽しめることはもちろん、キャラクターたちによるステージイベントも予定されています。
そして、会場には30の飲食ブースが並びます。
高知名物のかつおめしや鍋焼きラーメン、香南ニラ塩焼きそばなど、各地の美味しいものを楽しめます。

ohayou_navi_180908_01.jpg
▲全国から集まるキャラクター

ohayou_navi_180908_02.jpg
▲県内外のグルメが味わえる

 

「海辺のまちの市」
日時 ▼ 9月8日(土)午後4時~9時
場所 ▼ 香川県高松市 北浜alley一帯
内容 ▼ このイベントは、海の風を感じながら夜市を満喫しようと港町の古い倉庫街を生かした施設で行われます。
およそ40のブースが並び、手作りの雑貨やアクセサリーなどさまざまな店を楽しむことができます。
また、香川県の伝統工芸にも触れてもらいたいと、丸亀市特産のうちわをいま人気のマスキングテープでデコレーションするワークショップも行われます。

ohayou_navi_180908_03.jpg
▲おしゃれな店もいっぱい

ohayou_navi_180908_04.jpg
▲自分だけのうちわが作れる  

※天候などによっては、変更の可能性がありますので、確認してからお出かけください。

投稿時間:08:00 | 固定リンク


9月8日(土)放送 「人々つなぐ 川の参詣道」~和歌山 新宮~2018年09月08日 (土)


「西日本の旅」は、和歌山県新宮市が舞台です。
古くから熊野信仰の聖地として栄えた新宮市では、熊野川を下る「川の参詣道」にも人気が集まっています。
時を超え人々が行き交う街の姿を見つめます。

■西日本の旅「人々つなぐ 川の参詣道」~和歌山 新宮~

投稿時間:08:00 | 固定リンク


9月8日(土)放送 「むかしを守る港町」~松山~2018年09月08日 (土)


「四国プラス」は、愛媛県松山市の三津浜が舞台です。
500年もの間人々の暮らしを支えてきた渡し船や、海の男たちが愛したソウルフードの三津浜焼きなど、港町が育んだ生活に触れながら、賑わいの中に生きる歴史を訪ねます。

■四国プラス「むかしを守る港町」~松山~

・魚を売っていたスーパー
そごうマート
住所:〒791-8078 愛媛県松山市中須賀3丁目2792-7
電話:089-951-5272
営業時間:9:00~21:00

・訪れた三津浜焼きの店
美味
住所:〒791-8067 愛媛園松山市古三津3丁目25-21
電話:089-951-0555
営業時間:11:00~15:00(月曜定休)

投稿時間:08:00 | 固定リンク


みかん農家の苦労をお伝えします2018年09月03日 (月)


おはよう四国・金子峻です。

7月の、西日本を中心とした豪雨から、まもなく2か月。
松山放送局でもさまざまな番組で、被災地の復興の様子をお伝えします。

私も豪雨直後から、宇和島市(うわじま)のみかん農家の取材を続けてきました。
被災した農家の皆さんの苦労について、ラジオとテレビでお伝えします。

私が取材したのは、宇和島市の吉田町玉津地区(よしだちょう・たまつ)です。
愛媛でも有数のみかんの産地として知られる玉津地区。
温州みかんから高級かんきつまで、さまざまな品種が栽培されています。

ことしは特に暑い日がつづきました。

私も、小さなビデオカメラを持って取材におじゃましましたが…

ohayou_180903_01.jpg

とにかく暑い!

この日、手元の温度計は37度を超えるほどでした。
立っているだけで汗が噴き出る暑さの中、みかんの手入れが行われていました。
まさに猛暑との戦いと言っていいでしょう。

それに加えて、豪雨の影響で、この手入れの作業の負担が増してしまいました。
大きな影響は、みかんの農園を襲った土砂崩れです。

ohayou_180903_02.jpg

玉津地区のいたるところで、茶色い山の地肌が見えてしまっています。
吉田町だけで、2000か所を超える斜面の崩壊が確認されています。

これに、みかんの木が巻き込まれたり、道路がふさがれたりしてしまいました。
いまだに農園に入れず、被害の確認ができていない人も、依然として多くいます。
みかん栽培の現状と、今農家の皆さんが求めていることについて、報告します。

ラジオは、「NHKジャーナル」(ラジオ第1)で、全国向けに。
放送は9月4日(火)の午後10時からです。

テレビでは、四国向けの「四国おひるのクローバー」(総合)。
放送は9月19日(水)の午前11時30分から放送です。

豪雨からまもなく2か月となりますが、その被害はまだまだ残っています。
ぜひ放送に触れていただき、被災地の様子を少しでも知ってください。

>>おはよう四国ホームページ

投稿時間:11:26 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

検索

新着記事


RSS