レシピ

紅まどんなの赤ワイン煮


12月12日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【紅まどんなの赤ワイン煮】

《材料》

紅まどんな:1コ
赤ワイン :300ml
はちみつ :大さじ2

《作り方》

(1)皮をむき、一房ずつにして小さめの鍋に入れる。
(2)赤ワインとはちみつを(1)に加え中火で5分、弱火で5分加熱してそのまま冷ます。

*そのままはもちろん、サラダのトッピングやクリスマスデザートの飾りにも使えます。
*鍋に残ったワインは温め直してホットワインに。
 また、冷蔵庫で保管して炭酸で割ったり、サングリアにしたりしても楽しめます。

投稿時間:2018年12月18日 (火) 10:00 | 固定リンク


ごぼうのやみつきしょうゆ漬けとごぼうのみそ鍋


12月6日(木)放送
ゲスト:中国料理 門田勇さん

madonna_181206-4.jpg

【ごぼうのやみつきしょうゆ漬け】
《材料》
・ごぼう 40g
・濃口しょうゆ 大さじ1
・酢 小さじ1
・みりん 小さじ1
・ごま油 小さじ1
※調味料はすべて混ぜ合わせて、たれを作っておいてください。

《作り方》
(1)きれいに洗ったごぼうをピーラーで薄くする。
(2)ごぼうを軽く水で洗う。
(3)沸騰したお湯で1分ゆでる。
(4)水にさらし、ごぼうをしぼる。
(5)たれにつける。目安は3分間以上。これで完成!

*冷ましてサラダやしゃぶしゃぶのたれにしてもよし。
*炒めたたまごと合わせてもおいしい。
*たくさん作って常備菜に。

【ごぼうのみそ鍋】
《材料2人分》
・ごぼう 100g
・しめじ 100g(しめじ以外のきのこでもOK)
・ひき肉 60g(牛、豚、鶏など種類はお好みで)
・葉野菜(小松菜、春菊、ほうれんそうなどお好みで)
・麦みそ 80g
・湯 600ml
・濃口しょうゆ 小さじ2
・酢 小さじ1
・ごま油 小さじ2

《作り方》
(1)ごぼうやしめじなどの材料を食べやすい大きさ、形に切る。
(2)ごぼう、しめじ、ひき肉、葉野菜、麦みそ、湯を鍋に入れて、沸騰するまで加熱する。
(3)沸騰したら弱火で2分炊く。
(4)アクをとる。
(5)火を止めて10分置く。(10分置くことで材料からだしが出ます)
(6)最後に、濃口しょうゆ、酢、ごま油を鍋に入れる。完成!

*うどん、そば、中華そばなどお好みの麺を入れて、麺料理にもできる。
2人分の場合は、ゆで麺約200gを10分置いたあとの鍋に入れて再加熱。
これで完成。

投稿時間:2018年12月07日 (金) 10:59 | 固定リンク


あこや貝の貝柱のバターしょうゆ炒め


12月5日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【あこや貝の貝柱のバターしょうゆ炒め】《材料2人分》
あこや貝の貝柱:100g
バター:10g 
しょうゆ:小さじ1
一味唐辛子:少々
《作り方》
(1)あこや貝の貝柱を洗いぬめりを取り水気を切る。
(2)フライパンにバターと貝柱を入れ中火で1分ほど炒める。
(3)しょうゆと一味唐辛子を加え、絡めたら火を止める。

*ご飯のおかずにも、ビールのおつまみにも止まらない美味しさです!

投稿時間:2018年12月06日 (木) 15:50 | 固定リンク


ラディッシュとルッコラのサラダ


11月28日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ラディッシュとルッコラのサラダ】
《材料2人分》
ラディッシュ:2個
ルッコラ:10g
クリームチーズ:50g
A(すりごま・ごま油・ポン酢しょうゆ:各小さじ1 きび砂糖:小さじ1/2 塩:少々)

《作り方》
(1)ラディッシュは輪切り、ルッコラは3㎝程度に切る。
(2)調味料を全て合わせて、ラディッシュ・ルッコラと混ぜる。
(3)クリームチーズを散らす。

投稿時間:2018年11月30日 (金) 10:17 | 固定リンク


キウイのマリネ生ハム巻き


11月7日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【キウイのマリネ生ハム巻き】
《材料2人分》
キウイ:1コ
グラニュー糖:50g
はちみつ:大さじ1
白ワイン50ml 
水100ml
生ハム:8枚(適量)
黒こしょう:少々

《作り方》
(1)鍋に水とグラニュー糖を火にかけ溶けたら火を止め、はちみつを加えて粗熱を取る。
(2)キウイは皮をむき1㎝程度の厚さの半月切りにする。
(1)密閉容器に(1)と白ワインとキウイを加え1時間浸ける。
(4)黒こしょうをふり、キウイを生ハムで巻く。

投稿時間:2018年11月14日 (水) 18:16 | 固定リンク


胡桃(くるみ)みそ


11月5日(月)放送
ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司さん

【胡桃(くるみ)みそ】 作りやすい分量

madonna_recipe_181105.jpg

《材料》

くるみ:30g
みそ(はだか麦みそのすりみそ):50g
みりん:大さじ1
酒:大さじ1
砂糖:小さじ1 

《作り方》

(1)くるみはポリ袋に入れて麺棒などで軽くたたいて粗めに砕く。

(2)砕いたくるみをフライパンで弱火でから煎りして、一度取り出す。

(3)フライパンにみそ・みりん・酒・砂糖を入れて混ぜ合わせ、火にかける。
   程よい加減になればくるみを加え合わせ火を止める。

*焼き魚の上に乗せ、もう一度軽く焼くと普段と違った焼き魚に。
*田楽(でんがく)のように豆腐、肉、野菜などに合わせてもOK!

 

投稿時間:2018年11月06日 (火) 13:40 | 固定リンク


冬野菜の生ふりかけ


10月31日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【冬野菜の生ふりかけ】

madonna_181031_recipe.jpg

《材料》

かぶ:100g
かぶの葉:50g
にんじん:30g
しいたけ:50g
塩:小さじ1/2
オリーブオイル:小さじ1
だしじょうゆ:大さじ1
みりん:大さじ1

《作り方》

(1)かぶは角切り。かぶの葉は小口切りして塩で揉んで絞る。にんじんとしいたけは粗みじん切り。

(2)フライパンにオリーブオイルを入れ野菜を炒める。だしじょうゆとみりんを加え水分が無くなるまで炒める。

投稿時間:2018年11月01日 (木) 13:54 | 固定リンク


干しきのこのポットパイと天日干しきのこ


10月25日(木)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【干しきのこのポットパイ】

madonna_20181025-2.jpg
《材料》
天日干しきのこ(しめじ 1袋、しいたけ 1パック、えのき 1袋)
ハーフベーコン 4枚
ミックスベジタブル 適量
ホワイトシチューのルー 1/2箱
水 300ml
牛乳 400ml
冷凍パイシート 1枚(適量)
塩       少々
こしょう    少々
オリーブオイル 適量

《作り方》
(1)フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンとミックスベジタブルを炒め、塩、こしょうをふる。
(2)水と天日干しきのこを加え、沸騰したら火を止めてシチューのルーを割り入れて溶かす。
(3)時々かき混ぜながらとろみがつくまで煮込み、牛乳を加えてさらに5分ほど煮込む。
(4)耐熱のカップ(もしくは器)に出来上がったシチューを入れ、冷凍パイシートで蓋をするようにのせる。予熱したトースターやグリルで10分焼く。

【天日干しきのこ】

madonna_20181025-3.jpg
《作り方》
(1)きのこの汚れをふき取る。
(2)エリンギなど大きいものは薄く切ったり、手でさいたり、しめじなどは手で小房にほぐす。
(3)干し野菜用のネットや竹ざるに重ならないように広げる。干す場所は太陽の光が当たる、風通しのいい室外がおすすめ。室内の場合は日当たりの良い窓辺に。
*保存用にしっかりと乾燥させる場合は3~5日間。
*調理用に少し乾燥させる場合は4時間~半日程度。

投稿時間:2018年10月30日 (火) 13:53 | 固定リンク


柿のコンポートと水切りヨーグルトのデザート


10月24日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

madonna_20181024-1.jpg

【柿のコンポートと水切りヨーグルトのデザート】
《材料2人分》
柿:1コ
きび砂糖:大さじ1
すだち:1コ
プレーンヨーグルト:300g 
水:大さじ2
塩:少々
《作り方》
(1)プレーンヨーグルトにすだち1/2コ分の果汁と塩少々を加えよく混ぜ、ザルにキッチンペーパーを敷いて、ボウルを下に置き、ヨーグルトを流して一晩冷蔵庫で寝かせます。
脂肪分と水分が分離します。
(2)柿でコンポート(またはジャム)を作ります。
角切りにした柿と水と砂糖を加え中火~弱火でふたをして加熱します。
水分が無くなったら、すだち1/2コ分を絞って混ぜ、火を止めます。
(3)水切りヨーグルトを器に入れ、柿ジャムを載せてヨーグルトで挟んで上に柿を載せて飾ります。
*チーズの様な濃厚なヨーグルトと柿のコンポート(ジャム)がとても合います。

投稿時間:2018年10月25日 (木) 14:21 | 固定リンク


さんまの竜田揚げとさんまのすり身汁


10月22日(月)放送
ゲスト:松山市公設水産地方卸売市場 白石知史さん

【さんまの竜田揚げ】
《材料4人分》
さんま:4匹
酒:大さじ2
しょうゆ:大さじ4
みりん:大さじ2 
しょうが(すりおろす):1かけ分
片栗粉・油:各適量
《作り方》
(1)さんまは3枚におろし、小骨を取って半身を3等分に切っておく。
(2)バットなどに調味料を混ぜ合わせ、さんまを30分つけておく。
(3)さんまを取り出し、片栗粉を両面にまぶす。
(4)180℃の油で揚げる。

【さんまのすり身汁】
《材料4人分》
さんま:2匹
長ねぎ:1本
卵:1コ
豆腐:1丁 
みそ・しょうが(すりおろす)・片栗粉:各小さじ1
しょうゆ:大さじ3 
酒・みりん:各大さじ1
野菜(大根・ごぼうなど):適量
水:適量
《作り方》
(1)下処理したさんまをフードプロセッサーでする身にする。
(2)ボウルにさんまのすり身を入れて、しょうが・卵黄・みそ・片栗粉を加え粘りが出るまで混ぜる。
(3)鍋に水を沸騰させ、混ぜたものをスプーンで丸め入れて、火を通す。
(4)別の鍋で野菜を煮込んでおき、さんまのつみれを入れて、酒・しょうゆ・みりんで味付けをし、千切りにした長ねぎを入れて一煮立ちさせる。

投稿時間:2018年10月24日 (水) 16:35 | 固定リンク


ページの一番上へ▲