レシピ

せとかのチョコムース


2月6日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【せとかのチョコムース】

madonna_190206_02.jpg

《材料4コ分》
せとか:1コ
ココアパウダー:20g
マシュマロ:100g 
牛乳:200ml

《作り方》
(1) せとかの皮をむき1房ずつにして縦に半分に切る。
(2) 鍋にココアパウダーを入れ牛乳を少しずつ入れながら溶かす。マシュマロを加え中火~弱火で溶かす。
(3) 器に入れて冷やし固め、せとかをのせる。

投稿時間:2019年02月08日 (金) 15:54 | 固定リンク


春菊と卵の雑炊


2月5日(火)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【春菊と卵の雑炊】
《材料2人分》
ごはん     お茶碗2杯分
春菊      50g(1/4袋)
にんじん    20g
しめじ     50g(1/2袋)
ささみ     1本
卵       2個

(中華スープ)
鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1と1/2
酒       小さじ2
薄口しょうゆ  小さじ2
水       600ml

《作り方》
(1) 春菊は3cm幅に、にんじんは細切りにする。しめじは石づきをとり小房にわける。ささみは筋をとり、そぎ切りにする。
(2) 鍋に中華スープの材料をすべて入れて煮立たせ、にんじん、しめじ、ささみを加えて中火で煮る。
(3) ささみに火が通ったら、洗ったご飯を加えて沸騰したら溶き卵を回しかけ、春菊を加えてふたをして卵に火が通ったらできあがり。

投稿時間:2019年02月06日 (水) 15:11 | 固定リンク


塩レモンとレモンドレッシング


1月30日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【塩レモン】
《材料》
レモン:4コ(約400g)
塩:100g(レモンの重さの25%)
《作り方》
(1) レモンをよく洗って水けをきって皮ごと粗みじん切りにする。
(2) 煮沸消毒した瓶に塩とレモンを入れてふたをしてよく混ぜる。
(3) 1週間後から使える。1か月するとより旨味が出てくる。
(※1年ほど保存できる。)

【レモンドレッシング】
《材料》
レモンのしぼり汁:レモン1/2コ分
ハーブ塩:少々
オリーブ油:大さじ1
《作り方》
材料を混ぜるだけ。

投稿時間:2019年01月31日 (木) 15:49 | 固定リンク


ブロッコリとほたての温サラダ


1月9日(水)

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ブロッコリとほたての温サラダ】
madonna_190109_recipe.jpg

《材料2人分》
ブロッコリ:150g
ほたて:150g
ごま油:小さじ1
水:50ml 
すりごま:大さじ1 
A(しょうゆ・みりん・酒:各大さじ1)

《作り方》
(1)ブロッコリを洗って食べやすい大きさに切る。
(2)ほたても洗って食べやすい大きさに切る。
(3)フライパンに水とブロッコリを加えふたをして水が無くなるまで煮る。
(4)(3)にほたてとごま油を加え炒める。
   Aを加えてさらに炒め、すりごまを加える。

投稿時間:2019年01月10日 (木) 14:45 | 固定リンク


もちの野菜あんかけ


1月7日(月)放送

ゲスト:旅館和食料理長 久保田昌司さん

【もちの野菜あんかけ】
《材料2人分》
もち:4コ
しいたけ:2枚
しめじ1/2パック
にんじん:30g
長ねぎ:1/2本
みつば(または せり):適量
柚子(ゆず)の皮:適量
刻みのり:適量 
だし:240ml
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
うす口しょうゆ:大さじ2
水溶きかたくり粉:適量
ごま油:少々

《作り方》
(1)しいたけは石づきを除いて薄切りにする。
   しめじも石づきを除いてほぐしておく。
   にんじんは皮をむいてせん切りにする。
   長ねぎは斜めに薄切りにする。
(2)鍋にだし、酒、みりん、うす口しょうゆを合わせ、
   しいたけ、しめじ、にんじん、長ねぎを入れ火を通し
   水溶きかたくり粉でとろみをつけてごま油を加える。
(3)もちを焼き、器に盛り、(2)をかけて2cm幅に切ったみつばを上にのせる。
   刻んだ柚子(ゆず)の皮と刻みのりを添える。

投稿時間:2019年01月10日 (木) 12:46 | 固定リンク


れんこんとさつまいもの焼きサラダとさば缶のとみつばの甘辛炒め煮


12月26日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【れんこんとさつまいもの焼きサラダ】

madonna_181226_01.jpg

《材料4人分》
れんこん:150g
さつまいも:200g
オリーブ油:大さじ2
片栗粉:大さじ2
ごま:大さじ1
A(しょうゆ:大さじ2 砂糖:大さじ2 酢:大さじ1)

《作り方》
(1)れんこんはピーラーで皮をむき8㎜程度に切り水にさらし水気を取る。
(2)さつまいもは皮のままよく洗って8㎜程度に切りフライパンにオリーブ油を入れて重ならないように並べて中火でふたをして焼く。焼けたら一旦取り出す。
(3)水気を拭いたれんこんと片栗粉をポリ袋に入れ薄くまぶす。
(4)フライパンにオリーブ油を入れ、れんこんを加えてふたをし、中火で両面こんがり焼く。焼けたらさつまいもを戻し入れ、中火で焦がさないようにAを絡める。
(5)皿に盛りつけゴマをふる。

さば缶のとみつばの甘辛炒め煮

madonna_181226_02.jpg

《材料2人分》
さばの水煮(缶詰):120g
みつば:30g
卵:1コ
ごま油:小さじ1
A(砂糖・みりん・しょうゆ:各大さじ1)
《作り方》
(1)フライパンにごま油を入れ中火で加熱してさばの水煮を加え粗くほぐす。
(2)卵を加えゆっくり混ぜる。
(3)みつばを加えA(砂糖・みりん・しょうゆ)を加えて混ぜる。

★ご飯のお供にお勧めです!冷蔵庫で3日くらいは保存できますよ。

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:43 | 固定リンク


ヨーグルトソースとヨーグルトホイップ


12月25日(火)放送

ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【ヨーグルトソース】

《材料2人分》
ヨーグルト(無糖)    大さじ2
マヨネーズ        大さじ2
にんにく         1かけ
パセリ          適量          
ハーブソルト(塩でも可) 小さじ1/4
黒こしょう        少々
レモン          1/8個

《作り方》
(1)にんにくとパセリをみじん切りにする。にんにくはすりおろしてもいい。
(市販のすりおろしにんにくも可)
(2)ヨーグルト、マヨネーズ、にんにく、パセリ、ハーブソルトを加えて混ぜ、黒こしょうで味を整える。
レモン汁はお好みで加えましょう。
(3)サラダ、肉料理、魚料理にかけたり、ディップとしてつけたりしてお召し上がりください。

★レシピのポイント
自宅にある調味料や材料を使ってソースを作るだけで、ひと手間加えたお料理になります。
クリスマスのチキンやサラダに合わせてもおいしい。もちろん魚料理にも合います。

【ヨーグルトホイップ】

《材料》(作りやすい分量)
ヨーグルト(無糖)    70g
生クリーム        100ml
砂糖           大さじ1
レモン汁         小さじ1/2

《作り方》
(1)ボウルに生クリーム、砂糖、レモン汁を入れて8分立てにホイップにする。
(2)ヨーグルトを加え、ホイップする。

★レシピのポイント
ホイップクリームとヨーグルトを混ぜるだけであっさりとしたクリームになります。
甘さはお好みで調整を。ホットケーキやカップケーキに添えましょう。
すでにホイップされている生クリームで作ることができます。

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:33 | 固定リンク


小松菜と冬野菜のクリスマス☆キッシュ


12月19日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【小松菜と冬野菜のクリスマス☆キッシュ】

《材料4人分》
小松菜:100g
新たまねぎ:50g
安納いも:50g
エリンギ:25g
カリフラワー:50g
ミニトマト:4コ
とろけるチーズ(細切り):40g
モッツァレラチーズ:25g
冷凍パイシート:1枚
卵:2コ
牛乳:大さじ1
ハーブ塩:小さじ1/2
コンソメ(顆粒):小さじ1
こしょう:少々
オリーブ油:大さじ1

《作り方》
(1)冷凍パイシートを室温に戻し耐熱皿の大きさにのばし、オーブンシートを敷いた耐熱皿に貼りつける。
   フォークで穴をあけ、余熱180℃のオーブンで15分下焼きする。
(2)小松菜は洗って3cm程度に切る。たまねぎは粗みじん切り。
   安納いもは皮をむき小さめに角切り。エリンギも小さめに角切り。
   カリフラワーも小さめに切る。ミニトマトは半分に切る。
(3)フライパンにオリーブ油を入れ、たまねぎ・安納いもにハーブ塩・こしょうをして加え、中火で炒める。
   たまねぎがしんなりしたら、カリフラワーとエリンギを加え、小松菜を最後に加えて炒める。
(4)パイシートの下焼きができたら、(3)の野菜とモッツァレラチーズ・とろけるチーズを平らに載せて、溶き卵に牛乳とコンソメを加えた卵液を上から静かにかけていく。
(5)230℃に予熱したオーブンで15分焼く。表面が焦げてきたらアルミホイルを載せて焦げ目を調節する。

投稿時間:2018年12月25日 (火) 15:39 | 固定リンク


12月18日(木)放送後


ラジオまどんな」ディレクターの立花です。

12月18日(火)の「ラジオまどんな」では

ジャパンハーブソサエティー理事の井上泉さんにハーブを使ったクリスマスの飾りつけや、お料理を紹介していただきました。

作り方やレシピをいくつか教えていただいたので、ご紹介します。みなさんも作ってみてくださいね♪

 

【ジンジャークッキー】

madonna_d_181218_01.jpg

《材料》
★基本のレシピ
 バター(食塩不使用) 25g
 メープルシロップ   30ml
 三温糖        50g
 シナモンパウダー   小さじ1/2
 ジンジャーパウダー  小さじ1
 重曹         小さじ1/2
 水          30ml

★子ども向けレシピ
 バター(食塩不使用) 25g
 メープルシロップ   30ml
 三温糖        60g
 シナモンパウダー   小さじ1/2
 ジンジャーパウダー  小さじ1/2
 ベーキングパウダー  小さじ1/2
 水          30ml

《作り方》※基本レシピと子ども向けレシピは同じ作り方でOK
(1)粉類を合わせてふるっておく
(2)小鍋にバター、メープルシロップ、三温糖を入れて弱火で煮溶かす。
(3)溶けたら水を加え、なじんだら(1)に加えて混ぜる。
(4)冷蔵庫で1時間程度寝かせて、2〜3ミリの厚さに伸ばして型で抜く。
(5)180℃に温めたオーブンで10分〜12分ほど焼く。

 

【フルーツポマンダー】

《材料》
・オレンジ(レモン・ライム・姫りんご などのフルーツでもOK)
・クローブ(頭のついたもの)40g
・ポマンダーミックス 約10g
 (シナモン、カルダモン、オールスパイスなどをパウダーにしたものでもOK)
・装飾用のリボンや飾り

《道具》
竹串とビニール袋、マスキングテープ

《作り方》
・フルートのリボンをかける部分にマスキングテープを貼る。
 (この部分にはクローブは刺さない)
・竹串で3~5mm間隔で穴を開ける。
・穴にクローブを深く差し込む。
・マスキングテープをはがす。
・ポマンダーミックスとフルーツをビニール袋に入れて口を閉める。まんべんなくパウダーがつくように、軽く転がす。
・ビニール袋から取り出し、風通しが良いところに吊るして乾燥させる。
・リボンを巻いて完成。

 

【テトラサシェ】

《材料》
・木綿布 6×12cm(縫い代込み)
・金ビーズ 4個
・ラベンダードライ 大さじ1

《作り方》
・布を中表にして半分のところで折る。
・両端を縫いラベンダーを入れる。
(ラベンダーが無い場合はコットンなどに精油や香水を含ませる)
・縫い代同士を合わせてかがり、テトラ型に縫い付ける。
・4つの頂点に金ビーズをつける。
(リボンを縫い付けて吊り下げられるようにしてもOK)

 

【ドアハング】

《材料》
・木綿布 30×11cm(縫い代込み)
・パンヤ(コットン綿) 3g
・ラベンダードライ 大さじ2
・リボン40cm×2(赤、緑)
・ベル 2個
・小枝 1本

《作り方》
・木綿布の両端をピンキングはさみで切る。
・中表にして2つ折りにし、両脇を縫って袋にする。
・ラベンダーをパンヤで包んで中に入れる。
(ラベンダーが無い場合はコットンなどに精油や香水を含ませる)
・袋の口を小枝に巻き付け、ベルを通したリボンで結びつける。
・小枝の両端にワイヤーやリボンを結んで、フックを作る。

madonna_d_181218_02.jpg
↑ドアハングとテトラサシェ

 

投稿時間:2018年12月25日 (火) 15:22 | 固定リンク


紅まどんなの赤ワイン煮


12月12日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【紅まどんなの赤ワイン煮】

《材料》

紅まどんな:1コ
赤ワイン :300ml
はちみつ :大さじ2

《作り方》

(1)皮をむき、一房ずつにして小さめの鍋に入れる。
(2)赤ワインとはちみつを(1)に加え中火で5分、弱火で5分加熱してそのまま冷ます。

*そのままはもちろん、サラダのトッピングやクリスマスデザートの飾りにも使えます。
*鍋に残ったワインは温め直してホットワインに。
 また、冷蔵庫で保管して炭酸で割ったり、サングリアにしたりしても楽しめます。

投稿時間:2018年12月18日 (火) 10:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲