レシピ

ふきと牛肉の甘辛煮


4月22日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ふきと牛肉の甘辛煮】

madonna_recipe_200422.jpg

《材料》

ふき:200g

牛切り落とし肉:120g

しいたけ:70g

塩:小さじ1

ごま油:小さじ1

A(だしじょうゆ:大さじ3

 酒:大さじ2

 みりん:大さじ2)

 

《作り方》

(1)ふきの下処理として、ふきを洗ってまな板に置き
   塩小さじ1をかけて板ずりをする。
   大きめの鍋に湯を沸かし、鍋に入る大きさに切って
   5分(細いときは3分程度)ゆでる。
   ザルにあけて水にさらし冷まし、冷めたら皮をむいておく。
   (そのまま保存する場合は容器の大きさに切って水を張り、
    毎日水を変えて5日程度日もちする。)

(2)フライパンに油を入れ牛肉を炒め、色が変わったら
   薄切りにしたしいたけを入れさらに炒め、
   しんなりしたら、ふきとAを加え煮る。
   火を止めて、冷ますとふきに味が染み込む。

投稿時間:2020年04月22日 (水) 17:55 | 固定リンク


新たまねぎのシューマイ/甘酢ソース/卵の炒め


4月21日(火)放送
中国料理店シェフ 門田勇さん

【新たまねぎのシューマイ】
madonnarecipe_200421-1.jpg

≪材料≫

新たまねぎ 250g ※中くらいのもの2個

かたくり粉  50g

塩  3g

こしょう お好みで

 

ひき肉 100g(豚ひき肉・合いびき肉どちらでも)

濃口しょうゆ 小さじ2

みりん    小さじ1

ごま油  大さじ2

 

シューマイまたはギョーザの皮 12枚くらい

 

≪作り方≫

(1)   新たまねぎをみじん切りにして、かたくり粉、塩、こしょうと混ぜ合わせる。

(2)   ひき肉に濃口しょうゆ、みりん、ごま油を入れて混ぜ合わせる。

(3)   新たまねぎとひき肉を混ぜ合わせる。

(4)   冷蔵庫に入れて、包みやすい固さになるまで冷やし固める。

(5)   生地をシューマイまたはギョーザの皮で包む。1つにつき30gが目安。

(6)   蒸し器で10分蒸して完成。

 

【新たまねぎの甘酢ソース】
madonnarecipe_200421-2.jpg

≪材料≫

新たまねぎ 120g ※中くらいのもの1個

しょうが 50g

酢 130ml

みりん 70ml

濃口しょうゆ 100ml

ごま油 50ml

 

≪作り方≫

(1)  新玉ねぎをみじん切りまたはうす切りに、しょうがをみじん切りにする。

(2)  全ての材料を混ぜ合わせて完成。

 

焼き魚、揚げ魚、から揚げ、しゃぶしゃぶ、卵かけごはん、チャーハン、サラダのソース

など、いろいろな料理にぴったりのソース。

新たまねぎのシューマイにかけてもおいしい。


【新たまねぎと卵の炒め】
madonnarecipe_200421-3.jpg

≪材料≫

※一人分

新たまねぎ 60g ※中くらいのもの半分

葉物の野菜(青ねぎ、ほうれん草、小松菜など) 30g

卵 1個

濃口しょうゆ 6g ※小さじ1程度

塩 1g ※ひとつまみ

ごま油(炒め用) 大さじ2

カレー粉 小さじ1/3(お好みで)

≪作り方≫

(1)   新たまねぎをうす切りに、葉物の野菜を食べやすい大きさに切る。

(2)   フライパンに大さじ1のごま油をひいて、新たまねぎと葉物の野菜を中火で1分炒める。

(3)   溶いた卵に炒めた野菜と濃口しょうゆ、塩、お好みでカレー粉を入れ、よく混ぜる。

(4)   鍋に大さじ1のごま油をひいて、温める。鍋が温まったら、(3)を入れ中火で加熱する。

(5)   20秒経ったら、少し混ぜる。さらに20秒経ったら少し混ぜ、最後に20秒加熱して完成。

  

新たまねぎのシューマイと卵の炒めは、お弁当のおかずにもおすすめ。

投稿時間:2020年04月21日 (火) 17:55 | 固定リンク


ごぼうのポタージュ


4月15日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【ごぼうのポタージュ】

《材料》

ごぼう:100g

たまねぎ:50g

じゃがいも:50g

バター:10g

水:300ml

牛乳:300ml

コンソメ(顆粒):小さじ1/2

塩・こしょう:少々

オリーブ油:大さじ1

 

《作り方》

(1)ごぼうを薄切りにして水で1回洗いあく抜きをする。
   たまねぎも薄切り、じゃがいもは粗みじん切りにする。

(2)鍋にオリーブ油を入れたまねぎをしんなりするまで炒める。
   ごぼうとじゃがいもを入れ塩・こしょうを加えて炒める。

(3)鍋に水を加えふたをして弱火~中火で15分程度、
   柔らかくなるまで煮る。

(4)牛乳を加えミキサーでなめらかになるまでかくはんする。
   鍋に戻しバターを加え中火で混ぜながら加熱する。
   とろみがついたら火を止める。

 

*たくさん作って冷やしてもおいしい。冷蔵庫で5日ほど保存できる。

投稿時間:2020年04月15日 (水) 17:55 | 固定リンク


かつおとアスパラガスのごま和え


4月14日(火)放送
ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司(くぼた・しょうじ)さん

【かつおとアスパラガスのごま和え】

《材料》(2人分)

かつお(切り身):150g

アスパラガス:3~4本

青じそ:2~3枚

わさび:適量(お好みで)

煎りごま:大さじ3

A(だし:大さじ2

 濃口しょうゆ:小さじ2

 みりん:小さじ1)

粗塩:適量

ほうじ茶:適量

 

《作り方》

(1)かつおに粗塩をふり、フライパンで皮目を下にして
   強火でこげめを付けていく。

(2)こげめが少し付いてきたらフライパンの空いている部分に
   ほうじ茶を入れ香りをたたせ、ふたをして30秒位でふたを取り、
   皿に移して冷ましておく。

(3)アスパラガスは塩ゆでして、冷水にとり冷まして水気を切り、
   3センチほどに切る。
   ※アスパラガスの根元部分の皮はかたいのでピーラーなどでむいておく。

(4)(2)のかつおは小角に切る。
   いりごまはよくすりつぶし、Aの調味料で味を付け、
   かつお、アスパラガス、刻んだ青じそとよく和える。
   器に盛り、お好みでわさびを添える。

*出来上がりを生野菜にのせると海鮮サラダに、
 ご飯の上にのせるとどんぶりにもなる。
 お好みでお茶漬けにしてもいい。

投稿時間:2020年04月14日 (火) 17:55 | 固定リンク


春キャベツとあさりのスープ


4月8日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【春キャベツとあさりのスープ】
madonna_recipe_200408.jpg

《材料》(2人分)

春キャベツ:2枚

あさり:200g

みょうがたけ:2本(無ければみょうが1コ)

ミニトマト:3コ

しょうが:1片

にんにくの茎:4本(無ければにんにく:1/2片)

ブロッコリー:100g

だしじょうゆ:小さじ1

昆布だし(昆布5cmを500mlの水に浸けて冷蔵庫で1晩置く。)

 

《作り方》

(1)春キャベツは小さめに手でちぎる。みょうがたけとにんにくの茎は小口切り。

   ミニトマトは半分に切る。ブロッコリーは小さめに刻む。

   あさりはザルで洗い、塩水を入れたボウルにザルごと入れ砂抜きをする。

(2)鍋にあさりを入れその上に野菜をのせて昆布だしとだしじょうゆを加え、

   ふたをして中火で15分煮る。

 

*塩を使わずあさりの塩分だけで、優しい味になる。

 あさりと昆布とトマトのうまみ成分で野菜の旨味が引き立つ1品。

 アスパラガスやスナップえんどうなどお好みの野菜を入れてもおいしい。

 

投稿時間:2020年04月08日 (水) 17:55 | 固定リンク


野菜のソーセージ


4月7日(火)放送
ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

 

【野菜のソーセージ】

≪材料≫

パン粉      20g

粉チーズ     60g

パセリ      みじん切りで大さじ4~5 

ローズマリー   みじん切りで大さじ4~5 

チャイブ     1本 (あさつきのものでも可)

卵黄       1個分

牛乳       少々

オリーブオイル  適量

 

(衣)

小麦粉      少々

パン粉      少々

卵白       1個分

塩        少々

こしょう     少々

 

≪作り方≫

(1)ハーブをすべてみじん切りにする。

(2)オリーブオイル以外のソーセージの材料をボウルに入れてよく混ぜる。

(3)バットに衣の材料をすべて入れて混ぜる。

(4)ソーセージを食べやすい大きさ・形にまとめて衣をつけ、

   冷蔵庫で1時間ほどなじませる。

(5)フライパンにオリーブオイルを入れ、フライパンで焼く。

 

madonna_recipe_200407-01.jpg

madonna_recipe_200407-02.jpg

※イギリスの家庭で作られる、お肉を使わないソーセージです。

腸詰めではなく、手で形を作るので、簡単にソーセージを作ることができます。

madonna_recipe_200407-03.jpg

投稿時間:2020年04月07日 (火) 17:55 | 固定リンク


スナップえんどうのにんじんドレッシングサラダ


4月1日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【スナップえんどうのにんじんドレッシングサラダ】

《材料》

スナップえんどう:8コ

にんじん:30g 

A(マヨネーズ:大さじ1

 プレーンヨーグルト:大さじ1

 レモン汁:小さじ1

 塩・こしょう:少々

 オリーブ油:小さじ1)

 

《作り方》

(1)スナップえんどうの筋を取り、
   沸騰した湯で1分ゆでてザルにあげる。

(2)にんじんをすりおろし、Aと混ぜる。
   スナップえんどうを半分にさいて和える。

投稿時間:2020年04月01日 (水) 17:55 | 固定リンク


たけのこのうま煮


3月25日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【たけのこのうま煮】
madonna_recipe_200325.jpg

《材料》(2人分)

たけのこ(ゆでたもの):200g

鶏もも肉:1枚

スナップえんどう:4コ

だし:200ml 

塩:少々

油:大さじ1

A(酒:大さじ2

 みりん:大さじ2

 しょうゆ:大さじ2)

 

《作り方》

(1)ゆでたたけのこを1センチ程度の食べやすい大きさに切る。
   鶏肉も食べやすい大きさに切る。
   スナップえんどうは筋を取り沸騰した湯で1分ゆでておく。

(2)鶏肉に軽く塩をふりフライパンに油を入れ皮から両面焼く。
   フライパンの余分な脂をふき取ったら、たけのこを加え、
   だしとAを加え落としぶたをして5分程度中火で煮る。

(3)鶏肉に火が通ったら火を止めて1分程度鍋の中で味を染み込ませる。

投稿時間:2020年03月25日 (水) 17:55 | 固定リンク


レンジで簡単!ひじきのカレー煮


3月24日(火)放送
松山市の管理栄養士 宇佐亮子さん

【レンジで簡単!ひじきのカレー煮】
madonna_recipe_200324.jpg

≪材料≫

※作りやすい分量

ひじき(乾燥)        15g  ※大さじ3程度

ミックスベジタブル(冷凍)  50g  ※大さじ1~3程度

ツナ(缶詰。水煮。小)    1缶

水              100ml

顆粒コンソメスープの素    小さじ1

カレー粉           小さじ1/4

 

≪作り方≫

(1)耐熱ボウルにひじきを入れ、分量外の熱湯を加え、5分ほど置いて戻す。

(2)耐熱の保存容器に戻して水気を切ったひじき、
   ミックスベジタブル、ツナを煮汁ごと加え、
   水、顆粒コンソメスープの素、カレー粉を加え、よく混ぜる。

(3)ラップをふんわりとかけて600Wのレンジで5~8分加熱して完成。

保存するときは、粗熱が取り冷蔵庫に入れておく。早めに使いきりましょう。

投稿時間:2020年03月25日 (水) 16:15 | 固定リンク


ひなずしのケーキ/はまぐりのお吸い物(うしお汁)


3月5日(金)放送
ゲスト: 旅館和食料理長 久保田昌司さん

 【ひなずしのケーキ】

《材料》

米:2合

ひじき(生):30g(乾燥ひじきの場合は4g位)

甘塩の紅ジャケ:2切れ(150g)

だし巻き卵:卵2コ分

菜の花:1/2ワ

A(酢:大さじ2+1/2 砂糖:大さじ3 塩:小さじ1弱)

 

《作り方》

(1)ご飯を炊くときに一緒にひじきを混ぜ、いつもより少し硬めに炊く。

(2)すし酢の材料Aを鍋に合わせ、泡立て器でよく混ぜ溶かす。
   ※軽く温める程度、混ざる程度に沸かす。

(3)炊き上がったご飯にすし酢を混ぜる。
   ※しゃもじで切るように全体に手早く混ぜる

(4)紅ジャケは焼いてから身をほぐす。

   だし巻き卵は小角に切る。菜の花は塩ゆでして、冷水にとり水けを絞っておく。

   浸かるくらいのゆで汁に薄口しょうゆ、みりんで味を付け、冷ましてから菜の花を浸けておく。

(5)(3)のすし飯をスポンジケーキ状に形を整えて器に盛り、(4)の材料を彩りよくトッピングする。

 

★盛り付けのコツ

赤・黄・緑・白・黒の5色の色彩を大きな具材から順に均等に散らしながら盛り付ける。

※具材に決まりはありませんが彩を考え5色をバランスよく盛り付けると華やかになる。

 

【はまぐりのお吸い物(うしお汁)】

《材料》(3人分)

はまぐり:200g~250g

水:カップ3

昆布:5cm角

酒:大さじ2

塩:適量 ゆず(または木の芽):適量 

 

《作り方》

(1)砂抜きしたはまぐりと水、昆布、酒を鍋に合わせ中火でじっくり火にかける。

(2)沸騰する前からアクが出てくるので取り除き、沸騰したら昆布を取り出す。

(3)沸騰したら火を弱め、はまぐりの口が開くのを待ち、塩で味を付けて器に盛る。

 

※貝類は火を通しすぎると硬くなるので煮立たせない。
 はまぐりの口が開いたときに一度取り出して食べる直前に戻すと硬くならない。

※お好みでわかめ(生)、豆腐、うどなどを加えてもいい。

 

投稿時間:2020年03月05日 (木) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲