レシピ: 2021年9月

きくらげと卵とえびの炒め/水キムチ


9月29日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【きくらげと卵とえびの炒め】
madonna_recipe_210929.jpg

《材料》(2人分)

きくらげ(生):50g 

卵:2コ 

えび:4匹 

小松菜:50g 

酒:大さじ1 

かたくり粉:大さじ1 

だししょうゆ:小さじ1 

マヨネーズ:大さじ1 

こしょう:少々 

オリーブ油:大さじ1

 

《作り方》

(1)きくらげ(生)を食べやすい大きさに切る。えびは殻を外して背ワタを取りボウルに入れ、酒を加えて洗う。汚れた酒を捨てかたくり粉を加え揉みこむとプリプリした食感のえびになる。小松菜は5cm程度に切っておく。卵はマヨネーズを加え溶いておく。

(2)フライパンにオリーブ油大さじ1/2を入れ、卵を加えて大きめのスクランブルエッグを作り、一旦取り出す。

(3)フライパンに残りのオリーブ油大さじ1/2を入れて、えび、きくらげ、小松菜を加え炒める。えびの色が変わったら、だししょうゆとこしょうを加え、最後に卵を戻し入れる。

 

 

【水キムチ】

《材料》(作りやすい分量)

水:500ml 

上新粉(またはかたくり粉):小さじ1 

しょうが:10g 

りんご:1/4コ 

にんじん:1/2本 

きゅうり:1本 

白菜:1/4コ 

きび砂糖:小さじ1 

塩:小さじ3 

 

《作り方》 

(1)野菜は全部洗う。しょうがは薄切り、りんごも皮がついたまま芯を取り薄切り、にんじんは千切り、きゅうりは斜め切り、白菜は3センチ程度の幅に切る。

(2)白菜とにんじん、きゅうりに塩(小さじ1)を加え、よくもんで10分程置いて水けを絞る。

(3)水と上新粉、塩(小さじ2)ときび砂糖を加え中火で加熱し沸騰したら、火を止めて冷ます。

(4)下準備した野菜と(3)をふたつきの保存容器に入れ常温で2日置いて発酵させ、そのあとは冷蔵庫で保存する。

*小さい泡が出て酸味が出てきたら発酵ができている証拠です。

投稿時間:2021年09月29日 (水) 17:55 | 固定リンク


新米をおいしく食べられるレシピ「栗ごはん」


9月9日(木)放送

ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

 

【栗ごはん】
madonna_recipe210909.jpg

≪材料≫(4人分)

米       2合

栗(鬼皮つき) 200g

みりん     大さじ1

水       370~400ml お好みの硬さに合わせて調節してください。

黒ごま     小さじ2

塩       小さじ1

 

≪作り方≫

(1)鍋で水を沸かし、沸騰したら栗を入れて、そのまま2~3分ほど沸騰させながら加熱する。その後、お湯を捨て、水につけて粗熱をとる。

(2)粗熱をとる間に米を洗い、ざるに上げて水けを切る。

(3)水けを切った米を炊飯釜に入れ、分量の水を加えて浸水する。浸水時間の目安:通常30分、冬場は60分

(4)粗熱をとった栗をむき、食べやすい大きさに切り、氷水につける。

(5)米をつけていた炊飯釜に、みりんを加えてひと混ぜしたら、水けを切った栗を加えて炊く。

(6)黒ごまと塩を合わせてごま塩を作る。

(7)炊き上がったら、しゃもじでご飯を切るように混ぜ、器によそい、ごま塩をふる。

 

≪ポイント≫

・生の栗がない場合は、市販のむき栗や甘露煮でもOK。

 

≪栗のむき方≫

(1)  座(下のざらざらしたほう)の部分を切り落とす。

(2)  平らな面の身が少し見えて皮が残る程度にむく。

(3)  膨らんだ面を座(下)の部分から尖ったほうに向かってむき上げる。

 

投稿時間:2021年09月10日 (金) 19:06 | 固定リンク


ページの一番上へ▲