レシピ: 2020年9月 7日

いもたき


9月7日(月)放送
ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司(くぼた・しょうじ)さん

【いもたき】
madonna_200907recipe.jpg

 

《下準備》いもたきのだしに使ういりこだしをとる。

★いりこだし 

水:1.5リットル

煮干し:(頭とワタを除いたもの)20g

昆布:10g

前日から水に煮干しと昆布を浸けておく。

使う時に煮干し、昆布を取り除く。

※時間がない場合は、鍋に入れて火にかけ沸騰してきたら昆布を取り、10分くらい煮出して煮干しを取り除く。

 

《材料》

里芋:300g

鶏もも肉:1/2枚(100g)

油揚げ:2枚

こんにゃく:1/3枚(80g)

れんこん:1/2節

にんじん:1/2本

ごぼう:1/2本

干ししいたけ:2~3枚(水2カップに浸けて戻しておく)

長ねぎ:1/2本

 

★いもたきのだし

いりこだし:5カップ

干ししいたけの戻し汁:1カップ

酒:1/2カップ

みりん:1/2カップ

うす口しょうゆ:1/2カップ

 

《作り方》

(1)里芋は皮をむき、他の材料より少し大きめの乱切りにして水に浸けておく。一度ゆでておく。

(2)鶏もも肉は一口大のぶつ切りにしてサッと湯にくぐらせ冷水に取り、水けをきっておく。

(3)油揚げ、こんにゃくは一口大に切り湯通ししておく。

(4)れんこん、にんじんは皮をむき、ごぼうは皮をそぎ、それぞれ乱切りにしておく。長ねぎは斜め切りにする。

(5)鍋に里芋、油揚げ、こんにゃく、れんこん、にんじん、干ししいたけ、ごぼうを入れ、いもたきのだしを加え火を通していく。火が通ったら鶏もも肉、長ねぎを入れ全てに火が通れば完成。(15分くらい)

 

※里芋の存在感があるように他の材料より少し大きめに切る。大きい分だけ火が通りにくいので下ゆでしておく。鶏もも肉は火を入れすぎるとかたくなるので時間差で火を通す。

※材料の分量、種類にはあまりこだわらなくても構いません。メインは里芋なのでお肉も豚肉、牛肉などでもよく合います。

※しめにうどん、中華めんなどを合わせてもいい。お好みで七味、柚子(ゆず)こしょうなどを加えてもいい。

投稿時間:2020年09月07日 (月) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲