ラジオまどんなブログ

たいと野菜の香り蒸し


10月23日(水)放送
ゲスト:松山市公設水産地方卸売市場 濱田康二郎さん

【たいと野菜の香り蒸し】
《材料》(2人分)
たい(切り身):2切れ(150g程度)
にんじん:1/3本
ねぎ:1本
青じそ:4枚
しょうが:1片
にんにく:1片
塩:少々
粗挽き黒こしょう:少々 

A(酒:大さじ1 ごま油:小さじ1) 
しょうゆ:少々(お好みで)

《作り方》
(1)たいは皮に切れ目を入れ、塩と黒こしょう少々を両面にふり、
   10分ほど置いておく。にんじんは千切り、ねぎは斜めの薄切りにする。
   青じそ、しょうがは千切り、にんにくは薄くスライスする。

(2)耐熱皿に切ったにんじんを敷き、たいをのせる。
   たいの上からしょうがとねぎ、にんにくを散らしAをふりかけ、
   ふんわりとラップをする。

(3) 電子レンジ(500w)に6分ほどかける。
   できあがったら、野菜と魚を皿に盛りつけ青じそを散らして完成。
   (お好みでしょうゆを入れてもいい。)

投稿時間:2019年10月23日 (水) 17:55 | 固定リンク


ローズ風味の煮りんごとゼラニウムのクッキー


10月23日(水)放送
ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

【ローズ風味の煮りんご】

madonna_191023-1.jpg

≪材料≫ 
りんご:1個
砂糖:40〜50g
ローズゼラニウムの葉:2~3枚

≪作り方≫
(1)4等分したりんごの皮をむいて、
   厚さ3〜4ミリのいちょう切りにする。

(2)鍋にりんごと砂糖を入れて弱火で15分ほど煮る。

(3)最後にローズゼラニウムの葉を入れ、火を止める。
   その後、少々蒸らしてできあがり。

(4)葉は取り除いて保存する。

≪使い方≫
ヨーグルトやアイスクリーム、パンケーキなどのトッピングに。

 

【ゼラニウムのクッキー】

madonna_191023-2.jpg

≪材料≫ 
小麦粉:300g 
バター:200g 
砂糖:50g 
アーモンド:100g
ローズゼラニウムの葉:10〜15枚

≪作り方≫
(1)室温に戻したバターと砂糖を良く混ぜ合わせ、
   ふるった小麦粉を加えてさらに混ぜる。

(2)アーモンドをローストする。

(3)アーモンドとローズゼラニウムをみじん切りにし、生地に混ぜ込む。

(4)15gずつに分けてボール状に丸め、鉄板に並べる。

(5)180℃のオーブンで15分ほど底が色づくまで焼く。

(6)やや粗熱をとり、温かいうちに粉砂糖を全体にまぶし、冷ます。

 

madonna_191023-3.jpg

パウンドケーキの上にローズゼラニウムを乗せて焼くのもおすすめだそうです。

投稿時間:2019年10月23日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月10日(木)放送後


鉄道見聞録のコーナー、鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんとお送りしました。

madonna_191010-1.jpg

今回のテーマは開通55周年を迎えた「東海道新幹線」!
どつぼさんが、コレクションの中から新幹線のおもちゃを持ってきて下さいました。
開通当時は様々な新幹線グッズが販売されたんでしょうね。

そして、今回はスペシャルゲストに電話でご出演いただきました。
新幹線の初代運転士、大石和太郎さんです。

madonna_191010-2.jpg

こちらは大石さんが今年3月に西条市の四国鉄道文化館を訪れた時の写真です。

当時31歳という若さで大役に抜擢され、時速200キロが出るのを見たいという乗客の期待にしっかり応え、安全にダイヤ通り運転を成し遂げた大石さん。
新幹線の開発に関わってきた人たち、この日を待ち望んだ鉄道ファンの皆さん、日本中が盛り上がった一日を演出した一人が大石さんだったんですね。
憧れの人との共演に、いつもより緊張しているどつぼさんが印象的でした。笑

投稿時間:2019年10月11日 (金) 16:37 | 固定リンク


10月9日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛中央花き商業協同組合の高橋美知子さんとお送りしました。

madonna_191009-1.jpg

高橋さんがスタジオに、秋のお花のアレンジと、秋におすすめのパンパスグラスという、大きなススキのような植物を持ってきて下さいました。

madonna_191009-2.jpg

愛媛でも栽培されているそうで、穂の部分は光沢があってとても綺麗でした。それにしても大きい!

madonna_191009-3.jpg

秋のアレンジはこちら。
カボチャや栗も使ってあって、ハロウィーンの飾りにも良さそうです。

やのさんの今日のレシピは、旬の魚「秋さけ」を使った一品でした。
簡単にできる秋さけを使ったグラタンのレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年10月10日 (木) 15:56 | 固定リンク


10月8日(火)放送後


前半は、ジャズピアニストの栗田敬子さんをゲストに迎えてお送りしました!

madonna_191008-1.jpg

栗田さんは松山出身、松山在住で、愛媛県内はもちろん、東京やニューヨークでも演奏を行うなど活躍されています。

さらに、栗田さんは「NHKのど自慢」が四国で開催される時には、バンドメンバーの1人としてキーボードを担当しているんです。
250組が参加する予選から本番まで、様々なジャンルの曲をすべて生演奏するということで、バンドメンバーの皆さんの技術の高さを改めて感じました!

次回の「NHKのど自慢」は、松山市で開催されます。
放送は10月13日(日)の予定です。出場する皆さんの歌声はもちろん、栗田さんの演奏もお楽しみ下さいね。

また、栗田さんが会長を務める「えひめジャズネットワーク」のイベント、「愛媛県県民総合文化祭・ジャズ公演」が11月17日(日)に開催されます。
会場はえひめこどもの城で、入場は無料です。
ぜひお子さんといっしょにジャズを楽しんで下さいね。

madonna_191008-2.jpg

後半は「まどんなゴハン」のコーナー、松山市の中国料理店シェフ、門田勇さんを迎えてお送りしました。
春と秋はイカ釣りのシーズンということで、イカを使った簡単レシピをご紹介しました。
夕飯やお弁当のおかずにもぴったりの一品です。

レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年10月10日 (木) 15:50 | 固定リンク


秋さけときのこのグラタン


10月9日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【秋さけときのこのグラタン】
《材料》(4人分)
秋さけ     :2尾
たまねぎ    :100g
じゃがいも   :100g
さつまいも   :100g
エリンギ    :100g
しいたけ    :100g
しめじ     :100g
小松菜     :100g
バター     :20g
牛乳      :300ml
パルメザンチーズ:大さじ2
小麦粉     :大さじ2
パン粉     :大さじ2
オリーブ油   :大さじ1
ハーブ塩    :小さじ1/2
塩・こしょう  :少々

《作り方》
(1)じゃがいもとさつまいもを拍子木切りにしてゆでておく。
   たまねぎはせん切り、エリンギ・しいたけ・しめじは
   食べやすい大きさに切る。
   小松菜は3センチ程度に切る。

(2)秋さけにハーブ塩を振り、フライパンにオリーブ油を入れ
   両面こんがり焼く。いったん取り出す。

(3)フライパンにたまねぎを入れバターを加え炒める。
   エリンギ・しいたけ・しめじ・小松菜の順に加えて
   しんなりするまで炒める。
   ゆでたじゃがいもとサツマイモを加える。

(4)バターと小麦粉を加え混ぜる。牛乳をゆっくり入れとろみをつける。

(5)耐熱容器に入れ、パン粉とパルメザンチーズを混ぜて上からかける。

(6)250℃のオーブンで10分間焼く。
   (またはオーブントースターで5分焼く。)

投稿時間:2019年10月09日 (水) 17:55 | 固定リンク


簡単イカのしょうゆ味焼き/イカの南蛮漬け/イカのしゃぶしゃぶと2種類のたれ


10月8日(火)放送
ゲスト:中国料理店シェフ 門田勇さん

【簡単イカのしょうゆ味焼き】
≪材料≫
イカ     :100g(1ぱい)
濃い口しょうゆ:大さじ1
小麦粉    :適量
油      :大さじ2

≪作り方≫
(1)イカを食べやすいサイズに切り、表面に切り目を入れる。
   ※火が通りやすいよう細く切るか、四角く切って切り目を入れるといい。

(2)大さじ1のしょうゆに30分漬け込む。

(3)しょうゆに漬け込んだイカに小麦粉をまぶす。
   鍋に大さじ2の油をひいて、中火で両面焼く。火が通ったら完成。

 

【イカの南蛮漬け】
≪材料≫
りんご酢   :200ml
濃い口しょうゆ:大さじ1
水      :50ml
野菜     :適量
       (キャベツやセロリ、たまねぎ、ピーマン、ニンジンなどをお好みで)
(お好みで)唐辛子や一味調味料

≪作り方≫
(1)調味料を全て混ぜ合わせる。

(2)「簡単イカのしょうゆ味焼き」と食べやすい大きさに切った野菜を
   調味料に1時間漬けて完成。

 

madonna_recipe_191008.jpg

【イカのしゃぶしゃぶと2種類のたれ】

「イカのしゃぶしゃぶ」
≪材料≫
イカ:適量

≪作り方≫
(1)イカを食べやすい大きさに切る。

(2)65度くらいのお湯に1度、イカをくぐらせる。
   ※65度のお湯の目安は、お鍋の底に気泡が出てくる程度。
    お風呂のお湯より少し熱め。

(3)冷水にとり、水気を切って完成。

「のりしょうゆ」
≪材料≫
酒      :大さじ2
水      :大さじ2
濃い口しょうゆ:40ml(大さじ2強)
みりん    :小さじ2
焼きのり   :5g

≪作り方≫
(1)焼きのりを小さくちぎる。

(2)材料を全て混ぜて、火にかけて沸騰させる。

(3)たれを冷まして出来上がり。

「中華ピリ辛ダレ」
≪材料≫
濃い口しょうゆ  :大さじ2.5
酢        :大さじ1
ごま油      :大さじ1
ねぎ       :大さじ1
しょうが     :小さじ1
(お好みで)ラー油:大さじ1

≪作り方≫
(1)調味料を全て混ぜ合わせる。

(2)ねぎとしょうがをみじん切りにし、調味料と合わせて完成。

投稿時間:2019年10月08日 (火) 17:55 | 固定リンク


10月3日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さん、理学療法士の中尾聡志さんを迎えてお送りしました。

madonna_191003-1.jpg

お二人は愛南町の県立南宇和高校出身で、なんと同級生なんです!
中尾さんは理学療法士として、宇佐さんは認定スポーツ栄養士として、愛媛の様々なスポーツを裏方として支えていらっしゃいます。

そんなお二人に、先日ランナーの当選発表があった愛媛マラソンに向けた体作りについてお話を伺いました。

madonna_191003-2.jpg

中尾さんから、まずはシューズの大切さについて説明がありました。
スタジオに話題の「厚底シューズ」を中尾さんが持ってきて下さいました!
青いシューズが厚底です。オレンジのシューズと比べるとかなり厚みがあるのが分かります。
先日行われたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で話題になったものとよく似たタイプのものだそうです。
厚底なのに軽くて驚きました!

靴選びに大切なクッション性ですが、同じシューズを毎日履き続けるとクッション性が損なわれるため、2足をローテーションするなど工夫するのがおすすめだそうです。
破れてきたり、靴底がすり減ってきたりしたら交換時期です。
けがを防ぐためにもシューズ選びは大切なんですね。

そして宇佐さんには栄養面からアドバイスをして頂きました。
運動する人にとってもやはり栄養バランスが大切!
また、水分不足で足に違和感が出ることもあるそうなので、長時間のトレーニングの際はスポーツドリンクを飲んで水分量が不足しないように注意が必要だということです。

これから本格的なマラソンシーズン。
しっかり準備をしてけが無くマラソンを楽しんで下さいね。

投稿時間:2019年10月04日 (金) 16:33 | 固定リンク


10月2日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、「ひめポン!」の丹友美リポーターとお送りしました。

madonna_191002-1.jpg

今回のやのさんの料理の食材はヘチマでした!
リスナーの皆さんからは、タワシにしたことはあるけど食べたことはないという反応が多かったですね。
私も初めて食べました!

ヘチマが手に入らない場合は、大きめのキュウリや冬瓜で作ってもおいしいということです。
くせがなく食感は冬瓜に近かったです。レシピはこちらからご覧ください。

そして「まどんな女子会」では、丹さんが愛媛の秋の風物詩「いもたき」について、地域ごとの違いに注目しつつ紹介してくれました。
色んな味を食べ比べてみたくなりましたね♪
すだちを絞るというアイデアもぜひ試してみて下さい!

投稿時間:2019年10月04日 (金) 16:27 | 固定リンク


ヘチマと豚肉の炒め煮


10月2日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ヘチマと豚肉の炒め煮】

 madonna_191002recipe.jpg

《材料》

ヘチマ:1本

豚肉(薄切り):150g 

A(みそ:大さじ2 砂糖:大さじ1 しょうゆ:小さじ1 みりん:小さじ1) 

オリーブ油:大さじ1

 

《作り方》

(1)ヘチマは皮をむいて1センチ程度の輪切り。豚肉は食べやすい大きさに切る。

(2)フライパンにオリーブ油 大さじ1を入れ中火で豚肉を炒める。

(3)肉の色が変わったらヘチマを入れふたをしてしんなりさせる。

(4)ヘチマがしんなりしたら調味料Aを加え味をなじませる。

 

投稿時間:2019年10月02日 (水) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲