ラジオまどんなブログ

7月25日(木)放送後


「まどんなSONGS」のコーナー、松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんを迎えてお送りしました。

madonna_190725.JPG

今回のテーマは「夏祭り」。夏祭りに出かけたくなるような素敵な曲ばかりでしたね。

ご紹介した曲はこちらです!

 

(1)ジッタリン・ジン「♪夏祭り」

(2)DAOKO×米津玄師 「♪打上花火」

(3)椎名林檎 「♪長く短い祭」

(4)backnumber 「♪わたがし」

(5)ゆず 「♪夏祭り」

投稿時間:2019年07月29日 (月) 14:22 | 固定リンク


7月24日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんと、愛媛県立図書館の松浦雅人さん、石川暁子さんを迎えてお送りしました。

madonna_190724.JPG

やのさんが紹介して下さったのは、鬼北町で栽培しているというバナナ!

実物を試食させて頂いたのですが、香りが良く、甘くてとてもおいしかったです。

「バナナのカナッペ」の作り方をやのさんに教えて頂きました。

レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

 

そして、この夏、愛媛県立図書館で行われる様々なイベントを松浦さんと石川さんに紹介して頂きました。涼しい図書館で新しい本との出会いをお楽しみ下さい♪

投稿時間:2019年07月29日 (月) 14:19 | 固定リンク


バナナのカナッペ


7月24日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【バナナのカナッペ】
madonna_recipe_190724.jpg

《材料》
完熟バナナ     :1本
マスカルポーネチーズ:100g
粗びき黒こしょう  :少々
クラッカー     :適量

《作り方》
(1)バナナの皮をむいてフォークでつぶし、
   マスカルポーネチーズと混ぜる。
(2)クラッカーに(1)をのせて
   こしょうをふりかける。

*おやつやワインのおつまみにもおすすめ。
*ブルーベリーやぶどう・桃などをのせれば
 おしゃれなオードブルにも変身!

投稿時間:2019年07月24日 (水) 17:55 | 固定リンク


7月23日(火)放送後


フィルムコミッショナーの泉谷昇さん、パーソナルトレーナーの國廣里さんを迎えてお送りしました!

madonna_190723.jpg

この冬、愛媛県で初めて開催される「愛媛国際映画祭」のプロデューサーに就任した泉谷さん。どんな映画祭になるのか、最新の情報を教えて頂きました。

愛媛国際映画祭のコンセプトは「ロケーション撮影振興」ということで、「現実と想像が交わる」映画祭を目指すということです。どんな内容になるのか楽しみです!

ことしの年末にオープニングイベントが行われる予定だということで、また泉谷さんをスタジオに迎えて最新情報をお伝えしようと思っています♪

 

後半は國廣さんに、健康的できれいな「くびれ」を作るエクササイズを教えて頂きました。

黄金比は20代の女性の場合で、(ヒップ:ウエスト=10:7)と言われているんだそうですよ。きれいなくびれを作るには、正しい姿勢と、下腹の腹横筋や横隔膜を意識した深い呼吸が大事なんだそうです。

みなさんも出来ることから取り入れてみて下さいね。

投稿時間:2019年07月24日 (水) 16:34 | 固定リンク


7月24日(水)【バナナの花の写真】


7月24日(水)はフードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんにバナナのお話を伺います。

【バナナの花の写真】

madonna_s_190724.jpg

投稿時間:2019年07月24日 (水) 13:00 | 固定リンク


7月23日(火)「サロン・ド・るみ」~健康で美しい体作りについて~


7月23日は健康で美しい体作りについて、
パーソナルトレーナー國廣里さんにお話を伺います。 

《ウエストのくびれを作るエクササイズ》

madonna_saron_190723_01.jpg
・骨盤の一番高いところと肋骨の下の部分に両手を置く。

madonna_saron_190723_02.jpg
・手の幅が動かないように!

madonna_saron_190723_03.jpg 
・そのまま身体を左右に倒す。

madonna_saron_190723_04.jpg
・できる方は手を上げて左右やってみましょう!

投稿時間:2019年07月23日 (火) 15:30 | 固定リンク


7月22日(月)「向日葵」の俳句


■7月22日(月) テーマ「向日葵」の放送で紹介した俳句

 ≫特選句はこちら

向日葵やそでぐちの泥下洗ひ      直木葉子(東京都府中市)

向日葵の絵店に残しママ去りぬ     早春(東京都)

ひまわりのようだと褒めて怒らせて   ファルコン(東京都)

向日葵やアニメで現実で涙          野中泰風

ひまはりや棺出てゆく集会所      みなと(北海道留萌市)

向日葵はポジティブ過ぎて嫌ひです   高木風華(愛媛県松山市)

向日葵は友達いなくても良い派     しんや(東京都国分寺市)

大向日葵元豪農の玄関に        道後のミスター菊池(愛媛県松山市)

我が子より生きてやりたし天蓋花    ゆすらご(愛媛県松前町)

向日葵の畑へ隠るるロシア兵      日午(東京都)

向日葵やトンネルの吐くバイク音    善吉(愛媛県八幡浜市)

メガソーラー向日葵のかげ気にしつつ  ひよとり(神奈川県二宮町)

我が地ぞと向日葵干拓に威張り     けんちく(愛媛県松山市)

向日葵の影をゴールに子が駈ける    シャレード

放熱のしじま向日葵畑の夜       はむ

千本のひまわり畑かくれんぼ      さとる(愛媛県西予市宇和町)

ひまわりや空のやっかみ海の憂ひ    大場佳代(愛媛県西予市宇和町)

向日葵の丈はドレミファソのあたり   幾山路

向日葵の円盤投げをしてみたし     ハードエッジ(東京都調布市)

向日葵や嘘をつけない人ばかり     みやこわすれ(愛知県名古屋市)

抜きん出た向日葵雲の影の濃し     かつたろー。(広島県福山市)

絵日記のひまわり一つはみ出して    伊藤順女(千葉県船橋市)

コロンブスひまわりの花も見つけしか  山田のかかし

向日葵や自由研究白紙なり       松山のとまと(愛媛県松山市)

人類に太古の記憶日輪草        国代鶏侍(兵庫県川西市)

ちくしょう眩しいなヒマワリの背中   シャバドゥビ35

注射器と窓のひまわり交互に見る    やまざきけいこ(千葉県市川市)

投稿時間:2019年07月23日 (火) 14:13 | 固定リンク


7月22日(月)放送後


松山市出身の俳人・神野紗希さんと、道後の老舗旅館で和食料理長を務める久保田昌司さんを迎えてお送りしました。

madonna_190722-1.jpg

今回のラジオ句会のテーマは「向日葵(ひまわり)」でした。
梅雨空が続いているので太陽が恋しいところ。
皆さんの向日葵の俳句を通して、眩しい夏の日差しを感じたような気分になりました。

それでは今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった一句をご紹介します!

>>その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。

■特選句

ひまわりや溶岩凝る堰止湖       伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)
向日葵や金メダリストは一人だけ     砂山恵子(愛媛県西条市)
テーブルに向日葵のある夜青し     アレックス(東京都)
パラグライダー大向日葵を蹴飛ばして  椋本望生(大阪府堺市)
向日葵のなんて馬鹿正直な茎      のんしゃらん(東京都青梅)

■最も良かった一句

枯れるまで向日葵でいる矜持かな    糸篠エリー(神奈川県藤沢市)

皆さん、今回もたくさんの投稿ありがとうございました!
次回のラジオ句会は8月19日(月)にお送りする予定です。次回は俳句甲子園スペシャル!時間をいつもより拡大して50分まるごと「ラジオ句会」をお送りしようと思っています♪
皆さんから募集するのは、俳句甲子園の兼題にもなっている「夏の月」「冷蔵庫」「毛虫」を詠んだ俳句です。どの兼題で詠んで頂いてもOKです。ぜひお気軽にお寄せ下さい。

そして「まどんなゴハン」のコーナーでは、久保田さんに「うなぎのちらしずし」の作り方を教えて頂きました。

madonna_190722_recipe.jpg
すし飯は暑い季節にぴったりの酸味が効いた味付け。うなぎのかば焼きにひと手間加えて、こんな風に味わうのもいいですよね。とってもおいしかったです~!
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年07月23日 (火) 14:09 | 固定リンク


うなぎのちらしずし


7月22日(月)放送
ゲスト: 旅館和食料理長 久保田昌司さん

【うなぎのちらしずし】
madonna_190722_recipe.jpg

《材料》(2~3人分)
うなぎのかば焼き:1匹
きゅうり    :1本
みょうが    :2コ
青じそ     :5枚
卵(錦糸卵用) :2コ
枝豆(さや付き):100g
いりごま    :適量
刻みのり    :適量
すし飯     :2合

 

《作り方》
(1)枝豆は塩ゆでして、さやから取り出す。
   きゅうりはスライスして塩をまぶし5分ほどおき、
   もんでから水けを絞る。
   青じそ、みょうがはせん切りにする。

(2)うなぎのかば焼き、錦糸卵は短冊切りにする。
   ※錦糸卵はいり卵でもかまいません

(3)すし飯に(1)、(2)を混ぜ合わせて
   いりごまを入れ、器に盛り付ける。
   食べる直前に刻みのりを添える。
   あればガリや紅生姜を添えるといい。

 

すし飯
米     :2合
水     :米の1割増し
昆布(5cm):1枚

すし酢 ※市販のすし酢でもかまいません
酢 :50ml
砂糖:35g
塩 :7g

 

★市販のうなぎのかば焼きをよりおいしく食べる方法
(1)うなぎの表面に付いているタレを
   ぬるま湯で洗い流して水けをきる。

(2)フライパンにうなぎの身を下にして入れ、
   酒と水を半々に割ったものを、
   うなぎが少し浸るくらいに入れ火にかける。
   (沸いてから弱火で3分くらい。)

(3)うなぎだけ取り出し、
   新たに熱したフライパンに油をしき、
   皮目をさっと焼いて出来上がり。
   ※元々焦げ目は付いているので焦げすぎないように

投稿時間:2019年07月22日 (月) 17:55 | 固定リンク


7月4日(木)放送後


西条市防災士連絡協議会女性部、通称「ぼうさいじょ」の木藤容子さんを迎えてお送りしました。

madonna_190704-1.jpg

 雨や台風の多くなる季節、防災のための注意点などを木藤さんに教えて頂きました。

「まちづくり=(イコール)防災」ということを木藤さんが仰っていましたが、愛媛全体で災害に強い仕組み作りが進んでいくといいですね。

明るくパワフルな木藤さん。お話しているだけで元気をもらえるような気がしました!

投稿時間:2019年07月11日 (木) 14:29 | 固定リンク


ページの一番上へ▲