ラジオまどんなブログ

8月29日(木)放送後


「まどんなSONGS」のコーナー、松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんとお送りしました。

madonna_190829-1.jpg

8月29日は語呂合わせで「焼肉の日」ということで、焼肉やお肉にちなんだ曲をご紹介しました。
こんな曲があったんだ~!という個性豊かなラインナップでしたね。
今回ご紹介した曲はこちらです。

(1)「ハル&チッチ歌族」 「♪お肉食べようのうた」
(2)「桂雀三郎withまんぷくブラザーズ」 「♪ヨーデル食べ放題」
(3)「大塚愛」 「♪黒毛和牛上塩タン焼680円」
(4)「GRAPEVINE」 「♪豚の皿」
(5)「のはら家オールスターズ」 「♪こんな時こそ焼肉がある」
(6)「鈴木愛理」 「♪私の右側」
(7)「ワタナベフラワー&ゆーゆ」 「♪タン・タン・タン」
(8)「preMade Me」 「♪Voice」

投稿時間:2019年09月05日 (木) 15:17 | 固定リンク


チンゲンサイとえびの塩炒め


9月4日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【チンゲンサイとえびの塩炒め】
hirukuro_recipe_190904.jpg

《材料》(2人分)
チンゲンサイ:2株
えび    :8匹
かたくり粉 :小さじ1
酒     :大さじ1
ごま油   :大さじ1
塩     :少々
A(酒       :大さじ2
  砂糖      :小さじ1/2
  塩       :小さじ1/4
  鶏ガラスープの素:小さじ1
  水       :大さじ2)

《作り方》
(1)チンゲンサイは青い葉と白い茎を分けて、
   白い茎は縦に4等分に切る。
   青い葉は横に半分に切る。
(2)えびは背ワタを取ってボウルに入れ、
   酒大さじ1とかたくり粉小さじ1と塩少々でもんでおく。
(3)フライパンでチンゲンサイの白い茎を炒め、
   えびを加えてさらに炒める。
   最後にチンゲンサイの青い葉を加え、Aを入れて混ぜる。
(4)青い葉がしんなりしたら皿に盛る。
※食欲の秋に栄養たっぷりのチンゲンサイで
 夏の疲れを取りましょう

投稿時間:2019年09月04日 (水) 17:55 | 固定リンク


8月28日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛国際映画祭プロデューサーの泉谷昇さんを迎えてお送りしました。

madonna_190828-1.jpg

やのさんに教えていただいたのはカボチャのサラダです。
くるみがトッピングしてあって食感も良く、甘いカボチャとの相性も抜群でした。
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

後半は、泉谷さんと愛媛国際映画祭の最新情報をお伝えしました。
上映会の作品も徐々に候補があがり始めているということ!「ロケーション」をキーワードに、ご当地映画など地域と密着した作品が選ばれることになりそうです。
愛媛国際映画祭の最新情報は今後も随時お伝えしていきます!

投稿時間:2019年08月30日 (金) 16:53 | 固定リンク


8月27日(火)放送後


「鉄道見聞録」のコーナー、鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんを迎えてお送りしました!

madonna_190827-1.jpg

今回は、この7月で運行開始5周年を迎えたJR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」についてお伝えしました。

車両の作りに、アテンダントの皆さんや地元の皆さんのおもてなし、リピーターも多く人気の理由がよく分かりましたね。
私も次はどつぼさんが一番人気だと言っていた「双海編」に乗ってみたいなと思います♪

投稿時間:2019年08月29日 (木) 15:38 | 固定リンク


8月26日(月)放送後


フリーライターの土井中照さん、道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんを迎えてお送りしました。

madonna_190826-1.jpg

愛媛県の名字について研究している土井中さんに、愛媛に多い名字やその由来などを教えて頂きました。2004年に土井中さんが調査したところ、1位 村上、2位 山本、3位 越智、4位 高橋、5位 渡部 という結果だったそうです。
皆さんの名字は何位にランクインしていたでしょうか?

そして久保田さんの今回のレシピは、皆さん大好き!秋の味覚、サンマを使った炊き込みご飯でした。

madonna_190826-2.jpg

サンマの旨味がご飯にしみ込んでとてもおいしい一品でした。
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年08月29日 (木) 15:36 | 固定リンク


かぼちゃとくるみのサラダ


8月28日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【かぼちゃとくるみのサラダ】

《材料》
 坊ちゃんかぼちゃ:300g
 くるみ:20g
 マヨネーズ:大さじ2 
 プレーンヨーグルト:小さじ1
 塩・こしょう:少々

《作り方》
(1)かぼちゃを切って種とワタを取り沸騰した湯でゆでる。
   柔らかくなったら取り出して皮を取る。
   ボウルに入れつぶして塩・こしょうとヨーグルト、マヨネーズを加える。
(2)オーブンなどで軽く焼いたくるみを大きめに刻んで(1)に混ぜる。

投稿時間:2019年08月28日 (水) 17:55 | 固定リンク


8月22日(木)放送後


松山市の映画館スタッフ、矢野達大さんを迎えてお送りしました。

madonna_190822-1.jpg

まずご紹介したのは、ことし3月に行われた愛媛国際映画祭のプレイベントで、コンペティション部門のグランプリを受賞した作品「五億円のじんせい」。
愛媛を訪れていた主演の望月歩さんと遠藤日登思プロデューサーにもお話を伺いました。

madonna_190822-2.jpg

現在18歳で映画初主演という望月さん。「五億円のじんせい」では、見ていてドキドキハラハラするような難しい場面がたくさん登場しますが、とても魅力的に主人公を演じていたのが印象的でした。松山市大街道の映画館で8月29日(木)まで上映予定です。

madonna_190822-3.jpg

2本目は、数々のヒット作を手掛けてきた矢口史靖監督の最新作「ダンスウィズミー」。
矢口監督のインタビューも交えてご紹介しました。

写真を1枚お願いしたところ、矢口監督が「ダンスウィズミー!」という掛け声でポーズを決めて下さいました。
一気に緊張がほぐれた瞬間でした!笑
主人公と一緒に一喜一憂しながら、最後はハッピーな気持ちになれる作品です。
こちらは9月上旬頃まで各地の映画館で上映予定です。

 

 

投稿時間:2019年08月26日 (月) 18:12 | 固定リンク


さんまのたきこみご飯


8月26日(月)放送
ゲスト: 旅館和食料理長 久保田昌司さん

【さんまのたきこみご飯】

madonna_190826-2.jpg

《材料》(2人分)
米      :2合
さんま    :1匹
しょうが   :一片(15gくらい) 
酒      :大さじ2
濃い口しょうゆ:大さじ1
みりん    :小さじ1
昆布     :5cm角
水      :適量
塩      :適量
〈トッピング〉
青じそ、みょうが、いりごま、刻みのり

《作り方》
(1)米は洗ってざるに上げ、30分おく。

(2)さんまは内臓を取り水洗いして半分に切り、塩をふり
   グリル(強火)でこんがり焼く。

(3)炊飯器に米、酒、濃い口しょうゆ、みりん、昆布を入れ、
   さんま、しょうが(せん切り)を加えて少しかための水加減で炊く。

(4)炊きあがったらさんまの頭、中骨を取り除き混ぜて器に盛る。

(5)お好みで青じそ(せん切り)、みょうが(せん切り)、
   いりごま、刻みのりをトッピングする。

 

投稿時間:2019年08月26日 (月) 17:55 | 固定リンク


8月21日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、松山大学放送研究会の井上結衣さんとお送りしました。

madonna_190821-1.jpg

現役大学生の井上さんとお送りする「若者調査隊」のコーナー。
今回のテーマは「テンションの上がるお金の使い方」でした。
おいしいものを食べたり、ファッションやコスメを楽しんだり、高い金額でなくても上手に気分を上げる方法が色々ありましたね!

やのさんの今回のレシピは、旬のナスを使ったイタリア料理「カポナータ」でした。
野菜の旨味が凝縮されたおいしくて元気が出る一品です。
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年08月23日 (金) 17:17 | 固定リンク


8月20日(火)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さん、写真整理アドバイザーの三好祥子さんを迎えてお送りしました。

madonna_190820-1.jpg

今回は、宇佐さんに「料理と化学」をテーマにお話しして頂きました。
ご飯のおこげやパンが焼ける時の香ばしい香りの理由や、野菜や果物の変色を防ぐ「色止め」の仕組みなど、料理の中には様々な化学反応があるんですね。
夏休みの自由研究にもぴったりのお話でした。

madonna_190820-2.jpg

ご紹介した「牛乳もちのみたらしあんかけ」のレシピはこちらからご覧ください!

>>レシピはこちら

後半は、9月1日の「防災の日」を前に、写真を活用した「減災手帳」を広めようという取り組みについて三好さんに紹介して頂きました。
お子さんを持つお母さんならではの視点で作られた減災手帳には、災害時に子どもたちを守るための様々な工夫がされていましたね。

減災手帳の記入用紙は、三好さんが所属しているNPO「アトリエmaman」のホームページからダウンロードできます。

投稿時間:2019年08月23日 (金) 17:08 | 固定リンク


ページの一番上へ▲