ラジオまどんなブログ

青じそのジェノベーゼ/発酵たまねぎ


6月24日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【青じそのジェノベーゼ】

madonna_recipe200624-1.jpg

madonna_recipe200624-2.jpg

《材料》(作りやすい分量)
青じそ:20g
くるみ:15g
にんにく(すりおろしたもの):小さじ1/2 
オリーブ油:100ml
塩:小さじ1/2
パルメザンチーズ:小さじ2
こしょう:少々

《作り方》
(1)青じそは洗って水けをしっかり切って、刻んでおく。
   くるみも刻む。
(2)全ての材料をフードプロセッサーに入れて混ぜる。
   (フードプロセッサーが無い場合は細かく刻んだ材料を混ぜる。)

※保存容器に入れて2週間ほど冷蔵保存できる。
※冷製パスタのソースにしたり、冷ややっこにかける、そうめんつゆに入れる、
 またサラダのドレッシングなどにもお好みで活用できる。


【発酵たまねぎ】

madonna_recipe200624-3.jpg

madonna_recipe200624-4.jpg

《材料》(作りやすい分量)
たまねぎ:400g
塩:12g
水:200ml
《作り方》
(1)たまねぎをみじん切りにする。
(2)ポリ袋にたまねぎと塩を入れ軽くもむ。
   水を加え4日常温に置く。
   (※夏は室内が暑くなるので、1日常温に置いて、3日は冷蔵庫の野菜室に置く。)
   辛味が無くなり酸味が出てきたら乳酸発酵した証拠。
(3)清潔な保存容器に発酵たまねぎを移して保存する。
   (※2週間から1か月以内に使い切りましょう。)

投稿時間:2020年06月24日 (水) 17:55 | 固定リンク


6月23日(火)放送後


今回は、理学療法士の中尾聡志さんに、屋内でできるおすすめの運動を教えて頂きました。

madonna_200623-1.jpg

新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、特に高齢の人の中には、これまでできていた運動ができなくなった人もいるそうです。

 

日本理学療法士協会が作成した「外出できない時に体力を落とさないためのリハビリ」というパンフレットをもとにご紹介しました。

 

この2日の間で、1回でも続けて5分以上歩くことができた人には、スクワットがおすすめです。

 

(1)壁の前に両手を当てて立つ

madonna_200623-2.jpg

(2)足は肩幅くらいに開いて、つま先とひざの向きをそろえる

madonna_200623-3.jpg

(3)ひざの高さまでお尻を落とす

 

10回×3セットを1日2~3回行うといいそうです。

 

体力に自信のある方には、「まき割りスクワット」。

 

(1)足は肩幅より少し広いくらいに開いて立ち、頭の上で手を合わせる

madonna_200623-4.jpg

(2)手をおろしながら、ひざの高さまでお尻を落とす

madonna_200623-5.jpg 

 

運動不足の人は、おしりや太ももなどの大きい筋肉を鍛えることがポイントだそうです。

 

5分以上歩くのがつらいという人は、誰かと一緒に歩いて、つらくなったら休みながら、少しずつ体を動かすようにしてくださいね。

投稿時間:2020年06月24日 (水) 15:45 | 固定リンク


手軽なだしのとり方(水出し)/だしの効いた夏野菜のおひたし


6月23日(火)放送
ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司(くぼた・しょうじ)さん

 

【手軽なだしのとり方(水出し)】

★昆布だし

《材料》

水(軟水):1リットル

昆布:10g

《作り方》

(1)水に昆布を入れて一晩漬けておく。

 

★いりこだし

《材料》

水:1リットル

煮干し:10g

昆布:10g

《作り方》

(1)水に煮干しと昆布を入れて一晩漬けておく。

(2)しっかり取りたいときは鍋に入れて火にかけ
   沸騰してきたら昆布をとり、5分くらい煮出す。

※煮干しは頭とワタを取ると雑味が少なくなる。

 

【だしの効いた夏野菜のおひたし】
madonna_recipe_200623.jpg

《材料》(2人分)

なす:1本

かぼちゃ:100g

パプリカ:1/2コ

ズッキーニ(小):1本

ミニトマト:5コ

おくら:5本

干し桜えび(またはちりめん):大さじ2

(※その他、長芋、れんこん、にんじんなど野菜はあるもので)

 

★おひたしのだし

A(だし(いりこだしまたは二番だし):1カップ

濃い口しょうゆ:大さじ3

みりん:大さじ3

酢:大さじ3

砂糖:大さじ2

たかのつめ:1本(※または七味))

 

《作り方》

(1)野菜はそれぞれ一口大に切っておく。

(2)鍋にAを入れ、ひと煮立ちさせて火を止め粗熱をとる。

(3)野菜を焼いて、焼きたてを(2)にひたしていく。

※肉や魚などを加えてもいい。

※お好みで油で素揚げしたりフライパンで炒めてもいい。

投稿時間:2020年06月23日 (火) 17:55 | 固定リンク


6月22日(月)放送後


ジャパン・フィルムコミッション理事長の泉谷昇さんを迎えてお送りしました。

madonna_200622-1.jpg

今回は、雨の日に見たい映画を泉谷さんに紹介して頂きました。
泉谷さんが真っ先にあげた1本が、日本で1953年に公開されたミュージカル映画「雨に唄えば」。
これまでに何十回も見た大好きな作品だそうです。

みなさんも雨にちなんだ名作を改めて楽しんでみてはいかがですか?

投稿時間:2020年06月23日 (火) 16:29 | 固定リンク


6月18日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました。

 madonna_200618-1.jpg

今回は、熱中症対策のポイントを宇佐さんに教えていただきました。

マスクをしていることで喉の渇きを感じにくかったり、水分補給の頻度が減ってしまったりするため、ことしは特に熱中症に注意が必要です。

 

宇佐さんに、熱中症対策におすすめのレシピも紹介してもらいました。
madonna_recipe200618-1.jpg
madonna_recipe200618-2.jpg

ご紹介した「夏野菜スープのジュレ」と「フルーツゼリー」のレシピはこちらからご覧ください。

>「夏野菜スープのジュレ」と「フルーツゼリー」のレシピ

 

ゼリーやジュレはのどにゆっくり入っていくため、飲み込む力が弱い高齢者などでもむせにくく飲みやすいんだそうです。

しっかり水分補給をして熱中症にならないように気をつけましょう!

 

投稿時間:2020年06月19日 (金) 15:12 | 固定リンク


夏野菜スープのジュレ/フルーツゼリー


6月19日(木)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【夏野菜スープのジュレ】
madonna_recipe200618-1.jpg

≪材料≫ 2人分

わかめスープの素   2人分

水           300ml

アガ―         小さじ1

オクラ         2本

ミニトマト       2個

好みの野菜(あれば)  適量

 

≪作り方≫

(1)     オクラは小口切りに、ミニトマトは四つ切りする。

(2)     わかめスープの素とアガ―をよく混ぜ合わせる。

(3)     鍋にうつし、水を加えてよく混ぜ、中火で煮立たせる。(軽く沸騰する程度)

(4)     耐熱容器に入れて、オクラ、ミニトマト、お好みの野菜を入れる。粗熱がとれ始めたら型に入れる。

(5)     冷蔵庫で30分~1時間冷やして完成。

 

 

【フルーツゼリー】
madonna_recipe200618-2.jpg

≪材料≫ 作りやすい分量

アガ―       小さじ2

砂糖        大さじ4

水         600ml

お好みの果物    適量

 

≪作り方≫

(1)     ボウルに砂糖とアガ―を入れて良く混ぜる。

(2)     鍋にうつし、水を加えてよく混ぜ、中火で煮立たせる。(軽く沸騰する程度)

(3)     耐熱容器に切った果物とアガ―液を入れ、冷蔵庫で冷やして完成。

 

≪レシピのポイント≫

アガ―はダマになりやすいので、最初によく混ぜておきましょう。

madonna_recipe200618-3.jpg

 

 

投稿時間:2020年06月19日 (金) 12:53 | 固定リンク


6月17日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんを迎えてお送りしました。

 madonna_200617-1.jpg

今回は「さくらんぼジャム」の作り方を教えて頂きました!

レシピはこちらからご覧ください。

 >さくらんぼジャムのレシピ

放送でもご紹介しましたが、内閣府が認定する「地域活性化伝道師」にやのさんが選ばれました!
こちらがその登録証です。

 madonna_200617-2.jpg

「地域活性化伝道師」とは、分かりやすくいうと地域活性化のスペシャリストです。

 

松山市の花園町商店街でイベントを企画したり、地域の食材を生かしたレシピを考えたり、これまでも地域の活性化に貢献してきたやのさん。

「地域活性化伝道師」として、益々の活躍に期待したいですね!

 

投稿時間:2020年06月18日 (木) 15:20 | 固定リンク


さくらんぼジャム


6月17日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【さくらんぼジャム】

《材料》
さくらんぼ:300g

砂糖:30g

レモン汁:小さじ1/2

 

《作り方》

(1)さくらんぼの種を取ります。
   まずさくらんぼの軸をとって、反対側から割り箸を使って種を押し出す。
   (軸の方から種が飛び出してくる。)
   後で使うので種はお茶のパックに入れておく。

(2)種を抜いたサクランボをふたつきの器に入れ、
   砂糖とレモン汁をあわせて一晩冷蔵庫で休ませると
   さくらんぼから水分が出る。

(3)さくらんぼとお茶パックに入れた種を鍋に入れ
   20分程弱火にかけて、アクを取りながら煮る。
   とろみがついたら完成。


*種を入れるとペクチンの働きでとろみがつきやすい。

投稿時間:2020年06月17日 (水) 17:55 | 固定リンク


6月16日(火)放送後


日本笑いヨガ協会の玉井千恵さんをスタジオに迎えてお送りしました。

madonna_200616-1.jpg

皆さんもいっしょに「笑いヨガ」を楽しんでいただけましたか?

玉井さんの笑い声に元気をもらいました!

madonna_200616-2.jpg

こちらは、外出自粛が続く中、玉井さんが笑いヨガの勉強のために書いていたというノート。

中には、新しい笑いヨガを考えるヒントになりそうな新聞記事の切り抜きやメモがびっしり!玉井さんの笑いヨガにかける情熱が伝わってきました。

 

後半は、皮膚科専門医の宮脇さおりさんに「汗やにおいのお悩み」について話を聞きました。

 

汗をかいたらこまめに拭く、靴は同じものを続けてはかない、気になる時は靴下の替えを持っておく、制汗剤を活用するなど、自分でできる対策をたくさん教えて頂きました。

 

また、この時期に注意が必要なのがマダニです。

宮脇さんの病院でもマダニにかまれて診察に訪れる人が増えているそうです。

 

ペットの散歩や農作業などで、草むらなどのマダニが多く生息する場所に入る時は、肌を露出しないようにするなどしっかり対策をしてくださいね。

投稿時間:2020年06月17日 (水) 16:24 | 固定リンク


6月15日(月)放送後


愛媛県立とべ動物園の田村千明さんを迎えてお送りしました。

とべ動物園では、赤ちゃん誕生のうれしいニュースが続いていますね。
今回は、5月に誕生したキリンの赤ちゃんについて詳しく話を聞きました!

赤ちゃんの性別はオスで、今後、動物園を訪れた皆さんの投票で名前が決まるそうです。
投票期間は6月16日から6月20日まで。
とべ動物園の管理事務所前に投票所があります。
どの名前になるのか楽しみですね。

そして、新型コロナウイルスをめぐる誹謗中傷や偏見をなくそうと始まった取り組み「シトラスリボン運動」について、この運動を行っている団体「ちょびっと19+(ナインティーン プラス)」共同代表の前田眞さんに電話でお話を聞きました。

madonna_200615-1.jpg

私と田村さんが手に持っているのがシトラスリボンのイラストです。
愛媛から始まったこの活動は多くの人の共感を呼び、今では全国各地に広がっています。
思いやりとやさしさ、支え合いの気持ちが今後も多くの人に伝わっていくといいですね。

投稿時間:2020年06月16日 (火) 15:21 | 固定リンク


ページの一番上へ▲