ラジオまどんなブログ

6月12日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、NPO法人「にこっと」理事で、表情筋トレーニング講師の藤崎朱美さんとお送りしました。

madonna_190612.jpg

今回のやのさんのレシピは、とうもろこしを使ったおかずになる一品です。とうもろこしの甘さとお肉の旨味で食が進みます♪レシピはこちらからご覧ください。

> とうもろこしと豚肉のかき揚げ/チーズタッカルビ

 

そして藤崎さんの表情筋トレーニング、今回はデコルテ(首回り)をきれいに見せるトレーニングでした!体の筋トレと同じように、コツコツとトレーニングをすることで魅力的な表情につながるそうです。

ラジオを聞きながら簡単に出来る動きなので皆さんもぜひやってみて下さいね。次回もお楽しみに!

 

 

投稿時間:2019年06月17日 (月) 11:05 | 固定リンク


6月11日(火)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さん、「ひめポン!」の菅美可子キャスターとお送りしました。

madonna_190611_01.jpg

晴れて気温が高くなる日が増えてきましたね。

今回は、この時期から注意が必要な熱中症について、宇佐さんに詳しく教えて頂きました。

madonna_190611_02.jpg

ご紹介した熱中症予防にぴったりの「ミニトマトのはちみつレモン漬けと甘酒のスムージー」のレシピはこちらからご覧ください。甘酒の優しい甘さとレモンとトマトのほどよい酸味がおいしいスムージーでした♪

> ミニトマトのはちみつレモン漬けと甘酒のスムージー

 

菅さんが紹介してくれたのは、松山市の老舗模型店の新たな挑戦についてです。

ものづくりの楽しさを知ってもらおうと始めたのが屋上農園というのには驚きましたね!

模型作りと野菜の栽培、作る過程や出来た時の達成感など共通点があるんですね~。

 

こうした老舗の取り組みや新しい挑戦を紹介する「ひめポン!」の「新時代 老舗めぐり」のコーナーは、菅さんが取材して、月に1回、木曜日に放送しています。ぜひテレビの放送もご覧下さい。

 

 

投稿時間:2019年06月17日 (月) 11:00 | 固定リンク


(1)麺のかけダレ/(2)大葉のドレッシング/(3)みそもみダレ さわやか大葉の香り/(4)大葉でさっと煮込みしませんか?


6月13日(木)放送
ゲスト:中国料理 門田勇さん

【麺のかけダレ】
《材料1人分》
・大葉 10枚
・濃い口しょうゆ 大さじ2
・酢 大さじ1
・ごま油 大さじ1
《作り方》
・大葉をお好みの大きさに刻む。
・調味料を全て混ぜ合わせ、そこへ大葉を入れてなじませる。
 これで「しそダレ」の完成。
・うどんやそうめんなどの麺にかけて食べてね。
《ポイント》
・温かい麺にも、冷たい麺にもOK。
・野菜と一緒にサラダさっぱり麺もよろしいかと…

【大葉のドレッシング】
《材料》
・大葉 20枚
・サラダ油 200ml
・酢 50ml
・濃い口しょうゆ 30ml
《作り方》
・大葉をお好みの大きさに切る。(千切り・みじん切りどちらでもOK)
・酢と濃い口しょうゆを合わせたところに、油を少しずつ入れながら
 泡立て器で混ぜる。
・混ぜ合わせ調味料の中に、しそをドサッと入れて完成。
《ポイント》
・混ぜるときは泡立て器を使い、白っぽくなるまで混ぜる。
 電動泡立て器(ハンドミキサー)でもOK

【みそもみダレ さわやか大葉の香り】
《材料》
・肉 200~300g(鶏・豚・牛お好みで)
・大葉 10枚
・麦みそ 50g
・酒 15ml
・みりん 15ml
・濃い口しょうゆ 10ml
・酢 15ml
《作り方》
・大葉をお好みの大きさに刻む。
・調味料をすべて混ぜ合わせ、肉を調味料に入れて揉みこみ、寝かせる。
 寝かせ時間は1時間でも1日でもOK。お好みで。
・寝かせた肉を弱火で炒める。完成。
《ポイント》
・みそが焦げないように弱火で炒めるのがコツ。
・薄切りなど火が通りやすい肉を使うのもいい

【大葉でさっと煮込みしませんか?】
《材料》
・肉または魚
・大葉 20枚
・濃い口しょうゆ 100ml
・酢 80ml
・みりん 50ml
・水 200ml
《作り方》
・大葉を大きめに切る。
・肉または魚をあらかじめゆでる。
(ゆで方:沸騰したお湯に肉や魚を入れて火を止める。
 浮いてきたアクをとり、水にさらす。)
・鍋に調味料をすべて入れて沸騰させる。
・ゆでた肉または魚を入れて弱火で煮込む。煮込み時間は5~10分でOK。
 フツフツ・コトコト煮込む。
 (※材料の火の通り方によって調節してください。)
・最後に大葉を入れて火を止める。

《ポイント》
・肉は鳥のもも・手羽、豚の細切れ・ロース・ばら肉などお好みで。
・牛肉の場合すき焼き用やしゃぶしゃぶ用など薄めのものを使う。
・魚は白身魚がおすすめ。切り身でも1匹丸ごとでもOK
・一緒に野菜を煮てもおいしい。
(たまねぎ、皮をむいたナス、白菜、きのこ、キャベツなど)
・冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにも。

投稿時間:2019年06月13日 (木) 17:55 | 固定リンク


とうもろこしと豚肉のかき揚げ/チーズタッカルビ


6月12日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【とうもろこしと豚肉のかき揚げ】
《材料2人分》
とうもろこし:1本
豚肉(薄切り):100g
てんぷら粉:50g 
水:50ml
白ごま:小さじ1
だしじょうゆ:小さじ1
揚げ油:適量
《作り方》
(1) とうもろこしをそぎ切りにする。豚肉は一口大に切って、だしじょうゆをもみこむ。
(2)ボウルにてんぷら粉と水を加え混ぜ合わせ、そこに(1)を加え混ぜる。
(3)フライパンに揚げ油を1センチ程度入れ中火で熱する。
(4) (2)をスプーンですくって(3)の油の中に入れ、2分したら返して1分加熱する。
(5)さらに盛り付け、白ごまをかける。
※味付けしなくてもとうもろこしの甘みとうまみで美味しい1品になる。

【チーズタッカルビ】
《材料4人分》
鶏もも肉:2枚
キャベツ:200g
さつまいも:200g 
にんじん:150g
たまねぎ:1コ
しめじ:100g
ごま油:大さじ1 
キムチ:50g
もち:2コ
溶けるチーズ:適量 

A
コチュジャン:大さじ2{または甜麺醤(ティエンメンジャン):大さじ1 豆板醤(トーバンジャン):小さじ1}
しょうゆ:大さじ2
にんにく(すりおろしたもの):1かけ
しょうが(すりおろしたもの):1かけ
粉とうがらし:大さじ2
B
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
《作り方》
(1) 鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。キャベツはざく切り。さつまいもとにんじんは5ミリの厚さで短冊切り。たまねぎは8等分にくし形切りにする。しめじは軸を取りばらばらにする。
(2) 鶏もも肉を(B)でもみこみ5分置く。さらに(A)を加えしっかりもみこんでおく。
(3) フライパンかホットプレートにごま油を入れ、さつまいも、にんじんを並べその上にたまねぎ、キムチ、キャベツ、しめじをのせ、その上に鶏もも肉をのせてふたをする。
(4) 中火または中温(160~170度)5分加熱し、さつまいもに焦げ目がついたら、全体を混ぜる。もちを拍子木切りにして入れ、ふたをしてさらに5分待つ。全体に火が通ったら溶けるチーズを入れる。

投稿時間:2019年06月12日 (水) 17:55 | 固定リンク


6月10日(月)放送後


「動物園に行ってみよう!」のコーナー、愛媛県立とべ動物園の田村千明さんを迎えてお送りしました。

madonna190610-1.jpg

今回はこの時期になるとよく鳴き声が聞こえてくる「カエル」について。
とべ動物園でも様々なカエルを見ることが出来るそうです。
そこで、とべ動物園で飼育している「ヒキガエル」を田村さんがスタジオに連れてきてくれました!

madonna190610-2.jpg

体長は10センチほど。もう少し大きくなるそうです。
意外とかわいい顔をしています。
カエルというと「ケロケロ」「ゲコゲコ」といった鳴き声をイメージしますが、ヒキガエルは小鳥のような声で「クックック」と鳴きます。
放送でも鳴いてくれましたね~!

そして、田村さんが子犬が鳴いていると勘違いしたという「タゴガエル」。
インターネットで鳴き声を調べてみましたが、確かに子犬に似た声を出すんです・・・!
動物園にいる小さな生き物にも目を向けてみて下さいね。

投稿時間:2019年06月12日 (水) 13:10 | 固定リンク


ミニトマトのはちみつレモン漬けと甘酒のスムージー


6月11日(火)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【ミニトマトのはちみつレモン漬けと甘酒のスムージー】
madonna_190611_02.jpg

《材料2人分》

(ミニトマトのはちみつレモン漬け)

ミニトマト   150g

はちみつ    大さじ2

レモン果汁   大さじ1

(甘酒の素)

ごはん     200g

乾燥米麹    100g

沸騰した湯   150ml

水       450ml

 

(スムージー)

甘酒の素    100ml

ミニトマトのはちみつレモン漬け   全量

牛乳      200ml

塩       少々

輪切りレモン  2枚

ミント     お好みで

 

《作り方》

(1)まずは甘酒の素を作ります。

   炊飯器にあたたかいごはん、沸騰したお湯、水、乾燥米麹を加えて混ぜ、

   濡れ布巾をかけて、蓋をあけたまま保温モードで3時間置く。

   ※温度計を持っている場合は70℃をこえないように確認をすると良い。

(2)3時間たったら、ひと混ぜして、また2時間ほど待つ。

   このとき、時々かき混ぜてあげましょう。

(3)鍋に移して、ひと煮立ちさて発酵をとめ、保存容器に入れて冷蔵庫で冷やす。

(4)ミニトマトのヘタをとり、包丁や爪楊枝で皮に傷をいれます。

   熱湯に20~30秒入れて、冷水にとり、皮をむく。

(5)保存容器にはちみつとレモン汁を混ぜ、湯むきしたミニトマトを漬け込み、

   冷蔵庫で3時間ほど冷やす。漬ける時間はお好みで。

(6)ミキサーに甘酒の素、ミニトマトのはちみつ漬け、牛乳、塩少々を加えて混ぜる。

(7)グラスに盛りつけ、お好みでレモン汁、ミントを飾る。

 

《レシピのポイント》

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど。

旬のトマトにはカリウム、牛乳にはカルシウムが豊富。

 

投稿時間:2019年06月11日 (火) 17:55 | 固定リンク


6月6日(木)放送後


「まどんなSONGS」のコーナー、音楽プロモーターの門屋奈緒さんとお送りしました。

今回は門屋さんに「虹」をテーマに選曲して頂きました。

1曲目にお送りしたのは、cool drive makersのアルバム「Rainbow juice」から、「COOL TRAIN」。
こちら実はいつも使っている「まどんなSONGS」のジングルの曲なんです。

madonna190606-1.jpg

ジングルを作ってくれたNHK松山の音のプロ!佐竹さんも一緒に写真を撮りました♪

街中を歩いていると色んな曲が聞こえてくる・・・というイメージで、新たな曲との出会いをテーマに作ったジングルなんだそうです。
また次回じっくり聞いてみて下さいね。

今回ご紹介した曲はこちらです。まさに七色の選曲でした!

(1)「cool drive makers」 「♪COOL TRAIN」
(2)「Superfly」 「♪Roll Over The Rainbow」
(3)「つるの剛士」 「♪にじ」
(4)「エレファントカシマシ 」 「♪RAINBOW」
(5)「ROOTS66 Party;with 松野家6兄弟」
 「♪レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」
(6)「OKAMOTO’S」 「♪虹」
(7)「松倉佐織」 「♪Rainbow」

投稿時間:2019年06月11日 (火) 14:46 | 固定リンク


6月5日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、美容師の水野年朗さんを迎えてお送りしました。

madonna190605-1.jpg

やのさんが持ってきて下さった大洲のスイカ、とっても甘くて本当に美味しかったです!
スイカのシャーベットのレシピはこちらからご覧ください♪

すいかと甘酒のシャリシャリシャーベット

madonna190605-2.jpg

水野さんには、雨の季節に気になる髪のお手入れについて教えて頂きました。
ブラッシングを丁寧にすること、髪を乾かす前に使うトリートメントをコーティング力のある物を使うことなど、すぐに実践できる対策も色々ありましたね~。

この時期にぴったりのヘアアレンジも紹介して頂きました!
手順はこちらのブログをご覧ください。

梅雨の時期もきれいな髪で過ごしたいですね。

投稿時間:2019年06月11日 (火) 14:44 | 固定リンク


6月4日(火)放送後


鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんとお送りする「鉄道見聞録」のコーナー。

madonna190604-1.jpg

今回のテーマは「映画と鉄道」でした。

テレビドラマも含めて、映像作品に登場する鉄道の見どころを教えて頂きました。
どつぼさんが持っているのは国鉄時代の時刻表!作品に登場した車両を探すのに役立つそうです。

今回ご紹介した作品はこちら。
・映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」
・映画「トラック野郎・天下御免」
・テレビドラマ「HERO」特別編
・テレビドラマ「東京ラブストーリー」

今では走っていない車両が登場したり、駅の風景が変わっていたり、見どころいっぱいでしたね!
「トラック野郎」に登場する車両と同型の車両と、「HERO」で撮影に使われた車両は、西条市の四国鉄道文化館で見られるそうです。

madonna190604-2.jpg

後半は、パーソナルトレーナーの國廣里さんに「二の腕を引き締めるエクササイズ」を教えて頂きました。
ハンガーを使って簡単に出来るエクササイズでした!
みなさんもラジオを聞きながら挑戦してみて下さいね。次回もお楽しみに~。

投稿時間:2019年06月06日 (木) 13:19 | 固定リンク


すいかと甘酒のシャリシャリシャーベット


6月5日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【すいかと甘酒のシャリシャリシャーベット】
《材料》 
すいか:600g
甘酒 :100g

《作り方》
(1) 種をとったすいかと甘酒をミキサーに入れ液体状にする。
(2) 密閉容器に入れ冷凍庫で冷やしたら1時間ごとに混ぜる。3回繰り返すとふわふわのシャーベットになります。
*のどが乾いたらお勧めの夏バテ防止のシャーベット。
*水筒に入れておくと程よく溶けて、おいしいジュースにもなりますよ。

投稿時間:2019年06月05日 (水) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲