ラジオまどんなブログ

11月6日(水)放送後


前半は、フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_191106_1.jpg

今回はとても簡単な「カブの浅漬け」のレシピをご紹介しました!

やのさんが取材に行ったカブ畑の写真を見せてくれました。

madonna_191106_2.jpg

madonna_191106_3.jpg

葉っぱが生き生きしていて、見るからにおいしそう!

カブの葉は緑黄色野菜で栄養たっぷりなんだそうです。ぜひ葉まで使って料理してみて下さいね。「カブの浅漬け」のレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

 

後半は「まどんな女子会」のコーナー。

今回の担当は「ひめポン!」の高橋京香キャスターでした。スイーツ作りのプロを目指す専門学生たちの奮闘の様子を伝えてもらいました。

madonna_191106_4.jpg

生徒の皆さんによる販売実習が11月22日(金)に松山市で開催されます。

詳しくは、愛媛調理製菓専門学校までお問合せください。

投稿時間:2019年11月14日 (木) 15:00 | 固定リンク


11月5日(火)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さん、写真整理アドバイザーの三好祥子さんとお送りしました。

最も良かった俳句の発表は掛川アナウンサーでした。

madonna_191105.jpg

今回の「ラジオ句会」は、秋の季語「夜長」がテーマ。
みなさんの様々な夜長の過ごし方が詠まれていましたね。想像を膨らませながら楽しませて頂きました! 

 

それでは今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

 

■特選句

点訳に疲れ夜長の紅茶飲む        道後ミスター菊池(愛媛県松山市)

パンケーキ崩す夜長の木のスプーン   あおい月影(山梨県上野原市)

星を見る象のまつ毛の夜長かな     みやこわすれ(愛知県名古屋市)

寂しさに喰ふや女の夜長し       みなと(北海道留萌市)

長き夜の塗り絵のミュシャの金の髪   樫の木(大分県由布市)

 

■最も良かった一句

アイロンは小舟夜長をすべりゆく    しーちゃん(埼玉県さいたま市)

 

リスナーの皆様、今回もたくさんの投稿ありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は12月2日(月)の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「手袋(てぶくろ)」。投稿お待ちしています!

>>俳句の投稿はこちらから

投稿時間:2019年11月07日 (木) 15:25 | 固定リンク


11月5日(火)「夜長」の俳句


■11月5日(火)テーマ「夜長」で紹介した俳句

>>特選句はこちら

 

長き夜象の親子のごとく寝る      竹内桂翠(広島県福山市)

長き夜やスポーツバーに響く歌    日午(東京都)

ホルマリンの匂ひの白衣夜ぞ長き   砂山恵子(愛媛県西条市)

コンビニのレジ鍵盤にして夜長     かえるくん(フランス)

長き夜をバスタブという深海に    はむ

夜長し二千ピースの深海魚      川越のしょび(埼玉県川越市)

朝ドラの一週分の夜長かな      純音(大分県)

王朝の恋の見取図描く夜長      のんしゃらん(東京都青梅市)

長き夜のホームシアター二本立て   国代鶏侍(兵庫県川西市)

夜の長さ雨が交響曲になる      糸篠エリー(神奈川県藤沢市)

夜長こそ地球人みな読書びと     升屋(愛媛県松山市)

十六の怒り受信す長き夜       アレックス(東京都)

出張の口紅落とす夜長かな      しんや(東京都国分寺市)

ひそひそと笑ふ夜長や夜行バス    伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)

思ひきや上総の國の長き夜      城(愛媛県宇和島市)

小説を手にワープする夜長かな    あや太郎(愛媛県)

ぬか床に祖母の味継ぐ夜長かな    灯り(愛媛県八幡浜市)

おばあさんパン屋を止めし夜長かな  ハードエッジ(東京都調布市)

赤子抱くやうにセロ弾く夜長かな   椋本望生(大阪府堺市)

短編を語る夜長のラジオかな     伊藤順女(千葉県船橋市)

宿坊の雑魚寝の夜長星の声      じゃすみん(新潟県新発田市)

追伸が蛇足へ夜の長さあり      大場 佳代(愛媛県西予市宇和町)

長き夜や壁の向かふの独り言     ゆすらご(伊予郡松前町)

家犬の小さき寝息の夜長かな     松山のとまと(愛媛県松山市)

子ども寝かせ不倫ドラマを見る夜長  すーちゃん(東京都町田市)

継ぎ当ての待針十色長き夜      幾山路

夜長より墨絵の龍の放たれり     平林檸檬(山口県宇部市)

長き夜や捨つる書物を選びをり    子猫(岐阜県)

今日も今日とて君を待つ夜長かな   八星(三重県)

血のごとく紅茶滲むる夜長かな    村上瑠璃甫(大阪府羽曳野市)

投稿時間:2019年11月07日 (木) 15:20 | 固定リンク


かぶの浅漬け


11月6日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【かぶの浅漬け】
《材料》
かぶ    :3コ(正味450g)
塩     :小さじ1
だししょうゆ:小さじ1

《作り方》
(1)ジッパー付きの保存袋を用意して口を大きく開けておく。

(2)かぶを洗い葉は1センチくらいの小口切り。
   根は半分に切ってから(新鮮なかぶは皮のまま)5ミリ程度に切る。

(3)かぶの葉と根、塩とだししょうゆを
   ジッパー付きの保存袋に入れてよくもむ。
   しっかり空気を抜いて1時間冷蔵庫で寝かせて完成。

※1週間は保存できるが、2日目からとろりとした食感になってよりおいしくなる。

投稿時間:2019年11月06日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月31日(木)放送後


愛媛県立とべ動物園、園長の前田洋一さん、西条市立東予郷土館、学芸員の藤田宜伸さんを迎えてお送りしました。

madonna_191031-1.jpg

今年4月に園長に就任した前田さん。

飼育員のご出身で、動物愛あふれるお話をたくさん聞かせて下さいました。

madonna_191031-2.jpg

こちらは、とべ動物園で「園長代理」と呼ばれているというカエル君!

スタジオでも動じない頼もしさのある園長代理です。笑

そして、西条市立東予郷土館の藤田さんには「カブトガニ」について教えて頂きました。

madonna_191031-3.jpg

こちらは生まれたばかりのカブトガニの赤ちゃん。

ここから脱皮を繰り返し、大人になるまで12、3年もかかるんだそうです。

ひとりひとりが環境に配慮して、カブトガニが住めるきれいな海を守っていきたいですね。

 

 

投稿時間:2019年11月06日 (水) 16:24 | 固定リンク


10月30日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、松山大学放送研究会の藤澤枝里さんとお送りしました。

madonna_191030-1.jpg

今回はさつまいもと栗を使ったスイーツのレシピをやのさんに教えて頂きました!
お好みでお砂糖の量を調節して作ってみて下さいね。

「芋栗ようかん」のレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

「若者調査隊」のコーナーは「就活」がテーマでした。
無事に就活を終えた藤澤さんへ、「社会人になってもやりたいことは出来る!」というやのさんからのエールが素敵でした♪

投稿時間:2019年11月06日 (水) 16:23 | 固定リンク


10月29日(火)放送後


深澤健太アナウンサーとお送りしている「健太のサッカー天国」のコーナー。

madonna_191029-1.jpg

今回はスタジオにFC今治のFW有間潤選手とGK岡田慎司選手にお越し頂きました!

今シーズンも残り5試合。Jリーグ昇格に向けて大事な戦いが続く中、駆け付けて下さったお二人に感謝です。
リスナーの皆さんからもたくさんの応援メッセージが届いていましたね。

次の試合はホームゲーム、11月3日(日)午後1時キックオフです。

ぜひ試合前のアップから気合の入った選手たちの姿をご覧ください!
もちろん色んなスタジアムグルメを楽しむのもおすすめですよ♪

madonna_191029-2.jpg

そして、久万高原町観光協会の笠居由実さんに、これから楽しめる久万高原町の紅葉情報を教えて頂きました。

石鎚山は中腹がちょうど見頃ということで、スカイラインをドライブしながら楽しむのが笠居さんのおすすめだそうです。

また、面河渓には遊歩道もあって散策しながら紅葉を楽しむのもおすすめだということですよ。
面河渓の紅葉写真のコンテストも開催されるそうです。

笠居さんのお話を聞いていると久万高原町にお出かけしたくなりました!
自然に囲まれて日頃の疲れをリフレッシュできそうです。

 

 

投稿時間:2019年10月31日 (木) 15:14 | 固定リンク


10月28日(月)放送後


前半は、松山市のデザイナー、山田敬宏さんのインタビューをお送りしました。

madonna_191028-1.jpg

山田さんは、ことし8月に世界的なデザイン賞の銅賞を受賞しました。

受賞したのは、山田さんがデザインを手掛けた視覚障害者用の歩行誘導マットで、スタジオに実物を持ってきて頂きました。
ゴム製で表面には細かい模様が施されていて、視覚障害者の方が白杖で叩いた時の感触の違いや、床と色のコントラストをつけることで認識しやすくするなど工夫されています。
さらに、車いすやベビーカー、高齢の方の通行の妨げにならないよう薄さにもこだわっているということ。
色んな人への思いやりが詰まったデザインに驚かされました。

来年には東京パラリンピックがありますがパラリンピックをきっかけに、社会全体でこうしたバリアフリーの取り組みが進んでいくといいですね。

madonna_191028-2.jpg

後半は、愛媛国際映画祭プロデューサーの泉谷昇さんを迎えてお送りしました。
この冬、愛媛で初めて開催される国際映画祭。その最新情報を泉谷さんに教えて頂きました。

才能のある新たなクリエーターを発掘する場にもしたいということで、映像作品の絵コンテを現在募集中なんだそうです。
選ばれた作品は、映像化して愛媛国際映画祭で上映されます。
どんな映画祭になるのかますます楽しみになりました!

投稿時間:2019年10月31日 (木) 15:14 | 固定リンク


芋くりようかん


10月30日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【芋くりようかん】 
7cm×20cm×高さ5cm程度の容器を型として使用

《材料》 
さつまいも:200g
くり:200g(可食部100g)
粉寒天:小さじ1/2
きび砂糖:70g
塩:少々
水:150ml

《作り方》
(1)くりは皮ごと柔らかくなるまで20分程度ゆでる。
   半分に切って中身をスプーンで取り出しておく。
   大きめのくりは飾り用にとっておく。

(2)さつまいもは2cmの厚さに輪切りにし、皮を厚めにむいて水にさらす。
   鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え20分程度ゆでる。
   柔らかくなったらざるに上げて水けをきり、
   マッシャーでつぶし温かいうちにきび砂糖と塩を混ぜる。

(3)鍋に粉寒天と水を入れて混ぜ、少し置いて中火で加熱する。
   沸騰したら弱火で1分間煮溶かす。
   (1)と(2)を加えてよく混ぜ、底からはがすように混ぜながら
   2~3分間煮詰める。
   ラップを敷いた型に入れ、表面を平らにしてくりを埋め、
   そのまま常温で固める。

投稿時間:2019年10月30日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月24日(木)放送後


前半は、まどんなSONGSのコーナー。

madonna_191024-1.jpg

松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんとお送りしました。

芸術の秋!ということで、クラシック音楽の作曲家の名前が題名に入っている様々な曲を門屋さんが紹介してくれました。皆さんはどの曲がお好きでしたか?
今回ご紹介した曲はこちらです。
秋の夜長、素敵な音楽とともにお過ごし下さい♪

(1)「PELICAN FANCLUB」「♪ベートーヴェンのホワイトノイズ」
(2)「小林麻美」「♪雨音はショパンの調べ」
(3)「ファルコ」「♪ロック・ミー・アマデウス」
(4)「ナスカ」「♪ベートーベン」
(5)「サカナクション」「♪バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」

後半は、読書の秋!

madonna_191024-2.jpg

本の話題を紹介する「ほんバナ」のコーナーをお送りしました。
今回のゲストは、愛媛県立図書館の岡本かおりさんと小笠原梢さんでした。

10月27日~11月9日は秋の読書週間です。
読書週間に合わせて愛媛県立図書館で開催されている、松山出身の俳人、栗田樗堂(くりた・ちょどう)に関する展示や、愛媛県美術館で開催中の「長くつ下のピッピの世界展~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」にちなんだ展示について紹介して頂きました。
スマートフォンを置いて、じっくり本を読む時間も大切にしたいですね。

投稿時間:2019年10月29日 (火) 15:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲