ラジオまどんなブログ: 2020年6月 9日

6月8日(月)「さくらんぼ」の俳句


■放送で紹介した俳句

>>特選句はこちら

さくらんぼ開ける前からはしゃぐ声     みみこ(愛媛県松山市)

さくらんぼ昔買い来て驚かす        加茂 亘(京都府京都市)

一粒に一粒の種さくらんぼ         りぼん(愛媛県松山市)

カクテルの底にちんまりさくらんぼ     升屋(愛媛県松山市)

アリバイは茎の数ですさくらんぼ      椋本望生(大阪府)

桜桃や王妃の唇の薄し           はむ

頬赤き親父と食べたさくらんぼ       hiroto★oka

分散登校弁当にさくらんぼ         のりのみや(愛媛県八幡浜市)

さくらんぼマスクの内でプツと噛む     口木呆(神奈川県藤沢市)

木漏れ日を掬う少年さくらんぼ       みやこわすれ(愛知県名古屋市)

さくらんぼ笑顔で嫌と答へけり       南方日午(東京都)

母のつまむ軸の取れたるさくらんぼ     樫の木(大分県由布市)

振られても振られなくてもチェリーパイ   松田夜市(愛媛県松前町)

馳せ食らふ幕間のダークチェリーパイ    幾山路

アメリカンチェリー翌日のキスマーク    すーちゃん(東京都町田市)

弟と違ふ思ひ出さくらんぼ         砂山恵子(愛媛県西条市)

週末に入籍しますさくらんぼ        ゆすらご(愛媛県松前町)

亡夫いた日同じ味してさくらんぼ      あ~ちゃん(愛媛県松山市)

さくらんぼドレミファそらを飛行船     藤田ゆきまち(三重県伊勢市)

アットマークさくらんぼ休講の午後     伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)

百点の答案用紙さくらんぼ         国代鶏侍(兵庫県川西市)

トウシューズのやはきたわみやさくらんぼ  村上瑠璃甫(大阪府羽曳野市)

さくらんぼ児に渡さるる大男        すいざん(東京都)

投稿時間:2020年06月09日 (火) 10:05 | 固定リンク


6月8日(月)放送後


松山市の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。
今回は「さくらんぼ」をテーマにお送りしました。

実家の庭にさくらんぼによく似た実がなるユスラウメの木があり、毎年、ヒヨドリと争いながら収穫していたのを思い出します。
キラキラと光る小さくて可愛いさくらんぼは、ちょっと特別な果物ですよね! 

それでは、今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。
(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

 

■特選句

さくらんぼ小鳥の心臓のふるえ      しーちゃん(埼玉県さいたま市)
月山は祈りの山よさくらんぼ       彩楓(埼玉県入間市)
さくらんぼ真綿のやうな雲の群      じゃすみん(新潟県新発田市)
さくらんぼみたいな朝日さようなら    リリー・マルレーン(東京都) 

■最も良かった一句

寝そべって在宅勤務さくらんぼ      くわしまかんじ(千葉県千葉市)

 

皆様、たくさんの投稿ありがとうございました。今回も楽しいラジオ句会でした!
次回の放送は7月2日(木)の予定です。皆さんから募集する俳句のテーマは「夕焼」。
次回も投稿お待ちしています!

※特選のうち、類句と分かった1句については、掲載を取り下げています。

 

投稿時間:2020年06月09日 (火) 10:05 | 固定リンク


ページの一番上へ▲