ラジオまどんなブログ: 2020年2月

2月26日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました!

madonna_200226-1.jpg

今回のやのさんのお話は、この時期ならではのアスパラガスの「春芽(はるめ)」についてでした。
「春芽」がどうしておいしいのか、やのさんの説明がとても分かりやすかったですね。
この時期はまだ気温が低く、ゆっくり時間をかけて育つので太くて甘みのあるアスパラガスになるんですね~。

やのさんが教えてくれたレシピは「アスパラガスのちくわ詰め肉巻き」です。
アスパラガスとちくわの食感がよく、お弁当のおかずにもお酒のおつまみにもぴったりの一品でした。

レシピはこちらからご覧下さい。

>>レシピはこちら

投稿時間:2020年02月27日 (木) 15:47 | 固定リンク


2月25日(火)放送後


西予市野村町の魅力を発信する情報誌「ノムライク」を作った編集長の山口聡子さん、写真整理アドバイザーの三好祥子さんとお送りしました。

madonna_200225-1.jpg

こちらが、山口さんたちが作った情報誌「ノムライク」です。
表紙の写真は、野村町のみんなでひとつの家族という「野村家」をイメージしたものだそうです。
みなさんとてもいい表情ですね!

山口さんも所属している野村町の復興と地域活性化に取り組むNPO法人「シルミルのむら」への寄付のお礼として贈られるほか、野村町の公共施設などに寄贈されるということです。
ぜひ手に取ってご覧になってみて下さいね。
野村町への愛があふれる素敵な雑誌です♪

そして三好さんには、卒業シーズンということで写真の贈り物のアイデアを教えて頂きました。

色んな形をしたかわいい色紙や、メッセージを書いてそのまま色紙などに貼れるシールなど、100円ショップでも様々なアイテムが手に入るそうです。
また、写真のサイズの紙に自由にメッセージを書いてもらい、思い出の写真とともにアルバムにまとめて贈る方法もおすすめだということです。
ぜひ参考になさって下さいね!

投稿時間:2020年02月27日 (木) 15:46 | 固定リンク


アスパラガスのちくわ詰め肉巻き


2月26日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【アスパラガスのちくわ詰め肉巻き】

《材料》(2人分)

アスパラガス:3本

ちくわ:6本

豚肉(薄切り):6枚

オリーブ油:大さじ1

A(しょうゆ:大さじ1 酒:大さじ1 みりん:大さじ1)

 

《作り方》

(1)アスパラガスを半分に切りフライパンで転がしながら焼く。

   粗熱をとる。

(2)ちくわにアスパラガスを詰めて、肉を巻く。

(3)フライパンにオリーブ油を入れ、(2)を加えて転がしながら焼く。

   Aを加え味付けする。

 

お弁当のおかずやお酒のおつまみにもいい。

ちくわと歯ごたえのあるアスパラの食感で新感覚の食べ物に変身!

 

投稿時間:2020年02月26日 (水) 17:55 | 固定リンク


2月20日(木)放送後


NPO法人「柑橘ソムリエ愛媛」理事長の二宮新治さん、深澤健太アナウンサーとお送りしました。

madonna_200220-1.jpg

スタジオには二宮さんが色んな種類の柑橘を持ってきてくれました。
色とりどりで綺麗ですね~!

madonna_200220-2.jpg

いよいよこの春スタートする「柑橘ソムリエライセンス制度」。
第1回の試験に向けての講座は、予想を上回る速さで定員がいっぱいになったそうです!
関心の高さがうかがえますね。
ライセンス制度の目的は、「柑橘を楽しむプロフェッショナル」を愛媛から育てること。
柑橘を楽しむ文化が広がっていくと嬉しいですね。

そして、「健太のサッカー天国」のコーナーでは、現役を引退し、今後は愛媛FCのアカデミーで中学生の指導にあたることになっている河原和寿さんのインタビューをお送りしました。

プレーでも精神面でも愛媛FCを引っ張ってきた河原さん。
これから指導者としてどんな選手たちを育てていくのか本当に楽しみです!
今後の河原さんの活躍にもぜひご注目くださいね。

投稿時間:2020年02月25日 (火) 15:54 | 固定リンク


2月19日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛県立とべ動物園の田村千明さんとお送りしました。

madonna_200219-1.jpg

今回のやのさんのレシピは「ふきみそ」です。
お肉や魚に塗ったり、おにぎりの具や野菜につけるディップにしたり、色んな食べ方が出来るそうです。
ご飯が進むおいしさでした~!

>>レシピはこちら

田村さんには、とべ動物園のネコ科の動物たちについて紹介して頂きました。
同じ動物でも性格は様々。
動物たちの個性にも注目しながら動物園を楽しむのもいいですね。
田村さんが鳴き声のものまねをしてくれた、ホワイトタイガーのそそのさんにもぜひ会いに行ってみて下さい♪

投稿時間:2020年02月25日 (火) 15:52 | 固定リンク


2月18日(火)放送後


鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんと、「ひめポン!」の高橋京香キャスターとお送りしました。

madonna_200218.jpg

どつぼさんとお送りしている「鉄道見聞録」のコーナー。

今回のテーマは「貨物列車」でした。

3月のダイヤ改正にともないJR貨物松山駅が移転します。

そこで、松山駅で見られる貨物列車の魅力をどつぼさんに詳しく教えて頂きました。

 

貨車を引っ張る電気機関車の中には、かつて寝台列車「ブルートレイン」を引っ張っていたものもあるそうで、ファンも多い人気の車両なんだとか。

客車を引くいわば花形の仕事から引退し、今は荷物を載せる貨車を引っ張る電気機関車。車両にまつわるストーリーを聞くと愛着がわいてきますね。

 

次回の「鉄道見聞録」は3月3日(火)放送予定です。次回もお楽しみに!

投稿時間:2020年02月25日 (火) 12:20 | 固定リンク


ふきみそ


2月19日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ふきみそ】

《材料》
ふきのとう:7コ程度

みそ:大さじ3

みりん:大さじ3

きび砂糖:大さじ2

ごま油:小さじ2

《作り方》
(1)ふきのとうのアクを抜く。

  ・香りや苦味を楽しみたい場合は、
   ふきのとうを半分に切り、水にさらしてアクを抜く。

  ・香りや苦味を抑えたい場合は、
   ふきのとうをさっとゆでてから、水にさらしてアクを抜く。

(2)水気を切り細かく刻み、フライパンに油を加え
   中火で水分を飛ばすように炒める。

(3)みそ・砂糖・みりんを入れ、中火~弱火で
   練り混ぜながら煮詰める。

※ご飯のお供や野菜のディップにもいい。
 肉や魚に塗ったり、じゃこと合わせて使ってもおいしい。
 おにぎりの具にもピッタリ。

投稿時間:2020年02月19日 (水) 17:55 | 固定リンク


2月13日(木)放送後


松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんを迎えて「まどんなSONGS」のコーナーをお送りしました。

madonna_200213-1.jpg

2月13日は「世界ラジオデー」ということで、今回はラジオにちなんだ曲を門屋さんに紹介していただきました。

 

こちらは門屋さんが高校時代にラジオを聞きながら、放送の内容を書いていたというノート。その日に流れた曲名や、パーソナリティーの話で印象に残ったことなど、びっしり書き込まれていました!門屋さんの音楽愛&ラジオ愛を感じる放送でしたね。

madonna_200213-2.jpg

放送で紹介した曲はこちらです。

(1)ホット・バター「♪ポップコーン」

(2)スピッツ「♪ラジオデイズ」

(3)バグルス「♪ラジオ・スターの悲劇」

(4)METAFIVE「♪Radio Junk」

(5)アースシェイカー「♪RADIO MAGIC ~ラジオ・マジック~」

(6)QUEEN「♪RADIO GA GA」

(7)RCサクセション「♪トランジスタ・ラジオ」

(8)忌野清志郎「♪Oh! RADIO」

投稿時間:2020年02月18日 (火) 15:45 | 固定リンク


2月12日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_200212-1.jpg

今日の食材は、真っ赤な野菜、ビーツです。

madonna_200212-2.jpg

ビーツは愛媛でも生産されていて産直市などでも販売されているそうです。
栄養も豊富ということですので、ぜひ探して食べてみて下さいね。

madonna_200212-3.jpg

こちらがご紹介した「ビーツのマカロニサラダ」。
ビーツを食べたことがない方もいると思いますが、甘くてとても美味しかったですよ♪
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2020年02月14日 (金) 16:58 | 固定リンク


2月10日(月)放送後


前半は、尺八職人で尺八演奏者でもある大萩康喜さんとお送りしました。

madonna_200210-1.jpg

大萩さんは2回目のご出演です♪

今回は私も尺八の演奏を体験させていただきました!
私には音を出すのも難しかったのですが、大萩さんに様々な曲を生演奏していただき、繊細な音だったり力強い音だったり、様々な表現が出来る尺八の魅力を改めて実感しました。

大萩さんが出演するコンサート「新鋭競演」が、2月29日(土)に伊予市で開催されます。
大萩さんが演奏する尺八のほか、琴や日本舞踊など、伝統芸能の魅力を満喫できるコンサートです。
ぜひ訪れてみて下さい。

後半は、松山市考古館の梅木謙一さんとお送りしました。

madonna_200210-2.jpg
今回のお話のテーマは「中世のくらし」ということで、高校生たちが授業の一環で制作したという中世の人々の衣装を梅木さんが持ってきてくれました。
とても本格的な衣装で驚きました!

3月15日(日)まで松山市考古館で行われている特別展「中世・日々の暮らし~福山・草戸千軒町遺跡と松山・宮前川流域の遺跡~」では、この衣装を着ることも出来るそうです。
皆さんも考古館を訪れて体験してみてはいかがでしょうか?

投稿時間:2020年02月14日 (金) 16:58 | 固定リンク


ビーツのマカロニサラダ


2月12日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ビーツのマカロニサラダ】

madonna_200212-3.jpg

《材料》(2人分)

ビーツ:100g

マカロニ:50g

コーン:大さじ3

A(マヨネーズ:大さじ1

  はちみつ:小さじ1)

黒こしょう:少々

 

《作り方》

(1)ビーツは洗って根と葉を落とし、皮をむかずに泥をきれいに落とす。

   たっぷりの湯を沸かし、お酢大さじ1と塩少々を入れ、

   ビーツを入れて30分~1時間ゆでる。

   少し硬めにゆで(竹串が通るくらい)冷めるまで湯の中に置く。

(2)マカロニも表示時間ゆでておく。

(3)ビーツの皮をむき千切りにする。

(4)ボウルにビーツとコーンとマカロニを加え

   Aを混ぜて黒こしょうをふる。

投稿時間:2020年02月12日 (水) 17:55 | 固定リンク


2月6日(木)放送後


前半は、松山市出身、アメリカ・カリフォルニア州在住のハーピスト古佐小基史さんとお送りしている「コサコラム」のコーナーをお送りしました。

madonna_200206-1.jpg

今回は、「人生を変えた音楽」というテーマで古佐小さんにお話して頂きました。
古佐小さんの人生を変えたバンド「オレゴン」。
高い演奏技術と美しいメロディに感動し、音楽の方向性の影響を受けただけでなく、その後、メンバーと共演を果たすという、古佐小さんの行動力にびっくりでした!

madonna_200206-2.jpg

後半は、「まどんな女子会」のコーナー。
「ひめポン!」の丹友美リポーターとお送りしました!

もうすぐバレンタインデーということで、愛媛の個性派チョコレートを紹介してもらいました。

madonna_200206-3.jpg

こちらは、生のカカオ豆から作ったこだわりのチョコレート。
カカオ豆の産地によって、酸味や香りが全く違うのに驚きました!
食べ比べも楽しいですね。

madonna_200206-4.jpg

こちらは自家製チョコレートとカカオ酵母で作ったパンです。
カカオの風味豊かでとってもおいしい~!

今年のバレンタインデー、愛媛の個性派チョコレートを味わってみてはいかがでしょうか?

投稿時間:2020年02月07日 (金) 16:01 | 固定リンク


2月5日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛中央花き商業協同組合、理事の藤川佳美さんとお送りしました。

madonna_200205-1.jpg

やのさんの今回の食材は、愛媛で開発された柑橘「甘平」です。
甘平を使ったサラダのレシピを教えて頂きました。
バルサミコ酢とハチミツを加えた味付けに、トッピングのくるみがアクセントになっていてとてもおいしいサラダでした!
愛媛ならではの贅沢な食べ方かもしれませんね。
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

そして藤川さんには、今月15日(土)、16日(日)に開催されるお花の魅力を満喫できるイベントを紹介して頂きました。

madonna_200205-2.jpg

愛媛フラワーデザインコンテスト「坊ちゃんカップ」という、ことしで17回目となるイベントです。
フラワーアレンジのコンテストの他、フラワーアレンジの教室、花束の抽選会など、様々な催しが行われます。
去年、私も会場に行ってきましたが、芸術的なフラワーアレンジの作品がたくさん展示されていてとても見応えがありました!
ぜひ訪れてみて下さいね。

投稿時間:2020年02月07日 (金) 16:01 | 固定リンク


2月4日(火)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さん、皮膚科専門医の宮脇さおりさんをゲストに迎えてお送りしました。

madonna_200204.jpg

今度の日曜日はいよいよ愛媛マラソンですね!

そこで宇佐さんに大事な日に向けた食事について詳しく教えて頂きました。

エネルギー源の糖質と、コンディションを整えるビタミンB1がとれる「卵とじ力うどん」のレシピをご紹介しました。あっさりとしていて食べやすく体も温まる一品でした!

レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

 

宮脇さんには、乾燥が気になる季節ということで、お肌のケアのポイントを教えて頂きました。宮脇さんのお肌はとっても透明感があってきれいなんです!

 

健康なお肌を保つためには、「洗顔」「保湿」「紫外線対策」が大事なんだそうです。

この時期の乾燥対策として、部屋の湿度を50~60%に保つことや、入浴後できるだけ早く保湿することなど(できれば3分以内に!)、皆さんもぜひ参考になさって下さいね。

 

投稿時間:2020年02月07日 (金) 10:30 | 固定リンク


甘平とミニトマトのサラダ


2月5日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【甘平とミニトマトのサラダ】

《材料》(4人分)

甘平:1コ

ミニトマト:8コ

くるみ:30g

モッツアレラチーズ:40g

バルサミコ酢:大さじ1

藻塩:少々

はちみつ:小さじ1

オリーブ油:小さじ1

 

《作り方》

(1)甘平は皮をむき角切りにする。ミニトマトは半分に切る。

(2)ローストして刻んだくるみと甘平、

   ミニトマト・モッツアレラチーズ・バルサミコ酢・藻塩・

   はちみつ・オリーブ油を加えて混ぜる。

※バルサミコ酢の代わりにリンゴ酢などを使ってもOK!

投稿時間:2020年02月05日 (水) 17:55 | 固定リンク


2月3日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんと、伊予市のイタリア料理店店主、宮川圭輔さんを迎えてお送りしました。

madonna_200203-1.jpg

この日は「節分」ということで、スタジオのどーもくんも節分スタイルに!

madonna_200203-2.jpg

神野さんの「ラジオ句会」も「節分」をテーマにお送りしました。

宮川さんには、食卓に欠かせない野菜のひとつ、にんじんの様々な料理法を教えて頂きました。
お肉と一緒にオーブンでじっくり焼いて主役の一品にしたり、サラダやスープ、ケーキに入れたり、色んな食べ方がありましたね。
愛媛の特産品、柑橘との相性も良いということで、そのままいっしょにサラダにしても、柑橘ジュースでにんじんとお肉の煮込み料理にしても美味しいそうです。
ぜひ試してみて下さい♪

それでは今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。
(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

■特選句

鬼は外福は内わたしはどこへ     しーちゃん(埼玉県さいたま市)

節分の豆銭湯の脱衣所に       伊藤順女(千葉県船橋市)

節分やマークシートの消しにくき   南方 日午(東京都)

なんにでも頭突きする節分の山羊   抹茶金魚

節分の空よりぱらり天気雨      国代鶏侍(兵庫県川西市)

■最も良かった一句

鬼やらい辻に涙のごとく星       大場 佳代(愛媛県西予市宇和町)

今回もたくさんの投稿を頂きありがとうございました。
次回の「ラジオ句会」は、3月2日(月)放送の予定です。
皆さんから募集する俳句のテーマは「たんぽぽ」です。
投稿お待ちしています!

投稿時間:2020年02月05日 (水) 15:52 | 固定リンク


2月3日(月)「節分」の俳句


■2月3日(月)テーマ「節分」で紹介した俳句

>>特選句はこちら

辻の豆見て節分を思い出す      けんちく(愛媛県松山市)

節分の友似の雲に独り言       ポンタ(愛媛県砥部町)

天地へ声響みしや節分会        川越のしょび(埼玉県川越市)

節分や豆飛ぶ一秒の長さ       りぼん

教室の豆まき鬼は先生か       ようこ先生(神奈川県横浜市)

豆まきや優しき鬼の金の爪      みやこわすれ(愛知県名古屋市)

石蔵に鬼潜みたる節分会       みなと(北海道留萌市)

節分や優しい青鬼いま何処      ケーキ三乗(愛媛県松山市)

節分や鬼逃げ回る碧き星       野中泰風

新型のコロナウイルス鬼は外     葦たかし(兵庫県神戸市)

節分やローファーに豆ぱらぱらと   おうぎょ(茨城県かすみがうら市)

五階よりまきたる豆の行方かな    ミスターキクチ(愛媛県松山市)

明くる日のおもちゃ箱より年の豆   彩楓(埼玉県入間市)

節分豆鼻にいれたとコールあり    砂山恵子(愛媛県西条市)

節分の海面にゆれしあさひかな    やまだのかかし

節分にウルルで過ごす子を想う    モーリーさん(愛媛県今治市)

節分や真夜の厠の灯のまろし     じゃすみん(新潟県新発田市)

辻褄の合わぬ夢見や厄払い      糸篠エリー(神奈川県藤沢市)

松明の軌跡荒ぶる追儺かな      はむ

四つ角の候補地三つ豆撒けり     城(愛媛県宇和島市)

節分草光輝の花を咲き初めし     さとる(愛媛県西予市宇和町)

子の描く人の良さげな鬼の面     ゆすらご(愛媛県松前町)

節分や仕事の鬼の退職日       ひでやん

鬼を脱ぎホットコーヒー福豆と    幾山路

節分の吾子に訊かるる齢かな      椋本望生(大阪府堺市)

節分の魚焼き器の掃除かな      菊池洋勝(栃木県宇都宮市)

節分の豆を配つてゐる喫茶      三島ちとせ(北海道当麻町)

節分のひかり流るゝ信濃川      がうな(新潟県新潟市)

節分や鬼の漫画にみな夢中      ナラカリ(愛媛県松山市)

投稿時間:2020年02月05日 (水) 15:51 | 固定リンク


卵とじ力うどん


2月4日(火)放送
ゲスト:松山市の管理栄養士 宇佐亮子さん

【卵とじ力うどん】

madonna_recipe_200204.jpg

≪材料≫
ゆでうどん            1玉
豚肉(もも肉など脂の少ないもの) 50g
卵                1個
たまねぎ             1/4個
人参               1/8本
しょうが             適量
ねぎ               適量
切り餅              1個
(うどんあん)
顆粒(かりゅう)チキンスープの素(中国風) 400ml
酒           大さじ1
みりん         小さじ1
うす口しょうゆ     小さじ1/2
かたくり粉       適量

≪作り方≫
(1) 下ごしらえ。
豚肉は食べやすい大きさに、たまねぎはうす切り、人参は千切り、ねぎは小口切りにする。
(2) うどんあん作り。
鍋にうどんあんの材料と豚肉、たまねぎ、人参を加えて火にかける。
材料に火が通ったら、火を止めて水に溶いたかたくり粉を加えてとろみをつける。
再び火にかけて、沸騰したら溶き卵を加えて良くまぜる。
(3) 温めたうどんを器に盛り、作ったうどんあんをかける。
(4) 焼いた餅、ねぎ、おろししょうがを乗せて完成。

投稿時間:2020年02月05日 (水) 15:30 | 固定リンク


1月30日(木)放送後


健康運動指導士の松本陽子さんをゲストに迎えてお送りしました。

 madonna_200130-1.jpg

健康のために運動をするという意識が今のように浸透していない頃から、愛媛で運動の大切さを伝えてきた松本さん。
とっても明るくパワフルで、お話をしていると元気がもらえるような方でした!

 

松本さんが普及に取り組んできたノルディックウォークは、健康のための運動にぴったりだということです。
毎週日曜日、朝8時半から松山市の城山公園で「堀之内ウォーク」というイベントも行われています。
気になる方はぜひ参加してみて下さいね。

 

後半は「まどんな女子会」のコーナー、「ひめポン!」の髙橋京香キャスターとお送りしました。
madonna_200130-2.jpg

今回は養殖スマの研究をしている大学生について紹介してもらいました。

おいしいスマが家庭の食卓にも登場するようになる日が待ち遠しいですね。

大学生たちの活躍に期待しましょう~!

 

投稿時間:2020年02月04日 (火) 16:08 | 固定リンク


1月29日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛国際映画祭プロデューサーの泉谷昇さんをゲストに迎えてお送りしました。

 madonna_200129-1.jpg

今回のやのさんの話題は、この時期お店にたくさん並んでいる「白菜」と「いちご」について。

やのさんはお話に合わせていちごカラーのファッションでした♪

 madonna_200129-2.jpg

スタジオで5種類のいちごを試食させて頂きました!

やのさんが紹介してくれた「よつぼし」という品種のいちごが写真の1番下です。

酸味と甘味のバランスが良くおいしかったです。

 

ことしは白菜の価格が安く、農家の皆さんにとっては出荷できず廃棄することになってしまうなど大変な状況なんだそうですが、「たくさん食べて応援しましょう!」というやのさんの言葉が素敵でしたね。

「白菜の漬物」のレシピはこちらからご覧下さい。

>>レシピはこちら


投稿時間:2020年02月04日 (火) 15:58 | 固定リンク


ページの一番上へ▲