ラジオまどんなブログ: 2018年12月

12月27日(木)放送後


今日は年内最後の放送ということで「若者調査隊スペシャル」をお送りしました!

madonna_181227_01.jpg

テーマは「若者言葉」。板倉卓人アナウンサーにも若者言葉に挑戦してもらいました!板倉さんの「マジ卍」が聞ける機会はもう無いかも!?笑

出演してくれた大谷悠希さん、藤澤枝里さんをはじめ、若者調査隊として協力してくれた松山大学放送研究会の皆さん、ありがとうございました!

madonna_181227_02.jpg

そしてリスナーの皆様、ことしも番組にお付き合い頂きありがとうございました。

「ラジオまどんな」、来年もどうぞ宜しくお願い致します。良いお年をお迎え下さい♪

投稿時間:2018年12月28日 (金) 17:46 | 固定リンク


12月26日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、松山市総合コミュニティセンターの福田英利さんを迎えてお送りしました。

madonna_181226.jpg

今回のやのさんのレシピは、おせち料理の食材にも欠かせない「れんこん」を使った一品です。
手軽で常備菜にもなって、ご飯が進むおいしさです!

レシピはこちらからご覧ください。
>>レシピはこちら

「今年の一皿」に選ばれた「さば」を使った、「さば缶のアレンジレシピ」も紹介しています!

福田さんには、新年1月6日(日)の午前中に観測できる部分日食について教えて頂きました。

松山市総合コミュニティセンターでは、この日、観測会「部分日食を見よう」を開催するそうです。
時間は午前8時40分から午前11時20分まで。
予約は必要ないとのことでしたので、じっくり観測してみたい方はぜひ参加してみて下さい!

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:46 | 固定リンク


れんこんとさつまいもの焼きサラダとさば缶のとみつばの甘辛炒め煮


12月26日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【れんこんとさつまいもの焼きサラダ】

madonna_181226_01.jpg

《材料4人分》
れんこん:150g
さつまいも:200g
オリーブ油:大さじ2
片栗粉:大さじ2
ごま:大さじ1
A(しょうゆ:大さじ2 砂糖:大さじ2 酢:大さじ1)

《作り方》
(1)れんこんはピーラーで皮をむき8㎜程度に切り水にさらし水気を取る。
(2)さつまいもは皮のままよく洗って8㎜程度に切りフライパンにオリーブ油を入れて重ならないように並べて中火でふたをして焼く。焼けたら一旦取り出す。
(3)水気を拭いたれんこんと片栗粉をポリ袋に入れ薄くまぶす。
(4)フライパンにオリーブ油を入れ、れんこんを加えてふたをし、中火で両面こんがり焼く。焼けたらさつまいもを戻し入れ、中火で焦がさないようにAを絡める。
(5)皿に盛りつけゴマをふる。

さば缶のとみつばの甘辛炒め煮

madonna_181226_02.jpg

《材料2人分》
さばの水煮(缶詰):120g
みつば:30g
卵:1コ
ごま油:小さじ1
A(砂糖・みりん・しょうゆ:各大さじ1)
《作り方》
(1)フライパンにごま油を入れ中火で加熱してさばの水煮を加え粗くほぐす。
(2)卵を加えゆっくり混ぜる。
(3)みつばを加えA(砂糖・みりん・しょうゆ)を加えて混ぜる。

★ご飯のお供にお勧めです!冷蔵庫で3日くらいは保存できますよ。

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:43 | 固定リンク


12月25日(火)放送後


前半は、お経の般若心経に声を重ねて作った曲「般若心経 cho ver.(コーラスバージョン)」が中国や台湾などで大人気となっている、今治市の僧侶でミュージシャンの薬師寺寛邦さんにお話を伺いました。

madonna_181225_01.jpg

薬師寺さんのインタビューは1月28日(月)の「ひめポン!」でも放送する予定です。
ぜひご覧ください♪

madonna_181225_02.jpg

「食のカレンダー」のコーナーは、松山市の管理栄養士、宇佐亮子さんとお送りしました。
クリスマスということで、宇佐さんとトナカイになってみました!笑

今回は、腸内環境を整えるヨーグルトについて宇佐さんに教えて頂きました。
風邪予防にもいいと言われているんだそうですよ。
忙しい年末年始、体調を崩さないようにバランスの良い食事を心がけたいですね~。

ご紹介したレシピはこちらからご覧下さい!
>>レシピはこちら

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:37 | 固定リンク


ヨーグルトソースとヨーグルトホイップ


12月25日(火)放送

ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

【ヨーグルトソース】

《材料2人分》
ヨーグルト(無糖)    大さじ2
マヨネーズ        大さじ2
にんにく         1かけ
パセリ          適量          
ハーブソルト(塩でも可) 小さじ1/4
黒こしょう        少々
レモン          1/8個

《作り方》
(1)にんにくとパセリをみじん切りにする。にんにくはすりおろしてもいい。
(市販のすりおろしにんにくも可)
(2)ヨーグルト、マヨネーズ、にんにく、パセリ、ハーブソルトを加えて混ぜ、黒こしょうで味を整える。
レモン汁はお好みで加えましょう。
(3)サラダ、肉料理、魚料理にかけたり、ディップとしてつけたりしてお召し上がりください。

★レシピのポイント
自宅にある調味料や材料を使ってソースを作るだけで、ひと手間加えたお料理になります。
クリスマスのチキンやサラダに合わせてもおいしい。もちろん魚料理にも合います。

【ヨーグルトホイップ】

《材料》(作りやすい分量)
ヨーグルト(無糖)    70g
生クリーム        100ml
砂糖           大さじ1
レモン汁         小さじ1/2

《作り方》
(1)ボウルに生クリーム、砂糖、レモン汁を入れて8分立てにホイップにする。
(2)ヨーグルトを加え、ホイップする。

★レシピのポイント
ホイップクリームとヨーグルトを混ぜるだけであっさりとしたクリームになります。
甘さはお好みで調整を。ホットケーキやカップケーキに添えましょう。
すでにホイップされている生クリームで作ることができます。

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:33 | 固定リンク


12月20日(木)放送後


松山市の映画館支配人、徳丸北斗さんと、愛媛県警察本部・交通企画課の岡利彦さんを迎えてお送りしました!

madonna_181220_01.jpg

「まどんな映画館」のコーナーでは、徳丸さんにこの冬注目の3本を紹介していただきました。
「ボヘミアン・ラプソディ」を見たというリスナーさんからのお便りが多かったです!
私も見ましたが、最後のライブシーンは圧巻でしたよ~。

そして年末年始、特に気を付けたい交通安全のポイントについて岡さんに教えて頂きました。
何かと慌ただしい年末ですが、時間に余裕をもって、交通安全に気を付けて楽しく新年を迎えて下さいね。

 

 

投稿時間:2018年12月27日 (木) 15:26 | 固定リンク


12月19日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんを迎えてお送りしました。

madonna_181219_01.jpg

今回は小松菜を使ったクリスマスにぴったりのレシピを教えて頂きました!

「小松菜と冬野菜のクリスマスキッシュ」のレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

 

そして後半は、四国のNHK4局による四国応援プロジェクト「ハッとホッとずっと」から生まれた、四国を応援するテーマソング「ふるさとの色」について首藤アナウンサーとお伝えしました。

madonna_181219_02.jpg

徳島出身のシンガーソングライター、アンジェラ・アキさんが作詞作曲を手掛けた、ふるさとへの思いが詰まった素敵な曲です。NHK松山放送局のホームページからも聞くことが出来ますよ♪

 >>ふるさとの色 特設ページはこちら

投稿時間:2018年12月25日 (火) 15:40 | 固定リンク


小松菜と冬野菜のクリスマス☆キッシュ


12月19日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【小松菜と冬野菜のクリスマス☆キッシュ】

《材料4人分》
小松菜:100g
新たまねぎ:50g
安納いも:50g
エリンギ:25g
カリフラワー:50g
ミニトマト:4コ
とろけるチーズ(細切り):40g
モッツァレラチーズ:25g
冷凍パイシート:1枚
卵:2コ
牛乳:大さじ1
ハーブ塩:小さじ1/2
コンソメ(顆粒):小さじ1
こしょう:少々
オリーブ油:大さじ1

《作り方》
(1)冷凍パイシートを室温に戻し耐熱皿の大きさにのばし、オーブンシートを敷いた耐熱皿に貼りつける。
   フォークで穴をあけ、余熱180℃のオーブンで15分下焼きする。
(2)小松菜は洗って3cm程度に切る。たまねぎは粗みじん切り。
   安納いもは皮をむき小さめに角切り。エリンギも小さめに角切り。
   カリフラワーも小さめに切る。ミニトマトは半分に切る。
(3)フライパンにオリーブ油を入れ、たまねぎ・安納いもにハーブ塩・こしょうをして加え、中火で炒める。
   たまねぎがしんなりしたら、カリフラワーとエリンギを加え、小松菜を最後に加えて炒める。
(4)パイシートの下焼きができたら、(3)の野菜とモッツァレラチーズ・とろけるチーズを平らに載せて、溶き卵に牛乳とコンソメを加えた卵液を上から静かにかけていく。
(5)230℃に予熱したオーブンで15分焼く。表面が焦げてきたらアルミホイルを載せて焦げ目を調節する。

投稿時間:2018年12月25日 (火) 15:39 | 固定リンク


12月18日(木)放送後


ジャパンハーブソサエティー理事の井上泉さんを迎えてお送りしました。

madonna_181218.jpg

ヨーロッパでは、クリスマスの飾りや料理にハーブが欠かせないそうです。井上さんにハーブを使った香りも楽しめるクリスマス飾りや、ハーブを使ったクリスマスプディングの作り方を教えてもらいました!

 

詳しくは、立花ディレクターのブログをご覧ください♪

>>立花ディレクターのブログはこちら

投稿時間:2018年12月25日 (火) 15:35 | 固定リンク


12月18日(木)放送後


ラジオまどんな」ディレクターの立花です。

12月18日(火)の「ラジオまどんな」では

ジャパンハーブソサエティー理事の井上泉さんにハーブを使ったクリスマスの飾りつけや、お料理を紹介していただきました。

作り方やレシピをいくつか教えていただいたので、ご紹介します。みなさんも作ってみてくださいね♪

 

【ジンジャークッキー】

madonna_d_181218_01.jpg

《材料》
★基本のレシピ
 バター(食塩不使用) 25g
 メープルシロップ   30ml
 三温糖        50g
 シナモンパウダー   小さじ1/2
 ジンジャーパウダー  小さじ1
 重曹         小さじ1/2
 水          30ml

★子ども向けレシピ
 バター(食塩不使用) 25g
 メープルシロップ   30ml
 三温糖        60g
 シナモンパウダー   小さじ1/2
 ジンジャーパウダー  小さじ1/2
 ベーキングパウダー  小さじ1/2
 水          30ml

《作り方》※基本レシピと子ども向けレシピは同じ作り方でOK
(1)粉類を合わせてふるっておく
(2)小鍋にバター、メープルシロップ、三温糖を入れて弱火で煮溶かす。
(3)溶けたら水を加え、なじんだら(1)に加えて混ぜる。
(4)冷蔵庫で1時間程度寝かせて、2〜3ミリの厚さに伸ばして型で抜く。
(5)180℃に温めたオーブンで10分〜12分ほど焼く。

 

【フルーツポマンダー】

《材料》
・オレンジ(レモン・ライム・姫りんご などのフルーツでもOK)
・クローブ(頭のついたもの)40g
・ポマンダーミックス 約10g
 (シナモン、カルダモン、オールスパイスなどをパウダーにしたものでもOK)
・装飾用のリボンや飾り

《道具》
竹串とビニール袋、マスキングテープ

《作り方》
・フルートのリボンをかける部分にマスキングテープを貼る。
 (この部分にはクローブは刺さない)
・竹串で3~5mm間隔で穴を開ける。
・穴にクローブを深く差し込む。
・マスキングテープをはがす。
・ポマンダーミックスとフルーツをビニール袋に入れて口を閉める。まんべんなくパウダーがつくように、軽く転がす。
・ビニール袋から取り出し、風通しが良いところに吊るして乾燥させる。
・リボンを巻いて完成。

 

【テトラサシェ】

《材料》
・木綿布 6×12cm(縫い代込み)
・金ビーズ 4個
・ラベンダードライ 大さじ1

《作り方》
・布を中表にして半分のところで折る。
・両端を縫いラベンダーを入れる。
(ラベンダーが無い場合はコットンなどに精油や香水を含ませる)
・縫い代同士を合わせてかがり、テトラ型に縫い付ける。
・4つの頂点に金ビーズをつける。
(リボンを縫い付けて吊り下げられるようにしてもOK)

 

【ドアハング】

《材料》
・木綿布 30×11cm(縫い代込み)
・パンヤ(コットン綿) 3g
・ラベンダードライ 大さじ2
・リボン40cm×2(赤、緑)
・ベル 2個
・小枝 1本

《作り方》
・木綿布の両端をピンキングはさみで切る。
・中表にして2つ折りにし、両脇を縫って袋にする。
・ラベンダーをパンヤで包んで中に入れる。
(ラベンダーが無い場合はコットンなどに精油や香水を含ませる)
・袋の口を小枝に巻き付け、ベルを通したリボンで結びつける。
・小枝の両端にワイヤーやリボンを結んで、フックを作る。

madonna_d_181218_02.jpg
↑ドアハングとテトラサシェ

 

投稿時間:2018年12月25日 (火) 15:22 | 固定リンク


12月17日(月)放送後


愛媛県立とべ動物園、園長の田村千明さん、愛媛中央花き商業協同組合の大森弘文さんを迎えてお送りしました。

madonna_181217_01.jpg

田村さんには、とべ動物園に新たに仲間入りしたボルネオオランウータンのハヤトくんについて紹介してもらいました!可愛い仕草に注目ですね。
来年の干支は「亥」ですが、四国で唯一、とべ動物園では「アカカワイノシシ」という種類のイノシシが見られるそうですよ。
年賀状の写真にもぴったりです!

madonna_181217_02.jpg

madonna_181217_03.jpg

そして、大森さんにはクリスマスにぴったりのお花ということで、ポインセチアとシクラメンについて詳しく教えてもらいました。

最近ではこんな濃いピンクのポインセチアや、花がフリルのようになったシクラメンもあるんです。
どちらも可愛いですね♪

温度差に弱いので、室内の温度差の少ない場所に置くのが管理のポイントだそうです。
クリスマスの後も長く楽しんで下さいね。

投稿時間:2018年12月20日 (木) 14:42 | 固定リンク


12月13日(木)放送後


「まどんなSONGS」のコーナー、音楽プロモーターの門屋奈緒さんを迎えて、「平成を彩った音楽」をテーマにお送りしました。

madonna_181213.jpg

TWICEのTTポーズ、うまく出来ません!笑

30年分を50分の番組で紹介するという無理なお願いだったのですが、さすが門屋さん!

音楽のトレンドの変化を交えながら、素敵なラインナップで楽しませてくれました。

「まどんなSONGS」、次回は来年1月31日(木)にお送りする予定です。

投稿時間:2018年12月18日 (火) 16:06 | 固定リンク


12月12日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛県立衛生環境研究所、所長の四宮博人さんを迎えてお送りしました。

madonna_181212.jpg

やのさんの今回のレシピは、愛媛自慢のかんきつ「紅まどんな」を使った一品、「紅まどんなの赤ワイン煮」をご紹介しました。おもてなしの一品や、特別な日のデザートにぴったりです♪レシピはこちらからご覧ください。

 >>レシピはこちら

そして四宮さんには、今、大都市を中心に全国的に流行している「風疹」について教えて頂きました。

「風疹」そのものは比較的軽症ですが、免疫を持たない妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓に障害がでる「先天性風疹症候群」という病気になる可能性が高くなるので特に注意が必要です。

愛媛県では、妊娠を希望する女性やその配偶者などの同居者は、抗体検査を無料で受けることが出来るそうです。風疹を予防するにはワクチン接種が有効ですので、心配な方はまずは抗体検査を受けてみて下さいね。

 

投稿時間:2018年12月18日 (火) 10:00 | 固定リンク


紅まどんなの赤ワイン煮


12月12日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【紅まどんなの赤ワイン煮】

《材料》

紅まどんな:1コ
赤ワイン :300ml
はちみつ :大さじ2

《作り方》

(1)皮をむき、一房ずつにして小さめの鍋に入れる。
(2)赤ワインとはちみつを(1)に加え中火で5分、弱火で5分加熱してそのまま冷ます。

*そのままはもちろん、サラダのトッピングやクリスマスデザートの飾りにも使えます。
*鍋に残ったワインは温め直してホットワインに。
 また、冷蔵庫で保管して炭酸で割ったり、サングリアにしたりしても楽しめます。

投稿時間:2018年12月18日 (火) 10:00 | 固定リンク


12月18日(火)放送前


ラジオまどんな」ディレクターの立花です。

12月18日(火)の「ラジオまどんな」

前半はハーブについてのお話。

ジャパンハーブソサエティー理事の井上泉さんにハーブを使ったクリスマスの飾りつけや、お料理を紹介していただきます。

 

毎回、素敵なハーブやお料理をスタジオに持ってきてくださる井上さん。

2017年12月26日(火)

2018年3月6日(火)

2018年5月29日(火)

 

今回ご紹介いただくアイテムの写真をいただきましたので、みなさんに先にご紹介しますね♪

 

↓フルーツポマンダー
madonna_d_181217_01.jpg

 

↓フルーツポマンダー(りんご)
madonna_d_181217_02.jpg

 

↓テトラサシェ
madonna_d_181217_03.jpg

 

↓ドアハング
madonna_d_181217_04.jpg

 

↓モイストポプリ
madonna_d_181217_05.jpg

 

投稿時間:2018年12月17日 (月) 18:00 | 固定リンク


12月11日(火)放送後


前半は、学生の就職活動の支援をしている「就活ラボGATI」代表の栗原峻さんをゲストに迎えてお送りしました。

madonna_181211_01.jpg

現在、現役大学院生の栗原さん。愛媛にも魅力的な企業があるのに学生たちの知名度がまだまだ低いことや、情報を得る手段が少ないことなどから、自分で就活を支援する仕組みを作ってしまったという行動力に驚きました!

愛媛の優秀な学生たちが地元に残ってくれれば、地域のためにもプラスになりますよね。愛媛の学生の皆さん、ぜひ栗原さんたちが開いている就活カフェやイベントをうまく活用して下さいね。

 

そして後半は「まどんな女子会」のコーナー、「ひめポン!」の丹友美リポーターとお伝えしました♪

madonna_181211_02.jpg

今回は今治市玉川町の名物「玉川ダムカレー」についてでした。

私も食べたことがありますが、ダム湖の形の器にまずびっくり!味はお店などによって様々なのでぜひ食べ比べて楽しんで下さいね。

 

投稿時間:2018年12月14日 (金) 18:49 | 固定リンク


12月10日(月)放送後


「えひめ移住コンシェルジュ」の板垣義男さん、えひめこどもの城の上木秀美さんを迎えてお送りしました。

madonna_181210.jpg

ご自身も6年前に横浜から愛媛に移住して、「移住コンシェルジュ」の仕事をしている板垣さん。移住を考えている人たちにとっても、移住者を迎えたいと思っている地域にとっても参考になるお話でしたね。しかし、去年の愛媛への移住者の人数が1000人を超えているというのには驚きました!

板垣さんには、また次回、愛媛に移住して活躍している人たちについても詳しくお話を聞いてみたいと思っています。魅力的な取り組みをしている人が各地にいるそうですよ。

 

そして上木さんには、えひめこどもの城の12月のイベントを色々と紹介して頂きました。

12月といえばイルミネーション!ということで、12月22日(土)までの土曜日と、12月23日(日)に「ナイトファンタジー2018」が開催されているそうです。

 

えひめこどもの城はことし20周年ということで、20万球のイルミネーションで園内が彩られているそうです。この冬もこどもの城で楽しい思い出を作って下さい♪

投稿時間:2018年12月12日 (水) 14:21 | 固定リンク


12月6日(木)放送後


前半は、松山市考古館の名物館長、梅木謙一さんを迎えてお送りしました!

madonna_181206-1.jpg

松山市考古館で行われている「東京国立博物館所蔵品・里帰り展」の展示品から、松山市で出土した弥生時代の銅剣に描かれている動物は?というクイズを出題しました。

正解は鹿です!今日の梅木さんの衣装、鹿の毛皮がヒントだったんですが・・・

madonna_181206-2.jpg

私は不正解でした~。参加して下さったリスナーの皆さん、ありがとうございました!

ぜひ松山市考古館で実物を見てみて下さいね。展示は1月27日(日)までです。

そして後半は「食のカレンダー」のコーナー、松山市の中国料理店シェフ、門田勇さんとお送りしました。

madonna_181206-3.jpg

今回は、「ごぼう」を使った簡単レシピをご紹介しました。

madonna_181206-4.jpg
ラジオを聞いている皆さんが、おうちにある調味料や調理器具で簡単に作れるようにと、門田さんが毎回じっくり考えて下さっているレシピなんですよ!

レシピはこちらからご覧ください。
>>レシピはこちら

作った感想もお待ちしています♪

投稿時間:2018年12月07日 (金) 11:08 | 固定リンク


ごぼうのやみつきしょうゆ漬けとごぼうのみそ鍋


12月6日(木)放送
ゲスト:中国料理 門田勇さん

madonna_181206-4.jpg

【ごぼうのやみつきしょうゆ漬け】
《材料》
・ごぼう 40g
・濃口しょうゆ 大さじ1
・酢 小さじ1
・みりん 小さじ1
・ごま油 小さじ1
※調味料はすべて混ぜ合わせて、たれを作っておいてください。

《作り方》
(1)きれいに洗ったごぼうをピーラーで薄くする。
(2)ごぼうを軽く水で洗う。
(3)沸騰したお湯で1分ゆでる。
(4)水にさらし、ごぼうをしぼる。
(5)たれにつける。目安は3分間以上。これで完成!

*冷ましてサラダやしゃぶしゃぶのたれにしてもよし。
*炒めたたまごと合わせてもおいしい。
*たくさん作って常備菜に。

【ごぼうのみそ鍋】
《材料2人分》
・ごぼう 100g
・しめじ 100g(しめじ以外のきのこでもOK)
・ひき肉 60g(牛、豚、鶏など種類はお好みで)
・葉野菜(小松菜、春菊、ほうれんそうなどお好みで)
・麦みそ 80g
・湯 600ml
・濃口しょうゆ 小さじ2
・酢 小さじ1
・ごま油 小さじ2

《作り方》
(1)ごぼうやしめじなどの材料を食べやすい大きさ、形に切る。
(2)ごぼう、しめじ、ひき肉、葉野菜、麦みそ、湯を鍋に入れて、沸騰するまで加熱する。
(3)沸騰したら弱火で2分炊く。
(4)アクをとる。
(5)火を止めて10分置く。(10分置くことで材料からだしが出ます)
(6)最後に、濃口しょうゆ、酢、ごま油を鍋に入れる。完成!

*うどん、そば、中華そばなどお好みの麺を入れて、麺料理にもできる。
2人分の場合は、ゆで麺約200gを10分置いたあとの鍋に入れて再加熱。
これで完成。

投稿時間:2018年12月07日 (金) 10:59 | 固定リンク


12月5日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、愛媛県美術館・学芸員の喜安嶺さんを迎えてお送りしました。

madonna_181205.jpg

「今日の夕食何にする?」のコーナーでは、「あこや貝の貝柱」をご紹介しました。
やのさんに教えて頂いた「あこや貝の貝柱のバターしょうゆ炒め」、絶品でした~!こんなおいしい食材が身近にあるなんて、宇和島や愛南町の方がうらやましい・・・。

ご紹介したレシピはこちらからご覧ください!
>>レシピはこちら

そして喜安さんには、愛媛県美術館の開館20周年を記念して行われている、松山市出身の洋画家・古茂田守介さんの特別展について教えていただきました。
愛媛県美術館の所蔵品だけでなく、この特別展のために集められた様々な作品を見ることが出来るそうです。
喜安さんのお話から、守介さんの作品への熱い思いが伝わってきました!
開催は12月24日までです。
12月22日には、喜安さんをはじめ学芸員さんたちが作品の魅力を語る催しもあるそうですよ。
時間は午後2時からです。
ぜひ美術館を訪れてみて下さい♪

投稿時間:2018年12月06日 (木) 16:05 | 固定リンク


12月4日(火)放送後


鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さん、「ひめポン!」の福島由季キャスターとお送りしました♪

madonna_181204.jpg

今回の「鉄道見聞録」のテーマは、「冬に訪れたい鉄道スポット」ということで、どつぼさんが撮影した写真を持ってきてくれました!

 

私が持っているのは、日本海の絶景が楽しめるJR東日本の五能線の鉄道旅で味わいたい、鰺ヶ沢町のイカ焼きと、青森・津軽鉄道のストーブ列車で販売されているスルメ!

福島さんが持っている写真が雪景色を走るストーブ列車です。さすがどつぼさん!素敵な写真ですよね~。

「鉄道見聞録」、次回は年明け1月8日(火)にお送りする予定です。次回もお楽しみに!

 

そして、「まどんな女子会」のコーナーで福島さんが紹介してくれたのは、かつて村上水軍が城をかまえた今治市の来島です。「まどんな女子会」担当の立花ディレクターのブログで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください~♪

>>立花ディレクターのブログはこちら

投稿時間:2018年12月05日 (水) 14:45 | 固定リンク


12月4日(火)放送 まどんな女子会


はじめまして。「ラジオまどんな」ディレクターの立花です。

今回「まどんな女子会」に登場した福島由季キャスターに、

島めぐりのいくつか写真をもらったので、みなさんにもご紹介します。

 

まずはこちらの写真

madonna_d_181204_01.jpg

今治市の来島から見た風景。

お天気も良くて、島めぐりにぴったりのスポットですね。

 

 

次の写真は今治地方観光ボランティアガイドの会・会長の石井一朗さん

madonna_d_181204_02.jpg

今治の事は何でも知り尽くしている石井さん。

村上海賊のかっちゅうを着てお出迎えしてくれたそうです。

 

 

漁業組合の婦人部が営業している今治市内の食堂「浜の台所潮里」の「来島鯛だしカツカレー」。

madonna_d_181204_03.jpg

鯛フライ×カレーライスの夢のコラボ!

福島キャスターによると、「スパイシーだけど優しい味わい」とのこと。

き、気になる(;゚д゚)ゴクリ…

 

いかがでしたか?

「まどんな女子会」、次回もお楽しみに!

投稿時間:2018年12月05日 (水) 14:40 | 固定リンク


12月3日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんを迎えてお送りしている「ラジオ句会」。

madonna_181203-1.jpg

今回のテーマは、冬の季語「蒲団」でした!

毎日の生活に欠かせない蒲団の俳句を通して、皆さんのご家族とのエピソードや思い出が伝わり、心が温まるラジオ句会でした。

それでは特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句をご紹介します♪

■特選句

おむかひの奥さん蒲団叩く叩く  直木葉子(東京都府中市)

蒲団から覗く星座や旅の宿    みやこわすれ(愛知県名古屋市)

羽毛布団金婚式に届きけり    道後ミスター菊池(愛媛県松山市)

北国の小さき青空蒲団干す    じゃすみん(新潟県新発田市)

蒲団の中の「十五少年漂流記」  国代鶏侍(兵庫県川西市)

■最も良かった一句

石鎚山(いしづち)の見えたる街や蒲団干す  砂山恵子(愛媛県西条市)

年内は最後の「ラジオ句会」でした。今回もたくさんの投稿ありがとうございました!
次回は、新年1月7日(月)放送の予定です。
皆さんから募集する俳句のテーマは「雑煮」。お正月に味わいながら詠んでみて下さいね。

投稿時間:2018年12月05日 (水) 13:02 | 固定リンク


11月29日(木)放送後


前半は、音楽で地域を盛り上げようと取り組んでいる、今治市の小池公一さん、成松真さんにお話を伺いました。

madonna_181129-1.jpg

小池さんと成松さんが企画しているのは「ミナトいまばり音楽横丁」というライブイベント。
今治の街中の様々な場所がライブの会場となっていて、音楽を楽しみながら街の魅力も知ってもらおうというものです。
小池さん作詞・作曲のオリジナルテーマソング「アイからIMABARI」もご紹介しましたが、今治への愛が詰まったとても素敵な曲でしたね~!
毎月開催されているイベントなので、ぜひ皆さんも参加してみて下さい♪

madonna_181129-2.jpg

そして後半は、番組初登場の伊藤源太アナウンサーと、「治療と仕事の両立」について、産業医科大学准教授の柴田喜幸さんをゲストに迎えてお送りしました。
2人に1人ががんになるともいわれていますが、企業の病気への理解が進むことで、治療と仕事の両立が実現し、さらには生産性がアップしたという事例もあるんですね。

「ラジオまどんな」では、今後も引き続き「治療と仕事の両立」について、様々な立場の方々にお話を伺っていきたいと思います。

投稿時間:2018年12月04日 (火) 15:46 | 固定リンク


ページの一番上へ▲