ラジオまどんなブログ: 2017年5月

5月30日(火)放送後


今回のゲストは、視覚障がい者に向けたタンデム自転車の普及を目指して、

イベントの企画・運営をしているNPO「タンデム自転車 NONちゃん倶楽部」

代表の津賀 薫さんでした。

 madonna_20170530.jpg

とても明るくてパワフルな津賀さん。お話していると元気をもらえる気がしました!

 

この放送の様子は、6月12日(月)の「ひめポン!」でもお伝えする予定です。

ぜひこちらもご覧ください♪

投稿時間:2017年05月31日 (水) 15:24 | 固定リンク


5月29日(月)放送後


大相撲夏場所も終わり、久しぶりの放送!
松山市出身の俳人、神野紗希さんを迎えてお送りしました。

正岡子規が生まれて150年の節目の年、子規やその俳句に親しむ企画をということで、
リスナーの皆さんから「あなたの好きな正岡子規の俳句」を募集しました。

ご家族との思い出の句や、人生の節目に子規に共感した句など・・・
皆さんの大切な思い出に触れて、改めて子規の俳句の持つ力を感じた一日でした。
皆さん、たくさんの投稿ありがとうございました。

次回、6月5日(月)は、「正岡子規を思って詠んだ自作の句」を募集します!
すでに続々と届いていますよ♪ 皆さんからの投稿、引き続きお待ちしています。
来週もどうぞお楽しみに!

madonna_20170529.jpg

写真は松山市花園町にある、「子規誕生地跡」の記念碑。
正岡子規は1867年9月17日、この地に生まれたそうです。

投稿時間:2017年05月31日 (水) 14:55 | 固定リンク


ラジオまどんな 俳句募集!


ことしは松山出身の俳人、正岡子規生誕150年の節目の年です。

そこで『ラジオまどんな』では、5月29日(月)と6月5日(月)2週続けて、

皆さんと一緒に俳句を楽しみたいと思います!

松山出身の気鋭の俳人、神野紗希さんをゲストに迎えて、のぼさん愛たっぷりでお届けします。
madonna_20170522.jpg

番組では全国の皆さんから、

『あなたの好きな正岡子規の俳句と、それにまつわる思い出やエピソード』

『正岡子規を思って詠んだ自作の句』を募集します!

愛媛の人はもちろん、ネットラジオ「らじる★らじる」で聞いている全国の皆さんからも投稿お待ちしています。

もちろん、当日、生放送中も投稿を受け付けます。

そのほか、初夏の俳句もお待ちしています!

投句は「ラジオまどんな」番組ホームページから!
http://www.nhk.or.jp/matsuyama/madonna/

投稿時間:2017年05月22日 (月) 16:12 | 固定リンク


5月11日(木)放送後


2回目の「まどんなSONGS」♪
松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんを迎えてお送りしました。
今回は、新年度が始まって1カ月、ちょっとお疲れの皆さんを励ます、「応援ソング」特集!

madonna_20170512.jpg

曲の年代も雰囲気も様々で、門屋さんにラインナップを聞いた瞬間から、
放送を楽しみにしていました!皆さんも元気になれる1曲、ぜひ見つけて下さいね。

【今回お届けした応援ソング】
1. 西野カナ「GO FOR IT!」
2. ザ・コブラツイスターズ「夢の旅人」
3. Superfly 「Beautiful」
4. エレファントカシマシ「俺たちの明日」
5. KONISHIKI「CHAMPION OF LIFE」
6. つばき「光~hikari~」
7. RADIO FISH「PERFECT HUMAN」

次回の「まどんなSONGS」は、6月15日(木)、
「雨ソング特集」をお送りする予定です。次回もお楽しみに!

投稿時間:2017年05月15日 (月) 13:12 | 固定リンク


5月10日(水)放送後


毎週水曜日のゲストは、フードトレンドクリエーターのやのくにこさんです。
今回は、「干し椎茸」と「キッチンハーブ」について教えて頂きました。

madonna_170510.jpg

そして後半は、アラスカの自然を取り続ける松山市出身の写真家、
松本紀生さんのインタビューをお送りしました。
松本さんのインタビューは、5月30日(火)にもお伝えする予定です。


【干し椎茸たっぷり筑前煮】
 madonna_170510-02.jpg

材料:2人分
干し椎茸30g 人参100g スナップエンドウ4個 鶏肉100g 
こんにゃく100g オリーブオイル小さじ1

A(干し椎茸戻し汁200cc 醤油大さじ2 みりん大さじ2 酒大さじ2)


作り方:
1.干し椎茸は500ccの水に入れて一晩浸しておきます。(冷蔵庫に入れる)
2.干し椎茸が戻ったら水けを絞ってそぎ切りにする。
  人参は乱切り。スナップエンドウは筋を取る。
  鶏肉は一口大に切る。こんにゃくはスプーンでちぎる。
3.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で蓋をして人参と鶏肉を焼く。
4.人参が柔らかくなったら、こんにゃくと椎茸を加え炒める。
5.Aを加え中火で10分煮る。

*放送ではスナップエンドウの代わりに、グリンピースで作りました。そら豆でも美味しいですよ。
*干し椎茸は水で戻すと200g程度になります。
*煮物なのに最初に焼くことで時短でコクのある美味しい筑前煮ができます。
*煮物は冷めるときに味が中までしみ込むので、少し置いてから食べると美味しいですよ。
(レシピ監修:フードトレンドクリエーター、野菜料理家 やのくにこ)

投稿時間:2017年05月11日 (木) 14:54 | 固定リンク


5月8日(月)放送後


スタジオがハーブのとってもいい香り♪
今回のゲストは、ジャパンハーブソサエティー理事の井上泉さん。
「食のカレンダー」は、松山市公設水産地方卸売市場の北村聡さんでした。

madonna_20170508-1.jpg

井上さんが持ってきたハーブをプレゼントして下さり、早速自宅にも飾りました。
窓から風が入ってきた時や、水替えの時にも清々しい香りがするんですよ。
ハーブのある暮らしいいですね。
ハーブティーを頂きながら、いつも以上にゆったりお伝えした放送でした。

そして、北村さんが教えて下さったのが、「アジのムニエル」です。
魚が苦手なお子さんでも美味しく食べられそうなレシピです!ぜひ作ってみて下さいね。

【アジのムニエル】
(材料4人分)
○アジ(3枚におろしたもの)4匹  ○エリンギ 適量
○バター、オリーブオイル、小麦粉、塩、コショウ、それぞれ適量

◎生クリーム100cc、酒50cc、しょうゆ20cc、粒マスタードを適量

(作り方)
1.◎の調味料を混ぜ合わせておく。
2.フライパンにバターを適量入れて熱し、エリンギを炒めて、塩・コショウで味付け、お皿に盛りつけておく。
3.3枚におろしたアジに塩・コショウをし、小麦粉をまぶす。
  フライパンにオリーブオイルとバターを熱しアジを焼いていく。
4.焼き色が付いたら、混ぜ合わせておいた生クリーム、酒、しょうゆ、粒マスタードを入れる。
5.全体が馴染んだら、皿にもったエリンギの上にアジを並べて盛り付けて完成。

投稿時間:2017年05月09日 (火) 18:00 | 固定リンク


5月2日(火)放送後


今回は、東温市にある「坊っちゃん劇場」で上演中のミュージカル「52days~愚陀佛庵、二人の文豪~」より、正岡子規役の岩渕敏司さんと、松山出身、夏目漱石役の藤原大輔さん、そして、坊っちゃん劇場支配人の今村晋介さんをゲストに迎えてお送りしました。

madonna_20170502-1.jpg

主役のお二人のトーク、本当に面白かったです!それぞれ演じている役とは反対の性格だというお二人。普段の表情を見ることが出来てとても新鮮でした。
ミュージカル「52days」、私は3月に見に行きましたが、もう一度改めて見てみたいと思っています。来年1月まで上演していますので、皆さんもぜひ♪

 

そして、「食のカレンダー」は、初登場、管理栄養士の宇佐亮子さんでした。

madonna_20170502-2.jpg

宇佐さんは愛南町出身ということで、愛南町の特産品、河内晩柑について詳しく教えて下さいました。季節によって味が違うのには驚きましたね!ぜひ食べ比べてみたいです。
宇佐さんが紹介してくれた「河内晩柑の万能ソース」、さっぱりしていてこれからの時期にぴったりですね!

「河内晩柑の万能ソース」
(材料4人分)
河内晩柑        中1個
白ワイン(料理酒でも) 75cc(大さじ5)
みりん         75cc(大さじ5)
塩           小さじ1
塩昆布         小さじ1

(作り方)
1.河内晩柑は皮をむき、さらに内袋(じょうのう)をむき、ほぐしておく。
   ※キレイにむけた場合は盛り付けようにおいておくと良いですね。
2.小鍋に白ワイン、みりんを沸騰させて煮きる。
3.あら熱をとり、塩、ほぐした河内晩柑を加え、よく混ぜる。
4.味をみて刻んだ塩昆布を加える。

★肉や魚のソテーのソース、サラダのドレッシング、刺身にかけてカルパッチョソース、
和え物などにも使えます。

投稿時間:2017年05月09日 (火) 17:50 | 固定リンク


5月1日(月)放送後


今回のゲストは、愛媛オレンジバイキングスのキャプテン、松山市出身の俊野達彦選手!

「Bリーグ」開幕直後の去年9月にも出演して頂きました。

 madonna_20170501-1.jpg

今シーズン、愛媛はリーグ戦が進むにつれてチームの勢いが増していき、
8連勝もありましたし、ホーム最終戦は見事2連勝で締めくくってくれましたね。

Bリーグが始動して最初のシーズンでしたが、愛媛の試合を見て、チームやブースター皆さんの声を聞いて、これからもっともっと盛り上がっていくだろうなと大きな可能性を感じました。

 

そして、「食のカレンダー」のコーナーは、日本料理店店主の竹村竜二さんでした。
今回は新じゃがを使ったレシピ。
おにぎりと一緒にお弁当にして出かけたくなりますね~。
ぜひ作ってみて下さいね。

 

【空豆とじゃがいものみそ炒め】(材料4人分)

●じゃがいも 300g(※ピンポン玉より少し小さいくらいのもの)

●空豆 12粒 ●サラダ油 大さじ1

●(ソース) 長ネギ1本、にんにく・小1かけ、米みそ100g、砂糖・大さじ3

1. じゃがいもは皮つきのまま洗って、鍋で水からゆでる。
    串を刺してスッと入ればOK。

2. 空豆は皮をむき、熱湯に入れて40秒ほどゆでる。
    ザルにあげて熱いうちに塩をふり、そのまま冷ます。

3. 長ネギはみじん切り、にんにくはすりおろして、みそ、砂糖とよく混ぜ合わせる。

4. 鍋にサラダ油を入れて熱し、ゆでたじゃがいもを入れる。
    中火でころころ転がしながら炒める。

5. 表面に少し焦げ目がついたら、長ネギ、にんにくと合わせた調味料を加え、
    じゃがいもにからめながらさらに炒める。最後に空豆も混ぜて仕上げる。

 

投稿時間:2017年05月08日 (月) 14:12 | 固定リンク


ページの一番上へ▲