ラジオまどんなブログ

2月18日(月)放送後


愛媛県立とべ動物園・園長の田村千明さんと、「街のまんなか日曜市」実行委員会の平井愼司さんを迎えてお送りしました。

madonna_190218-1.jpg

2月22日は「猫の日」ということで、とべ動物園のネコ科の動物について田村さんにお話して頂きました!
とべ動物園にいるネコ科の動物は全部で6種類!
みなさん全部わかりましたか?
ネコ科の動物たちを観察しながら詳しい生態について教えてもらえるイベント「とべ動物園 ねこ歩き」が2月22日(金)に行われます。
参加希望の方は、午後1時30分にトラ舎前集合、参加は無料だそうです。
「猫の日」の話題なので私が撮影した猫写真をご紹介。

madonna_190218-2.jpg

madonna_190218-3.jpg

カメラを向けたくなりますよね!

後半は、2月24日(日)に、松山市中央卸売市場で行われる「第100回 街のまんなか日曜市」について平井さんに紹介してもらいました。
2010年に始まって今月で100回目!
食品などの販売のほか、餅まき大会に、せりの仕組みを体験できるオークションなどもあるそうです。
時間は午前9時から午後3時まで、入場は無料です。
100回目ということで平井さんたちも力が入っているのが伝わってきました!ぜひ出かけてみて下さい♪

投稿時間:2019年02月20日 (水) 13:13 | 固定リンク


2月14日(木)放送後


前半は、「愛媛のおやじ井戸端会議」代表の佐川良さんをゲストに迎えて「おやじの会」の活動について詳しくお話して頂きました。

madonna_190214_01.jpg

佐川さん、愛媛のおやじ井戸端会議のオリジナルパーカーがとってもお似合いでした♪

madonna_190214_02.jpg

こちらの「おやじ最高」ステッカーは、佐川さんがご自分の仕事の技術を生かして作ったものです。全国の「おやじの会」メンバーに大人気なんだとか!

madonna_190214_03.jpg

経験も知識も豊富で、いざという時に頼りになる「おやじの会」の活動に今後も注目したいと思います。

 

後半は、日本ハーバリウム協会、四国統括の松本順子さんに、ハーバリウムの魅力や簡単な作り方を教えて頂きました。

madonna_190214_04.jpg

ボトルに好きな植物などを入れて、専用のオイルを入れて完成!

madonna_190214_05.jpg

こんなに綺麗で、手入れもいらず長く楽しめるのがいいですよね。皆さんもオリジナルのハーバリウムを作ってみてはいかがですか?

投稿時間:2019年02月18日 (月) 10:45 | 固定リンク


2月13日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさん、

松山大学放送研究会の井上結衣さんとお送りしました。

madonna_190213.jpg

 

「若者調査隊」のコーナーは、新成人の井上さんに「大人になったなと思うこと」

「まだまだ子どもだなと思うこと」を調査してもらいました。

井上さんに、二十歳の記念にご両親から贈られた手紙を見せてもらったのですが、

とても丁寧な字で書かれていて、言葉のひとつひとつに愛情が詰まった素敵な手紙でした。

こうした節目に手紙を贈るのもいいものですね~。

自分で出来ることも増えたけど、大人としての責任をプレッシャーに感じている、

二十歳前後の感覚を思い出して、私も背筋が伸びる気持ちでした!

 

そして、やのさんが教えて下さったのは、とっても簡単なりんごのコンポートとジャムのレシピです。

ジャムは甘さ控えめでサラダなどに混ぜてもいいそうですよ。

レシピはこちらからご覧ください。

 

>>レシピはこちら

 

投稿時間:2019年02月15日 (金) 10:29 | 固定リンク


電子レンジで作るりんごのコンポート/ピンク色のりんごジャム


2月13日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【電子レンジで作るりんごのコンポート】

《材料》

りんご:1コ

《作り方》

りんごを8等分のくし形に切り、耐熱容器に入れラップをして、

電子レンジ(600w)に6分間かけてそのまま冷ます。

 ※そのままでもおいしいし、ヨーグルトをかけたりサラダに入れたりしてもいい。

 

【ピンク色のりんごジャム】

《材料》

赤い皮のりんご:1コ 

砂糖:大さじ2 

レモン汁:小さじ1

《作り方》

(1)  りんごの芯を取り、皮ごと粗みじん切りにする。砂糖を加え1時間置く。

(2)  弱火で火にかけてりんごが煮溶けるまでゆっくりと混ぜる。

(3)  りんごが柔らかくなったらレモン汁を加え5分煮る。

 

投稿時間:2019年02月15日 (金) 10:24 | 固定リンク


2月14日(木)ハーバリウムについて


花や植物をオイルに浸して鑑賞する「ハーバリウム」について

日本ハーバリウム協会四国統括 松本順子さんにお話を伺います。

 

【定番のハーバリウム】

madonna_s_190214_01.jpg

 

【新感覚のハーバリウム】

madonna_s_190214_02.jpg

madonna_s_190214_03.jpg

投稿時間:2019年02月14日 (木) 12:00 | 固定リンク


2月12日(火)放送後


「鉄道見聞録」のコーナー、鉄道カメラマンの「どつぼさん」こと坪内政美さんを迎えてお送りしました!

madonna_190212_01.jpg

今回のテーマはリスナーの皆さんのリクエストにお応えして「貨物列車」。

madonna_190212_02.jpg

こちらはどつぼさんが持ってきて下さった国鉄時代の貨物コンテナをイメージしたトートバッグとクリアファイルです。グッズまであるなんてその人気にびっくりです!

madonna_190212_03.jpg

こちらはどつぼさんコレクションの1つ。貨物列車に取り付ける荷票の昭和63年のものです。かつて時刻表で読書感想文を書いたというどつぼさん。子どものころから筋金入りの鉄道ファンだったんですね~。

madonna_190212_04.jpg

貨物列車を撮影した素敵な写真もご紹介。北の大地を走るレッドベアと、伯備線の貨物列車です。貨車が連なった長~い車両を撮るにはカーブでの撮影がオススメだそうですよ。

 

次回の鉄道見聞録は3月26日(火)の予定です。次回もお楽しみに!

 

「食のカレンダー」のコーナーでは、松山市の中国料理店シェフ、門田勇さんに大根を使ったレシピを教えて頂きました。

madonna_190212_05.jpg

このようにお茶目で明るい門田さんですが、リスナーの皆さんが簡単に美味しく作れるように、いつも試行錯誤しながらレシピを考えて下さっています。

madonna_190212_06.jpg

 

madonna_190212_07.jpg

こちらがご紹介した「大根のしょうゆ漬け」と「切り干し大根入り卵焼き」です。

大根はこの時期、安く手に入る食卓に欠かせない野菜の1つですね。色んなレシピで上手に使い切って下さい!レシピはこちらからご覧ください♪

 

>>レシピはこちら

 

投稿時間:2019年02月13日 (水) 14:37 | 固定リンク


簡単大根のしょうゆ漬けと切り干し大根入り卵焼きとみぞれ肉うどん ~ひとつの鍋で~


2月12日(火)放送
ゲスト:中国料理 門田勇さん

madonna_190212_07.jpg

【簡単大根のしょうゆ漬け】
《材料》
・大根 200g(上のほう6cmくらい)
・濃口しょうゆ 100ml
・みりん 50ml

《作り方》
(1)大根をよく洗い、皮はそのままで拍子木切りにする。
(2)混ぜ合わせた調味料に漬けて、一日置く。これだけで完成!

 

【切り干し大根入り卵焼き】
《材料》
・切り干し大根 15g
・卵 2個
・ひき肉 30g(肉の種類はなんでもOK)
・ねぎ 適量
・濃口しょうゆ 小さじ1
・酒 小さじ1
・油 大さじ2

《作り方》
(1)切り干し大根を200mlの水につけて、5分戻す。
(2)戻した切り干し大根をギュッと絞り、ザク切りにする。ねぎは小口切りやみじん切りに。
(3)ひき肉を炒めて、濃口しょうゆ、酒で味付け。粗熱をとる
(4)卵を溶き、材料を全部入れて混ぜる。
(5)フライパンに油をひき、中火で焼く。
   ※スクランブルエッグを作るように軽く混ぜるが、混ぜ過ぎないように。
   お好み焼きのように形を整えると作りやすい。
(6)固まってきたら、弱火にして1分焼く。
(7)ひっくり返して1分焼く。完成。

 

【みぞれ肉うどん ~ひとつの鍋で~】
《材料》
・大根(皮つき) 150g(下のほう6cmくらい)
・ゆでうどん 200g(1パック)
・あいびき肉 40g (鶏豚または牛豚)
・ねぎ 適量
・水 200ml
・うす口しょうゆ 大さじ2
・みりん 小さじ1
・ごま油 小さじ1
・酢 小さじ1/2
・油 大さじ1

《作り方》
(1)大根は皮つきのまますりおろす
(2)ねぎはみじん切りにする
(3)ひき肉を炒める。火が通ったら、薄口しょうゆとみりんを入れて香りを出す。
(4)水を200ml入れて、沸騰したらゆでうどんを入れてほぐし、中火で1分ゆでる。
(5)大根おろしとねぎを入れて、30秒加熱。
(6)火を止めて、ごま油を入れて完成。

投稿時間:2019年02月13日 (水) 14:30 | 固定リンク


2月7日(木)放送後


瓦の産地、今治市菊間町で鬼瓦を作る「鬼師」として活躍する菊地晴香さんと、愛媛中央花き商業協同組合の大森弘文さんを迎えてお送りしました。

madonna_190207_01.jpg

スタジオにはお花がいっぱい!いい香りに包まれての放送でした~。

madonna_190207_02.jpg

こちらは、菊地さんの鬼瓦と、大森さんが持ってきて下さった愛媛県が開発したお花「さくらひめ」です。
なんだか鬼の表情が柔らかく見えます!笑

菊地さんは「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」の屋根の飾り「鴟尾(しび)」の制作も手掛けたんですよ。お客さんのリクエストにこたえて様々なデザインの鬼瓦の制作にも挑戦されているということで、今後の活躍も本当に楽しみです。

大森さんが紹介してくれたのは2月14日のバレンタインデーに、愛を込めて、また日頃の感謝の気持ちを込めてお花を贈ろうという「フラワーバレンタイン」について。
欧米ではバレンタインデーに男性から女性に薔薇の花を贈る習慣があるそうです。

madonna_190207_03.jpg

大森さんオススメのお花、まずはやっぱり薔薇!

madonna_190207_04.jpg

チョコレート色のお花もオシャレで素敵ですね♪

2月16日(土)17日(日)には、松山市で「えひめフラワーフェスティバル」が開かれます。
お花や生け花が展示されているほか、フラワーアレンジメントなどの体験も出来るということです。

madonna_190207_05.jpg

こちらはイベントをPRする「花車」。いま、県内各地を走っているそうですよ。

madonna_190207_06.jpg

お花でみきゃんの顔が描かれています。
これから春に向けてお花が豊富にそろう時期です。
まずは1本からでもご自宅に飾って楽しんでみてはいかがですか?

投稿時間:2019年02月08日 (金) 16:40 | 固定リンク


2月6日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお伝えしました!

madonna_190206_01.jpg

もうすぐバレンタインデーということで、柑橘「せとか」を使った「せとかのチョコレートムース」の作り方を教えて頂きました。

madonna_190206_02.jpg

チョコレートの甘さに負けない、せとかのおいしさに改めてびっくり!
ぜひバレンタインデーに作ってみて下さい♪レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年02月08日 (金) 15:59 | 固定リンク


せとかのチョコムース


2月6日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【せとかのチョコムース】

madonna_190206_02.jpg

《材料4コ分》
せとか:1コ
ココアパウダー:20g
マシュマロ:100g 
牛乳:200ml

《作り方》
(1) せとかの皮をむき1房ずつにして縦に半分に切る。
(2) 鍋にココアパウダーを入れ牛乳を少しずつ入れながら溶かす。マシュマロを加え中火~弱火で溶かす。
(3) 器に入れて冷やし固め、せとかをのせる。

投稿時間:2019年02月08日 (金) 15:54 | 固定リンク


ページの一番上へ▲