6月16日(火)放送後


日本笑いヨガ協会の玉井千恵さんをスタジオに迎えてお送りしました。

madonna_200616-1.jpg

皆さんもいっしょに「笑いヨガ」を楽しんでいただけましたか?

玉井さんの笑い声に元気をもらいました!

madonna_200616-2.jpg

こちらは、外出自粛が続く中、玉井さんが笑いヨガの勉強のために書いていたというノート。

中には、新しい笑いヨガを考えるヒントになりそうな新聞記事の切り抜きやメモがびっしり!玉井さんの笑いヨガにかける情熱が伝わってきました。

 

後半は、皮膚科専門医の宮脇さおりさんに「汗やにおいのお悩み」について話を聞きました。

 

汗をかいたらこまめに拭く、靴は同じものを続けてはかない、気になる時は靴下の替えを持っておく、制汗剤を活用するなど、自分でできる対策をたくさん教えて頂きました。

 

また、この時期に注意が必要なのがマダニです。

宮脇さんの病院でもマダニにかまれて診察に訪れる人が増えているそうです。

 

ペットの散歩や農作業などで、草むらなどのマダニが多く生息する場所に入る時は、肌を露出しないようにするなどしっかり対策をしてくださいね。

投稿時間:2020年06月17日 (水) 16:24 | 固定リンク


アマビエ


疫病退散のご利益があるとされる妖怪「アマビエ」。

最近話題ですよね。

 

四国では、

砥部焼や和菓子、クッキーなどにもなっているようです。

写真のクッキーは頂き物。可愛らしいですよね(^^)

caster_yano200617-1.jpg

 

おうち時間で、アマビエ工作もしてみました。

久しぶりの「やまおり」や「たにおり」、楽しかったです。

色も自由に。カラフルなアマビエになりました。

caster_yano200617-2.jpg

 

余談ですが、

最近はもっぱら、ステイホームが上達したような気がします。

大好きな漫画やアニメをみたり、部屋の模様替えをしたりと、

家での楽しみが増えつつあります。

 

そしてアマビエは、なんと御朱印にも!

松山市にある三津嚴島神社でいただけます。

週末、運動もかねて神社へ足を運びました。

私自身のマスク着用はもちろんですが、

神社でも、手水の休止や鈴緒の取り外しなど対策をされていました。

日頃の感謝とともに、

1日でもはやく元の生活に戻れますようにと、しっかりお祈りできました。

caster_yano200617-3.jpg

caster_yano200617-4.jpg

 

道中には、紫陽花が。

季節を感じながら歩くことができました。

caster_yano200617-5.jpg

 

帰りには、名物・三津浜焼きをテイクアウト。

ソースのうまみがお肉やうどんなどとしっかりからみ、

あつあつボリューミーでとっても美味しかったです!

caster_yano200617-6.jpg

 

最後に。

ご紹介した三津嚴島神社の御朱印は、

6月末までいただけるようです。

お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

投稿時間:2020年06月17日 (水) 15:00 | 固定リンク


「最近、笑ったこと/笑顔になったこと」お便りお待ちしています!


次回の放送は6月19日(金)。
お便りテーマは「最近、笑ったこと/笑顔になったこと」です。
投稿お待ちしています!
https://www.nhk.or.jp/matsuyama/hotshikoku/
Twitterからは #ホッと四国 をつけてつぶやいてください

今回も立花ディレクターが似顔絵を描いてくれました♪

hotshikoku_200617.jpg

※予定変更の場合もあります。

投稿時間:2020年06月17日 (水) 14:10 | 固定リンク


6月15日(月)放送後


愛媛県立とべ動物園の田村千明さんを迎えてお送りしました。

とべ動物園では、赤ちゃん誕生のうれしいニュースが続いていますね。
今回は、5月に誕生したキリンの赤ちゃんについて詳しく話を聞きました!

赤ちゃんの性別はオスで、今後、動物園を訪れた皆さんの投票で名前が決まるそうです。
投票期間は6月16日から6月20日まで。
とべ動物園の管理事務所前に投票所があります。
どの名前になるのか楽しみですね。

そして、新型コロナウイルスをめぐる誹謗中傷や偏見をなくそうと始まった取り組み「シトラスリボン運動」について、この運動を行っている団体「ちょびっと19+(ナインティーン プラス)」共同代表の前田眞さんに電話でお話を聞きました。

madonna_200615-1.jpg

私と田村さんが手に持っているのがシトラスリボンのイラストです。
愛媛から始まったこの活動は多くの人の共感を呼び、今では全国各地に広がっています。
思いやりとやさしさ、支え合いの気持ちが今後も多くの人に伝わっていくといいですね。

投稿時間:2020年06月16日 (火) 15:21 | 固定リンク


兼題:オリーブ


2020年6月13日(土)放送
兼題:オリーブ

 

(※動画は2か月間の公開です)

 

▼入選

・オリーブの花敷き詰めて丘しづか     あみま

・分校のオリーブ咲いて閉校日        川越のしょび

・オリーブの花咲く島へ調律師        石塚彩楓

 

▼ギュッと!特選

オリーブの花ハーバーの照り返し 宮武美香

 

<解説>

「オリーブの花」は、その一花ではなく

咲き広がる光景を思わせる季語。

(例えば、「薔薇」ならばその一花を思わせますが、

「菜の花」だと広い光景を思わせるように。)

「オリーブの花」の光景から、「ハーバー」=港・船着き場の

光景に切り替わります。

「ハーバーの照り返し」は初夏のまぶしさ、この太陽が

はぐくんでくれる「オリーブの花」なのです。

「照り返し」という言葉は、南の国の海の明るい太陽を

思わせる効果を発揮します。

どこにも小豆島とは書いていませんが、太陽の豊かな恵みを

受ける小豆島のオリーブの丘と港が浮かんできました。

「オリーブ」「ハーバー」の音もさりげなく調和しています。

 

▼夏井いつきの添削「はじめの一歩!」

【添削前】

白壁とオリーブの木とランチメニュー   藤田ゆきまち

 

【添削例】白壁と花オリーブとランチの椅子

 

<解説>

「オリーブの木」だけでは季語にならない。

「花オリーブ」とした方が素敵なランチになりそう。

下五を「ランチメニュー」としても良いのですが、

同じ字余りならば「メニュー」の手元に焦点を

もってくるよりは、「ランチの椅子」としたほうが、

主役たるべき「花オリーブ」が映像として生きてきます。

>その他の添削はこちら
>秀作・佳作はこちら


投稿時間:2020年06月13日 (土) 08:00 | 固定リンク


【おめざ発見伝】もち麦スイーツ ~香川 善通寺市~


放送日: 2020613日(土)
もち麦スイーツ ~香川 善通寺市~

gyutto_200613omeza1.jpg

gyutto_200613omeza2.jpg

◎紹介した「ダイシモチの加工品」について
名称:まんでがん おしゃべり広場
住所:香川県善通寺市上吉田町2-1-9
電話番号:0877-64-0012
※番組では「ダイシモチ麦」「麦粉」「甘酒」「わらび餅」を紹介しました。
※紹介した加工品はオンラインショップまたはおしゃべり広場で購入できます。

※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。



投稿時間:2020年06月13日 (土) 07:55 | 固定リンク


【気にナル調査隊】どう変わる?結婚式最新事情を調査


2020年6月13日(土)放送

◎紹介した高松市の「ブライダル会社」について
名称:株式会社フェアリー・テイル
住所:〒760-0052 高松市瓦町2丁目2-8
電話番号:087-863-6685
※「オンライン結婚式」を5月から実施しているブライダル会社

◎紹介した松山市の「結婚式場」について
名称:マリベール・スパイア
住所:〒791-8067 松山市古三津4丁目717
電話番号:089-953-2300
※「ソーシャルディスタンス」「2会場同時中継」「3部制」「オンライン結婚式での豪華料理」を紹介

※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。

 

投稿時間:2020年06月13日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:オリーブ 秀作・佳作


2020年6月13日(土)放送
兼題:オリーブ

 

【秀作】

海風来オリーブの花ほろほろと                  じょいふるとしちゃん

オリーブは小さき花なり猫の島                   小鞠

オリーブの花の香りへ着岸す                    ひでやん

オリーブの花に大きく手を振つて                 椋本望生

オリーブの花揺れ向かう二等室                   宮本象三

祝婚や花オリーブの噎せかへる                   じゃすみん

オリーブの実よ白日の調書あり                  ぐ

オリーブの花や切り立つ石丁場                   スローライフ

オリーブの花漣を蹴る蹠                         葵新吾

オリーブの花BGMのビートルズ                   紗智

オリーブの花テラスは海へ展く                   樹朋

またひとり対岸に去り花オリーブ                 小池令香

オリーブの花や往診車の粗末                     小野 睦

オリーブ咲く二百年間沈む舟                     伊予吟会 宵嵐

オリーブの花や魔女めくリボンの子               一港

オリーブの花屑を掃く魔女のごと                樫の木

オリーブの花地球を半周する手紙                 妹のりこ

オリーブの咲く坂道を抜けフェリー               高橋寅次

登校の声やオリーブ咲く門に                     松山のとまと

海親しオリーブの花稚し                         富山の露玉

オリーブの花胸に抱き初日開く                   上原まり

オリーブの花論文査読終える朝                  世良日守

オリーブの花や水汲む錫バケツ                   戌亥

磨き上げた銀器オリーブの花揺る                抹茶金魚

オリーブの花よ泡立つスプマンテ                 平本魚水

重力いかほどオリーブの実の未来                 七瀬ゆきこ

オリーブの青い実ガリリ反抗期                   南側

オリーブの実や船底の赤褐色                     佳山

 

【佳作】

オリーブの花屑さらう瀬戸の風                   KAZUピー

オリーブの花や眼下にボスポラス                 アリマノミコ

オリーブの花うわさ好きくすんくすん             おぼろ月

オリーブの花夕暮れに紅をさし                   かつたろー。

オリーブや可愛い花が無限大                     くまのぷーさん

オリーブの花や少女のいちずな目                 のど飴

オリーブ咲く丘に魔女から宅急便                 はむ

小豆島オリーブ咲かせ百余年                     はるかん

オリーブの実は斜面軸足は右                     ペトロア

オリーブの花の光よ島風よ                       みやこわすれ

オリーブの花は白カクテルは赤                   ヤチ代

校庭のオリーブの花咲きにおう                   れんげ畑

オリーブの実の密やかに触れる音                 そまり

オリーブの開花野球応援の朝                     ゆすらご

オリーブの花夫と仲直りした数                   安宅麻由子

一面にオリーブ畑バス走る                       伊丹妙子

オリーブの実や空のお口はどこですか             花紋

オリーブの花挿す島の娘達                       亀山酔田

入選の知らせオリーブの花ひらく                 亀田勝則

オリーブの花のごと君花匂ひ                     玉井瑞月

オリーブや瀬戸内海の宝かな                     玉井令子

オリーブや寄添ふ花の愛らしく                   玉繭

オリーブの黒き実の夜は早くきて                 孝子

オリーブのたわわ子の頬には生毛                 高尾里甫

オリーブの構えるつぼみ君に似て                 三泊みなと

オリーブを愛でし亡夫の碑花こぼる               柴田禮美

オリーブの花のにほひや島に嫁す                 紗千子

対岸のオリーブの歌船出かな                     芳重孝子

オリーブの実瓶のキリリと緑濃し                 堀アンナ

幾万の鈴の音かろしオリーブ花(か)             藍月

オリーブが分教場に招き咲く                     良馬

オリーブ咲く父母が浜(ちちぶがはま)に夕日差す   六手

汐風とオリーブの実の漆黒と                     棗椰子

オリーブの実やダイヤたる瀬戸の島               野中泰風

オリーブの花が消えゆく村に咲く                 石井一草

オリーブ咲く島影は波のゆりかご                 蒼奏

オリーブの花やペペロンチーノの香               打楽器

オリーブの花大石小石聴こえたり                 土佐藩俳句百姓豊哲

ガンツウの喜寿オリーブの花                     島村福太郎

揺すられて揺すられてオリーブの実よ             東京堕天使

食べる塗る多様オリーブ花盛り                   一生のふさく

オリーブの花や法衣に運ばれて                   桃子ママ

ふる里を日記にはさみオリーブの花               湯之町冬花

オリーブの花の謡を抜けて海                     藤色葉菜

オリーブの花島にベールをかけるごと             奈良香里

普請の槌音よ戦ぐオリーブの花よ                 播磨陽子

オリーブのマリネ園児のようにそのままに         迫 久鯨

オリーブの花ある島の厠かな                     比々き

島ぢゆうが震へオリーブ落ちにけり               南方日午

反抗期のくるぶしはオリーブに似て               風ヒカル

オリーブやごつごつとした木のスプーン           城内幸江

白壁とオリーブの木とランチメニュー             藤田ゆきまち

オリーブや異国語とぎれ夕ぐれて                 たま

オリーブの島に遠隔診療来                       菊池洋勝

夕凪や姉嫁ぐオリーブの島                       我省

オリーブ園踏破して飲むサイダー                 キートスばんじょうし

炎昼やオリーブに来る郵便                       まるかじり

オリーブの木にハンモックハートの葉             すずらん

カクテルに沈むオリーブ君を待つ                 たかし

オリーブの古木の幹に芽吹きあり                 花の首飾り

 

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

投稿時間:2020年06月13日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:オリーブ 添削「はじめの一歩!」


 ・ひとり旅   オリーブの花   影笑う    快飛

燦々と 腕のびやかに  オリーブの花  ヤ~キン

<解説>

五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記です。

テレビの俳句番組で三行書き(あるいは二行書き)に

しているのは、テレビの画面が四角という事情から。

まずは正しい表記を覚えましょう。

 

球体にかつての地球の姿見る     ツチヤタカユキ             

葉の先が黄色は追肥のゴーサイン  幕末アンパンマン

<解説>

この二句は、オリーブを念頭において作られたものだと

想像はつきますが、兼題「オリーブ」とあれば、

「オリーブ」という言葉を入れる必要があります。

次回の兼題は「素麺(そうめん)」です。

ご投句お待ちしてますよ。

 

・青空にオリーブの葉ざわめいて   山きょん             

オリーブで平和を願う私たち     翡翠       

<解説>

この二句には「オリーブ」という言葉は入っていますが、

「オリーブ」のような樹木の場合は、

「オリーブ」だけでは、季語になりません。

「オリーブの花」「花オリーブ」が夏の季語

「オリーブの実」が秋の季語となります。

 

降り掛かるオリーブオイル断れぬ  はらは

オリーブの小瓶をカゴに春ぱすた  まろん             

ビン詰めのオリーブ届き朝サラダ  佳作平     

オリーブ珈琲白磁へ緑さす     河野なお

<解説>                             

河野さんからの補足で、数年前

友人が「オリーブの珈琲っていうのがあるのよ。」と、

マイセンの真っ白なカップに淹れて出してくれました。

深いのに、透明感のある緑色の珈琲で、目でも

楽しめる美味しい珈琲でした。と記載されていました。

オリーブ珈琲というものがあるとは知りませんでした。

情報ありがとう! とはいえ、オリーブオイル、

オリーブの実の瓶詰め、オリーブ珈琲などを

季語とするのは、無理があるでしょうねえ。

 

・夕凪や姉嫁ぐオリーブの島         我省           

オリーブ園踏破して飲むサイダー    キートスばんじょうし           

炎昼やオリーブに来る郵便         まるかじり             

オリーブの木にハンモックハートの葉  すずらん       

<解説>

「オリーブ」だけでは季語にならないことを逆手にとって、

別の季語と取り合わせる方法を考えた人たちもいました。

それぞれ「夕凪」「サイダー」「炎昼」「ハンモック」が季語です。

 

春オリーブ若葉ゆらめく風便り   ツークン☆

<解説>

こちらは、うっかりの季重なり。

「若葉」が季語ですから、「春」を外せばなんとかなります。

【添削例】オリーブの若葉ゆらめく風便り

ただ、こうなると季語「若葉」の句になります。

 

オリーブや異国語とぎれ夕ぐれて  たま

<解説>

このタイプの句は、「オリーブ」を季語だと思って作ったのか、

あるいは無季の句として作ったのか。

そこは作者に聞くしかないのですが、

季語「オリーブの花」を入れて17音にすることは可能です。

【添削例】異国語のとぎれ花オリーブの夕

 

オリーブの島に遠隔診療来       菊池洋勝

<解説>

季語を入れるとすれば・・・

ただ、原句の内容を全て入れるとなると、

多少の字余りを許容するしかありません。

【添削例】遠隔診療来オリーブの花の島

 

島ぢゆうが震へオリーブ落ちにけり     南方日午               

カクテルに沈むオリーブ君を待つ       たかし 

 

<解説>       

この二句は、「オリーブ」としか書いてないのですが、

全体を読めば「オリーブの実」であることが分かります。

ただ、これらも「オリーブの実」と、書けなくもないかな。

どちらも字余りになるのは致し方ないけど。

【添削例】島ぢゆうが震へオリーブの実の落つ

【添削例】オリーブの実を沈ませ君を待つカクテル

 

・反抗期のくるぶしはオリーブに似て     風ヒカル

<解説>

「くるぶし」の比喩ですから、「オリーブの実」なのでしょう。

比喩になると、季語としての力はやや弱くなりますが、

季感は残ります。

【添削例】オリーブの実に似て反抗期のくるぶし

先に「オリーブの実」を映像として出し、

季語の力を確保します。

原句も字余りなので、このぐらいの字余りは

許容されるかな、と。

 

オリーブやごつごつとした木のスプーン 城内幸江

<解説>

「オリーブ」と「木のスプーン」取り合わせがよいです。

「オリーブの実」と季語をしっかり入れて、

音数を調整してみましょう。

【添削例】オリーブの実やごつごつと木のスプン

 

>>放送で紹介された句はこちら
>>秀作・佳作はこちら

投稿時間:2020年06月13日 (土) 07:55 | 固定リンク


四国 つながるテレビ 希望編


四国 つながるテレビ 希望編
6月19日(金)総合(四国向け) 20時15分~/(再)20日(土) 総合 10時55分~

info_200619-1.jpg

info_200619-2.jpg

5月29日に放送された「四国つながるテレビ」第2弾。
緊急事態宣言が解除されたいま、四国の人々は「新たな日常」の中、困難をどのように乗り越えようとしているのか?
ようやく開館した香川の四国水族館。
マスクをつけたままの授業や3密の回避が求められる愛媛の中学校。
全国から花火を集めオリジナルの大会を開いた徳島の花火師たち。
ゲストは元サッカー日本代表の前園真聖。
高知の少年と感激の再会も!四国に希望を届ける。

info_200619-3.jpg

info_200619-4.jpg

【出演】前園真聖(元サッカー日本代表)リモート出演
    酒井博司アナウンサー(NHK松山放送局)
    宮﨑あずさアナウンサー(NHK徳島放送局) ほか



投稿時間:2020年06月12日 (金) 16:11 | 固定リンク


ページの一番上へ▲