7月23日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。
日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんと みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。
絵手紙テーマは「ブルー」。
じめじめとした「梅雨」の時期でも心が爽やかになる色ですね。
さまざまな「ブルー」の絵手紙がスタジオに集まりました。
今回もたくさんの絵手紙をありがとうございました。

etegami_190723_09.jpg

それではみなさんの絵手紙を見ていきましょう。

 

まずは、「食卓で見つけたブルー」の絵手紙です。

etegami_190723_01.jpg
~私の好きなブルーの器です。煮物・サラダ・麺類など何にでも。調理が美味しそうにみえるのもうれしいです。~

美佐子先生)
きれいな色ですね。
輪郭線の太さで陶器の重さを感じます。
食器のつぶやきのような言葉もかわいらしい絵手紙ですね。

etegami_190723_02.jpg
~これからは色々なブルーの器でテーブルセッティング。涼しい食卓を試みます~

美佐子先生)
複雑な形をよく見て描いています。
涼し気な色で沖縄にいるような気分になりますね。
屋野キャスター)
これは、柳原さんが沖縄に行った時の思い出の品だそうで、夏になると
使い続けているということです。
美佐子先生)
素敵ですね。

etegami_190723_03.jpg
~亡き母からもらった青い紫陽花が今年も咲きました。母が大好きな色。優しかった母の笑顔が思い出されます~

美佐子先生)
ハガキいっぱいに大きく描いていて良いですね。
色の置き方、雨に濡れた感じを出そうと斜めに塗っていて、
目見田さんなりの工夫があると思いました。
平野キャスター)
目見田さんはこれからも大事に育てていきます。とのことでした。
美佐子先生)
咲くと、お母さんが側にいるように感じますね。

etegami_190723_04.jpg
~伊予がすりのお手玉。母とよくしました。母の技の数。私は足元にも及びませんでした~

美佐子先生)
いくつになってもお母さんにかなわない事はありますね。
お手玉を持っている手が良く描けていて
お母さんのぬくもりが伝わってくるようです。
平野キャスター)
お手玉をしている瞬間をとらえているのも動きがあって良いですね。
美佐子先生)
そうですね。

etegami_190723_05.jpg
~子供が幼い事、夏が来ると、よくこのサンダルを履いて一緒に水遊びをしていました。
 靴箱の整理をしていて見つけました。懐かしいやら、嬉しいやら~

美佐子先生)
サインペンの細い線で細かいところまでよく描けています。
子供が履いていたサンダルは思い出がいっぱいですね。
屋野キャスター)
「夏が来た!」という言葉! サンダルの気持ちのような気がします。
美佐子先生)
親子で待ち遠しかった夏。そんな夏の思い出が感じられる絵手紙です。

etegami_190723_06.jpg
~玄関先のカメの中。めだかが可愛くてのぞいてみると、夏空が映っていました。
 広い世界を楽しんでいるめだか達。楽しそう~

美佐子先生)
めだかが何匹いるのかな?と数えてしまいそうな可愛らしい絵手紙ですね。
割り箸をとがらせたもので輪郭線を描いています。めだかの小ささが伝わりますね。
屋野キャスター)
これ、割り箸で描いているんですね?
美佐子先生)
はい。固くて細いもので描くと細かく描けるのと、描き始めに墨がハガキににじんで
変化がつきますよ。
屋野キャスター)
そうなんですね~。めだかを見ようと思って覗きこんだら、水面に映り込んだ青空に
気づくなんて素敵な絵手紙です。

etegami_190723_07.jpg
~仁淀川の近くに生まれ育ち、80年。上流に行くほど濃いブルー。水は宝。水は命。
 自慢の河川です~

美佐子先生)
川の青と山の緑の対比が、きれいです。
大きな川に圧倒されますね。
矢野キャスター)
仁淀川の「ブルー」が故郷の誇り という思い絵手紙から伝わりますね。

 

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんが 「心に残った」という
印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。今回はこんな1枚でした。

etegami_190723_10.jpg

美佐子先生)
夏休みといえば…これ!と思わせてくれる絵手紙です!

etegami_190723_08.jpg
~朝顔の花を見つけるといつも思い返します。昭和の時代はのんびりしていたな~。
 夏は涼しかったな~とか。最近の夏の暑さは体にこたえます~

美佐子先生)
花びらの薄さ、やわらかさ、そして蕾(つぼみ)の巻いている感じ、
本当に良くみて描かれています。
「昭和の涼しさ」という言葉に共感。私の思い出もよみがえってきました。
平野キャスター)
本当に丁寧に描かれていて、観察レポートのようにも感じます。
よく見て描かれているからこその美しい色なのでしょうか?
美佐子先生)
そうですね。色も丁寧につけられていますね。

 

絵手紙テーマ「ブルー」 
美佐子先生の「心に残る1枚」は 徳島県の 渡津和美さん の絵手紙でした。

 

現在の募集中のテーマは「まるいもの」
注目するのは 身の周りにある「まるいもの」。
自由な発想で絵手紙にして送ってください。
キャスター二人。そして、美佐子先生も「まるいもの」の絵手紙を描きました。

etegami_190723_11.jpg

屋野キャスターの絵手紙
今が旬の「桃」。そのまるさを表現。
香りや幸せが伝わるように描いた。

平野キャスターの絵手紙
夏休み中の我が子の手元。まるくちびた鉛筆の先。
たくさん文字を練習している様子を描いた。

etegami_190723_12.jpg

美佐子先生の絵手紙
入院している母に。毎日はいけないから、逢いたい時に、
自分の代わりに絵手紙に逢いにいってもらう。
そんな気持ちで描いた1枚だそうです。

 

絵手紙募集テーマ「まるいもの」
8月5日(月)消印有効です。
ぜひエピソードをそえて、番組まで送ってください。
おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし絵手紙は未発表のものに限ります。
放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話を
させていただきますので、お電話番号もお書き添えください。
みなさんの温かな絵手紙を次回もお待ちしています。

詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2019年07月23日 (火) 12:00 | 固定リンク


ガパオライス風スタミナ丼


■ガパオライス風スタミナ丼

<材料(2人分)>

豚ひき肉 …  200g
たまねぎ …  1/2コ
しめじ …  1/2束
ピーマン …  1コ
赤パプリカ …  1/4コ
とうもろこし(ヒゲを含む) …  1/2本
大葉 …  10枚
…  2コ
サラダ油 …  適量
ごはん …  適量

<合わせ調味料>

オイスターソース …  大さじ1
濃い口しょうゆ …  大さじ1
レモン汁 …  小さじ1

 

<作り方>

(1)ピーマンと赤パプリカは約5ミリ角、
   たまねぎはみじん切り、
   しめじは根元を切り、小さめの
   ザク切りにする。

(2)とうもろこしは皮をむき、ひげ
   (皮の内側にあるきれいなヒゲ)を取って
   食べやすい長さに切る。
   実は軸からそぎ取り、ほぐす。

(3)ボウルに、合わせ調味料の材料
   (オイスターソース、濃い口しょうゆ、
    レモン汁)を入れて混ぜる。
   ※ナンプラー(大さじ1)を使う場合、
    濃い口しょうゆとレモン汁は入れない

(4)フライパンにサラダ油(小さじ2)を
   入れてなじませながら熱し、
   (1)のたまねぎを入れ、半透明に
   なるまで強火で炒める。

(5)(4)のフライパンに、豚ひき肉を入れ、
   色が変わり、出てきた脂が透明に
   なるまで、強火で約2分炒める。

(6)(5)に(3)の合わせ調味料を入れて
   混ぜ合わせる。

(7)味が付いたら、(1)のしめじ、ピーマン、
   赤パプリカ、(2)のトウモロコシの実と
   ヒゲを入れて混ぜながら、強火で炒める。

【楽ワザ】しめじで 脂っぽさを防ぐ
 ※しめじが肉汁を吸収し、うまみを倍増。

(8)(7)の具材に火が通ったら、加熱を止め、
   大葉を手でちぎって入れ、混ぜる。

(9)目玉焼きを作る。
   卵を焼く前に、フライパンに
   サラダ油(小さじ1)を入れて熱しておく。
   ボウルの上にザルをのせ、その中に
   ゆっくり卵を割り、水っぽい白身を
   ボウルにおとし、取り除く。

【うまワザ】ザルで ふっくら
 ※ザルで水っぽい白身をこして取り除く事で
  ふっくら、濃厚な味に仕上がる。

(10)事前に熱しておいたフライパンに、
    (9)の卵をそっとザルから入れ、
    フタをして弱火で約3分焼く。

(11)黄身の周りの白身が白く固まったら
    フタを開け、さらに20~30秒加熱し
    水分をとばす。

(12)器にごはんを盛り、(8)の具材をかける。
    (11)の目玉焼きをのせて出来上がり。

 

投稿時間:2019年07月22日 (月) 18:50 | 固定リンク


うなぎのちらしずし


7月22日(月)
ゲスト: 旅館和食料理長 久保田昌司さん

【うなぎのちらしずし】
madonna_190722_recipe.jpg

《材料》(2~3人分)
うなぎのかば焼き:1匹
きゅうり    :1本
みょうが    :2コ
青じそ     :5枚
卵(錦糸卵用) :2コ
枝豆(さや付き):100g
いりごま    :適量
刻みのり    :適量
すし飯     :2合

 

《作り方》
(1)枝豆は塩ゆでして、さやから取り出す。
   きゅうりはスライスして塩をまぶし5分ほどおき、
   もんでから水けを絞る。
   青じそ、みょうがはせん切りにする。

(2)うなぎのかば焼き、錦糸卵は短冊切りにする。
   ※錦糸卵はいり卵でもかまいません

(3)すし飯に(1)、(2)を混ぜ合わせて
   いりごまを入れ、器に盛り付ける。
   食べる直前に刻みのりを添える。
   あればガリや紅生姜を添えるといい。

 

すし飯
米     :2合
水     :米の1割増し
昆布(5cm):1枚

すし酢 ※市販のすし酢でもかまいません
酢 :50ml
砂糖:35g
塩 :7g

 

★市販のうなぎのかば焼きをよりおいしく食べる方法
(1)うなぎの表面に付いているタレを
   ぬるま湯で洗い流して水けをきる。

(2)フライパンにうなぎの身を下にして入れ、
   酒と水を半々に割ったものを、
   うなぎが少し浸るくらいに入れ火にかける。
   (沸いてから弱火で3分くらい。)

(3)うなぎだけ取り出し、
   新たに熱したフライパンに油をしき、
   皮目をさっと焼いて出来上がり。
   ※元々焦げ目は付いているので焦げすぎないように

投稿時間:2019年07月22日 (月) 17:55 | 固定リンク


ガパオライス風スタミナ丼


■ガパオライス風スタミナ丼
recipe_190722_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190722_02.jpg

<作り方>
(1)ピーマンと赤パプリカは約5ミリ角、
   たまねぎはみじん切り、
   しめじは根元を切り、小さめの
   ザク切りにする。

(2)とうもろこしは皮をむき、ひげ
   (皮の内側にあるきれいなヒゲ)を取って
   食べやすい長さに切る。
   実は軸からそぎ取り、ほぐす。

(3)ボウルに、合わせ調味料の材料
   (オイスターソース、濃い口しょうゆ、
    レモン汁)を入れて混ぜる。
   ※ナンプラー(大さじ1)を使う場合、
    濃い口しょうゆとレモン汁は入れない

(4)フライパンにサラダ油(小さじ2)を
   入れてなじませながら熱し、
   (1)のたまねぎを入れ、半透明に
   なるまで強火で炒める。

(5)(4)のフライパンに、豚ひき肉を入れ、
   色が変わり、出てきた脂が透明に
   なるまで、強火で約2分炒める。

(6)(5)に(3)の合わせ調味料を入れて
   混ぜ合わせる。

(7)味が付いたら、(1)のしめじ、ピーマン、
   赤パプリカ、(2)のトウモロコシの実と
   ヒゲを入れて混ぜながら、強火で炒める。

【楽ワザ】しめじで 脂っぽさを防ぐ
 ※しめじが肉汁を吸収し、うまみを倍増。

(8)(7)の具材に火が通ったら、加熱を止め、
   大葉を手でちぎって入れ、混ぜる。

(9)目玉焼きを作る。
   卵を焼く前に、フライパンに
   サラダ油(小さじ1)を入れて熱しておく。
   ボウルの上にザルをのせ、その中に
   ゆっくり卵を割り、水っぽい白身を
   ボウルにおとし、取り除く。

【うまワザ】ザルで ふっくら
 ※ザルで水っぽい白身をこして取り除く事で
  ふっくら、濃厚な味に仕上がる。

(10)事前に熱しておいたフライパンに、
    (9)の卵をそっとザルから入れ、
    フタをして弱火で約3分焼く。

(11)黄身の周りの白身が白く固まったら
    フタを開け、さらに20~30秒加熱し
    水分をとばす。

(12)器にごはんを盛り、(8)の具材をかける。
    (11)の目玉焼きをのせて出来上がり。

 

【料理人】
野中 なかさん
栄養士・国際中医薬膳師(高知県)

○番組に出演した料理人・野中さんの教室は…
 ●四国薬膳アカデミー eatlabo
 <住所>高知県高知市旭町3丁目99  2階

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月22日 (月) 12:00 | 固定リンク


7月19日(金)放送 西日本の旅~神戸市 兵庫運河界わい~


■西日本の旅「木のぬくもりとともに(神戸市 兵庫運河界わい)」

【(株)三栄】
 番組冒頭でうつっていた、製材所です。
 家具、建具用材を中心に、国産材・外材を問わず、
 多種多様な木材・木製品を取り扱いしています。

 住所:兵庫県神戸市兵庫区材木町1番2号
 電話:078-681-4131
 営業時間:8時~17時
 定休日:第一、第三土曜日、日曜日
 
【北の椅子と】
 製材所の倉庫を改修した家具屋・カフェです。
 デンマークの1950、60年代のビンテージ家具を取り扱っています。

 住所:神戸市兵庫区材木町1番3号
 電話:078-203-4251
 営業時間:11時~18時(喫茶ラストオーダー16時)
 定休日:水曜日、土曜日

【マルナカ工作所】
 元船大工の中田武治さんの工房です。
 木の船のおもちゃについてのご質問などはこちらにご連絡ください。

 住所:神戸市兵庫区西出町1-2-8
 電話:078-652-1818
  
*SHAREWOODS(シェアウッズ)
 マルナカ工作所で六甲山の間伐材を使って
 家具などのものづくりをしている団体です。
 年に数回、一般の方向けにワークショップも開いています。

 住所:神戸市灘区王子町1-4-8阪急王子公園高架下HASE65(ハーゼロコ)内
 電話:0120-492-690
 営業時間:11時~18時(水曜定休/不定休)

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月19日 (金) 12:00 | 固定リンク


7月18日(木)放送 お手軽エクササイズ


■お手軽エクササイズ「体幹トレーニングで夏のスタイルアップ」

【出演】
窪田 三思さん
パーソナルトレーナー

○今回紹介した体操について
姿勢改善や体の引き締めができる体幹トレーニングで夏に向けたスタイルアップを目指す。

○出演した窪田さんの教室について…
 「studio34」
  愛媛県松山市生石町432-7 1F
  TEL:080-4035-3400

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月18日 (木) 12:00 | 固定リンク


大好きなおやつ


菅美可子です。

 

今日の新時代★老舗めぐりは、

私も大好きなおやつ“ひぎりやき”の老舗です。

松山で100年前から親しまれているおやつです♪

できたてのひぎりやき、外がサクッとしていて中にはあつあつのあんこ…

最高においしいんですよね~!!

 

その誕生物語や、こだわりのあんこ、

新時代を乗り切る商品などたっぷりお伝えします!

himepon_190718.jpg

写真は三代目澤井善一郎社長(一番右)と

長年働かれている従業員の皆さんです♪

 

そして私がなぜこの格好なのかは放送で明らかになります…。

 

投稿時間:2019年07月18日 (木) 11:54 | 固定リンク


7月17日(水)放送 教えて!ひるクロ先生


■教えて!ひるクロ先生「夏の工作 自分だけの流木インテリア」

【出演】
古田 新吾さん
エアプランツアーティスト(徳島)

○出演の古田さんについて
 様々なイベント会場でアレンジメントを中心に、
 テラリウムの販売やワークショップを実施
 【電話】090-4976-6672

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月17日 (水) 12:00 | 固定リンク


7月16日(火)放送 夏井いつきのムービー俳句


7月16日(火)放送 夏井いつきのムービー俳句!

(※動画は本日より2ヶ月間の公開です)

haiku_190716_01.jpg

haiku_190716_02.jpg

haiku_190716_03.jpg

投稿時間:2019年07月16日 (火) 12:00 | 固定リンク


7月12日(金)放送 西日本の旅~徳島県徳島市~


■西日本の旅「わたしたちの川 徳島 吉野川河口

◆自然体験のイベントを行うNPO法人「川塾」について
「川と人をつなぐ」ことを目的に、自然体験イベントの開催などを行うNPO法人です。NPO法人「吉野川みんなの会」が行っていた「吉野川自然教室」を引き継ぐような形で2010年に設立されました。放送では5歳以下の子どもと親を対象にしたイベントをご紹介しましたが、他にも小学4年生から中学生までを対象にキャンプなども開催されています。
住所:徳島市国府町佐野塚字出口5-7
電話:080-6385-4200

◆苔作について
1968年結成。連員数は20名程度。笛や三味線は使わず、鉦や太鼓など打楽器だけで行う激しい演奏が特徴です。20年ほど前から、吉野川の河川敷で練習を続けています。7月から8月にかけては平日週5回、20時から21時までの1時間ほど練習を行っています。

◆阿波踊りのお囃子「よしの川」について
昭和48年、東京の日本劇場で阿波踊りの公演があった際、音楽監修として関わっていたギタリストの寺内タケシさんが舞台で即興演奏したものが原曲となっています。その演奏を聞いた殿様連の笛リーダー、故・斎藤政則(さいとう・まさのり)さんが、阿波踊りのお囃子に使用したいと寺内さんに相談し、許可をもらった上で笛の譜面に起こしました。はじめは殿様連だけが演奏していましたが、それを真似して多くのグループが演奏するようになったため、正しく弾いてもらいたいという思いから譜面を広く配布したと言います。

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月12日 (金) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲