料理

春のお弁当レシピ 文旦(ぶんたん)タルタルのチキン南蛮


■文旦タルタルのチキン南蛮
recipe_190422_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190422_02.jpg

<作り方>
(1)文旦(ぶんたん)は、皮をむき、
   白い皮を取って、薄皮から果肉を出す。

(2)長ねぎ、きゅうり、ゆで卵は、
   みじん切りにする。
   鶏肉は、一口大に切る。

(3)ポリ袋に(2)の鶏肉を入れ
   塩、こしょうをかけて、袋を閉じ
   軽くふってまぶし、もみこむ。
   (3)(2)に小麦粉を加え、少し空気入れ
   振ってまぶす。
   さらに、溶き卵を加えてもみこむ。

(4)フライパンにサラダ油を熱し
   鶏肉の皮面を下にして入れ、
   フタをして中火で約3分焼き、
   裏返して約2分焼く。

【楽ワザ】焼いて ヘルシーに

(5)タルタルソースを作る。
   ボウルに(1)の文旦(1/8個分)、
   (2)のみじん切りにしたきゅうりと、
   ゆで卵、マヨネーズを入れて混ぜる。

【楽ワザ】文旦で風味よく まろやかに

(6)南蛮ダレを作る。
   別のボウルに(1)の文旦(1/4個分)、
   (2)の長ねぎ、しょうゆを入れて混ぜる。

(7)(4)の鶏肉の余分な脂をペーパータオルで
   拭き取り、(6)の南蛮ダレをかけて
   からませる。

(8)器に(7)の鶏肉を盛り付ける。
   仕上げに、(5)のタルタルソースをかけて
   出来上がり。

 

【料理人】
野中なかさん
国際中医薬膳師・栄養士(高知県)

○番組に出演した料理人・野中さんの教室は…
  ●四国薬膳アカデミー eatlabo
  <住所>高知県高知市旭町3丁目99  2階

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年04月22日 (月) 11:40 | 固定リンク


春のお弁当レシピ アスパラガスとエビのトマトクリームソテー


■アスパラガスとエビのトマトクリームソテー
recipe_190415_01.jpg

<2人分>
recipe_190415_02.jpg

<作り方>
(1)アスパラガスは根元から1cm程の
   硬い部分を切る。
   ピーラーで節と皮をむき、
   約3cmの長さに切る。

(2)たまねぎは皮をむき、
   (1)のアスパラと同じ位の長さの
   薄切りにする。

(3)えびは殻をむき、しっぽから
   3番目の節の背の近くに
   竹串やようじなどを刺して背わたを
   取り除く。
   (※途中で切れた場合は、背に浅く切れ目を
    入れて軽く開き、包丁の先で背わたを取る。)

(4)(3)のえびに塩、こしょうをふりかける。
   小麦粉をふりかけて薄く両面にまぶす。

(5)フライパンを熱し、無塩バターを入れて
   溶かし、(2)のたまねぎ、(1)のアスパラを
   入れ、塩(ひとつまみ位)を野菜にかけて
   中火で1~2分炒める。

【楽ワザ】塩で 時間短縮

(6)(3)のえびを入れて中火で炒める。
   えびが赤くなり始めたら、ブランデーと
   白ワインを入れて強火で沸かし
   アルコールをとばす。

【楽ワザ】ブランデーで コクUP
(※ブランデーがない場合は白ワイン(小さじ2程)
 多めに入れて沸かす)

(7)(6)にトマトピュレと生クリームを加え
   混ぜ合わせ、具材とからめる。
   (※トマトピュレがない場合、半分に切った
    ミニトマト(5個位)を軽く潰しながら
    エビと炒める。)

(8)塩(小さじ1/2程)、こしょう(少々)を
   ふりかけて味を調える。

(9)バターライスを作る。
   ピーナッツなどナッツ類を砕く。
   イタリアンパセリはみじん切りにする。

(10)ボウルに炊いたごはん、無塩バター
    砕いたピーナッツ、塩、イタリアンパセリを
    入れて混ぜ、 器に盛りつける。

(11)(8)の料理を(10)の皿に盛り付けて
    出来上がり。

※クリームソテーは、密閉容器に入れて
 1~2日冷蔵保存できる。

 

【料理人】
近藤 和之さん
西洋料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・近藤さんのお店・教室は…
 ●パンのある暮らし Petit Paris(プチパリ)
  <住所>愛媛県松山市畑寺4-14-23-1
  <電話>089-916-5546

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年04月15日 (月) 11:45 | 固定リンク


春キャベツのクロケット


■春キャベツのクロケット

hirukuro_recipe_190408_01.jpg

<2人分・10個>

hirukuro_recipe_190408_02.jpg

<作り方>

(1)春キャベツは、粗みじん切りにして
   塩(2つまみ)程をかけて混ぜる。
   15~20分置く

(2)新じゃがいもは皮をむき、
   小さめの角切りにする。
   鍋にじゃがいもと、それがつかる位の
   水を入れて、中火で10~15分ゆでる。
   (※竹串が通ったらOK)

(3)湯をきって、じゃがいもを鍋にもどし、
   外側に粉がふくまで鍋を揺すりながら
   中火にかけて、粉ふきいもを作る。
   ボウルに入れて、つぶす。

(4)新たまねぎは皮をむき、みじん切りにする。
   耐熱容器に入れ、ラップをふんわりかけて
   電子レンジ(600w)に約1分30秒かける。

(5)にんにくは、みじん切りにする。
   フライパンにオリーブ油、にんにくを入れ
   弱火にかける。

(6)香りがたったら、豚ひき肉を加えてほぐし、
   塩、こしょうで味をつけ、強火で2~3分
   炒める。

(7)(4)の新たまねぎを(6)に加え、1分程軽く炒める。
   白ワインを入れて強火で沸かす。

(8)トマトソースを入れて、水分がなくなるまで
   4~5分中火にかけて煮詰める。

(9)煮詰まったら、塩、こしょう(少々)で
   軽く味を調える。

(10)(3)のじゃがいもが入ったボウルに、(9)の具材を
    入れる。
    (1)の春キャベツも、水けをよくしぼって
    入れ、全体をよく混ぜ合わせる。
    (※なるべく熱いうちに、材料を混ぜ合わせる)

(11)バットなどに(10)を入れて薄く広げ、
    粗熱を取る。

(12)ボウルに小麦粉、卵、牛乳を入れて混ぜる。

【楽ワザ】バッター液で 破裂を防ぐ
    (※バッター液は小麦粉と卵を混ぜた物
     まんべんなく衣がからんで密着、
     衣がはげたり、破裂を防ぐことができる。)

(13)ポリ袋にコーンフレークを入れて
    上から叩いて小さく砕く。
    別の袋にナッツ類を入れて同じように砕く。

(14)バットにパン粉、コーンフレーク、ナッツ、
    バジルのみじん切りを入れて混ぜる。

(15)冷ました(11)を10等分に分け、形をまとめる。
    (12)の衣液を全体につけ、(14)のコーンフレーク
    パン粉をまぶす。

(16)フライパンにサラダ油を底から2~3cm入れ
    (クロケットの半分がつかる位)160~170℃
    に熱し、(15)のクロケットを入れて片面約3分
    (両面で約6分)揚げる。

(17)油をよくきって取り出し、器に盛り付け
    出来上がり。

 

【料理人】
松原 勉さん
フランス料理シェフ(香川県)

○番組に出演した料理人・松原さんのお店は…
 高松国際ホテル
  <住所>〒760-0080 香川県高松市木太町2191-1
  <TEL>087-831-1511

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年04月08日 (月) 11:45 | 固定リンク


春のおもてなし料理「新わかめと菜の花のキッシュ」


■春のおもてなし料理「新わかめと菜の花のキッシュ」

recipe_190311_01.jpg

<材料 2人分>(※耐熱皿:直径約20cm)

 recipe_190311_02.jpg

<生わかめの下準備>
(1)鍋に湯を沸かし、新わかめを入れる。
   鮮やかな色に変わったら、
   冷水に取り出しサッと洗い、
   水けをきって取り出す。

(2)わかめの茎と、軟らかい部分に切り分け
   食べやすい長さに切る。
    ※残った場合は、よく水けを取ってから、
    密閉袋に入れて冷凍庫で保存
    (約1ヶ月保存できる)

<塩蔵わかめの場合>
   真水に3~5分つけたあと
   水で塩をサッと洗い、塩抜きをして使用。

<キッシュの作り方>
(1)厚切りベーコンを約1cm角に切り、
   菜の花は約2cmの長さに切る。

(2)フライパンにオリーブ油を入れて加熱、
   (1)のベーコンを入れて中火で炒める。
   焼き色が付いたら、新わかめの茎、
   軟らかい部分の順に加え、温まる程度、
   中火でサッと炒める。

(3)加熱を止め、(1)の菜の花を加えて
   余熱で温まる程度炒める。

(4)(3)に、こしょう、合わせみそで味をつける。
   具材を取り出し、粗熱を取る。

【楽ワザ】みそで うまみアップ

(5)食パンを4等分に切り、耐熱皿の底と
   側面に少し押しながら並べる。

【楽ワザ】食パンで 時間短縮

(6)ボウルに卵を割って溶き、
   無調整豆乳を入れてよく混ぜる
   さらに(4)の具材、ピザ用チーズを入れて
   よく混ぜ合わせる。

【楽ワザ】豆乳とチーズで コクアップ!

(7)(6)の具材入りの卵液を、(5)の耐熱皿に
   流し入れ滑らかに整える。
   桜エビをまんべんなく散らす。

(8)事前にオーブントースター(約200℃)は
   温めておく。
   その中に⑦を入れて15~20分焼く。
    ※焦げないように時々、様子を見ながら
    焼きましょう。

(9)竹串など刺して中までよく焼けていたら、
   取り出して完成。
   食べやすい大きさに切り分けて食べる。

 

【料理人】
田中 美和さん
フードコーディネーター(徳島県)

○番組に出演した料理人 田中さんの教室は…
 ●食空間プロデュース「MIZUYA」(みずや)
 <電話・FAX>088-642-3607

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年03月11日 (月) 11:50 | 固定リンク


体ぽかぽか!韓国ギョーザスープ


■体ぽかぽか!韓国ギョーザスープ

recipe_190227_01.jpg

<材料(2人分 約20個)>

recipe_190227_02.jpg

<作り方>
(1)鍋に湯を沸かし、塩(小さじ1)を入れて混ぜ
   もやしを入れて、フタをして沸いてきてから
   約2分ゆでる。
   ザルに上げて水けを切り、粗熱が取れたら
   約1cmの長さに切って、よく水けをしぼる。

(2)キャベツは5mm角に切る
   フライパンを熱し、ごま油(大さじ1)を入れて
   なじませ、キャベツを入れて強火で炒める。
   1分程炒めてしんなりしてきたら、
   塩、こしょう(各適量)で味をつけて、取り出す。

(3)バットにガーゼなどの綿布を敷き、豆腐をのせて
   木べらでつぶし、布で包んで水けをよくしぼる。

【楽ワザ】豆腐で ふんわり食感

(4)白ねぎはみじん切りに、にらは1cmの長さに切る

(5)キムチは細かく刻み、布に包んで水けをしぼる。

(6)ボウルに豚ひき肉、(1)のもやし、(2)のキャベツ
   (3)の木綿豆腐、(5)のキムチ、小麦粉を入れ混ぜる。

(7)にんにくすりおろし、しょうがすりおろし、砂糖、
   ごま油(大さじ1と1/2)、白ごま、塩(小さじ1/2)、
   こしょう(適量)、焼き肉用のタレを入れて、
   粘りが出るまでよく混ぜる。

【楽ワザ】焼き肉用のタレで コクUP!

(8)(4)の白ねぎみじん切りと、にらを入れて
   サッと混ぜる。
   (※白ねぎとニラの臭みが出るので混ぜすぎない)

(9)大判サイズのギョーザの皮に、あんをのせて
   半分に折って包み、皮の端に水をつけて止める。
   さらに左右の端に水をつけて少し重なるように
   止めて丸い形にする。

(10)鍋に水と昆布を入れて約10分置く

(11)白ねぎを半分に切り開き、約5cmの長さに切る。

(12)(10)の昆布だしを強火で沸かし、昆布を取り出す。
    にんにくすりおろし、酒、濃口しょうゆ、みりん、塩を
    入れて沸かし、(11)の白ねぎを入れひと煮立ちさせる。

(13)(9)の韓国ギョーザを入れて強火で加熱、
    浮いてきたら、中火にして約3~4分煮る

(14)卵は黄身と白身に分けてそれぞれ溶く。
    フライパンにサラダ油(分量外)を薄くひき
    それぞれ薄焼きにする。
    焼けたら取り出し、ひし形などに切る。

(15)器に盛り付け、(14)の薄焼き卵、糸とうがらしをのせて、
    出来上がり。

 

【料理人】
李 英玉さん
韓国料理店店主(愛媛県)

○番組に出演した料理人・李さんのお店は…
 ●オモニ別邸 松山カルビ
<住所>愛媛県松山市三番町2丁目8-2-1F
<電話・FAX>089-935-7228

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年02月27日 (水) 11:40 | 固定リンク


うまみたっぷり!アクアパッツァ


■うまみたっぷり!アクアパッツァ
recipe_190128_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190128_02.jpg

<作り方>

(1)あさりは濃度3%の塩水
   (水500mlに対して塩大さじ1)に
   半日以上つけて水洗い、砂抜きする。

(2)ドライトマトは、約80℃の湯に約5分つける。

(3)フルーツトマトはヘタを取り、半分に切る。
   アンチョビ、イタリアンパセリはみじん切り、
   にんにくはタテ半分に切り芽を取り、軽くつぶす。

(4)白身魚の皮面に、軽く「×」印の
   切れ目を入れて裏返し、塩とこしょうで
   下味を付け、小麦粉をまぶして
   余分な粉ははらう。

(5)フライパンにオリーブ油(大さじ2)と
   (3)のにんにくを入れて中火にかけて
   香りがたってきたら、にんにくを一旦取り出す。

(6)(4)の切り身は皮面を下にして
   フライパンに入れ、強火で約1分焼く。

【楽ワザ】表面を焼いて 煮崩れしらず
(※煮崩れ防止・うまみを閉じ込め食感アップ)

(7)切り身に焼き色がついたら裏返す。
   白ワイン、水、(1)のあさり、(5)の取り出した
   にんにく、(3)のアンチョビ、オリーブの塩漬け、
   (3)のフルーツトマト、(2)のドライトマト、
   もどし汁を入れフタをして中火で2~3分煮る。

【楽ワザ】ドライトマトで うまみ倍増!

(8)器に盛り付け、オリーブ油(小さじ2)を
   回しかけ、(3)のイタリアンパセリをちらす。

 

【料理人】
青野摩周さん
イタリア料理店店主(高知県)

○番組に出演した料理人・青野さんのお店は…
 ●バール・バッフォーネ
<住所>〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-2-10 モリタビル1F
<電話>088-822-3884
<営業時間>18:00~24:00

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年01月28日 (月) 11:50 | 固定リンク


白菜と餅のとん平焼き風


■白菜と餅のとん平焼き風

recipe_190107_01.jpg

<材料(1枚分)>

recipe_190107_02.jpg

 

<作り方>
(1)餅は、水平に2等分して厚さを半分にする。
   (※水に、半日ほどつけておくと切りやすく)

(2)フライパンにサラダ油(小さじ1)入れて熱し、
   (1)の餅を、少し間を離して並べる。
   水をふりかけフタをして、水が沸いてきてから
   弱火で約2分蒸し焼きにする。
   2分経ったら加熱を止めて、さらに2分以上置く。

【楽ワザ】蒸し焼きで しっとりもちもち

(3)白菜は大きめの葉を選び、葉と軸に分ける。
   葉は一口大のザク切りに、軸は削ぎ切りにする。
   豚肉は2~3等分に、青ねぎは2cm位の長さに
   田作りは、キッチンばさみなどで小さめに切る。

(4)フライパンにサラダ油(小さじ1)を入れて熱し
   (3)の豚肉を並べ、その上に白菜をのせ、
   青ねぎをかける。
   フタをして、中火弱で約2分蒸し焼きにする。

【楽ワザ】白菜のせて 豚肉しっとり

(5)ボウルに卵を割り入れて溶き、かりゅう和風だし、
   天かすを入れてよく混ぜる。

(6)(4)のフライパンに、(2)の蒸らした餅、
   (3)の田作りをのせる。
   卵液を回しかけ、フタをして
   弱火で約1分30秒蒸し焼きにする。

(7)(6)を裏返して、さらに弱火で1分程
   表面に焼き色がつくまで焼く。
   (※フタはしない)

(8)お好みソースを作る。
   ボウルにソース、トマトケチャップ、
   濃口しょうゆ、すりおろしりんごを入れて混ぜる。
   (※ソースはウスターソース、とんかつソース、
   焼きそばソースなど自宅にあるものでOK)

【楽ワザ】すりおろしりんごで マイルドに

(9)(7)が焼けたら、器に取り出し
   (8)のお好みソース、マヨネーズ、青のり、
   かつお節をかけて、紅しょうがを添え
   出来上がり。

<簡単スイーツ!黒豆きなこの作り方>
(1)ボウルにきな粉、黒すりゴマ、砂糖を入れて
   混ぜる。

(2)黒豆(煮豆)を入れて、和えて出来上がり。

 

【料理人】
伊井亜規光さん
フードコーディネーター(愛媛)

○番組に出演した料理人・伊井さんの教室は…
●MOGUMOGUキッチンプロジェクト(フードビジネススクール松山)
 <住所>愛媛県松山市湊町6丁目2-2 ミツワ市駅西ビル2階
 <電話番号>0120-94-4126
       089-931-6353

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年01月07日 (月) 11:50 | 固定リンク


12月28日(金)放送 うちごはん&産地めし


■マダイのたたき サラダ仕立て

hirukuro_recipe_181228_01.jpg

<材料(4人分)>

マダイ             … 1匹(1kg)
アボカド            … 1/2個
落花生(塩ゆで)        … 40g
たまねぎ            … 1個
きゅうり            … 1本
かいわれ大根          … 1パック
フルーツトマト         … 1個
すだち             … 1個
エディブルフラワー       … 適量
にんじん            … 適量

(薬味)
もみじおろし          … 適量
青ねぎ             … 適量

(すだちポン酢)
すだち(しぼり汁)       … 50ml
薄口しょうゆ          … 50ml
昆布              … 5cm角

<作り方>

(1)水洗いしたマダイを3枚におろし、軽く塩をふって、15~20分おく。

(余分な水分が抜け、うま味が凝縮される。)

(2)たまねぎをスライスして水にさらしておく。きゅうり、かいわれ大根は食べやすい大きさに切っておく。

(3)アボカド、フルーツトマト、すだちはスライスしておく。落花生は殻をむき、ぶつ切りにする。

(4)すだちポン酢を作る。すだちのしぼり汁(10個分、50ml)に、同量の薄口しょうゆ(50ml)、5cm角に切った昆布をいれ、しばらく置いておく。

(5)(1)のマダイの皮目をバーナーであぶる。冷水にとり、水気をふき取っておく。

(臭みが取れ、香ばしさが増す。家庭では、熱したフライパンで皮目だけを焼く。)

(6)(2)の野菜を皿の上に広げる。その上に(4)のマダイをそぎ切りにして、(3)の野菜と一緒に盛り付ける。エディブルフラワー、にんじん(よりにんじん)を散らして出来上がり。

 

○道後温泉 ふなや
久保田昌司さん
愛媛県松山市道後湯之町1-33
0120-190-278

 

 

■土佐ジローと旬野菜のルーレ 金時にんじんソース

hirukuro_recipe_181228_02.jpg

<材料(2人分)>

土佐ジローもも肉        … 2枚
ブロッコリ(房)        … 40g
金時にんじんスティック(2本) … 60g
ベーコンスライス        … 1枚
スライスチーズ         … 1枚
塩               … 適量
こしょう            … 適量
オリーブオイル         … 適量

(付け合せ)
れんこん            … 適量
塩               … 適量

(金時にんじんソース4人前)
たまねぎスライス        … 70g
金時にんじんスライス      … 80g
オリーブオイル         … 大さじ1
水               … 115ml
みかんジュース         … 80ml
チキンコンソメ(顆粒)     … 小さじ1
塩               … 適量
こしょう            … 適量

<作り方>
(1)土佐ジローもも肉の筋を切り、四角く平らになるように整形し、両面に塩・こしょうをしておく。

(肉が縮むのを防ぐ。具材が巻きやすくなる。)

(2)金時にんじんスティック、水(小さじ1)を耐熱容器に入れラップし、500Wのレンジで1分半加熱。
   ブロッコリも同様に、1分加熱し、水分を切り小さくカットしておく。

(3)アルミホイルにオリーブオイルをぬり、(1)のもも肉をのせる。
   もも肉の上に(2)の金時にんじんとブロッコリ、2mm幅に切ったベーコン、1cm幅に切ったチーズをのせ、具材が中心に来るように巻き込む。
   アルミホイルの両端はキャンディを包む要領でとめ、余分な部分は切っておく。
   200℃のオーブンで10分焼き、取り出した後は8分間、そのままの状態で休ませる。

(余熱で火を通す事で、肉がやわらかく仕上がる)

(4)ソースを作る。スライスした、たまねぎと金時にんじん、水(大さじ1)を耐熱容器に入れラップし500Wのレンジで2分加熱。
   鍋にオリーブオイル(大さじ1)と加熱した、たまねぎ・金時にんじんを入れ、色づけないよう炒める。
   残りの水(100ml)、みかんジュース(80ml)、チキンコンソメ(小さじ1)を入れ、一度沸かし、弱火にしてから、およそ8分間煮込む。煮込んだら、ミキサーにかけ、塩・こしょうで味を調える。

(5)付け合わせを作る。れんこんは2mmにスライスし、酢水に10分間つけておく。
   キッチンペーパーで水分をとり、耐熱容器に重ならないように並べたら、ラップをせずに500wのレンジで3分加熱。れんこんをひっくり返したあと、もう一度3分加熱し、パリッとしたら、塩をふる。

(6)盛り付け。お皿に(4)のソースを流す。(3)のルーレはアルミホイルごとカットしてから、アルミホイルをはずしソースの上に乗せる。仕上げに(5)のれんこんを飾り付けて出来上がり。
   お好みで、カットしたみかんを並べてもよい。

 

○高松国際ホテル
松原勉さん
香川県高松市木太町219-1
087-831-1511

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年12月28日 (金) 11:50 | 固定リンク


老舗旅館の味!ぶり根菜


■老舗旅館の味!ぶり根菜
recipe_181217_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_181217_02.jpg

<作り方>
(1)大根、にんじん、れんこん、ごぼうは、
   皮をむき、乱切りにする。

【楽ワザ】乱切りで 面取りいらず 味しみしみ
(煮崩れを防ぎ、味もよく染みこむ)

(2)鍋に水と日本酒を入れて沸かし、
   (1)の根菜を入れ、強火で加熱する。

(3)沸いたら中火にして、砂糖、みりんを入れ、
   落としぶたをして、中火で15~20分煮る。

【楽ワザ】日本酒で 根菜のうまみアップ!
(根菜のうまみや甘み、風味を引き出す)

(4)ブリの切り身は、半分の大きさに切る。

(5)別の鍋に湯を沸かし、ブリをサッと入れ、
   色が変わったらすぐ冷水に入れて洗い
   ペーパータオルで水けを取る。

(6)大根を目安に根菜が軟らかくなったら、
   湯通ししたブリ、濃口しょうゆ、
   しょうがは薄切りにして入れる。
   落としぶたをして、中火で約5分煮る。

【楽ワザ】しょうゆは 仕上げに
(煮汁がまろやかになり、身のパサつきも防ぐ)

(7)仕上げに水菜を入れ、ひと煮立ちさせる。

(8)器に盛り付ける。
   ゆずの皮を刻み、仕上げにのせて
   出来上がり。

 

【料理人】
久保田昌司さん
日本料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人久保田さんのお店は…
 ●道後温泉 ふなや
 <住所>愛媛県松山市道後湯之町1-33
 <電話>0120-190-278

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年12月17日 (月) 11:50 | 固定リンク


ハマチのオイル蒸し キウイソースがけ


■ハマチのオイル蒸し キウイソースがけ

recipe_181210_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_181210_02.jpg

<作り方>
(1)ハマチの切り身に、塩(小さじ1/2)を
   両面にふりかけ約10分置く
   (※切り身はタラやタイなどの白身魚でもできる)

(2)とうがらしはヘタを切り、中の種周辺を取り除き
   小口切りにする。
   キウイは皮をむきザク切りに、さらに粗めにつぶす

(3)にんにくは、みじん切りにする。

(4)10分後、切り身の表面の水分をペーパータオルで
   よく拭き取る。

(5)フライパンにオリーブ油(大さじ1)と、(3)を入れ、
   弱火で炒める。
   香りが出てきたら(4)の切り身の皮を下にして入れ
   中火で約2分焼く。

(6)こんがり焼き色がついたら裏返す。
   白ワイン(または日本酒)、オリーブ油(大さじ1)入れ、
   塩、こしょうで味を調え、フタをして中火で5~6分
   蒸し焼きにする。

【楽ワザ】オイル蒸しで ふっくらしっとり

(7)小鍋にオリーブ油(大さじ1)と、(2)のとうがらしを入れ
   弱火で約1分加熱する。

【楽ワザ】弱火で 辛さとうまみを引き出す

(8)約1分加熱後、加熱を止める。
   (2)のキウイ、塩、砂糖を入れて、よく混ぜ合わせる。

(9)器に切り身を盛り付け、その上にキウイソースをかける。
   (※付け合わせにお好みの野菜、ハーブを飾る。)

★オイル蒸しは鶏肉や豚肉でも、しっとりおいしくできる。
★ソースはキウイの他、オレンジやパイナップルでも代用できる

 

【料理人】
八木 香里さん
スパイスクッキングアドバイザー(香川県)

○番組に出演した料理人・八木さんのお店・教室は…
●グッドフードスタジオ「カルダモン」
<住所>香川県高松市古新町1-4

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年12月10日 (月) 11:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲