料理

チキンクリームシチュー


■チキンクリームシチュー
recipe_181203_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_181203_02.jpg

<作り方>
(1)たまねぎは皮をむきくし切り
   ニンジンは皮をむき一口大に
   じゃがいもは皮をむき大きめの一口大に
   マッシュルームは半分に、
   かぶは皮をむき6等分に切る。

(2)鶏もも肉は脂身を取り、一口大に切る。
   「塩・砂糖水」の材料を合わせ、
   身の方だけにかけてなじませる。

【楽ワザ】塩・砂糖水で ジューシーに!

(3)鍋にオリーブ油(大さじ1)を入れて加熱
   (1)のたまねぎに塩(ひとつまみ)をかけて
   強火で炒める。

(4)油が全体になじんだら、(1)のにんじんを加え
   さらに強火で半透明になるまで炒める。

(5)(4)に小麦粉を入れて、具材に
   からめながら炒める。

【楽ワザ】小麦粉を具材にからめ ダマしらず

(6)小麦粉がからんだら、湯を少しずつ入れる。

(7)牛乳と、ローリエを(6)に入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。
   沸いたら(1)のじゃがいもを加え、中火に落とし
   約10分煮る(※フタはしない)

(8)フライパンに無塩バター(大さじ1)と
   オリーブ油(大さじ1)を入れて加熱
   バターが溶けたら鶏肉の皮を下にして入れ、
   フライ返しなどで軽く押しながら
   強火で1分半~2分焼く。

(9)パリッとこんがり焼けたら裏返し、
   さらに1分ほど強火で焼く

(10)(9)の鶏肉に白ワインをかけて
    フタをして強火で沸かす。

(11)生クリームを(10)に加え、ひと煮立ちさせ
    加熱を止める。

(12)(7)の鍋に、(1)のカブ、マッシュルームを入れて
    中火で1分ほど煮る。

(13)(11)の鶏肉と汁全部を(12)の鍋に加えて混ぜ、
    味見をしながら塩、こしょうで味を調える。
    風味付けにお好みでナツメグを入れて混ぜ
    加熱を止める。

(14)冷蔵庫から出したばかりの冷たい
    無塩バター(大さじ1)を入れて軽く混ぜて
    出来上がり。

(15)器に盛り付ける。
    (※飾り用の大根、にんじんは輪切りにして
     ブロッコリは小房に分けて塩ゆでする。
     型抜きで星形など型ぬきしてシチューに飾る。)

 

【料理人】
島田 和幸さん
西洋料理(高知県)

○番組に出演した料理人島田さんのお店は…
 ●グランディ-ル高知駅前店(レストラン)
<住所>高知県高知市新本町2-4-3-2階
<電話>088-855-9855
<営業時間>11:00~20:00

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年12月03日 (月) 11:50 | 固定リンク


漁師の妻直伝!サバの甘酢炒め


■サバの甘酢炒め

recipe_181119_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_181119_02.jpg

<作り方>
(1)サバは、5~6枚に削ぎ切りにする。

(2)(1)に、濃い口しょうゆをかけて約5分置く

【楽ワザ】しょうゆで 臭み取り

(3)山芋は皮をむき、約1cm幅の輪切りに
   たまねぎは皮をむき薄切り
   パプリカとピーマンは一口大ほどの
   乱切りにする。

(4)(2)のサバの水けをペーパータオルなどで
   ふき取る。
   ポリ袋に小麦粉とサバを入れ、
   袋の口を閉じて振ってまぶす。

(5)フライパンの底から3~4cmほど
   サラダ油を入れて170~180℃に加熱する。
   (※菜箸をつけて細かい泡が出たら入れる)
   サバに付いた余分な粉を軽く手ではたいて、
   身の方を先に油に入れて片面約2分、
   裏返して約1分、揚げ焼きにする。

【楽ワザ】身を先に揚げ焼きにして ふっくら!

(6)別のフライパンに、サラダ油(大さじ1)を
   入れて熱し、(3)の山芋、ピーマン、パプリカ、
   たまねぎを入れて強火で炒める。

(7)野菜に焼き色がついてきたら、日本酒を入れて
   フタをして約1分蒸し焼きにする。

(8)甘酢を作る。
   ボウルに水、濃い口しょうゆ、みりん、砂糖、
   酢を入れて混ぜる。

(9)(5)のサバの油をサッときって、
   (7)のフライパンに加え、野菜と合わせ、
   甘酢を加えてからめる。

(10)火を止めて水溶きかたくり粉を回し入れる。
    強火にして、ひと煮立ちさせる。

(11)青ねぎを小口切りにする。
    器にサバの甘酢炒めを盛り付けて
    仕上げに、青ネギをちらす。

 

【料理人】
喜田ヒサ子さん
愛媛県漁協女性部連合会(愛媛県)

○愛媛県漁協女性部連合会
<住所>愛媛県松山市二番町4丁目6-2(信漁連内)
<電話>089-933-8716


------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年11月19日 (月) 11:50 | 固定リンク


根菜とアサリのミネストローネ


■根菜とアサリのミネストローネ

recipe_181112_01.jpg

<材料(4人分)>

recipe_181112_02.jpg

<作り方>

(1)あさりは塩水に半日以上つけて
   砂抜き、よく水洗いする。

(2)水(800ml)に昆布を入れて
   約30分以上つける。

(3)れんこん、ごぼうは、土汚れなどよく水で洗い
   約1cmの角切り、酢水(水1カップに対し酢大さじ1)
   または水に5~10分つけて色止めする。

(4)たまねぎ、パプリカ、にんじんは、約1cmの角切り
   にんにくはみじん切りにする。

(5)鍋にオリーブ油、(4)のにんにくを入れ
   弱火で30秒ほど炒める。

(6)にんにくの香りが出てきたら、中火にして
   れんこんとごぼうは水でサッと洗って水けを
   きって入れる。
   さらに、にんじん、たまねぎ、パプリカを加えて
   約5分よく炒める。

(7)別の鍋に(1)のあさり、(2)の昆布水を入れて
   フタをして強火で2~3分あさりの口が開くまで煮る。

【楽ワザ】昆布水で うまみUP

(8)あさりの口が開いたら火を止めてあさりとダシにわける。
   (あさりの身は、粗熱がとれたら殻からはずす)

(9)(6)に(8)のだしと、トマトジュースを入れて混ぜる
   沸騰したら、フタをして中火で約10分煮る。

【楽ワザ】トマトジュースで 味を調える

(10)ブロッコリは小房に切り分けてよく水で洗い
    水けのあるまま耐熱皿に入れてラップをかけて
    電子レンジ(600w)に1分かける。

(11)10分後、(9)に(10)の加熱したブロッコリ、
    あさりのむき身を加えてひと煮立ちさせる。
    塩、こしょうで味を調える。

(12)器に盛り付け、仕上げに粉チーズ、EXオリーブ油を
    かけて出来上がり。
    ※ミネストローネは密閉容器にいれて3~4日冷蔵保存
     または、密閉袋に入れて1か月程、冷凍保存できる。

 

<リメイク料理 ~ミネストローネdeドリア~>
(1)えびは皮をむき、背ワタを取る

(2)鍋にミネストローネ(300g)、生クリームを入れて
   沸騰してきたら(1)のえびを入れて中火で2~3分
   ゆでる。

(3)えびがゆであがったら取り出す。
   鍋にごはんを入れて混ぜ、ひと煮立ち
   塩、こしょうで味を調える。

(4)グラタン皿に(3)のごはんと具材を入れ、
   取り出したえび、下ゆでしたブロッコリなど
   お好みの具材、ピザ用チーズをかける。

(5)オーブントースターに入れて、10分程焼く 
   表面のチーズにこんがり焼き色がついたら完成。

 

【料理人】
中野 誠司さん
イタリア料理の出張料理人(香川県)

○番組に出演した料理人・中野さんの出張料理依頼・料理教室は…
La Salute(ラ・サルーテ)
電話:090-8696ー2347

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年11月12日 (月) 11:50 | 固定リンク


ご飯がすすむ!里芋の肉巻き 黒酢ダレ


■里芋の肉巻き 黒酢ダレ

recipe_181029_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_181029_02.jpg

<作り方>
(1)里芋は皮をむき一口大に切る。
   耐熱皿に里芋、水(大さじ1)を入れ、ラップをかけ
   電子レンジ(600w)に3分かける。

(2)加熱した里芋の粗熱を取る。

(3)付け合わせの野菜(パプリカ・ピーマン・玉ねぎ)は
   粗みじん切りにして、水にさらす。

(4)豚肉を広げ、塩、こしょうをふりかけて下味をつける。
   その上に、かたくり粉を茶こしなどに入れて薄めに
   ふりかけて、(2)の里芋をのせて巻いて包む。

【楽ワザ】かたくり粉で うまみを閉じ込める

(5)里芋の肉巻きの表面全体に、かたくり粉をつけて
   しっかり付くように軽く握る。

(6)フライパンに肉巻きが浸かる位のサラダ油を入れて
   熱し、(5)の肉巻きを入れて表面がカリッと香ばしい
   色になるまで1分半~2分揚げ焼きにする。
   焼きあがったら、油をきって取り出す。

(7)鍋(または深めのフライパン)に、水、日本酒、
   濃い口しょうゆ、砂糖、黒酢、穀物酢を入れて
   中火にかけ、ひと煮立ちさせる。

【楽ワザ】穀物酢を加え まろやかに

(8)(6)の肉巻きを(7)に入れて、タレをからめる。

(9)水溶きかたくり粉を加え、タレにとろみをつける。

(10)器に(3)の野菜、肉巻き、ミニトマト、パセリなど
    盛り付けて、仕上げに黒酢ダレをかける。

 

【料理人】
西尾 正さん
中国料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・西尾さんのお店は…
【店名】赤坂四川飯店 松山店(あかさかしせんはんてん まつやまてん)
【住所】愛媛県松山市湊町5丁目1-1
    いよてつ高島屋8階
【営業時間】11:00~22:00(11:00~15:00ランチ)
【電話番号】089-948-7028

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年10月29日 (月) 11:50 | 固定リンク


秋野菜の和風ビーフシチュー


■秋野菜の和風ビーフシチュー

recipe_181022_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_181022_02.jpg

<作り方>
(1)かぼちゃは一口大の大きさに切り
   面取りする。

(2)ポリ袋に(1)と、塩こうじ(小さじ2)を入れてもむこみ
   まんべんなくまぶし、約10分置く。

【楽ワザ】塩こうじで 甘みアップ

(3)たまねぎは皮をむき薄切りに、しめじは石突きを切り
   ほぐす。
   ごぼうは皮をそぎ、斜め薄切りにして水にさらす。

(4)ポリ袋に牛肉、塩こうじ(小さじ2)を入れてもみこむ。
   全体にまぶしたら、薄力粉を入れて袋の口を
   しっかり閉じて振ってまぶす。

(5)鍋に水(150ml)、(2)のかぼちゃを入れて強火で加熱、
   沸騰してきたらフタをして中火で約8分煮る。

(6)8分煮た後、かぼちゃと煮汁に分ける。
   煮汁は300mlになるように、水を追加する。

(7)別の鍋にオリーブ油を入れて加熱、牛肉を入れて
   中火で焼き色がつくまで炒める

(8)牛肉に焼き色がついてきたら、(3)のたまねぎ、
   しめじ、ごぼうを入れて中火で1~2分
   しんなりするまで炒める。

(9)日本酒を入れて強火で沸かし、アルコールをとばす。

(10)(9)の日本酒が沸いてきたら、トマトの水煮、
    かぼちゃの煮汁(300ml)、濃い口しょうゆ、はちみつ、
    甘酒を入れて混ぜる。
    ローリエを入れて沸騰したら、弱火で15分煮る。

(11)15分煮た後、合わせみそを溶きながら入れる。
    (6)の煮たかぼちゃを加え、強火でひと煮立ちさせる。
    器に盛り付けて出来上がり。

 

【料理人】
菊地美奈子さん
上級麹士(愛媛県)

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年10月22日 (月) 11:50 | 固定リンク


秋味を満喫!サンマのきのこあんかけ


■サンマのきのこあんかけ
recipe_181015_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_181015_02.jpg

<作り方>
(1)さんまは、ぬめりや汚れを水で洗い、水けをとる。

(2)さんまの身は半分または3等分に切る。
   (※内蔵が苦手な方は、まな板にオーブン用の紙を敷き、
   さんまをのせ顔のすぐ後ろにある胸びれの下に包丁を入れて
   頭を落とし、切り口の手前を指で挟んで内臓を出して
   包丁でおさえ、ゆっくり引っ張って取り除く。)

(3)両面に塩、こしょうをかけてハケなどで薄力粉をつける。

(4)フライパンにサラダ油を入れて熱し、
   (3)のさんまは、盛り付けたい面を下にして入れ、
   中火弱で片面5分、裏返して3分焼く。

(5)キノコ類、しいたけやエリンギは薄切りに
   エノキダケやしめじは石突きを切り、ほぐして
   アルミホイルの上で、全てを混ぜ合わせる。

(6)日本酒を(5)にかけてホイルで包み、
   さんまの片面を5分焼いたあと、空いている所に
   入れて一緒に焼く。

【楽ワザ】酒でふっくら 風味アップ!

(7)にんじんと、パプリカは、千切りにする。

(8)鍋にかつおと昆布の合わせだし、うす口しょうゆ、
   みりんを入れて沸かし、(7)のにんじん、パプリカ、
   (6)のホイル焼きにしたきのこを入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。

(9)水溶きくず粉を(8)に少しずつ入れてとろみをつけ
   ゴマ油を入れて「きのこあん」のできあがり。

(10)器に、焼いたさんまを盛り付け、きのこあんをかける。
    仕上げにみつばと、しょうがのすりおろしをのせて
    できあがり。

 

【料理人】
久保田 昌司さん
日本料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・久保田さんのお店は…
 ●道後温泉 ふなや
<住所>愛媛県松山市道後湯之町1-33
<電話>0120-190-278

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年10月15日 (月) 11:50 | 固定リンク


さつまいもと豚肉のミルフィーユフライ


■さつまいもと豚肉のミルフィーユフライ

recipe_181001_01.jpg

<2人分>
recipe_181001_02.jpg

<作り方>
(1)さつまいもは皮をむき、薄い半月切りにする。
  (※皮の食感が気にならない方は皮付きのままでOK)

(2)切ったらすぐにサッと水洗い、水が白く濁ってきたら
   取り出して水けをきり、耐熱皿に並べる。

【楽ワザ】サッと洗って ホックホク!
   (※切り口が変色しやすいので切ったらすぐ
    水にさらしサッと洗う。長時間水につけておくと
    うまみがぬけてしまう)

(3)並べたさつまいもに、水(大さじ1)をふり入れて
   ラップをふんわりかぶせ、電子レンジ(500w)に
   3分かける。

(4)いちじくは皮をむき、薄切りにする。
   豚肉は、筋切りをする。

(5)(3)のさつまいもをレンジから取り出し、
   ザルにあげて、水けをしっかり取る。
   さつまいもが熱いうちに、シナモンシュガー(適量)を
   ふりかけて、まぶす。

(6)まな板の上に大きめのラップを敷き、
   塩、こしょう(各適量)をふって、その上に(4)の豚肉を
   1枚のせる。
   その上に(5)のシナモンをまぶしたさつまいも、
   (4)のイチジク、スライスチーズ(各2~3枚)をのせ
   最後に豚肉をのせる。

(7)(6)の具材に薄力粉、溶き卵、パン粉をつなぎ目まで
   丁寧に全体につける。

(8)フライパンの底から約1cm位までサラダ油を入れて
   170~180度に熱し、(7)を入れて片面約1分ずつ
   両面をこんがり揚げる。

(9)きのこのクリームソースを作る。
   生しいたけは石づきを切り薄切りに、
   マイタケはほぐす。

(10)別のフライパンにサラダ油(大さじ1)を入れて熱し、
    (9)のきのこを全て入れ、強火で1~2分炒める。

(11)きのこがしんなりしてきたら、塩、こしょうで
    味を調え、白ワインを入れて強火で
    ひと煮立ちさせる。

(12)白ワインが沸いてきたら、生クリームを入れて
    強火でひと煮立ちさせ、火を止める。

(13)濃い口しょうゆ、はちみつ、粒マスタード、
    パセリのみじん切りを入れて、混ぜ合わせ
    クリームソースが完成。

【楽ワザ】しょうゆで コクをアップ!

(14)(8)のフライを取り出し、1分程置いて
    余熱で中まで火を通す。

(15)フライを食べやすい大きさに切り、器に盛り付ける。
    (13)のクリームソースをかけて完成!

 

【料理人】
松原勉(まつばらつとむ)さん
フランス料理シェフ(香川県)

○番組に出演した料理人・松原さんのお店は…
高松国際ホテル
<住所>〒760-0080 香川県高松市木太町2191-1
<TEL>087-831-1511

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年10月01日 (月) 11:50 | 固定リンク


タンドリーチキンそうめん


■タンドリーチキンそうめん

recipe_180903_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180903_02.jpg

<作り方>

(1)ボウルにプレーンヨーグルト、トマトケチャップ、
   カレー粉、ニンニクすりおろし、しょうがのすりおろし、
   塩、こしょうを入れてよく混ぜる。

(2)鶏むね肉は,繊維を断ち切る方向にそぎ切りにする。
   (1)のボウルに鶏肉を入れて、下味用のタレをよく
   もみこみ、約20分以上漬け込む。

【楽ワザ】ヨーグルトで やわらかジューシー

(3)ポーチドエッグを作る
   鍋に水を入れて沸騰させ、酢と塩を入れて混ぜる。
   再び沸騰したら、箸で湯をかき混ぜて渦を作り
   渦の中に卵を割り入れてフタをして火を止めて
   約3分置く
   (※1つの渦に1個ずつ卵を入れる。
   2個以上一緒にフタをして置く時は4~5分様子を
   見ながら置く)

【楽ワザ】渦で簡単ポーチドエッグ

(4)ズッキーニはいちょう切りに、
   ミニトマトは食べやすい大きさに切る。
   クルミは粗めに砕く。

(5)フライパンにサラダ油(適量)を入れて熱し、
   (4)のズッキーニを入れてしんなりするまで炒める。
   塩、こしょうで味をととのえてサッと炒め、
   一旦、皿に取り出して粗熱を取る。

(6)ズッキーニを炒めた同じフライパンにサラダ油(大さじ1)を
   入れて熱し、(2)の鶏肉を入れて中火弱で約1分焼く。

(7)焼き色がついたら裏返して、弱火におとし約3分焼く。

(8)(3)のポーチドエッグを触って、赤ちゃんの肌位の
   やわらかさを目安に、冷水に取り出して冷ます。

(9)鍋に湯を沸かしそうめんを入れて
   袋表示の時間でゆでる。

(10)トマト風味のそうめんつゆを作る
    ボウルに無塩トマトジュース、めんつゆ(3倍希釈)、
    ナンプラーを入れてよく混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
    (※ナンプラーがない場合は入れなくてもOK)

(11)(7)のタンドリーチキンが焼けたら、皿に取り出す

(12)そうめんがゆで上がったら、ザルに取り出し
    冷水でよく洗い、水けをきる。

(13)器にそうめんを盛り付ける。(10)のトマト風味の
    めんつゆをかけて麺にからませ、(4)のトマト、
    (5)のズッキーニ、(8)のポーチドエッグ、
    (11)のタンドリーチキンをのせて、仕上げに(4)の砕いた
    ナッツ類を散らして出来上がり。

 

【料理人】
伊井 亜規光(いい あきこ)さん
フードコーディネーター(愛媛県)

○番組に出演した料理人・伊井さんのお店・教室は…
●MOGUMOGUキッチンプロジェクト(フードビジネススクール松山)
 愛媛県松山市湊町6丁目2-2 ミツワ市駅西ビル2階
 電話番号:0120-94-4126
      089-931-6353

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年09月03日 (月) 11:50 | 固定リンク


ナスの梅~ェ豚肉巻き


■「ナスの梅~ェ豚肉巻き」

recipe_180727_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180727_02.jpg

<作り方>

(1)ナスはヘタを切り、タテに6等分に切る。

(2)耐熱皿に(1)のナスを並べ、サラダ油(大さじ1)を
   表面に塗り、なじませる。

【楽ワザ】レンジで蒸しナス カロリーオフ

(3)ラップをふんわりかけて、電子レンジ(600w)に
   3分かける。

(4)加熱後、ラップを取り粗熱を取る。

(5)ポリ袋に梅干しを入れてもみ、種を取り出す。
   はちみつ(大さじ2)を入れて、滑らかになるまでもむ。

(6)袋の角を切り、(4)のナスに梅肉を絞り出して
   全体に塗る。

(7)豚肉の上に(6)のナスをのせて、豚肉を巻き付ける。

【楽ワザ】はちみつ梅肉で 豚肉を軟らかく

(8)(7)に米粉を薄く全体にまぶす。

(9)フライパンにサラダ油(大さじ2)を入れて熱し、
   (8)の豚肉巻きを巻き終わりを下にして入れ、
   中火で全体にこんがり焼き色がつくまで約6分焼く。

(10)ボウルに合わせみそ、りんごジュース、
    はちみつ(大さじ2)を入れてよく混ぜ、
    さらにナッツ類を砕いて入れ、よく混ぜる。

(11)(9)のフライパンに(10)の合わせダレを入れて
    中火でサッと豚肉巻きにからませる。

(12)器に、(11)を盛り付けて、タレをかける
    仕上げに薬味(みょうがや大葉など)をかける。

 

【料理人】
田中美和(たなかみわ)さん
フードコーディネーター(徳島県)

○番組に出演した料理人・田中さんの教室は…
●食空間プロデュース「MIZUYA」(みずや)
<電話・FAX>088-642-3607

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年08月27日 (月) 11:50 | 固定リンク


夏バテ予防!ニラとイカのチヂミ&韓国冷や汁


■「ニラとイカのチヂミ&韓国冷や汁」

recipe_180730_00.jpg

recipe_180730_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180730_02.jpg

<ニラとイカのチヂミの作り方>

(1)にらは、水洗いして約1cmの長さに、
   じゃがいも、たまねぎ、にんじんは皮をむき千切り
   いかは一口サイズに切る。
   にんにくは薄切り、青とうがらしと、赤とうがらしは
   輪切りにする。
   (※辛いのが苦手な方は種の部分を取り除く)

【楽ワザ】じゃがいもで もっちり生地!

(2)ボウルに(1)の材料全部と、天ぷら粉、水、塩を入れ
   サッと混ぜ合わせる。
   (※混ぜすぎると、にらの青臭さが出やすくなる)

【楽ワザ】天ぷら粉で 外カリッ中ふわっ!

(3)フライパンにサラダ油(大さじ2)を入れ強火で加熱、
   油が温まったら、(2)の生地を入れて形を整え、
   中火で片面4~5分こんがり色がつくまで焼く。

(4)チヂミが焼けたら裏返して、サラダ油(大さじ1)を追加、
   さらに中火で約2分焼く。

(5)チヂミのタレを作る
   ボウルに水、濃い口しょうゆ、ごま油、砂糖、いりごま、
   すりおろしたにんにく、青ねぎを入れてよく混ぜる。

(6)焼けたチヂミを取り出し食べやすい大きさに切って
   器に盛り付け、小皿にタレを入れて添える。

<韓国冷や汁の作り方>

※調理前、水(300ml)に、だし用昆布(5cm×5cm)を
 約20分漬けておく。
※乾燥わかめ(10g)は、水につけて戻しておく

(1)きゅうりとにんじんはせん切りに、
   青とうがらしは斜めの細切り、水でもどした
   わかめは食べやすい長さに切る。
   (※辛いのが苦手な方は、とうがらしの種を取り除く)

(2)ボウルに(1)の具材全部と、砂糖、塩、りんご酢を入れて
   よく混ぜる。

(3)茶こし(または目の細かいザル)に、
   すりおろしたニンニクを入れて、(2)のボウルの上に構え
   その上から昆布だしを注ぎ入れる。

(4)冷蔵庫で冷やす。
   (※だしを取った後の昆布があれば、刻んで入れる)

(5)器に具材と、スープを盛り付けて、いりごまをかけて
   出来上がり。(※そうめんの上にかけてたべてもおいしい)

 

【料理人】
李 英玉(リ・ヨンオク)さん
韓国料理店店主(愛媛県)

○番組に出演した料理人・李さんのお店は…
●オモニ別邸 松山カルビ
<住所>愛媛県松山市三番町2丁目8-2-1F
<電話・FAX>089-935-7228

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2018年07月30日 (月) 11:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲