ポルペッティー二(肉だんご)のクリーム煮


■ポルペッティー二(肉だんご)のクリーム煮
recipe_191111_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_191111_02.jpg

<作り方>
(1)たまねぎは、みじん切りにする。
   フライパンにオリーブ油(大さじ1)を入れて熱し
   たまねぎを強火で2~3分炒め、粗熱を取る。

(2)パン粉を牛乳に浸しておく。

(3)ロマネスコは、ブロッコリやカリフラワーのように
   葉を取り、茎から小房に切り離す。
   鍋に湯を沸かし、湯の量の1%の塩、
   (1Lに対し10g)ロマネスコを入れて
   1分程ゆでる。
   ゆで上がったら取り出し、粗熱を取る。
   ※ロマネスコはイタリア原産の秋野菜。
    ブロッコリやカリフラワーのような
    コリコリ食感と甘みが特徴。

(4)四方竹(しほうちく)の水煮は、食べやすい長さに切る。
   (※四方竹は高知の伝統野菜、秋のタケノコ。)

(5)ボウルに合いびき肉、(1)のたまねぎ、塩(小さじ1弱)、
   ナツメグ、(2)の牛乳に浸したパン粉、コーンスターチ、
   パルメザンチーズを入れてよく混ぜる。
   ※白っぽくなり、よく粘りが出て、ボウルの側面に
    白い脂が付いてくるまで混ぜるのが目安。

(6)(5)に水を少しずつ入れて混ぜる。
   しっとり滑らかになったらタネが完成。

【うまワザ】水を加えて ふっくらジューシー
      ※塩を入れてよく練り混ぜる事で、
       水分を吸収しやすくなり、ふんわりジューシーに。

(7)鍋に水、塩(小1/2)、ローリエ(1枚)を入れ沸かす。
   (6)の肉だんごのタネをスプーンですくい、
   別のスプーンの凹んだ方で押さえ形を作り
   鍋に入れて強火で1~2分ゆでる。
   浮いてきたら、水けをよくきって取り出す。

(8)フライパンにバターを入れて加熱、
   溶けてきたら強力粉、塩、こしょう、
   ナツメグを入れ、なじませながら炒める。

(9)粉っぽさがなくなったら、 温めた牛乳(80℃位)を
   少しずつ(大さじ2位ずつ)加え、強力粉を潰しながら
   混ぜ、水っぽさがなくなったら、さらに牛乳を加え
   中火で混ぜる。
   これを5~6回くり返す。

【うまワザ】あったか牛乳で ダマしらず
      ※温かい牛乳を少しずつ加えると
       ダマになりにくく、失敗しにくい。

(10)(7)の肉だんごをゆで汁 (約100ml)を少しずつ入れて、
    ホワイトソースをのばしながら混ぜ、滑らかに仕上げる。

【楽ワザ】肉だんごのゆで汁で ワンランクUP
     ※肉の旨みが溶け込んでいるのでブイヨンいらず
      出汁がきいたソースに仕上がる。

(11)(3)のロマネスコ、(4)の四方竹を(10)に入れて
     ソースをからませ、中火強でひと煮立ちさせる。

(12)沸いてきたら、パルメザンチーズ(小さじ1)、塩、
    粗びき黒こしょうで味を調える。

(13)(7)の肉だんごを加え、ソースにからませて完成。
    器に盛り付け、お好みでピンクペッパーやローズマリー
    を添える。

 

【料理人】
青野摩周さん
イタリア料理(高知県)

○番組に出演した料理人・青野さんのお店は…
 ●バール・バッフォーネ
  <住所>〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-2-10 モリタビル1F
  <電話>088-822-3884
  <営業時間>18:00~24:00

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年11月11日 (月) 12時00分


ページの一番上へ▲