春のお弁当レシピ アスパラガスとエビのトマトクリームソテー


■アスパラガスとエビのトマトクリームソテー
recipe_190415_01.jpg

<2人分>
recipe_190415_02.jpg

<作り方>
(1)アスパラガスは根元から1cm程の
   硬い部分を切る。
   ピーラーで節と皮をむき、
   約3cmの長さに切る。

(2)たまねぎは皮をむき、
   (1)のアスパラと同じ位の長さの
   薄切りにする。

(3)えびは殻をむき、しっぽから
   3番目の節の背の近くに
   竹串やようじなどを刺して背わたを
   取り除く。
   (※途中で切れた場合は、背に浅く切れ目を
    入れて軽く開き、包丁の先で背わたを取る。)

(4)(3)のえびに塩、こしょうをふりかける。
   小麦粉をふりかけて薄く両面にまぶす。

(5)フライパンを熱し、無塩バターを入れて
   溶かし、(2)のたまねぎ、(1)のアスパラを
   入れ、塩(ひとつまみ位)を野菜にかけて
   中火で1~2分炒める。

【楽ワザ】塩で 時間短縮

(6)(3)のえびを入れて中火で炒める。
   えびが赤くなり始めたら、ブランデーと
   白ワインを入れて強火で沸かし
   アルコールをとばす。

【楽ワザ】ブランデーで コクUP
(※ブランデーがない場合は白ワイン(小さじ2程)
 多めに入れて沸かす)

(7)(6)にトマトピュレと生クリームを加え
   混ぜ合わせ、具材とからめる。
   (※トマトピュレがない場合、半分に切った
    ミニトマト(5個位)を軽く潰しながら
    エビと炒める。)

(8)塩(小さじ1/2程)、こしょう(少々)を
   ふりかけて味を調える。

(9)バターライスを作る。
   ピーナッツなどナッツ類を砕く。
   イタリアンパセリはみじん切りにする。

(10)ボウルに炊いたごはん、無塩バター
    砕いたピーナッツ、塩、イタリアンパセリを
    入れて混ぜ、 器に盛りつける。

(11)(8)の料理を(10)の皿に盛り付けて
    出来上がり。

※クリームソテーは、密閉容器に入れて
 1~2日冷蔵保存できる。

 

【料理人】
近藤 和之さん
西洋料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・近藤さんのお店・教室は…
 ●パンのある暮らし Petit Paris(プチパリ)
  <住所>愛媛県松山市畑寺4-14-23-1
  <電話>089-916-5546

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年04月15日 (月) 11時45分


ページの一番上へ▲