料理: 2019年9月

秋さけと根菜の煮物 みそ仕立て


■秋さけと根菜の煮物 みそ仕立て
recipe_190930_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190930_02.jpg

<作り方>
(1)生ざけは、一口大に切る
   塩をかけて混ぜ、4~5分置く

(2)大根は皮をむき、タテ半分に切る
   繊維を断ち切るように、
   1cm弱の幅のイチョウ切りにする。

(3)にんじんも皮をむき大根より薄めの
   イチョウ切り、ごぼうは土を水洗い、
   斜め薄切りにする。

(4)生しいたけは軸を切って薄切り、
   長ねぎは斜め薄切りにする。
   油揚げは一口大に切り、湯をかけて
   油抜きする。

(5)鍋に水、だし用昆布、酒、みりん、
   うす口しょうゆ、みそを入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。
   大根、ごぼう、にんじんを入れ、
   落としぶたをして、中火で約10分煮る。
   (※みそはご家庭で使っている物でOK
    種類によって味が異なるので味見をしながら
    量は調節しましょう)

(6)別の鍋に湯を沸かし、(1)の生ざけを入れ
   表面の色が変わったら、すぐ冷水に取り出し
   ぬめりなど、こすり洗いする。
   ペーパータオルの上に取り出し、水けを取る。

【うまワザ】「霜降り」で 煮崩れなし
(魚は煮る前に、塩をかけ余分な水分を出した後
 サッと湯通して冷水で洗う技法を「霜降り」という。
 下ごしらえをしておく事で、生臭みやぬめりが取れ、
 煮崩れも防ぐ)

(7)(5)の鍋に、(6)の生ざけを重ならない
   ように入れ、さらに(4)の生しいたけ、
   長ねぎ、油揚げを入れて強火でひと煮立ち
   中火に落とし、1~2分煮る。

【楽ワザ】サッと煮て さけふっくら!
(霜降りをしているので、根菜の出汁や風味も
 入りやすいので、短時間に煮上がり、
 ふっくら仕上がる。)

(8)水菜は食べやすい長さに切り、(7)の鍋に入れ
   軽く混ぜ、加熱を止める。

(9)器に盛り付け、バターをのせて溶かす。

【うまワザ】バターで コクUP
(食べる前に、バターを溶かしてなじませることで
 コクがでる)

※お好みで七味唐辛子や、ゆずこしょう、粗びき黒コショウ
 をかけると違った味が楽しめる。

 

【料理人】
久保田 昌司さん
日本料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・久保田さんのお問い合わせ先は…
 ●道後温泉 ふなや
 <住所>愛媛県松山市道後湯之町1-33
 <電話>0120-190-278

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年09月30日 (月) 12:00 | 固定リンク


きのこと鶏肉のふんわりオムライス


■きのこと鶏肉のふんわりオムライス
recipe_190909_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190909_02-1.jpg

<作り方>
(1)しめじは石づきを切り1cm幅の長さに切り、
   マッシュルームは汚れをペーパータオルで
   ふき取り、薄切りにする。

(2)鶏肉は小さめの角切り、ベーコンは細切り、
   たまねぎは、皮をむき、粗みじん切りにする。

(3)耐熱容器に、(2)の鶏肉、ベーコンの順に入れ
   その上に、たまねぎをのせる。

(4)ラップをふんわりかけて、電子レンジ(500w)に
   3分かける。

【楽ワザ】レンジで 肉ジューシー
(肉類の上に、たまねぎをのせてレンジに
 かけると、たまねぎの水分が肉に浸透、
 パサつきを防ぎジューシーに)

(5)フライパンを温め、バターを入れて溶かし
   (1)のきのこを入れて、強火で約30秒炒める。

(6)(5)のきのこに、(4)のレンジにかけた具材を
   加えて、中火でサッと炒め合わせ、混ざったら
   フライパンの端に寄せる。

(7)(6)のフライパンに、トマトケチャップと
   顆粒(かりゅう)の鶏がらスープを入れて、中火で炒める。

【うまワザ】ケチャップ炒めて うまみUP
(ケチャップをよく炒めることで酸味が和らぎ
 甘みやうまみが引き出される。)

(8)ケチャップのとろみがなくなってきたら、
   ごはんを入れて、具材とケチャップを混ぜ
   合わせて、塩とこしょうで味を調える。
   水を回し入れ、全体になじませて味を均等に
   いきわたらせる。

(9)器に、(8)のごはんを盛り付ける。

(10)ふわトロ卵を作る。
    ボウルに卵を割り入れ、マヨネーズ、牛乳、
    粉チーズ、塩、こしょうを入れて
    泡立て器でよく混ぜる。

【楽ワザ】マヨネーズと牛乳で ふわトロ卵
(マヨネーズの植物油や酢と牛乳が、
 卵のタンパク質が固まるのを防ぐ。)

(11)フライパンを中火で温めてバターを溶かし、
    (10)の卵液を入れて、固まってきたら
    ヘラで底から卵をはがすように混ぜながら
    焼く。

(12)卵の表面が半熟状態になってきたら
    加熱を止めて、(9)のごはんにのせて
    出来上がり。

 

【料理人】
伊井亜規光さん
フードコーディネーター(愛媛県)

○番組に出演した伊井さんのお問い合わせは…
 ●MOGUMOGUキッチンプロジェクト(フードビジネススクール松山)
 <住所>愛媛県松山市湊町6丁目2-2 ミツワ市駅西ビル2階
 <電話番号>0120-94-4126
       089-931-6353

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年09月09日 (月) 12:00 | 固定リンク


豚肉のソテー 梅アンチョビソース


■豚肉のソテー 梅アンチョビソース
recipe_190902_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190902_02.jpg

<作り方>
(1)豚ロース肉は、脂身と赤身の間の筋に
   等間隔に切れ目を入れて筋切りをする。
   ヨーグルトを全体に塗り、ラップをかけて
   30分以上冷蔵庫に置く。

【うまワザ】ヨーグルトで やわらかく
(ヨーグルトに含まれる乳酸により
 やわらかくなり、生臭みも取れる。)

(2)梅アンチョビを作る
   アンチョビを刻み、梅干しは種を取り、たたく。
   ボウルにアンチョビ、梅、オリーブ油、パセリを
   入れて混ぜて出来上がり。

【うまワザ】万能調味料!梅アンチョビ
(※野菜炒め、チャーハン、焼きそばの味付け
 バターと混ぜてパンやクラッカーに塗って食べたり
 ご飯にのせて食べたり、料理にアレンジできる。)

(3)豚肉にかけるソースを作る。
   トマトは、へたと種を取り、小さめに角切り
   きゅうりは両端を切りトマト同じ大きさの角切りに。
   ボウルにトマト、きゅうり、梅アンチョビを入れ混ぜる。

(4)ジャガイモは皮をむき、一口大に切る。
   鍋に、ジャガイモとかぶる位の水を入れてゆでる。
   ゆであがったら湯をきり、鍋にジャガイモをもどして
   イモの表面に粉がふくまで加熱する。

(5)しいたけは、石突きを落とし薄切り、
   エリンギも薄切りにする。

(6)(1)の豚肉のヨーグルトをペーパータオルで
   ふき取り、塩、粗びき黒こしょうで下味をつける。

(7)フライパンにオリーブ油をひいて加熱、
   (6)の豚肉、(5)のきのこを入れて強火で焼く。
   豚肉は、焼き色がつき始めたら中火にして
   さらに1~2分、きのこは2分程炒める。

(8)豚肉にしっかり焼き色が付いたら、
   裏返して約1分焼く。
   きのこは、塩、コショウで味をつけ、取り出す。

(9)(8)のフライパンは加熱を止め、
   フタをして約3分置く。

【楽ワザ】余熱で しっとりジューシー
(※余熱でゆっくり熱が入るので、パサつかず
 ジューシーに)

(10)きのことジャガイモのサラダを作る。
    ボウルに梅アンチョビと、マヨネーズを入れて
    混ぜる。
    そこに、(4)のジャガイモ、(8)の炒めたキノコを
    入れて和え、塩、こしょうで味を調えて、出来上がり。

(11)器に、豚肉を取り出す。
    フライパンに残った肉汁を、再びひと煮立ちさせ
    豚肉にかける。
    (3)のソースをかけて、お好みでミョウガや
    スプラウトをのせて、出来上がり。

 

【料理人】
中野誠司さん
イタリア料理 出張料理人(香川県)

○番組に出演した料理人・中野さんの出張料理のお問い合わせは…
 ●La Salute(ラ・サルーテ)
 電話:090-8696ー2347

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年09月02日 (月) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲