料理: 2019年5月13日

漁師の妻直伝!アジなひじきバーグ


■漁師の妻直伝!アジなひじきバーグ
recipe_190513_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190513_02.jpg

<作り方>
(1)ひじきの煮ものを作る
   乾燥ひじきを水に浸し15~20分置いてもどす。
   もどしたひじきをよく水洗いして、鍋に入れ、
   酒、砂糖、濃口しょうゆ、和風の顆粒(かりゅう)ダシの素(もと)を
   加えて加熱、沸いてきたらフタをして中火で約5分煮る。

(2)(1)の粗熱を取る。

(3)たまねぎはみじん切り、 青ねぎは小口切り、
   しょうがは、すりおろす。

(4)あじのウロコを包丁の背でこすり取り、
   尾ビレを切り落とす。

(5)胸ビレの後ろから腹ビレに向かって
   斜めに包丁を入れて頭を切り落とす。
   腹に切れ目を入れて、包丁の先で
   内臓を取り出し、指でこすりながらよく水洗いする。
   (※表面は頭から尾まで軽くなでるように洗い、
    表面のウロコを洗う)

(6)背骨を挟んだ身(両面)に、浅く切れめを
   入れ、 腹ビレを挟んだ身(両面)にも
   同様に切れめを入れる。
   めくれた皮を引き、両面の皮をはぐ。

【楽ワザ】皮を引いて 一気にウロコ処理
(※皮と一緒にウロコと、硬いゼイゴが
 一気に取り除く事ができる。)

(7)3枚におろす。
   内側の背骨の上に、包丁を平らに入れ
   骨に沿って切り、腹骨を削ぎ取る。
   (※もう片面も同様に)

(8)(7)の身を、およそ1cm幅に切り、
   包丁で粗めに刻む。

(9)ボウルにあじの身、(1)のたまねぎ、青ねぎ、
   しょうが、(2)のひじきの煮物はザルに上げ軽く
   煮汁を切って入れて混ぜる。

【楽ワザ】ひじきの煮もので 味つけ簡単

(10)溶き卵、パン粉、濃口しょうゆ、かたくり粉を
    加えて箸でサッと混ぜる。

(11)(10)を大きめに丸めて小判型につぶし
    中心を軽くくぼませて形をまとめる。

(12)フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し
    (11)のあじバーグを入れて、強火で片面2分、
    裏返して1分程こんがり焼く。

(13)中火に火力を落とし、フタをして約3分焼く。

(14)ソースを作る。
    トマトを約1cm角に切り、ウスターソースを加え
    混ぜる。
    (※トマトを沸騰した湯にサッと浸け、皮をむいて
     角切りにすると滑らかな食感のソースになる。)

(15)器にあじなひじきバーグを盛り付ける。
    仕上げに、ソースをかける。
    (※付け合わせは、お好みで)

 

【料理人】
喜田 ヒサ子さん
愛媛県漁協女性部連合会 会長(愛媛県)

○番組に出演した料理人・喜田さんは…
 ●愛媛県漁協女性部連合会
  <住所>愛媛県松山市二番町4丁目6-2(信漁連内)
  <電話>089-933-8716

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年05月13日 (月) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲