料理

オクラとトマトの時短キーマカレー


■オクラとトマトの時短キーマカレー
recipe_190805_01.jpg

<材料2人分>
recipe_190805_02.jpg

<調理前に>
たまねぎは、茶色い皮付きのまま
水に5~10分つける。

【楽ワザ】水にひたし 一気に皮むき
 (皮が水分を吸収し、むきやすくなる)

<作り方>
(1)オクラはヘタを落とし、半分に切る。
   長いもは皮をむき、約5ミリの厚さの
   いちょう切りにする。

(2)たまねぎは根部分をえぐり取り、
   反対側は一部切り残して引っ張る。
   皮をめくり包丁を添え、たまねぎを外側に
   クルッと回し皮をむく。みじん切りにする。

(3)にんにくは、みじん切りに
   しょうがは、すりおろす。

(4)フライパン(または鍋)にサラダ油と
   無塩バターを入れて中火強で加熱する。
   バターが溶けてきたら、(3)のにんにく、
   しょうが、(2)のたまねぎ、(1)の
   オクラ、長いもを入れて中火強で約1分炒める。

【楽ワザ】オクラと長いもで とろみ仕込み

(5)たまねぎに透明感が出たら、合いびき肉を
   入れて、色が変わるまで中火強で炒める。

(6)ひき肉が炒まってきたら、カレー粉をふり入れ
   具材にからめながら炒める。

(7)カレー粉がなじんだら、トマトの水煮缶、
   ウスターソース、はちみつを入れて約4分中火強で煮る

【楽ワザ】トマトの水煮缶で 時短うまみUP

(8)塩とカレー粉で味を調え、ごはんにかけて完成。

 

【料理人】
近藤和之さん
西洋料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・近藤さんのお店・教室は…
 ●パンのある暮らし Petit Paris(プチパリ)
  <住所>愛媛県松山市畑寺4-14-23-1
  <電話>089-916-5546

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年08月05日 (月) 12:00 | 固定リンク


夏野菜たっぷり なすそうめん


■夏野菜たっぷり なすそうめん
recipe_190729_01.jpg

<材料2人分>
recipe_190729_02.jpg

<作り方>
(1)なすの両端(ヘタと、下の固い部分)を落とし、
   8等分に切る。
   塩水(水500mlに対し 塩小さじ1/2)につける。
   ラップをナスに密着させるようにかぶせ
   約10分つけてアク抜きをする。

【楽ワザ】落としラップで しっかりアク抜き
 (ナスにラップを密着させるようにかぶせると
  ナスが浮いてもしっかりアク抜きができる。
  空気にふれないので変色も防ぐ)

(2)ズッキーニはヘタを落とし輪切りにして
   水に1~2分さらし、ペーパータオルで
   水けを取る。
   カボチャは一口大に切る。
   オクラはガクの硬いところをむき、塩ずりする。

(3)鍋に湯を沸かし、(2)のオクラとミニトマトを
   入れて、約1分ゆでて冷水に取り出す。
   トマトは皮をむき、オクラはタテ半分に切る。

(4)(1)のなすのアクが抜けたら、ペーパータオルで
   なすを包み、よく水けを取る。

(5)フライパンにサラダ油、いりこ、そして
   とうがらしは半分に切り、種を出してから入れて
   弱火で香りが出てくるまで加熱する。

【楽ワザ】いりこを炒めて ダシいらず
 (イリコを炒めることでうまみが出てくるので
  煮る時にそのままダシになる)
  ※大きいイリコを使う場合、内臓、骨を取って炒める

(6)(4)のなすは皮を下にして、油をつけながら
   重ならないように並べ、中火で約2分焼く。
   皮の色が変わったら裏返し、
   焼き色が付くまで焼く。
   一緒に、(2)のズッキーニ、カボチャを
   入れて焼く。
   (ズッキーニとカボチャは油がなじむ位でOK)

(7)ボウルに水、砂糖、みりん、濃い口しょうゆを
   入れて混ぜる。

(8)(7)を(6)のフライパンに入れて、中火で
   ひと煮立ちさせ、アクが出たら取り除く。
   フタをして約5分煮る。

(9)鍋に湯を沸かし、そうめんを
   袋表示時間ゆでる。
   冷水で洗い水けをきって、小分けにする。
   トッピングの材料をのせる。

(10)(8)が煮えたら加熱を止め、
    (3)の湯むきしたミニトマトを入れて混ぜる。

(11)(10)を器に盛り付け、そうめんをつけて食べる。

 

【料理人】
山中 美妃子さん
料理研究家・食農アドバイザー(香川県)

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月29日 (月) 12:00 | 固定リンク


ガパオライス風スタミナ丼


■ガパオライス風スタミナ丼
recipe_190722_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190722_02.jpg

<作り方>
(1)ピーマンと赤パプリカは約5ミリ角、
   たまねぎはみじん切り、
   しめじは根元を切り、小さめの
   ザク切りにする。

(2)とうもろこしは皮をむき、ひげ
   (皮の内側にあるきれいなヒゲ)を取って
   食べやすい長さに切る。
   実は軸からそぎ取り、ほぐす。

(3)ボウルに、合わせ調味料の材料
   (オイスターソース、濃い口しょうゆ、
    レモン汁)を入れて混ぜる。
   ※ナンプラー(大さじ1)を使う場合、
    濃い口しょうゆとレモン汁は入れない

(4)フライパンにサラダ油(小さじ2)を
   入れてなじませながら熱し、
   (1)のたまねぎを入れ、半透明に
   なるまで強火で炒める。

(5)(4)のフライパンに、豚ひき肉を入れ、
   色が変わり、出てきた脂が透明に
   なるまで、強火で約2分炒める。

(6)(5)に(3)の合わせ調味料を入れて
   混ぜ合わせる。

(7)味が付いたら、(1)のしめじ、ピーマン、
   赤パプリカ、(2)のトウモロコシの実と
   ヒゲを入れて混ぜながら、強火で炒める。

【楽ワザ】しめじで 脂っぽさを防ぐ
 ※しめじが肉汁を吸収し、うまみを倍増。

(8)(7)の具材に火が通ったら、加熱を止め、
   大葉を手でちぎって入れ、混ぜる。

(9)目玉焼きを作る。
   卵を焼く前に、フライパンに
   サラダ油(小さじ1)を入れて熱しておく。
   ボウルの上にザルをのせ、その中に
   ゆっくり卵を割り、水っぽい白身を
   ボウルにおとし、取り除く。

【うまワザ】ザルで ふっくら
 ※ザルで水っぽい白身をこして取り除く事で
  ふっくら、濃厚な味に仕上がる。

(10)事前に熱しておいたフライパンに、
    (9)の卵をそっとザルから入れ、
    フタをして弱火で約3分焼く。

(11)黄身の周りの白身が白く固まったら
    フタを開け、さらに20~30秒加熱し
    水分をとばす。

(12)器にごはんを盛り、(8)の具材をかける。
    (11)の目玉焼きをのせて出来上がり。

 

【料理人】
野中 なかさん
栄養士・国際中医薬膳師(高知県)

○番組に出演した料理人・野中さんの教室は…
 ●四国薬膳アカデミー eatlabo
 <住所>高知県高知市旭町3丁目99  2階

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月22日 (月) 12:00 | 固定リンク


フルーツトマトの冷製パスタ


■フルーツトマトの冷製パスタ
recipe_190708_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190708_02.jpg

<「フルーツトマトの冷製パスタ」作り方>
(1)鍋に湯を沸かし、塩を入れて混ぜ、
   極細パスタ「カッペリーニ」を入れて
   袋表示のゆで時間プラス1分半~2分
   中火でゆでる。
   ※塩は、湯の量の1%(1リットルに対し塩10g)

【うまワザ】柔らかめにゆで 食感UP

(2)フルーツトマトはヘタをくりぬく。
   (1)の湯に10~15秒つける。
   氷水に取り出し皮をむき、くし切りにする。

(3)バジルは太めの千切りに、ニンニクは
   みじん切りにする。

(4)ボウルに氷水を用意し、その上に
   材料を合わせるボウルをのせる。
   (2)のフルーツトマト、(3)のバジル、ニンニク、
   だししょうゆ(またはそうめんつゆ)、
   オリーブ油、酢、砂糖を入れて混ぜ、
   塩、粗びき黒こしょうで味を調え、少しおいて冷やす。

(5)(1)がゆで上がったら、氷水に取り出し
   サッと洗いながら冷やす。
   ペーパータオルの上に、カッペリーニ
   (極細パスタ)をのせて軽く絞り、よく水けを取る。

【楽ワザ】ペーパータオルで 水っぽさサヨナラ

(6)(4)のトマトソースに、(5)のカッペリーニ
   (極細パスタ)を入れて和える。
   器に盛り付け、オリーブ油と
   粗びき黒こしょうをかけ、
   仕上げにバジルをのせる。

<「トマトとモッツァレラチーズのファルチア」作り方>
(1)トマトは、ヘタから下およそ1~2cmを横に切る。
   (※切った上部は、フタのように使う。)

(2)トマトの中をくりぬき、果肉は粗めに刻む。
   (※くりぬいた後のトマトは、仕上げの器で使う。)

(3)モッツァレラチーズは、5ミリ角に切る。

(4)ボウルに(2)の果肉、(3)のチーズ、
   バジルは手でちぎって入れる。
   オリーブ油、塩、粗びき黒こしょうを入れて
   よく混ぜ合わる。

(5)(2)の中をくりぬいた後にトマトに、
   (4)の具材を入れて盛り付ける。

 

【料理人】
青野 摩周さん
イタリア料理(高知県)

○番組に出演した料理人・青野さんのお店は…
 ●バール・バッフォーネ
 <住所>〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-2-10 モリタビル1F
 <電話>088-822-3884
 <営業時間>18:00~24:00

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月08日 (月) 12:00 | 固定リンク


夏野菜のプルコギ


■韓国料理で夏バテ予防!夏野菜のプルコギ
recipe_190701_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190701_02.jpg

recipe_190701_03.jpg

<作り方>

<「夏野菜のプルコギ」の作り方>
(1)りんごとキウイは皮をむいて、すりおろす。
   にんにく、しょうがも、すりおろす

(2)ズッキーニは約5mm幅の半月切り、
   赤パプリカは種を取り、約5mm幅の千切り
   エリンギはタテ半分に切り、さらに4等分に切る
   白ねぎは約5mm幅の斜め切りにする。

(3)ボウルに酒、濃い口しょうゆ、砂糖、塩、
   こしょう、はちみつ、白ごま、ごま油、
   すりおろした(1)のにんにく、しょうが、
   りんご、キウイを入れて混ぜる。

【李さんのうまワザ】りんごとキウイが隠し味
 (りんごとキウイに含まれる酵素で、肉が軟らかくなり
  フルーティーな甘みと風味に仕上がる)

(4)(3)のタレに、牛肉を入れてもみ込む
   ※キウイの酵素に長時間つけ置くと、肉を軟らかく
    なり過ぎて分解するので注意、もみこんだら早く使いきる。

(5)フライパンにごま油を入れて強火で熱し、
   (2)のズッキーニ、赤パプリカ、エリンギ、白ねぎを
   入れて炒める。

(6)ズッキーニに火が通ったら、(4)の牛肉をタレごと
   加えて強火で2~3分、牛肉に火が通るまで炒める。

(7)仕上がる前に、ニラを加えてサッと混ぜて出来上がり。

<「水菜とさきいかのピリ辛ナムル」の作り方>
(1)水菜は、2~3cmの長さに切る。
   市販のさきいかを入れて、サッと混ぜる

【楽ワザ】さきいかで うまみUP!

(2)別のボウルにりんご酢(または酢)、
   濃い口しょうゆ、砂糖、はちみつ、ごま油、白ごま、
   韓国のとうがらし粉(または七味とうがらし)を
   入れてよく混ぜる。

(3)(1)の水菜と、さきいかのボウルに
   (2)のタレを加えてあえて出来上がり。

 

【料理人】
李 英玉さん
韓国料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・李さんのお店は…
 ●オモニ別邸 松山カルビ
  <住所>愛媛県松山市三番町2丁目8-2-1F
  <電話・FAX>089-935-7228

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月01日 (月) 12:00 | 固定リンク


キュウリと豚肉の四川風炒め


■キュウリと豚肉の四川風炒め
recipe_190624_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190624_02.jpg

<作り方>

(1)きゅうりは、両端のヘタを切り、皮をむく。
   4~5cm幅で斜めに切り、各1切れずつ
   断面がまな板に付くように置き
   長辺をタテに厚めに切る。

(2)トマトは、くし切りに、しめじは石突きを切り
   ほぐす。

(3)合わせ調味料を作る。
   ボウルに甘酒、酒、濃い口しょうゆ、酢
   こしょう、水溶きかたくり粉、すりおろしにんにく
   すりおろししょうが、青ねぎを入れてよく混ぜる。

【楽ワザ】甘酒で まろやかに
 ※味付けに使うトウバンジャンの辛さを、
  甘酒がまろやかにしてくれる。

(4)豚肉は4~5cmの長さに切る。
   ボウルに豚肉を入れて、塩、こしょう、酒、
   濃い口しょうゆを入れてもみこむ。
   さらに溶き卵、かたくり粉を入れてまぶし
   サラダ油をまぶす

【楽ワザ】サラダ油で ほぐしやすく
 ※下味の最後に、豚肉にサラダ油をなじませる
  ことで、肉同士がくっつくのを防ぎ、炒めやすくなる

(5)フライパンにサラダ油(大さじ3)を入れて熱し、
   (4)の豚肉を入れてほぐしながら強火で
   色が変わるまで約1分炒める。

(6)豚肉が焼けてきたら、(1)のきゅうりと
   (2)のしめじを入れて強火で炒める。

(7)しめじがしんなりしてきたら、トウバンジャンを
   入れて香りが出るまで炒める。

(8)香りが出てきたら(2)のトマトと、
   (3)の合わせ調味料を入れて強火で
   炒め合わせる。

(9)合わせ調味料が具材にからまったら
   器に盛り付けて 出来上がり。

 

【料理人】
西尾 正さん
中国料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・西尾さんのお店は…
 【店名】赤坂四川飯店 松山店(あかさかしせんはんてん まつやまてん)
 【住所】愛媛県松山市湊町5丁目1-1
     いよてつ高島屋8階
 【営業時間】11:00~22:00(11:00~15:00ランチ)
 【電話番号】089-948-7028

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年06月24日 (月) 12:00 | 固定リンク


白身魚と夏野菜の甘酢あん


■白身魚と夏野菜の甘酢あん
recipe_190617_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190617_02.jpg

<作り方>
(1)なすはヘタを切り輪切り、おくらは斜め切り
   玉ネギは皮をむきくし切り、パプリカは
   タネを取り、赤色・黄色それぞれ乱切りにする。

(2)白身魚(いさき)は水洗いして 3枚におろす
   骨を取り、一口大の大きさに切る
   (スズキ・カレイ・タイなどの白身魚でも代用できる)

(3)ボウルに(2)を入れ、塩と酒を入れてもみこむ。
   魚から出た水分を、ペーパータオルでふき取る。

(4)別のボウルに、小麦粉とかたくり粉を入れて混ぜ
   (3)のボウルに少しずつ入れて、魚全体に
   薄めにまぶす。

【楽ワザ】小麦粉にかたくり粉で 食感UP
(表面が香ばしくサクサクの食感に、
 うまみを閉じ込めて、身のパサつきも防ぐ。)

(5)フライパンに、サラダ油(大さじ1)を入れて熱し
   (4)の魚の皮目を下にして入れ、焼き色が付くまで
   中火強で片面1分~1分半ずつ両面を約3分焼く。

(6)(5)の魚が焼けたら、ペーパータオルを敷いた
   バットに取り出す。

(7)同じフライパンにサラダ油(大さじ1)を入れて熱し
   (1)の野菜を入れて中火強で1分~1分半炒める。

(8)炒めた野菜を、バットに取り出す。

(9)別のフライパンに、ぽん酢しょうゆと
   マーマレードを入れて混ぜ、中火で加熱する。

【楽ワザ】マーマレードで まろやかに

(10)沸いてきたら、水溶きかたくり粉をゆっくり
    回し入れ、とろみをつけて甘酢あんの出来上がり。

(11)(6)と(8)の取り出しておいた魚と野菜を(10)に入れて
    サッと甘酢あんとからめる。
    器に盛り付けて、出来上がり。

※甘酢あんの甘さが足りなければ、
 マーマレードの量を増やして甘みを調整。

 

【料理人】
久保田昌司さん
日本料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・久保田さんのお店は…
 ●道後温泉 ふなや
  <住所>愛媛県松山市道後湯之町1-33
  <電話>0120-190-278

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年06月17日 (月) 11:45 | 固定リンク


スタミナ満点!鶏手羽ギョーザ


■スタミナ満点!鶏手羽ギョーザ
recipe_190610_01.jpg

<材料2人分>
recipe_190610_02.jpg

<作り方>
(1)手羽先の骨を抜く
   手羽の先を持ち、「へ」の字の頂点部分
   の関節を上下左右に折り曲げて
   関節をはずし脱臼させる。

(2)手羽先の丸い身の部分にある
   2本の骨の間に指を入れて開き
   キッチンバサミで切って切断する。

(3)骨にくっついている皮や身、筋を
   ハサミで切り離し、ペーパータオルで
   骨をもって一方向にねじり、骨を取る。
   ※取れにくい場合、骨の先を下に押すと、
    反対側の骨が上がって取れる。

(4)にらと、らっきょうの甘酢漬けは
   粗みじん切りにする。

(5)ボウルに豚ひき肉、(2)のにら、らっきょうの
   甘酢漬けを入れて混ぜる。
   塩、こしょう、 マヨネーズを入れて、
   軽く粘りが出るまで混ぜる。

【楽ワザ】らっきょう漬けで ふんわりジューシー
(※らっきょう漬けの酸味で肉がやわらかくなり
 ジューシーに)

(6)(1)の手羽先の中に(5)の具材(1本分の半分量)を
   ティ-スプーンなどで詰める。
   手羽先を上下にトントンと振り、
   スプーンで押さえて具材を奥まで詰める。
   残りの半量を入れて同様に上下に振り
   スプーンで押さえて詰める。

(7)フライパンに薄く油をひいて中火で熱し、
   手羽先を鳥肌側を下にして入れる。
   フタをして片面5分、裏返して5分
   中火弱で焼く。

(8)タレを作る
   ボウルにらっきょうの漬け汁、
   濃い口しょうゆ、ごま、お好みで
   らっきょう漬け、一味とうがらしを入れて混ぜる。

【楽ワザ】らっきょうの甘酢で コクUP
(加熱で酸味がやわらぎ、らっきょう酢の甘味料が
 煮詰まって濃厚なコクと照りが出る)

(9)鶏肉から出た余分な脂をペーパータオルで拭き取り
   (8)のタレを入れて中火でからめる。
   全体になじんだら、器に盛りつけてできあがり。

※甘酢だれは、冷ややっこやサラダにかけて
 ドレッシング代わり、 野菜炒めの味つけ用の
 調味料としても使える。

 

【料理人】
田中美和さん
フードコーディネーター(徳島県)

○番組に出演した料理人・田中さんの教室は…
 食空間プロデュース「MIZUYA」(みずや)
  <電話・FAX>088-642-3607

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年06月10日 (月) 11:45 | 固定リンク


スパイスで食欲UP!魚介のビリヤニ風炊き込みごはん


■魚介のビリヤニ風炊き込みごはん
recipe_190603_01.jpg

<材料 2人分>
recipe_190603_02.jpg

recipe_190603_03.jpg

<「魚介のビリヤニ風炊き込みごはん」の作り方>
(1)調理前、お米は洗って約30分水につける
   そのあと、ザルにあげてよく水けをきる。
   (タイ米など海外のお米の場合は、サッと洗って
    よく水けをきる)

(2)しょうが、にんにくは、すりおろす。
   玉ネギ、ししとう、トマトは、みじん切りにする。

(3)ベイカは、中の軟骨と、目、くちばしを取り除く。
   えびは、よく水洗いする。

(4)フライパンにオリーブ油、たかのつめ、ローリエを
   入れて、香りが出るまで弱火にかける。

(5)(2)のしょうが、にんにくを入れて中火で炒める。
   香りが出てきたら、(2)のみじん切りたまねぎ、
   トマト、ししとうを入れて、たまねぎが半透明に
   なるまで中火で炒める。

(6)弱火にしてターメリック、カレー粉を加えて
   具材にからめながら炒める。
   味つけ用のルーが完成。

【楽ワザ】ターメリックで色よく 風味アップ

(7)(6)に(1)のお米を入れて、よく混ぜながら中火で炒める。

【楽ワザ】お米とルーをよくからめ パラッパラ!
 (米に油分をからめてコーティングさせるとパラパラに仕上がる)

(8)お米に味つけ用のルーがよくなじんだら
   (3)のベイカ、えびを米の上にのせる。

(9)サバ缶は、身と汁に分ける。
   身を軽くほぐし、汁は150mlになるように
   水を追加、(8)のフライパンに入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。

【楽ワザ】サバ缶で うまみUP

(10)(9)が沸いたら、中火おとしフタをして
    約15分煮る。

(11)15分たったら、フタをあけて強火でパチパチ音が
    するまで加熱。
    音が静かになってきたら、火を止めて
    フタをして、さらに約10分蒸らす。

(12)器に盛り付け、お好みでカシューナッツや
    フライドオニオン、パクチーなどのせて完成。

<ライタ(ヨーグルトサラダ)の作り方>
(1)きゅうりとトマトは、小さめに角切り
   たまねぎはみじん切りにする。

(2)ボウルにプレーンヨーグルト、(1)の野菜
   ターメリック、塩を入れて混ぜる。

(3)冷蔵庫で少し冷やす。

★ビリヤニ風炊き込みごはんに少しずつ
 かけて食べるとまろやかな辛さになる。

 

【料理人】
八木 香里さん
スパイスクッキングアドバイザー(香川県)

○番組に出演した料理人・八木さんのお店・教室は…
 ●グッドフードスタジオ「カルダモン」
 <住所>香川県高松市古新町1-4

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年06月03日 (月) 11:45 | 固定リンク


隠し味が決め手!伊予風ポテトサラダ


■伊予風ポテトサラダ&ポテトサラダとシシトウの肉巻き
recipe_190527_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190527_03.jpg

recipe_190527_04.jpg

<伊予風ポテトサラダの作り方>
(1)ゆで卵は、みじん切りにする。
   たまねぎは皮をむきみじん切りにして、
   5~10分水にさらす。
   (※新たまねぎの場合は、水にさらさないでOK)

(2)じゃがいもはよく洗い、皮付きで8等分に切る。
   鍋にじゃがいもと、つかる位の水を入れて加熱
   沸いたらさらに約10分ゆでる

(3)じゃがいもがゆで上がったら、
   湯をよくきって取り出し、皮をむく。

(4)鍋の湯をすて、(3)のじゃがいもを戻し入れ
   水分がなくなり表面に粉がふくまで
   鍋をゆすりながら中火で加熱する。

(5)粉ふきいもになってきたら、酢をいれて
   軽く混ぜてなじませる。
   塩、こしょうで味をととのえる。

【楽ワザ】酢で なめらか食感

(6)じゃがいもが熱いうちにボウルに入れ
   すぐにつぶす。
   少し温かさが残る位、粗熱を取る。

(7)粗熱がとれた(6)に、(1)の具材を合わせる。

(8)(7)にマヨネーズと練乳を混ぜて出来上がり。

【楽ワザ】練乳でとろける甘みに
 ※練乳で甘みがつき、コクがでる

 

<ポテトサラダとシシトウの肉巻き>
(1)甘長とうがらし(またはししとう)は、
   ヘタを短く切り、果肉の表面にタテに
   切れ目を入れて開き、種を取り出す

(2)(1)の甘長とうがらしの中に、ポテトサラダを詰める

(3)(2)の外側を、豚肉で全体を巻く
   小麦粉をまぶす。
   (普通サイズのシシトウの場合、3~4本のシシトウを
   並べ、その上にポテトサラダをのせて軽く押さえ
   下味をつけた豚肉を巻いて固定、小麦粉をまぶす)

(4)フライパンにサラダ油を入れて熱し
   (3)を入れて転がしながら焼く

(5)全体に焼き色がついたら、フタをして
   弱火で2~3分蒸し焼きにする。

(6)合わせダレ ボウルに濃い口しょうゆ、
   みりん、砂糖、オイスターソースを入れ
   よく混ぜる

(7)(5)の余分な油をペーパータオルで拭き取り
   (6)のタレを入れて具材にからませる。
   器にもりつけて、出来上がり

 

【料理人】
伊井亜規光さん
フードコーディネーター(愛媛県)

○番組に出演した料理人・伊井さんの教室は…
 ●MOGUMOGUキッチンプロジェクト(フードビジネススクール松山)
  <住所>愛媛県松山市湊町6丁目2-2 ミツワ市駅西ビル2階
  <電話番号>0120-94-4126
        089-931-6353

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年05月27日 (月) 11:40 | 固定リンク


ページの一番上へ▲