料理

サンマのきのこあんかけ2018年09月10日 (月)


■サンマのきのこあんかけ

recipe_181015_01.jpg
※四国おひるのクローバーでは10月15日(月)放送予定です。

<材料(2人分)>
recipe_181015_02.jpg

<作り方>
(1)さんまは、ぬめりや汚れを水で洗い、水けをとる。

(2)さんまは頭を落とし、身は半分または3等分に切る。
   (※内蔵が苦手な方は、まな板にオーブン用の紙を敷き、
   さんまをのせ顔のすぐ後ろにある胸びれの下に包丁を入れて
   頭を落とし、切り口の手前を指で挟んで内臓を出して
   包丁でおさえ、ゆっくり引っ張って取り除く。)

(3)両面に塩、こしょうをかけてハケなどで薄力粉をつける。

(4)フライパンにサラダ油を入れて熱し、
   (3)のさんまを盛り付け対面を下にして入れ、
   中火弱で片面5分、裏返して3分焼く。

(5)キノコ類、しいたけやエリンギは薄切りに
   エノキダケやしめじは石突きを切り、ほぐして
   アルミホイルの上で、全てを混ぜ合わせる。

(6)日本酒を(5)にかけてホイルで包み、
   さんまの片面を5分焼いたあと、空いている所に
   入れて一緒に焼く。

【楽ワザ】酒でふっくら 風味アップ!

(7)にんじんと、パプリカは、千切りにする。

(8)鍋にかつおと昆布の合わせだし、うす口しょうゆ、
   みりんを入れて沸かし、(7)のにんじん、パプリカ、
   (6)のホイル焼きにしたきのこを入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。

(9)水溶きくず粉を(8)に少しずつ入れてとろみをつけ
   ゴマ油を入れて「きのこあん」のできあがり。

(10)器に、焼いたさんまを盛り付け、きのこあんをかける。
    仕上げにみつばと、しょうがのすりおろしをのせて
    できあがり。

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:19:00 | 固定リンク


タンドリーチキンそうめん2018年09月03日 (月)


■タンドリーチキンそうめん

recipe_180903_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180903_02.jpg

<作り方>

(1)ボウルにプレーンヨーグルト、トマトケチャップ、
   カレー粉、ニンニクすりおろし、しょうがのすりおろし、
   塩、こしょうを入れてよく混ぜる。

(2)鶏むね肉は,繊維を断ち切る方向にそぎ切りにする。
   (1)のボウルに鶏肉を入れて、下味用のタレをよく
   もみこみ、約20分以上漬け込む。

【楽ワザ】ヨーグルトで やわらかジューシー

(3)ポーチドエッグを作る
   鍋に水を入れて沸騰させ、酢と塩を入れて混ぜる。
   再び沸騰したら、箸で湯をかき混ぜて渦を作り
   渦の中に卵を割り入れてフタをして火を止めて
   約3分置く
   (※1つの渦に1個ずつ卵を入れる。
   2個以上一緒にフタをして置く時は4~5分様子を
   見ながら置く)

【楽ワザ】渦で簡単ポーチドエッグ

(4)ズッキーニはいちょう切りに、
   ミニトマトは食べやすい大きさに切る。
   クルミは粗めに砕く。

(5)フライパンにサラダ油(適量)を入れて熱し、
   (4)のズッキーニを入れてしんなりするまで炒める。
   塩、こしょうで味をととのえてサッと炒め、
   一旦、皿に取り出して粗熱を取る。

(6)ズッキーニを炒めた同じフライパンにサラダ油(大さじ1)を
   入れて熱し、(2)の鶏肉を入れて中火弱で約1分焼く。

(7)焼き色がついたら裏返して、弱火におとし約3分焼く。

(8)(3)のポーチドエッグを触って、赤ちゃんの肌位の
   やわらかさを目安に、冷水に取り出して冷ます。

(9)鍋に湯を沸かしそうめんを入れて
   袋表示の時間でゆでる。

(10)トマト風味のそうめんつゆを作る
    ボウルに無塩トマトジュース、めんつゆ(3倍希釈)、
    ナンプラーを入れてよく混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
    (※ナンプラーがない場合は入れなくてもOK)

(11)(7)のタンドリーチキンが焼けたら、皿に取り出す

(12)そうめんがゆで上がったら、ザルに取り出し
    冷水でよく洗い、水けをきる。

(13)器にそうめんを盛り付ける。(10)のトマト風味の
    めんつゆをかけて麺にからませ、(4)のトマト、
    (5)のズッキーニ、(8)のポーチドエッグ、
    (11)のタンドリーチキンをのせて、仕上げに(4)の砕いた
    ナッツ類を散らして出来上がり。

 

【料理人】
伊井 亜規光(いい あきこ)さん
フードコーディネーター(愛媛県)

○番組に出演した料理人・伊井さんのお店・教室は…
●MOGUMOGUキッチンプロジェクト(フードビジネススクール松山)
 愛媛県松山市湊町6丁目2-2 ミツワ市駅西ビル2階
 電話番号:0120-94-4126
      089-931-6353

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


ナスの梅~ェ豚肉巻き2018年08月27日 (月)


■「ナスの梅~ェ豚肉巻き」

recipe_180727_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180727_02.jpg

<作り方>

(1)ナスはヘタを切り、タテに6等分に切る。

(2)耐熱皿に(1)のナスを並べ、サラダ油(大さじ1)を
   表面に塗り、なじませる。

【楽ワザ】レンジで蒸しナス カロリーオフ

(3)ラップをふんわりかけて、電子レンジ(600w)に
   3分かける。

(4)加熱後、ラップを取り粗熱を取る。

(5)ポリ袋に梅干しを入れてもみ、種を取り出す。
   はちみつ(大さじ2)を入れて、滑らかになるまでもむ。

(6)袋の角を切り、(4)のナスに梅肉を絞り出して
   全体に塗る。

(7)豚肉の上に(6)のナスをのせて、豚肉を巻き付ける。

【楽ワザ】はちみつ梅肉で 豚肉を軟らかく

(8)(7)に米粉を薄く全体にまぶす。

(9)フライパンにサラダ油(大さじ2)を入れて熱し、
   (8)の豚肉巻きを巻き終わりを下にして入れ、
   中火で全体にこんがり焼き色がつくまで約6分焼く。

(10)ボウルに合わせみそ、りんごジュース、
    はちみつ(大さじ2)を入れてよく混ぜ、
    さらにナッツ類を砕いて入れ、よく混ぜる。

(11)(9)のフライパンに(10)の合わせダレを入れて
    中火でサッと豚肉巻きにからませる。

(12)器に、(11)を盛り付けて、タレをかける
    仕上げに薬味(みょうがや大葉など)をかける。

 

【料理人】
田中美和(たなかみわ)さん
フードコーディネーター(徳島県)

○番組に出演した料理人・田中さんの教室は…
●食空間プロデュース「MIZUYA」(みずや)
<電話・FAX>088-642-3607

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


夏バテ予防!ニラとイカのチヂミ&韓国冷や汁2018年07月30日 (月)


■「ニラとイカのチヂミ&韓国冷や汁」

recipe_180730_00.jpg

recipe_180730_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180730_02.jpg

<ニラとイカのチヂミの作り方>

(1)にらは、水洗いして約1cmの長さに、
   じゃがいも、たまねぎ、にんじんは皮をむき千切り
   いかは一口サイズに切る。
   にんにくは薄切り、青とうがらしと、赤とうがらしは
   輪切りにする。
   (※辛いのが苦手な方は種の部分を取り除く)

【楽ワザ】じゃがいもで もっちり生地!

(2)ボウルに(1)の材料全部と、天ぷら粉、水、塩を入れ
   サッと混ぜ合わせる。
   (※混ぜすぎると、にらの青臭さが出やすくなる)

【楽ワザ】天ぷら粉で 外カリッ中ふわっ!

(3)フライパンにサラダ油(大さじ2)を入れ強火で加熱、
   油が温まったら、(2)の生地を入れて形を整え、
   中火で片面4~5分こんがり色がつくまで焼く。

(4)チヂミが焼けたら裏返して、サラダ油(大さじ1)を追加、
   さらに中火で約2分焼く。

(5)チヂミのタレを作る
   ボウルに水、濃い口しょうゆ、ごま油、砂糖、いりごま、
   すりおろしたにんにく、青ねぎを入れてよく混ぜる。

(6)焼けたチヂミを取り出し食べやすい大きさに切って
   器に盛り付け、小皿にタレを入れて添える。

<韓国冷や汁の作り方>

※調理前、水(300ml)に、だし用昆布(5cm×5cm)を
 約20分漬けておく。
※乾燥わかめ(10g)は、水につけて戻しておく

(1)きゅうりとにんじんはせん切りに、
   青とうがらしは斜めの細切り、水でもどした
   わかめは食べやすい長さに切る。
   (※辛いのが苦手な方は、とうがらしの種を取り除く)

(2)ボウルに(1)の具材全部と、砂糖、塩、りんご酢を入れて
   よく混ぜる。

(3)茶こし(または目の細かいザル)に、
   すりおろしたニンニクを入れて、(2)のボウルの上に構え
   その上から昆布だしを注ぎ入れる。

(4)冷蔵庫で冷やす。
   (※だしを取った後の昆布があれば、刻んで入れる)

(5)器に具材と、スープを盛り付けて、いりごまをかけて
   出来上がり。(※そうめんの上にかけてたべてもおいしい)

 

【料理人】
李 英玉(リ・ヨンオク)さん
韓国料理店店主(愛媛県)

○番組に出演した料理人・李さんのお店は…
●オモニ別邸 松山カルビ
<住所>愛媛県松山市三番町2丁目8-2-1F
<電話・FAX>089-935-7228

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


夏野菜と豚肉の和風マリネ2018年07月23日 (月)


「むくみ・だるさをスッキリ!夏野菜と豚肉の和風マリネ」

recipe_180723_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180723_02.jpg

<作り方>

(1)豚肉は一口大の大きさに切る
   ジンジャーエールに豚肉を入れて
   約10分漬け込む。

【楽ワザ】ジンジャーエールで 豚肉を軟らかく!

(2)すいかは外側の硬い皮をそぐ。
   赤い部分は、一口大の大きさに、
   白い部分は、太めのせん切りにする。

(3)きゅうり、にんじん、たまねぎは、皮をむいて
   せん切りにする。

(4)耐熱容器に(2)のすいかの赤い部分と、
   (3)の野菜を全て入れて混ぜ合わせる。

(5)ボウルに濃口しょうゆ、酢、みりんを入れて混ぜ
   合わせ調味料を作る。

(6)(1)の豚肉をザルに上げ、ペーパータオルで
   豚肉の水けを取った後、塩とこしょうで味をつけ
   小麦粉をまぶす。

(7)フライパンに、ごま油を入れて熱し、(6)の豚肉を入れ
   中火で1~2分焼く。焼き色がついたらフタをして
   さらに弱火で3~4分焼く。

(8)すいかの白い部分を入れてサッと炒め合わせ、
   (5)の合わせ調味料を入れて、ひと煮立ちさせる。

(9)(8)が熱いうちに、(4)の野菜と混ぜ合わせ
   粗熱が取れるまで冷まして、出来上がり。

 

【料理人】
野中なか(のなか なか)さん
栄養士・国際中医薬膳師(高知県)

○番組に出演した料理人・野中さんのお店・教室は…
●薬膳教室「Eating Laboratory」(イーティング・ラボラトリー)
<住所>高知県高知市旭町3丁目99-2 2階

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


7月2日(月)放送 スタミナ満点!タコと彩り野菜のトマト煮2018年07月02日 (月)


「スタミナ満点!タコと彩り野菜のトマト煮」

recipe_180702_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180702_02.jpg

<作り方>

(1)大根は、先端(10~15cm)の皮をむく
   ゆでだこ全体をまんべんなく、大根でたたく
   (※大根の皮をむいたところがタコに当たるように)

【楽ワザ】大根でたたいて やわらかく

(2)パプリカは半分に切り,中の種を取り乱切り
   ズッキーニはヘタを切り乱切り、たまねぎは皮をむき
   薄切り、(1)で使った大根は乱切り、トマトは一口大に、
   ニンニクは薄切り、とうがらしは輪切りにする。

(3)フライパンにオリーブ油(大さじ2)を熱し、ニンニク、
   とうがらしを入れて中火で香りが出るまで
   30秒~1分炒める

(4)(3)にたまねぎ、ズッキーニ、パプリカ、大根、
   タコを入れて、しんなりするまで中火強で
   1~2分炒める。

(5)トマトの水煮をよく崩して、(4)に入れて
   砂糖、水を入れて軽く具材となじませ
   強火で加熱、沸騰してきたら弱火に、
   フタをして約15分煮る

【楽ワザ】砂糖で まろやかに!

(6)(5)が煮えたら、ひよこ豆の水煮、
   一口大に切ったトマトを加え、塩、こしょうで
   味を調えて、強火でひと煮立ちさせる。

(7)器に盛り付けて出来上がり!

 

【料理人】
中野誠司(なかのせいじ)さん
イタリア料理の出張料理(香川県)

○番組に出演した料理人・中野さんの出張料理・教室は…
●La Salute(ラ・サルーテ)
電話:090-8696ー2347

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


6月27日(水)放送 教えて!ひるクロ先生 夏におすすめ!ごろっとフルーツドリンク2018年06月27日 (水)


■教えて!ひるクロ先生「夏におすすめ!ごろっとフルーツドリンク」

皆さんこんにちは。
今回は、フルーツのパワーを利用して夏を乗り切るフルーツドリンクについて、
お伝えしました。
しかも飲む時間を吟味すれば、さらに余すところなく栄養も取れます。
朝、昼、夜、それぞれのドリンクのレシピをご紹介します!
ごろごろっと大きめに切ったフルーツが入り、写真映え間違いなし!
ぜひ、作って、見て楽しんで、飲んで元気になって下さいね!


朝)「桃とパインのフルーツティー」
桃とパインの香り豊かな目覚めの一杯です。
hirukuro_180627_01.jpg

<レシピ(2杯分)>
紅茶ティーパック:2つ
熱湯:350ml
桃:1/2個
パイナップル:60g
りんご:1/4切れ
ミント:適量

<作り方>
・紅茶は濃いめに出す。
・一口大に切ったパイナップルと皮ごと切った桃とリンゴを紅茶のポットに加え蒸らす。
・蒸らす時間はお好みで30秒~3分程度。
・ポットから果物を取り除き、氷の入ったグラスに紅茶をそそぐ。
・取り出した果物を紅茶に加え、飾りでミントをのせる。


昼)「午後のリッチスムージー」
濃厚な甘さでエネルギーをチャージします。
hirukuro_180627_02.jpg

<レシピ(2杯分)>
バナナ:1本
マンゴー:1/2個
ぶどう(デラウエア):40g
アメリカンチェリー:10粒
牛乳:150ml

<作り方>
・バナナとマンゴーは適当な大きさに切り、グラスに入れておく。
・ブドウは皮ごと、種を取り切ったアメリカンチェリー、牛乳を合わせ、ミキサーにかける。
・グラスに注ぐ。


夜)「おやすみグリーンスムージー」
この時期、日焼けが気になるあなたにオススメ!ビタミンCたっぷりの1杯
hirukuro_180627_03.jpg

<レシピ(2杯分)>
きゅうり:1本
キウイフルーツ:1個
ピーマン:1/2個
はちみつ:大さじ1
ブルーベリー:30g
豆乳:150ml

<作り方>
・ブルーベリーをのぞく材料を適当な大きさに切り、ミキサーへ。
・豆乳を加え、20秒程度ミキサーにかける。
・ブルーベリーをグラスに入れ、スムージーを注ぐ。


【出演】
近藤路子さん
野菜ソムリエ上級プロ(愛媛)

株式会社 フードスタイル
〒790-0966 愛媛県松山市立花6-5-23
TEL:089-933-5008 FAX:089-933-6950

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


6月25日(月)放送 うま辛!四川マーボー豆腐2018年06月25日 (月)


「うま辛!四川マーボー豆腐」

recipe_180625_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180625_02.jpg

<作り方>

(1)白ねぎはみじん切りに、青ねぎは小口切りにする
   木綿豆腐は、約2cmの角切りにする。

(2)鍋に木綿豆腐が浸かる位のお湯を沸かし、
   塩(小さじ1)、(1)の木綿豆腐を入れて
   沸きはじめたらすぐ、とろ火(または保温)にしておく。

【楽ワザ】煮る前に塩ゆで ふんわりプルンプルン!
(※沸騰させると硬くなるので気をつけること)

(3)フライパンをよく熱し、サラダ油を入れてなじませ
   豚ひき肉を入れて強火で炒める。

(4)豚肉の色が変わり始めたら、日本酒(小さじ1)
   濃口しょうゆ(小さじ1)、テンメンジャン(大さじ1)を
   入れて、ひき肉がカリッと香ばしくなるまで
   強火で炒める。

(5)ひき肉から出る脂が透明になってきたら、
   すりおろしたにんにく、豆板醤(トウバンジャン)を
   入れて、強火で炒める

【楽ワザ】豆板醤(トウバンジャン)をよく炒め うまみを出す

(6)豆板醤(トウバンジャン)から香りが出てきたら
   スープ(中国料理用)を入れて、ひと煮立ちさせる。

(7)ザルに(2)の豆腐をあげてお湯をしっかりきり
   (6)の中に加えて中火で1~2分煮る。

(8)沸いてきたら、日本酒、濃口しょうゆ、こしょうを入れて
   味をととのえる。

(9)味がなじんできたら、(1)の白ねぎを入れて軽く混ぜ
   水溶きかたくり粉を全体にまんべんなくかかるように
   入れて強火で沸かす。

(10)ラー油を入れて辛さを加える。
   (辛いのが苦手な方は、サラダ油(大さじ2)を入れる)

(11)器に盛りつけ、仕上げに(1)の青ねぎを散らして
    できあがり。

 

【料理人】
西尾 正さん
中国料理店店長・料理長(愛媛)

○番組に出演した料理人・西尾さんのお店は…
【店名】赤坂四川飯店 松山店(あかさかしせんはんてん まつやまてん)
【住所】愛媛県松山市湊町5丁目1-1
    いよてつ高島屋8階
【営業時間】11:00~22:00(11:00~15:00ランチ)
【電話番号】089-948-7028

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


クミンで食欲アップ!鶏肉とびわのフリッター2018年06月11日 (月)


「クミンで食欲アップ!鶏肉とびわのフリッター」

recipe_180611_01.jpg

<材料 2人分>

recipe_180611_02.jpg

 

<作り方>

(1)鶏むね肉は繊維にそって3つの部分に切り分ける。
   それを繊維に垂直に包丁を入れ、そぎ切りにする。

(2)ボウルに日本酒、しょうが汁、塩を入れて混ぜ
   (1)の鶏肉にかけて全体になじませ約10分置く。

(3)アスパラガスは根元の硬い皮をむき、3等分に切る。
   びわは半分に切り、種と皮を取り除く

(4)フリッターを付けて食べるジンジャーレモンソースを作る。
   鍋にレモン汁、水、はちみつ、しょうが汁、塩、こしょうを
   入れて混ぜ、強火でひと煮立ちさせる。
   沸いたら加熱を止め、ソースを冷ます。
   ※ジンジャーレモンソースは、冷製パスタやそうめんなど
    冷たい麺類や、冷ややっこ、肉や魚のソテーにかけたり
    和えたり利用できる。

(5)衣を作る。ボウルに薄力粉、かたくり粉、ベーキングパウダー、
   クミンパウダーを混ぜる。ビールを加えて混ぜ、
   さらにサラダ油を入れてよく混ぜる。

【楽ワザ】ビールでふんわりサックサク!

(6)(2)と(3)の具材を、(5)の衣に付けて
   170℃の油に入れて、びわとアスパラガスは約2分
   鶏肉は約4分揚げる。

(7)揚がったフリッターを取り出し、器に盛り付ける。
   ジンジャーレモンソースを小皿に入れて添え 付けて食べる。
   ※クミンパウダーは、炒め物やサラダ、スープ、カレーの仕上げに
    かけて使うとエスニックな風味に仕上がる。

 

【料理人】
八木香里(やぎかおり)さん
スパイスクッキングアドバイザー(香川県)

●グッドフードスタジオ「カルダモン」
<住所>香川県高松市古新町1-4

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


漁師の妻直伝!芝エビとおからのいり煮2018年06月04日 (月)


「漁師の妻直伝!芝エビとおからのいり煮」

recipe_180604_01.jpg

<材料(2人分)>

recipe_180604_02.jpg

<作り方>

(1)芝えびはよく水洗いする。
   鍋に芝えび、水、濃口しょうゆを入れて加熱
   強火で約5分煮る。

【楽ワザ】しょうゆで下ゆで プリップリ!

(2)5分煮た後、芝えびと煮汁を取り出して分けて
   冷ます。(※煮汁も使うので捨てないこと)
   芝えびが冷めたら、えびの頭を取り、殻をむく。

(3)新たまねぎは、皮をむき1,5cm程の角切りに
   にんじんは、太めの短冊切り、ごぼうはよく洗い
   皮を削いでささがきにして水に付ける。
   しめじは、根元の石突きを切り、長さを3等分に切る。
   スナップえんどうは、ヘタと筋を取る。

(4)鍋に湯を沸かし、塩(少々)、スナップえんどうを
   入れて1分半~2分ゆでる。
   ゆであがったら取り出して冷ます。

(5)別の鍋に、サラダ油(大さじ1/2)を入れて熱し
   (3)のたまねぎ、にんじん、ごぼう、しめじを入れて
   強火でサッと30秒ほど炒める。
   そこに(2)の芝えびの煮汁(150ml)、 日本酒、
   みりん、砂糖、濃口しょうゆを入れて混ぜ
   強火にかける。

【楽ワザ】芝えびの煮汁で 風味アップ!

(6)(5)の煮汁が沸きはじめたら中火におとし
   フタをして約10分煮る。

(7)フライパンにサラダ油(大さじ3)を入れて熱し
   生おからを入れて中火で10~20分炒める。
   (※おからによって水分量が違うので水分がほぼなくなり
    パラパラになるまで炒めるのが目安。)

(8)(6)の煮えた野菜に、(2)のむき身(100g)を入れて
   ひと煮立ちさせ、パラパラになったおからに、
   煮汁ごと入れて混ぜながら強火で約3分、
   汁気が鍋底に残らなくなるまで炒める。

(9)器におからを盛り付ける。(2)のむき身の残りを
   一緒に盛り付ける。

(10)塩ゆでした(4)のスナップえんどうを千切りにして
    仕上げに添えて、出来上がり!

 

【料理人】
喜田ヒサ子さん
愛媛県漁協女性部連合会 会長

●愛媛県漁協女性部連合会
<住所>愛媛県松山市二番町4丁目6-2
<電話>089-933-8716

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:11:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲