絵手紙: 2019年12月10日

12月10日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。

日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんと みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。
今回の絵手紙テーマは「ことしお世話になった方へ」。
2019年も残りわずかになりました。
今年を振り返っての感謝の絵手紙がたくさん届きました。
いつもありがとうございます。

etegami_191210_09.jpg

それではみなさんの絵手紙を見ていきましょう。

etegami_191210_01.jpg
~ラグビーワールドカップ日本大会。選手たちの活躍に感動しました。ありがとう~

美佐子先生)
旬の話題をとらえている絵手紙ですね。
独特の作風で大きめの落款もインパクトがあります。
近江キャスター)
ラグビー、今年は盛り上がりましたね、近江家も大盛り上がりでした。

etegami_191210_02.jpg
~この1年何かと世話になった妹に。お茶が大好きなので喜んでくれるでしょう~

美佐子先生)
備前焼の特徴を出すために何度も色をぬり重ねています。
深い色味でどっしりとした感じが伝わります。
妹さんにもきっとお茶をおいしく感じてもらえますね。
平野キャスター)
まだ贈っていなくてこれから贈られるそうですよ。
反応が楽しみですね。

etegami_191210_04.jpg
~私は小学3年生の時に父を亡くし、それ以来、兄が親代わり。91歳の兄ですが今年も手作りの野菜をたくさん送ってくれました。感謝です~

美佐子先生)
網の目のようになった葉脈をよく見て描いています。
立派な白菜ですね。
言葉から感謝の気持ちが伝わります。
91歳のお兄さん、素晴らしいですね。
平野キャスター)
藤田さんはもらった野菜をモチーフにこんな風に絵手紙にしてお兄さんに送るということです。
素敵な交流ですね。

etegami_191210_05.jpg
~春に白内障の手術を受けた時、娘にいてもらい、とても心強く安心できました。そのお礼に大好物の「カツオのタタキ」をプレゼント。とても喜んでもらえました~

美佐子先生)
カツオのタタキ、赤い身と焼き色のついた皮の部分がおいしそうに描けています。
大葉の緑も効いていますね。
スーと描いた輪郭線から切り身の感じが伝わります。
平野キャスター)
娘さんに喜んでもらったということで良かったですね。

etegami_191210_06.jpg

近江キャスター)
「おじいちゃま」というのは柳原さんのご主人のことで、念願のディズニー・シーをお孫さんに案内してもらったそうですよ。
美佐子先生)
お孫さんへの「ありがとう」のお花。
葉っぱを2色で表現していて生き生きとしていますね。
キャラクターのくまもかわいいです。
近江キャスター)
効率よく案内してもらって、おじいちゃま、かなり楽しまれたということです。
美佐子先生)
うれしかったでしょうね。

etegami_191210_07.jpg
~絵手紙仲間の松浦さんに借りたモチーフのキウイ。芯がハート形でした。今年も1年楽しく絵手紙を描くことができ、仲間に感謝です~

美佐子先生)
ハートの形をした中心の部分、珍しいですね。
発見した時のうれしさ、わかります。
つまようじで描いているので、文字の墨の変化が面白く出ています。
絵手紙のモチーフを借りて描くというのも絵手紙教室の楽しみです。
平野キャスター)
なるほど。
人が描いているもの、描きたくなったりするんですかね。
美佐子先生)
そうですね。
描きたくなりますよ!

etegami_191210_08.jpg

平野キャスター)
これは丈が40センチほどの「飾り用の着物」だそうです。
丁寧に優しく教えてもらって素敵に縫いあがり、毎日見て楽しんでいるそうですよ。
美佐子先生)
着物の模様を細かく描いていて、きれいですね。
この絵から丁寧に仕事されたことや感謝の気持ちが伝わります。
八十の手習い、素晴らしいですね。
平野キャスター)
お話をうかがいますと、中川さん、2着目の制作に取りかかろうとしているそうですよ。
美佐子先生)
すごいですね。

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんの とても「心に残った」という印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。
今回はこんな1枚でした。
絵手紙テーマ「ことしお世話になった方へ」
今回の 美佐子先生の心に残る1枚

etegami_191210_10.jpg

etegami_191210_03.jpg
~90歳の母が家のことを全部してくれます。ご近所さんとの立ち話、お買い物が大好きな母。自慢です!〜

美佐子先生)
お母さんがいてくれるとうれしいですね。
90歳になる今も家のことを任せることができるのはありがたいですよね。
身近にある「洗濯ばさみ」がモチーフ。
お母さんを感じて、とてもいいと思います。
平野キャスター)
愛用のものでしょうかね。
温かな感じがします。

絵手紙テーマ「ことしお世話になった方へ」 
「美佐子先生の心に残る1枚」は 愛媛県の 城野和美さん の絵手紙でした。

さて、現在の募集中のテーマは ずばり「紅白」。
赤いもの、白いもの、紅白のもの。
身のまわりにある「紅白」をモチーフに自由な発想で絵手紙にして送ってください。
言葉の中にいれてもらってもいいですよ。
ぜひエピソードをそえて、番組まで送ってください。
おひとり様何枚でも大丈夫です。
ただし、絵手紙は未発表のものに限ります。
放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、お電話番号もぜひお書き添えください。
放送は2020年1月の予定です。
次回もみなさんの温かな絵手紙お待ちしています。

詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2019年12月10日 (火) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲