絵手紙: 2019年10月29日

10月29日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。
日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんと みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。
絵手紙テーマ「大事にしているもの」。
今回も色々なモチーフの絵手紙が届きました。ありがとうございました。

etegami_191029_09.jpg

それではみなさんの絵手紙を見ていきましょう。

etegami_191029_01.jpg
~少し色あせてきた母子手帳は思い出とともに宝物になりました~

美佐子先生)
とても細かく見て描いていますね。母子手帳は子供を授かった時の宝物。
手に取るとその時の幸せがよみがえってきます。
屋野キャスター)
私の母も母子手帳とへその緒を大事にしてくれています。
親にとっても子供にとっても特別なものですね。
美佐子先生)
母親にとっては生きてきた証しでもあります。

etegami_191029_02.jpg
~毎日布団の中で読み聞かせをしました。大好きだったのはこの絵本~

美佐子先生)
ハガキいっぱいに描いていて、厚みから本の大きさが伝わります。
絵本のタイトルと絵手紙の文字が横書きになっているので統一感がありますね。
今は大学生になって県外にいる息子さん、小さい頃の思い出を
絵手紙にするという親心が伝わりました。

etegami_191029_03.jpg
~出来るだけ自分の歯で食べる楽しみを味わいたいものです。食後は歯磨き。日々のケアが大切です~

美佐子先生)
インパクトがある絵手紙です。口を開けたところをよく見て描いています。
自分の歯が大切だという気持ち、共感できます。
平野キャスター)
この白い歯で笑う渡津さんが想像できますね。

etegami_191029_04.jpg
~今は健康。いつまで車に乗れるかな。いつまでも安全に車に乗りたいな〜

美佐子先生)
高齢者マーク。モチーフの着眼点がいいですね。四つ葉のクローバーのデザイン。
サインペンで描いています。いつまでも元気でいたいものですね
平野キャスター)
より注意して運転したいという気持ち、うかがえますね。

etegami_191029_05.jpg

美佐子先生)
メガネのレンズのところに薄い水色をぬっていて、ガラスの感じが表現されています。
「おかげさまで」という愛用のメガネへの感謝の気持ちがかわいらしいです。
文字も丁寧に書かれていますね。
屋野キャスター)
ピンク色のメガネ、かわいらしいです。
多分、絵手紙だけではなく、新聞を読む時、テレビを見る時など、
どんな事をする時も活用している相棒なのでしょうね。

etegami_191029_06.jpg

屋野キャスター)
お気に入りだった古い帽子が風に飛ばされてしまって
新しい帽子に購入されたそうですよ。
美佐子先生)
秋らしい色合いのすてきな帽子ですね。帽子を置いた時にできる凹凸を輪郭線で描いて
色の濃淡で布の感じを出しています。
それから「紐付きにしたよ」と話かけるように書くことで温かなお人柄が伝わってきますね。
屋野キャスター)
今度の帽子はどこにもいかないで!と思っている優しい水田さんの気持ちを感じます。

etegami_191029_07.jpg
~とても品格があります。50年前に主人にもらった大事なものです〜

美佐子先生)
素敵なブローチですね。50年前の贈り物。若い頃を思い出されるのでしょうね。
ご夫婦の素敵なエピソードが絵手紙になりました。文字も堂々と書いていて存在感がありますね。
平野キャスター)
藤本さん「秋冬のコーディネートに合うブローチなので、これからの季節につけて楽しみます」
とのことでしたよ。
美佐子先生)
楽しい秋になりそうですね。

 

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんが 「心に残った」という
印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。今回はこんな1枚でした。

絵手紙テーマ「大事にしているもの」
今回の美佐子先生の心に残る1枚

etegami_191029_10.jpg

美佐子先生)
みなさんも使ったことがあるでしょうね。

etegami_191029_08.jpg
~小学生の時、家庭科で使っていた裁縫道具。40年あまり愛用しています。
 ありがとうこれからもよろしく〜

美佐子先生)
裁縫箱に入っている色々な小物ですね。糸巻き、普通は墨で描くのですが、
黄色い線を何本も描いて表現しています。
「これからもよろしくね」という言葉から道具への愛情も伝わります。
平野キャスター)
懐かしいです。本当に細かく描いていらっしゃいますね。
美佐子先生)
そうですね。
大事に使われてきて、これからも思い出と一緒に使われていくのでしょうね。

 

絵手紙テーマ「大事にしているもの」 
美佐子先生の「心に残る1枚」は 徳島県の 丸岡清美さん の絵手紙でした。

さて、現在の募集中のテーマは「ことしお世話になった方へ」です。
2019年を振り返って、お世話になった方への絵手紙を募集します。
相手を特定して、その方に向けたモチーフや言葉を素直に絵手紙にしてみてはいかがでしょう。
おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし絵手紙は未発表のものに限ります。
エピソードをそえて、ぜひ番組まで送ってください。

放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、
お電話番号もぜひお書き添えください。
次回もみなさんの温かな絵手紙お待ちしています。

詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2019年10月29日 (火) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲